マルタ騎士団総長殿下が、新任のマルタ騎士団駐箚ポルトガル大使、エジプト大使を接受(2018年5月)

※この記事はキリスト教 高位聖職者のニュースと重複します。

 

 2018年5月16日、第80代マルタ騎士団総長“フラー”・ジャコモ・ダッラ・トッレ・デル・テンピオ・ディ・サングイネット殿下(His Most Eminent Highness the Prince and Grand Master, Fra’ Giacomo Dalla Torre del Tempio di Sanguinetto)は、新任の、
 マルタ騎士団駐箚ポルトガル共和国特命全権大使アントニオ・ジョゼ・エマウズ・ドゥ・アルメイダ・リマ閣下(His Excellency António José Emauz de Almeida Lima)、
 マルタ騎士団駐箚エジプト・アラブ共和国マフムード・アハマド・サミール・サミー閣下(His Excellency Mahmoud Ahmed Samir Samy)、
 を接受、信任状の捧呈を受けました(いずれもローマ教皇聖座と兼轄)。

 

 (英語:マルタ騎士団公式サイト)Credentials presented by Portugal and Egypt – Order of Malta

 

Order of Malta – The Grand Master, Fra’ Giacomo Dalla… | Facebook

 

Vanity Fair(英語)記事:“There’s Nothing Wrong with Falling from Grace”(2018年)君主政復活・王室支持の話と、エチオピア帝室のエルミアス・サーレ=セラシエ皇子殿下とニコライ・トルストイ伯爵子の話題など

 (英語)“There’s Nothing Wrong with Falling from Grace”: The Global Network of Monarchists Helping Deposed Kings and Queens | Vanity Fair
 (英語:上記からニコライ・トルストイ伯爵子に関する部分の一部を抜き出したもの)Count Nikolai Tolstoy on Russian Monarchy and the Romanovs | Royal Russia News

 

 冒頭は、ルーマニア王女マルガレータ殿下(当時)から連絡を受けた人物の話、君主政復活・王室支持の話と、エチオピア帝室のエルミアス・サーレ=セラシエ皇子殿下(His Imperial Highness Prince Ermias Sahle-Selassie)とニコライ・トルストイ伯爵子(Count Nikolai Tolstoy)の話題などが中心となっています。

 

 エルミアス・サーレ=セラシエ皇子殿下は故エチオピア皇帝ハイレ・セラシエ1世陛下の孫ですが、一般的にエチオピア帝室の当主とされていません。
 しかし、この記事のように、帝室の代表者として活動しているとみる立場もあるようです。

 

 ニコライ・トルストイ伯爵子の話の一部には、“Pretender【プリテンダー】”という用語に関するものがあります。
 いうまでもなくこの言葉は中立的ではないものですが、Wikipedia英語版のせいか、この言葉が使用されるケースが多い気します(上記の記事すらそうなのですが)。
 そのもっともアホらしい例は、リトアニアの王位継承者を称して活動を始めたウラッハ公子イニゴ閣下(His Serene Highness Prince Inigo of Urach)のものらしきサイト(すぐに更新止まりましたけれど)に、イニゴ閣下をリトアニア王位の“legitimate pretender”とする表記があったことです。もちろんこれは、イニゴ閣下を正当な王位継承者と表現したかったのでしょうが、pretenderに「不当」である意味がありlegitimateに「正当」である意味があることを考慮すれば、ギャグのような言葉の並びです。
 中立的というかなんと表現すればいいのかわかりませんが、“Claimant【クレイマント】”という用語がありますが、一般的の人にはなじみがなく、また、正直これが本当に中立な用語なのか首をかしげるときもあります。日本語で“王位請求者”と(訳して)書いている例がありますが……コメントは避けます
 伯爵子は“Heir【エア】”を使っているようですが、当方でも「(王位)継承者」などこの用語を意識して書いています。この用語が実は一番便利です。曖昧さを許容するという意味でも。pretenderはそもそも本人が称していないのにこう書くのは名誉棄損みたいなものですし、claimantも本人が称していない場合はどうなのか、よくわからない部分があります。

 

サウジアラビア皇太子ムハンマド・ビン・サルマン殿下が、キリスト教/アレクサンドリア教皇タワドロス2世聖下を訪問(2018年3月5日)

※この記事は「キリスト教 高位聖職者のニュース」の記事と同内容です。

 

 2018年3月5日、サウジアラビア王国からエジプト・アラブ共和国を訪問中のムハンマド・ビン・サルマン・ビン・アブドルアジーズ・アル・サウード皇太子殿下(His Royal Highness Crown Prince Mohammed bin Salman bin Abdulaziz Al Saud)は、キリスト教/オリエント正教会/コプト正教会の首座/アレクサンドリア教皇タワドロス2世聖下(His Holiness Pope Tawadros II of Alexandria)を訪問しました。

 

Coptic Media Center:
زيارة ولي العهد السعودي للكاتدرائية المرقسية بالعباسية 5-3-2018 – YouTube

 

 (英語)HRH the Crown Prince Meets Pope Tawadros II The official Saudi Press Agency
 (英語)Crown Prince Mohammad Bin Salman of Saudi Arabia Visits Pope Tawadros II and the Coptic Orthodox Cathedral in Cairo – News | Orthodoxy Cognate PAGE

 

Monday March 5, 2018 A.D. / Meshir… – المتحدث الرسمي بإسم الكنيسة القبطية الارثوذكسية | Facebook

 

SPAENGさんのツイート: "HRH the Crown Prince Meets Pope Tawadros II. https://t.co/sKn5WbqalK #SPAGOV… "

 

وكالة الأنباء السعودية ( واس )さんはInstagramを利用しています:「سمو ولي العهد يلتقي بابا تواضروس الثاني #واس」

婚約(2013年4月):エジプト王室継嗣サイード公ムハンマド・アリー殿下とアフガニスタン王室のノアル王女殿下

 2013年4月27日に、エジプト王室のサイード公ムハンマド・アリー王子殿下(His Royal Highness Prince Muhammad Ali, Prince of the Sa’id)と、アフガニスタン王室のノアル王女殿下(Her Royal Highness Princess Noal)の婚約が発表された模様です。

 ムハンマド・アリー殿下は、旧エジプト王【エジプト・スーダン王】フアード2世(His Majesty King Fuad II of Egypt and the Sudan)陛下の継嗣。
 ノアル王女殿下は、最後のアフガニスタン王であった故ムハンマド・ザーヒル・シャー陛下(His Majesty Mohammed Zahir Shah, King of Afghanistan : 国父 : Father of the Nation)の五男ムハンマド・ダウード・パシュトゥンヤー・ハーン王子殿下(His Royal Highness Prince Muhammed Daoud Pashtunyar Khan)の次女。