ルーマニア外務省がルーマニア駐箚ロシア大使を同省に召喚して警告したとの報道。ロシア大使館が Facebook のアカウントでルーマニア王室当主/ルーマニア王位守護者マルガレータ陛下を非難した件(2019年11月)

 2019年11月21日に、ルーマニア王室当主/ルーマニア王位守護者マルガレータ陛下(Her Majesty Margareta, the Custodian of the Crown of Romania : ルーマニア皇太子マルガレータ殿下 : Her Royal Highness Crown Princess Margareta of Romania)は外交団と会見しましたが、その際、第二次世界大戦を引き合いに出し、ロシア連邦によるジョージア【グルジア】およびウクライナなどへの侵攻を批判しました。
 この件に対しルーマニア駐箚のロシア連邦の大使館が陛下を非難するコメントを Facebook のアカウントに投稿していましたが、さらにそれに対し王党派や西側諸国に近い立場を取る政治家などからロシア大使を批判する動きがとられていました。

 今回の報道によりますと、ルーマニア外務省がロシアの大使を召喚して、「容認できない」「二国間関係に否定的な影響を与えかねない」と警告したようです。

 

 (英語)Romanian Princess’s History Lecture to Diplomats Infuriates Russia | Balkan Insight

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です