訃報(2020年7月26日):“サー”・ロデリック・ブリンクマン準男爵(第6代)、卒去(1932~2020)

 2020年7月26日、英国の連合王国準男爵“サー”・セオドア・ジョージ・ロデリック・ブリンクマン準男爵【第6代】(Sir Theodore George Roderick Brinckman, Bt : 6th Baronet : ロディー・ブリンクマンRoddy Brinckman)が卒去したようです。
 1932年3月20日生まれの88歳。

 卒去に伴い、長男のセオドア・ジョナサン・ブリンクマンTheodore Jonathan Brinckman)が第7代準男爵となる模様。

 

 (英語)BRINCKMAN – Deaths Announcements – Telegraph Announcements
 (英語)Peerage News: Sir Theodore George Roderick [Roddy] Brinckman, 6th Baronet 1932-2020

 

メクレンブルク公子ミハエル殿下が、シュレスヴィヒ=ホルシュタイン州ラッツェブルクにて州の閣僚や議員らと会談(2020年7月)国内観光など議題

 2020年7月30日、メクレンブルク公子ミハエル殿下(His Highness Duke Michael of Mecklenburg : カール・ミハエル・ヘルツォーク・ツー・メクレンブルク=シュトレーリッツCarl Michael Herzog zu Mecklenburg-Strelitz)が、シュレスヴィヒ=ホルシュタイン州ラッツェブルクにてシュレスヴィヒ=ホルシュタイン州経済・運輸・労働・技術・観光大臣ベルント・クラウス・ブーフホルツ閣下(Bernd Klaus Buchholz)やアナベル・クレマー州議会議員(Annabell Krämer)らと会談したようです。
 テーマは国内観光。

 ラッツェブルクは、旧メクレンブルク=シュトレーリッツ大公国を構成していたラッツェブルク公国の一部というか主要都市であり、詳細は未確認ですが、現在、ラッツェブルク公国の大半はメクレンブルク=フォアポンメルン州に属するものの、湖上のラッツェブルクはシュレスヴィヒ=ホルシュタイン州に属しているのではないかと思います。

 ミハエル殿下は、現当主のボルヴィン殿下の次男。
 今回、ミハエル殿下が会談したのは、メクレンブルク=シュトレーリッツがかつてこの土地を統治していたということに基づくものでしょう。

 

 (英語:メクレンブルク=シュトレーリッツ大公室 公式サイト)Tourism in Ratzeburg – House of Mecklenburg-Strelitz

 (ドイツ語)Schleswig-Holsteins Wirtschaftsminister in Sachen Binnentourismus zu Besuch in Ratzeburg – LOZ-News | Die Onlinezeitung für das Herzogtum Lauenburg
 (ドイツ語)Schleswig-Holsteins Wirtschaftsminister in Sachen Binnentourismus zu Besuch in Ratzeburg | Herzogtum direkt

 

Haus Mecklenburg-StrelitzさんはTwitterを使っています 「Schleswig-Holsteins Wirtschaftsminister in Sachen Binnentourismus zu Besuch in Ratzeburg – LOZ-News | Die… https://t.co/VEcV0Kgneg」 / Twitter

 

Herzog Michael in Ratzeburg mit… – Das Großherzogliche Haus Mecklenburg-Strelitz | Facebook

Herzog Michael in Ratzeburg mit Schleswig-Holsteins Wirtschaftsminister

Das Großherzogliche Haus Mecklenburg-Strelitzさんの投稿 2020年8月4日火曜日

 

LOZ.NewsさんはTwitterを使っています 「https://t.co/qy5VIUNWtV」 / Twitter

 

LOZ-News | Facebook

LOZ-Newsさんの投稿 2020年8月4日火曜日

 

 ボルヴィン殿下やミハエル殿下は、メクレンブルク=シュトレーリッツ大公室の貴賤結婚の子孫で、現在この系統が権利を回復して大公室を形成していると見られています。が、以前も書きましたが異論があります。

関連:
 (この記事の下のほう)訃報(2018年7月23日):メクレンブルク公子カール・グレゴール殿下、薨去(1933~2018)

 

動画:英国王室のチャールズ皇太子殿下が、ルーマニアの観光(国内旅行)の魅力をうったえる映像のナレーション(2020年8月)

 英国王室【イギリス王室】のウェールズ公チャールズ皇太子殿下(Prince Charles : His Royal Highness The Prince of Wales)は、ルーマニア国内旅行の魅力についてうったえる動画のナレーションをしたようです。

