ブルネイのアブドゥル・マティーン王子殿下が、兄のアブドゥル・アジム王子殿下の死因について記す(2020年10月)

 ブルネイ・ダルサラーム国のアブドゥル・マティーン王子殿下(His Royal Highness Prince Abdul Mateen)が、10月24日に薨去した兄・アブドゥル・アジム王子殿下の死因について、インスタグラムのアカウントにアップロードしています。

 

MateenはInstagramを利用しています:「🤍」

View this post on Instagram

🤍

A post shared by Mateen (@tmski) on

 

 これによりますと「severe systemic vasculitis」で「autoimmune disease」の一種ということです。
 後者は自己免疫疾患です。
 前者は(その一種の)全身性血管炎の激しいものだということでしょうか。
 また、双極性障害(躁鬱病 : bipolar disorder)により闘病が困難になっていたこと、最終的には多臓器不全(multiple organ failure)で亡くなったとしています。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です