アンドラ共同統治公/ウルヘル司教ジュアン=エンリク・ビベス・イ・シシリア大司教座下が、アンドラ公国を駐箚する25ヶ国の大使を接受、信任状の捧呈を受ける(2021年3月)

※この記事はキリスト教 高位聖職者のニュースと重複します。

 

 2021年3月12日、キリスト教/ローマ・カトリック教会のウルヘル司教で、個人として大司教に叙されているジュアン=エンリク・ビベス・イ・シシリア座下(Archbishop Joan-Enric Vives i Sicília, Bishop of Urgell)は、司教宮殿にて、アンドラ公国を駐箚する25ヶ国の大使を接受、信任状の捧呈を受けました。

※ウルヘル司教はフランスの国家元首と共に、アンドラ公国の共同統治公となります。

 

Bisbat Urgell(ウルヘル司教 公式チャンネル):
Presentació de Cartes Credencials al Copríncep Episcopal – YouTube

 

 (カタルーニャ語(スピーチ内容部分英語):ウルヘル司教 公式サイト)Cerimònia de presentació de les Cartes Credencials de 25 Ambaixadors

 (英語)Co-Prince of Andorra receives credentials of Qatar’s Ambassador – The Peninsula Qatar

 

Bisbat d'UrgellさんはTwitterを使っています 「El Coprincep Episcopal #MonsVives rep les Cartes Credencials de 25 Ambaixadors al Palau Episcopal i els adreça un parlament. https://t.co/785Lfhv0Lb」 / Twitter

 

 25ヶ国は、イスラエル国、ベルギー王国、チリ共和国、カタール国、モーリタニア・イスラム共和国、オーストラリア、アルバニア共和国、アルメニア共和国、メキシコ合衆国、アイスランド共和国、スイス連邦、カンボジア王国、大韓民国、サウジアラビア王国、エルサルバドル共和国、ラトビア共和国、アルゼンチン共和国、ベナン共和国、ハンガリー、ウルグアイ東方共和国、ホンジュラス共和国、キプロス共和国、グアテマラ共和国、アルジェリア民主人民共和国、ドミニカ共和国、となっています。

スウェーデンの王立熾天使騎士団の騎士であったヴァレリー・ジスカール・デスタン氏(元フランス大統領・アンドラ共同統治公)の薨去に伴い、リッダルスホルメン聖堂にて鐘が鳴らされる(2020年12月)

 2020年12月5日、スウェーデン王国のリッダルスホルメン聖堂にて、王立熾天使騎士団(Royal Order of the Seraphim)の騎士の訃報を受けて、鐘が鳴らされました。

 2020年12月2日の、元フランス大統領・アンドラ共同統治公ヴァレリー・ジスカール・デスタン氏(ジスカールデスタン元大統領Valéry Giscard d’EstaingVGE)の薨去に伴うものです。

 

Kungahuset(スウェーデン王室 公式チャンネル):
Serafimerringning för Valéry Giscard d'Estaing – YouTube

 

furste av Andorra

 動画の人物の発言でアンドラ共同統治公であったことも言及(共同である部分がない気もしますが)されています。

 ヴァレリー・ジスカール・デスタン氏は、1980年6月6日に、791人目の騎士として叙任されたようです。

 

追記:

 (英語:スウェーデン王室 公式サイト)Seraphim Toll for Valéry Giscard d'Estaing – Sveriges Kungahus

 

訃報(2020年12月2日):フランス大統領が兼ねるアンドラ共同統治公に在位(1974年~1981年)したヴァレリー・ジスカール・デスタン氏が薨去(1926~2020)新型コロナウイルス感染。アンドラ公国政府は三日間の服喪を布告

 2020年12月2日、フランス共和国大統領が兼ねるアンドラ共同統治公(Co-Prince of Andorra)に在位(1974年~1981年)したヴァレリー・ジスカール・デスタン氏(ジスカールデスタン元大統領Valéry Giscard d’EstaingVGE)が薨去したようです。
 1926年2月2日生まれの94歳。

 アンドラ公国政府は弔意を表明し、三日間の服喪を布告しました。

 

 (カタルーニャ語:アンドラ公国政府公式サイト)El Govern decreta tres dies de dol nacional per la mort de Valéry Giscard d’Estaing

Govern d'AndorraさんはTwitterを使っています 「El Govern declara tres dies de dol nacional a partir de mitjanit per la defunció de Valéry Giscard d’Estaing, copríncep d'Andorra entre 1974 i 1981. El cap de Govern, @XavierEspot, trametrà una carta a la família expressant el condol. Demà s’habilitarà un llibre de condolences. https://t.co/SGXJf4Zga6」 / Twitter