 

Team Wild Carpathia:
HRH Prince Charles’ message of support for Romanian Tourism – YouTube

 

 (英語:ルーマニア正教会 公式サイト)Romania’s monasteries, recommended by Prince Charles – Basilica.ro

 

(旧)フランス王室オルレアン派のアンジュー公、オルレアン公子シャルル=フィリップ殿下が前スペイン王ファン・カルロス1世陛下を擁護(2020年8月)

 オルレアン派フランス王室のアンジュー公に叙されているオルレアン公子シャルル=フィリップ殿下(His Royal Highness Prince Charles-Philippe of Orléans, Duke of Anjou)が、前スペイン王ファン・カルロス1世陛下(His Majesty King Juan Carlos I of Spain)を擁護する短い文章を投稿しているようです。

 

Spain wouldn't be the country it is… – Charles-Philippe d'Orléans | Facebook

Spain wouldn't be the country it is today without this exceptional King #godsavetheking #spain #juancarlos #kingofspain

Charles-Philippe d'Orléansさんの投稿 2020年8月4日火曜日

Spain wouldn’t be the country it is today without this exceptional King

 

 「この偉大な王なしでは、スペインは今日のような国にはならなかった」ということです。

 現在スペインでは、左派系勢力などを中心に陛下の責任などを問う動きがあり、ピレネー山脈を越えてフランスの左派系勢力が同調しているようです。

 

関連:
 前スペイン王ファン・カルロス1世陛下がスペインを出国するとの報道(2020年8月)

 

スペイン王フェリペ6世陛下が、ウルグアイの新外相と会見(2020年8月)

 2020年8月6日、スペイン王フェリペ6世陛下(King Felipe VI : His Majesty The King of Spain)は、2020年に7月にウルグアイ東方共和国の外務大臣に就任したフランシスコ・ブスティージョ・ボナッソ閣下(Francisco Bustillo Bonasso)と会見しました。
 同大臣は長期に渡ってスペイン王国駐箚特命全権大使を務めていたようです。

 

casarealtv(スペイン王室 公式チャンネル):
Audiencia al Ministro de RR.EE. de la República Oriental del Uruguay, Francisco Bustillo Bonasso – YouTube

 

Casa de S.M. el ReyさんはTwitterを使っています 「Audiencia de S. M. el Rey al Ministro de Relaciones Exteriores de la República Oriental del Uruguay, Francisco Bustillo Bonasso. @MAECgob https://t.co/Qr0I3x2xql https://t.co/i0NsrcSdU3」 / Twitter

 

 (スペイン語:スペイン王室 公式ウェブサイト)Inicio – Actividades y Agenda – Audiencia al Ministro de Relaciones Exteriores de la República Oriental del Uruguay, Francisco Bustillo Bonasso

 (スペイン語:ウルグアイ政府 公式サイト)Su Majestad el Rey de España, Felipe VI, recibió en audiencia al Canciller Francisco Bustillo Bonasso | Ministerio de Relaciones Exteriores

 

Cancillería Uruguay 🇺🇾さんはTwitterを使っています 「Más información aquí: https://t.co/zhaBLvLpmY https://t.co/QFQ1xv8MTF」 / Twitter

 

Cancillería Uruguay 🇺🇾 (@cancilleriauruguay) • Fotos y videos de Instagram

View this post on Instagram

Hoy, en el Palacio de la Zarzuela de la ciudad de Madrid, Su Majestad el Rey de España, Felipe VI, acompañado por la Secretaria de Estado de Asuntos Exteriores y para Iberoamérica y el Caribe, Cristina Gallach Figueras, recibió en audiencia al Canciller Francisco Bustillo Bonasso. El Canciller Bustillo llegó a España el pasado martes manteniendo diversas reuniones durante su estancia en Madrid, entre ellas con la Ministra de Asuntos Exteriores, Arancha González Laya, quien el martes le entregara la condecoración de la Orden de Isabel la Católica en el grado Gran Cruz, que tiene por objeto premiar aquellos comportamientos extraordinarios de carácter civil, realizados por personas españolas y extranjeras, que redunden en beneficio de la Nación o que contribuyan, de modo relevante, a favorecer las relaciones de amistad y cooperación de la Nación Española con el resto de la Comunidad Internacional.

A post shared by Cancillería Uruguay 🇺🇾 (@cancilleriauruguay) on