ル・マン24時間レースのLMP2クラスで、ハプスブルク家継嗣/オーストリア大公フェルディナント・ズヴォニミール殿下【フェルディナント・ハプスブルク】のチームが優勝した模様(2021年8月)

 2021年8月21~22日にかけておこなわれたル・マン24時間レースのLMP2クラスで、チームWRTのうち、シャルル・ミレッシロビン・フラインス、オーストリア帝室・ハンガリー王室のハプスブルク家継嗣【ハプスブルク=ロートリンゲン家継嗣】のオーストリア大公フェルディナント・ズヴォニミール殿下(オーストリア皇子 : ハンガリー王子 : ベーメン王子 : His Imperial and Royal Highness Archduke Ferdinand Zvonimir of Austria, Prince Imperial of Austria, Prince Royal of Hungary and Bohemia : フェルディナント・ズヴォニミール・フォン・ハプスブルクFerdinand Zvonimir von Habsburgフェルディナント・ズヴォニミール・ハプスブルク=ロートリンゲンFerdinand Zvonimir Habsburg-Lothringenフェルディナント・ハプスブルクFerdinand Habsburg)の三人のドライバーが運転した31号車の方が優勝した模様です。

 

f1_motogp.indonesia:
Team and Drivers LMP2 podium in 24 hours of Le Mans 2021 #TimWarganet – YouTube

 

※なお、記事は最終走者のフラインスに関わる内容で、殿下に関しては名前が出てるだけです。
 最終ラップでの逆転、劇的勝利のWRTフラインス「僕らのレースは終わったと思った」/ル・マン24時間 | ル・マン/WEC | autosport web

 フラインス、フェルディナンド・ハプスブルグ、シャルル・ミレッシの3人は、LMP2クラスのトップを走っていた彼らのオレカ07がレース終盤に何度もドラマに遭遇したにもかかわらず、ロバート・クビサ、ルイ・デレトラズ、イフェイ・イェによって運転された姉妹車41号車オレカ07がファイナルラップでストップするという悲劇的な展開によって、最終的には優勝を勝ち取った。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です