イタリア王室(直系)当主/サヴォイア公・ナポリ公ヴィットーリオ・エマヌエーレ殿下が年末のメッセージを(2019年12月)

 イタリア王室当主のサヴォイア公・ナポリ公ヴィットーリオ・エマヌエーレ殿下(Vittorio Emanuele : His Royal Highness The Duke of Savoy and Prince of Naples)が年末のメッセージを出しています。

 最終パラグラフは、孫娘であるサヴォイア公女ヴィットーリア殿下(Her Royal Highness Princess Vittoria of Savoy)とサヴォイア公女ルイーザ殿下(Her Royal Highness Princess Luisa of Savoy)について触れられています(対立する傍系のアオスタ系統にイタリア王位や当主の座を渡すわけもないので、いずれ二人にはなんらかの形でイタリア王位継承権が与えられることになるでしょう)。

 

 (イタリア語)Messaggio di fine anno S.A.R. Vittorio Emanuele di Savoia | LaRampa.it

 

Emanuele FilibertoさんはTwitterを使っています: 「https://t.co/wCRtu3lMMz」 / Twitter

 

http://www.larampa.it/2019/12/30/messaggi… – Emanuele Filiberto | Facebook

http://www.larampa.it/2019/12/30/messaggio-di-fine-anno-s-a-r-vittorio-emanuele-di-savoia/

Emanuele Filibertoさんの投稿 2019年12月30日月曜日

 

関連:
 イタリア王室(直系)が継承法を絶対長幼制へ改定へ。サヴォイア公女ヴィットーリア殿下が将来的にイタリア王室当主に(2020年1月)

 

訃報(2019年12月22日):ダグマー・フォン・アルビン(ヴィスボリ伯爵女ダグマー・ベルナドット)が薨去(1916~2019)スウェーデン王(ノルウェー王)オスカル2世の男系子孫

 2019年12月22日、ダグマー・フォン・アルビン(Dagmar von Arbin : ヴィスボリ伯爵女ダグマー・ベルナドット : Countess Dagmar Bernadotte af Wisborg)が薨去した模様です。
 1916年4月10日生まれの103歳。

 

 (スウェーデン語)Kungens äldsta släkting Dagmar von Arbin har dött
 (スウェーデン語)Just nu! Hovet i sorg – kungens äldsta släkting har gått bort | Svensk Dam

 

 スウェーデン王(ノルウェー王)オスカル2世
 ↓
 ヴィスボリ伯爵オスカル・ベルナドット公(ゴットランド公爵スウェーデン王子オスカル
 ↓
 ヴィスボリ伯爵子カール・オスカル・ベルナドット
 ↓
 ダグマー・フォン・アルビン
 という系譜になります。

 アルビン家はスウェーデンの無爵位貴族。

 ベルナドット公はスウェーデン王室の貴賤結婚をした人物に叙されたことのあるルクセンブルクの称号
 ヴィスボリ伯爵~はその人物や男系子孫のための(同じく)ルクセンブルクの称号です。

 

スウェーデン皇太子ヴィクトリア殿下がプライベートの予定をキャンセル(2019年12月)ノルウェー王女マッタ・ルイーセ殿下の元夫アリ・ベーン氏の訃報を受けて

 スウェーデン王室のスウェーデン皇太子ヴィクトリア殿下(ヴェステルイェートランド女公爵 : Victoria : Her Royal Highness The Crown Princess of Sweden, Duchess of Västergötland)は、アリ・ベーン氏(Ari Behn)の訃報を受けてプライベートの予定をキャンセルした模様です。

 

 (スウェーデン語)Victoria åker till Oslo för att stötta Märtha Louise | Svensk Dam

 2020年1月3日の葬儀の参列と、友人であるノルウェー王女マッタ・ルイーセ殿下(Her Highness Princess Märtha Louise of Norway)を支えるためとのことです。

追記:
 予定のキャンセルは葬儀に関する日のみで休暇はおこなわれたのではないかと思います(とりあえずタイトルと文中を修正しました)。
 しかし、別件が原因で、葬儀への参列は見合わせとなる見込みとなってきました。

 スウェーデン王位継承順第2位のスウェーデン王女エステル殿下がスキーで骨折との情報(2020年1月?)

 

関連:
 訃報(2019年12月25日):アリ・ベーン氏が自殺(1972~2019)ノルウェー王女マッタ・ルイーセ殿下の元夫

 

訃報(2019年11月28日):英国の第2代ディキンソン男爵リチャード・ディキンソン閣下が卒去(1926~2019)

 2019年11月28日、英国の連合王国貴族/第2代ディキンソン男爵リチャード・ディキンソン閣下(Richard Dickinson, 2nd Baron Dickinson : The Right Honourable The Lord Dickinson : ディキンソン卿)が卒去した模様です。
 1926年3月2日生まれの93歳。

 卒去に伴い、長男のマーティン・ディキンソン閣下(Martin Dickinson)が第3代ディキンソン男爵となります。

 

 (英語:閲覧できない場合があります)Dickinson – Deaths Announcements – Telegraph Announcements

 

ジャン=セルジュ・ボカサ皇子殿下(中央アフリカ共和国の元・内相)が2015年に続いて来年【2020年】の大統領選挙への立候補を準備しているとの報道(2019年12月)

 ジャン=セルジュ・ボカサ皇子殿下(His Imperial Highness Prince Jean-Serge Bokassa)が、2020年の大統領選挙への立候補を準備しているとの報道です。

 

 (フランス語:全文を読むには登録必要)Centrafrique : le retour d’un Bokassa – L'Incorrect

 

 ジャン=セルジュ・ボカサ殿下は2015年の中央アフリカ共和国大統領選挙の一回目投票で約6%の得票で5位。二回目投票ではトゥアデラ(現)大統領支持に回りました。。
 2016年~2018年に内務大臣を務めています。