NHKニュースのサイトが「紀子さま 結核予防全国大会に出席」というタイトルにしていた記事の名前を「紀子さま 広島訪問 原爆慰霊碑に供花」に差し替える(2018年2月)“政治的配慮”で皇室に関する記事のタイトルを変えるのはやめていただきたい

※同一の記事へ飛びます(しばらくしたら見れなくなります):
紀子さま 結核予防全国大会に出席 | NHKニュース
紀子さま 広島訪問 原爆慰霊碑に供花 | NHKニュース

 

 あとでここのニュースにしようと思って、リンクを保存しておいたら、タイトルが変えられているの気付きました。

 同じ日(今日=2018年2月14日)の公務で、午前中のものを優先して記事名にしていたのを、上か外から原爆関連を優先しろという“圧力”がかかったのかもしれません。

 秋篠宮妃紀子殿下(きこKiko : Her Imperial Highness The Princess Akishino)は公益財団法人「結核予防会」の総裁なのですが……。
 高校時代に結核に感染していると診断されて服薬していた身としては、結核がなくならないわけだ、と思うだけです。

訃報(2018年2月13日):デンマーク王子ヘンリク殿下【ヘンリック王配】、薨去(1943~2018)妻のデンマーク女王マルグレーテ2世陛下と息子の二王子らがフレデンスボー城にて最期を看取る

 2018年2月13日23時18分(現地時間)、デンマーク王子ヘンリク殿下(His Royal Highness Prince Henrik of Denmark)は、フレデンスボー城にて薨去しました。

 妻のデンマーク女王マルグレーテ2世陛下、長男のデンマーク皇太子フレデリク殿下、次男のデンマーク王子ヨアキム殿下らが最期を看取ったようです。

 

 (デンマーク語:デンマーク王室公式サイト)Hans Kongelige Højhed Prins Henrik afgået ved døden | Kongehuset

 

追記1:
 英語版ページにも記事が出ました。
 (英語:デンマーク王室公式サイト)Death of HRH Prince Henrik | The Danish Monarchy – Front Page

His Royal Highness Prince Henrik died peacefully in his sleep Tuesday 13 February at 11.18pm, at Fredensborg Palace.

Her Majesty the Queen and the two sons were at his side.

 

Det danske kongehus(デンマーク王室公式チャンネル):
Sørgesalut – YouTube

 

Det danske kongehus(デンマーク王室公式チャンネル):
Blomster – YouTube

 

続報:
 葬儀予定(2018年2月20日):薨去したデンマーク王子ヘンリク殿下【ヘンリック王配】の葬儀は近親・友人らのみの参列する小規模なものに。火葬をおこない、遺灰の半分をデンマークの海に、残りをフレデンスボー城に埋葬するのが本人の希望。まだ埋葬に関する正式発表はない模様
 薨去したデンマーク王子ヘンリク殿下【ヘンリック王配】の棺がアマリエンボー宮殿からクリスチャンスボー城の聖堂に移される(2018年2月)
 薨去したデンマーク王子ヘンリク殿下【ヘンリック王配】を弔問する人々(2018年2月)
 葬儀(2018年2月20日):デンマーク王子ヘンリク殿下【ヘンリック王配】の葬儀が執り行われる

重篤が伝えられていたデンマーク王子ヘンリク殿下【ヘンリック王配】が「最期の場所」としてフレデンスボー城へ移る(2018年2月)

 重篤が伝えられていたデンマーク王子ヘンリク殿下(His Royal Highness Prince Henrik of Denmark)ですが、デンマーク王室公式サイトによりますと、フレデンスボー城へ移った模様。
 依然として予断を許さない状況のようですが、殿下本人の「最期をフレデンスボー城で過ごしたい」という希望による移動のようです。

 

 (デンマーク語:デンマーク王室公式サイト)H.K.H. Prins Henrik er kommet hjem til Fredensborg Slot | Kongehuset

 

続報:
 訃報(2018年2月13日):デンマーク王子ヘンリク殿下【ヘンリック王配】、薨去(1943~2018)訃報(2018年2月13日):デンマーク王子ヘンリク殿下【ヘンリック王配】、薨去(1943~2018)妻のデンマーク女王マルグレーテ2世陛下と息子の二王子らがフレデンスボー城にて最期を看取る

 葬儀予定(2018年2月20日):薨去したデンマーク王子ヘンリク殿下【ヘンリック王配】の葬儀は近親・友人らのみの参列する小規模なものに。火葬をおこない、遺灰の半分をデンマークの海に、残りをフレデンスボー城に埋葬するのが本人の希望。まだ埋葬に関する正式発表はない模様
 薨去したデンマーク王子ヘンリク殿下【ヘンリック王配】の棺がアマリエンボー宮殿からクリスチャンスボー城の聖堂に移される(2018年2月)
 薨去したデンマーク王子ヘンリク殿下【ヘンリック王配】を弔問する人々(2018年2月)
 葬儀(2018年2月20日):デンマーク王子ヘンリク殿下【ヘンリック王配】の葬儀が執り行われる

 デンマーク/コペンハーゲン警察が「Rigshospitalet(デンマーク最大の病院)」の職員を対象に捜査中とのこと。2月に薨去したデンマーク王子ヘンリク殿下【ヘンリック王配】の容態をジャーナリストに情報漏洩した疑い(2018年3月)

会津松平家第14代当主 松平保久 氏が、司馬遼太郎をしのぶ催しで講演(2018年2月)

 2018年2月12日、福島県会津若松市で「戊辰150周年記念 司馬遼太郎顕彰事業 菜の花忌『献花祭り』」が催され、会津松平家第14代当主松平保久(まつだいら もりひさ)氏が、「鶴ケ城開城と容保公」と題して講演をおこなったようです。

 

 作家・司馬遼太郎をしのぶ 会津若松で菜の花忌「献花祭り」:福島民友ニュース:福島民友新聞社 みんゆうNet
 戊辰降伏、容保の思い語る 松平家14代当主・保久さん講演:福島民友ニュース:福島民友新聞社 みんゆうNet

結婚(2018年6月2日):トラウトマンスドルフ=ヴァインスベルク伯女マリー=カテリネ殿下とモーリッツ・フォン・ナトゥジウス氏

 2018年6月2日に、トラウトマンスドルフ=ヴァインスベルク伯女マリー=カテリネ殿下(Her Illustrious Highness Countess Marie-Catherine of Trauttmansdorff-Weinsberg : マリー=カテリネ・グレフィン・フォン・ウント・ツー・トラウトマンスドルフ=ヴァインスベルクMarie-Catherine Gräfin von und zu Trauttmansdorff-Weinsberg)とモーリッツ・フォン・ナトゥジウス氏(Moritz von Nathusius)が、オーストリア共和国ウィーンで結婚するようです。

 マリー=カテリネ伯女殿下は1990年1月20日生まれの28歳。
 トラウトマンスドルフ=ヴァインスベルク家は、神聖ローマ帝国領邦国家君主の家柄で、メディアタイズド・ハウスに分類されるほか、ウラデル、ベーメン貴族のチェコ貴族、オーストリア貴族といった扱いになるようです。

 モーリッツ・フォン・ナトゥジウス氏は1989年6月5日生まれの28歳。
 ナトゥジウス家は、ドイツのプロイセン貴族の家柄ですが、フォン“von”を受けていない系統も含め、様々な人物を輩出しているようです。

 

 We're getting married! Moritz and Marie