ヨルダン王アブドッラー2世陛下の一週間(2018年4月28日~5月3日)

 ヨルダン・ハシェミット王国国王アブドッラー2世・イブン・アル・フセイン陛下(アブドゥッラー2世アブドラ国王 : King Abdullah II bin Al-Hussein : His Majesty the King of the Hashemite Kingdom of Jordan)の、この一週間くらいの公務などの様子です。

 

RHC JO(ヨルダン王室ハーシム家公式チャンネル):
زيارة مصنع جرش للملابس بمناسبة عيد العمال في ملخص نشاطات جلالة الملك 28 نيسان – 3 أيار 2018 – YouTube

 

 今回の内容は、
 同国を訪問した日本国内閣総理大臣安倍晋三閣下(あべ しんぞう : His Excellency Mr Shinzō Abe)との会見
 アメリカ合衆国国務長官マイク・ポンぺオ閣下との会見(The Honorable Mike Pompeo)、
 工場などへの訪問、
 のようです。

 

アメリカの外交問題評議会(CFR)のブログに「ナイジェリアでは伝統的君主たちが実権を握っている」というようなタイトルの記事が掲載。主に「カノ首長ムハンマドゥ・サヌシ2世は影響力があるんですよ」という話で、外交官に殿下や他の伝統的君主らとの接触を勧める締め(2018年4月)

 アメリカ合衆国の外交問題評議会【CFR】のブログに、「ナイジェリアでは伝統的君主たちが実権を握っている」というようなタイトルの記事が掲載されています。

 

 (英語)Traditional Rulers Hold Real Power in Nigeria

 

 内容は、ナイジェリア中央銀行の元総裁でナイジェリア連邦共和国北部(シャリーア適用のイスラム教圏)第二の権威/カノ首長“アルハッジ”・ムハンマドゥ・サヌシ2世殿下(His Royal Highness Alhaji Muhammad Sanusi II, The Emir of Kano : サヌシ・ラミド・サヌシSanusi Lamido Sanusi)の影響力について語り、外交官らに殿下や他の伝統的君主らとの接触を勧めるものです。

 しかし、率直な話、殿下の影響力については、ナイジェリアの一般のニュースでも見ていればだいたいわかる内容です。

 

 ナイジェリア連邦共和国の伝統的君主(Traditional Rulers)については、英国のBBCの推計で2000人という数が以前に出ています。
 そして、州政府により認定されるものであるため、増減が生じます。
 けしからぬ話としては、州政府にワイロを送り、なんの背景もないのに君主になろうとする輩まで出ています(というかすでになってしまったという話が……)。
 君主にもランキングがあり、(おそらく)最上位が 1st Class (Ruler) などと記事には出るのですが、このランクになってもかなりの人数が存在し、ピンからキリというのが正直なところです。

カタール首長タミーム殿下が、アメリカ合衆国大統領ドナルド・トランプ閣下と会談(2018年4月)

 カタール国首長“シャイフ”・タミーム・ビン・ハマド・アル・サーニー殿下(シェイク・タミム首長 : His Highness Sheikh Tamim bin Hamad Al Thani, Emir【Amir】 of the State of Qatar)は、アメリカ合衆国大統領ドナルド・J・トランプ閣下(The Honorable Donald J. Trump)と会見しました。

 

The White House(ホワイトハウス【アメリカ合衆国大統領府】公式チャンネル):
President Trump Welcomes the Amir of the State of Qatar – YouTube

 

The White House(ホワイトハウス【アメリカ合衆国大統領府】公式チャンネル):
President Trump Meets with the Emir of the State of Qatar – YouTube

 

 (英語:ホワイトハウス【アメリカ合衆国大統領府】公式サイト)Remarks by President Trump and Amir Tamim Bin Hamad Al Thani of the State of Qatar Before Bilateral Meeting

カストロ系(旧)両シチリア王室当主カストロ公爵カルロ王子殿下一家が、アメリカ合衆国大統領ドナルド・トランプ閣下と写真を撮った模様。撮っただけ?(2018年3月)

 2018年3月24日、カストロ系の両シチリア王室当主/カストロ公爵/ブルボン=両シチリア王子カルロ殿下(His Royal Highness Prince Charles【Carlo】 of Bourbon-Two Sicilies, Duke of Castro)が、アメリカ合衆国大統領ドナルド・J・トランプ閣下(The Honorable Donald J. Trump)と写真を撮ったようです。

 王室公式サイト掲載の写真によれば、
 妻のカストロ公爵夫人カミッラ妃殿下(Her Royal Highness Princess Camilla of Bourbon-Two Sicilies, Duchess of Castro)、
 長女のカラブリア女公爵/パレルモ女公爵マリア・カロリーナ王女殿下(Her Royal Highness Princess Maria Carolina of Bourbon-Two Sicilies, Duchess of Calabria and Duchess of Palermo)
 次女のノート女公爵/カプリ女公爵マリア・キアラ王女殿下(Her Royal Highness Princess Maria Chiara of Bourbon-Two Sicilies, Duchess of Noto and Duchess of Capri)
 が同行しています。
 記事を見る限り、写真を撮っただけみたいですが……。

 

 (英語:両シチリア王室カストロ系公式サイト)TRH Prince Charles and Princess Camilla of Bourbon Two Sicilies and their daughters Maria Carolina and Maria Chiara with President Trump – Sito ufficiale della Real Casa di Borbone delle Due Sicilie

 

 なお、この写真のことがメインではありませんが、カルロ殿下に関するイタリア語の記事が出ています。

 (イタリア語)Borboni d'America. L'erede della dinastia napoletana ricevuto da Trump (di Mario Castellano) – FarodiRoma

サウジアラビア皇太子ムハンマド・ビン・サルマン殿下が、アメリカ合衆国大統領ドナルド・トランプ閣下と会談(2018年3月)

 アメリカ合衆国を訪問中の、サウジアラビア王国のムハンマド・ビン・サルマン・ビン・アブドルアジーズ・アル・サウード皇太子殿下(His Royal Highness Crown Prince Mohammed bin Salman bin Abdulaziz Al Saud)は、アメリカ合衆国大統領ドナルド・J・トランプ閣下(The Honorable Donald J. Trump)と会見しました。

 

The White House(ホワイトハウス【アメリカ合衆国大統領府】公式チャンネル):
President Trump Meets with Crown Prince Mohammad bin Salman of the Kingdom of Saudi Arabia – YouTube

 

 (英語:ホワイトハウス【アメリカ合衆国大統領府】公式サイト)Readout of President Donald J. Trump’s Meeting with Crown Prince Mohammed Bin Salman of Saudi Arabia