ベルギー王国で治療を受ける予定だったオマーンのスルタン(国王)カブース・ビン・サイード陛下(カブース国王)が帰国。母国での最期を望んでのことと一部報道(2019年12月)

 ベルギー王国で一月ほど滞在し治療(訂正:大腸癌というのも一部報道のようです)を受ける予定だったオマーン国のスルタン カブース・ビン・サイード・アル・サイード陛下(His Majesty Sultan Qaboos bin Said al Said of Oman)が、診断を受けた後、早々に帰国したようです。
 ここまでは多数報道がありますが(オマーン本国の報道もあります)、これに加えて、ベルギーのメディア内を情報源だとする、母国で最期を迎えるため帰国したという一部報道があります。

 

 (オランダ語)’Zieke Sultan Oman halsoverkop terug naar huis om te sterven’ | Buitenland | Telegraaf.nl

 

関連:
 訃報(2020年1月10日?):オマーンのスルタン(国王)カブース・ビン・サイード陛下(カブース国王)が崩御(1940~2020)
 オマーンの新しいスルタン【国王】にオマーン遺産文化相ハイサム・ビン・ターリク・アル・サイード殿下(故カブース陛下の従弟)が即位したとの報道(2020年1月)

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です