Xavier Espot ZamoraさんはTwitterを使っています 「Ahir ens va deixar l'excopríncep francès Valéry Giscard d’Estaing. Un home d’Estat, de cultura, cabdal per la modernització de la societat francesa i un dels impulsors de la consolidació del sistema educatiu francès al nostre país. Descansi en pau. https://t.co/hqb0ZGMu7a」 / Twitter

 

ANNnewsCH(ANN NEWS);
仏ジスカールデスタン元大統領死去 新型コロナ感染(2020年12月3日) – YouTube

 

 仏 ジスカールデスタン元大統領死去 新型コロナ感染 | おくやみ | NHKニュース

 ヴァレリー・ジスカール・デスタン・フランス共和国元大統領の逝去を受けた菅総理大臣からアンヌ=エモンヌ・ジスカール・デスタン元大統領夫人へのメッセージの発出|外務省

 

関連:
 スウェーデンの王立熾天使騎士団の騎士であったヴァレリー・ジスカール・デスタン氏(元フランス大統領・アンドラ共同統治公)の薨去に伴い、リッダルスホルメン聖堂にて鐘が鳴らされる(2020年12月)

 

正統派フランス王位継承者ルイ20世ことアンジュー公ルイ殿下が、オテル・デ・ザンヴァリッドを訪問(2020年9月)

 2020年9月13日、正統派フランス王位継承者ルイ20世Louis XX)ことアンジュー公ルイ・ド・ブルボン殿下(Louis de Bourbon : Monseigneur The Duke of Anjou : ルイス・アルフォンソ・デ・ボルボン・マルチネス=ボルディウ閣下 : The Most Excellent Luis Alfonso de Borbón Martínez-Bordiú)は、オテル・デ・ザンヴァリッド(アンヴァリッド旧・軍病院)を訪問しました。

 この施設は、ルイ14世が傷病兵看護のために計画したものです。
 1671年から計画は始まっていて、動画の表記など見ると、350周年記念式典となっています(一年早い気もしますが、詳細は不明)。

 

Louis de Bourbon, Duc d’Anjou(アンジュー公ルイ・ド・ブルボン 公式チャンネル):
350ème anniversaire de la Fondation des Invalides – YouTube

 

Louis de Bourbon, Duc d’AnjouさんはTwitterを使っています 「Un mois après ma venue, je suis heureux de partager avec vous ces images. Depuis Louis XIV, voilà 350 ans que les invalides sont honorés et soignés à Paris. Je remercie à nouveau le Général de Saint Chamas, gouverneur des Invalides, pour son invitation et son chaleureux accueil https://t.co/QgSX6NLlE8」 / Twitter

 

 (フランス語:正統派のサイト)350 ans de la fondation de l'Hôtel des Invalides – Message de Mgr le Duc d'Anjou

 

Louis de Bourbon, Duc d’AnjouさんはTwitterを使っています 「J'ai maintenu la tradition malgré la situation sanitaire en souvenir de mon ancêtre Louis XIV qui a créé l'institution des Invalides il y a 350 ans. https://t.co/MtrwVBuJ8o」 / Twitter

 

La LégitimitéさんはTwitterを使っています 「Le Prince @louisducdanjou était présent aujourd’hui, en tant qu’aîné des Capétiens et héritier de son ancêtre #LouisXIV, au 350ème anniversaire de la Fondation des Invalides. ••• #France @diocese_armees @INI_Invalides @CEMAT_FR @armeedeterre @EtatMajorFR @Malte_France https://t.co/FOGGFRPaZE」 / Twitter

 

アンドラ共同統治公/ウルヘル司教ジュアン=エンリク・ビベス・イ・シシリア大司教座下が、アンドラ公国で選出された市長らと会見(2020年1月)

※この記事はキリスト教 高位聖職者のニュースと重複します。

 

 2020年1月21日、キリスト教/ローマ・カトリック教会のウルヘル司教で、個人として大司教に叙されているジュアン=エンリク・ビベス・イ・シシリア座下(Archbishop Joan-Enric Vives i Sicília, Bishop of Urgell)は、2019年12月にアンドラ公国で選出された市長(Cònsols Majors)・副市長(Cònsols Menors)らと会見しました。

※ウルヘル司教は、フランス国家元首(現在は大統領)とともにアンドラ公国の共同国家元首であるアンドラ共同統治公(Co-Prince of Andorra)を務めます。

 

 (カタルーニャ語:ウルヘル司教区 公式ウェブサイト)El Copríncep Episcopal rep els Cònsols dels Comuns d'Andorra

Bisbat d'Urgell – Bisbat d'Urgellさんがリンクをシェアしました。 | Facebook