英国のチャールズ皇太子殿下が、バヌアツ共和国部族首長会議より部族首長の称号を受ける(2018年4月)

 バヌアツ共和国を訪問した英国【イギリス】のウェールズ公チャールズ皇太子殿下(Prince Charles : His Royal Highness The Prince of Wales)は、同国行政府の諮問機関(?)である部族首長会議(Malvatumauri : Malvatu Mauri : Mal Vatu Mauri)より部族首長の称号を受けたようです。

 BBC記事からは、「Mal Menaringmanu」となっているのですが、Mal は 部族首長のことだと思うので、「Mal Menaringmanu という名称の部族首長の称号」か「Menaringmanu という名で呼ばれる部族首長」のどちらかだと思います。

 

The Royal Family Channel:
Prince Charles made an honourary high chief in Vanuatu – YouTube

 

 (英語)Prince Charles gets new Chief title on Vanuatu – BBC News

 

関連:
 フィリップ王子信仰運動のバヌアツ共和国タンナ島で、神=薨去した英国王室/エディンバラ公爵フィリップ王子殿下への(小規模な)セレモニーがおこなわれる(2021年4月)次の神はチャールズ皇太子殿下が有力だが決まっていない模様

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です