旧ルーマニア王ミハイ1世陛下の崩御で……(2017年12月)

 旧ルーマニア王ミハイ1世陛下(His Majesty King Michael IMihai】 of Romania)の崩御で、ルーマニア王国復活・王政復古の望みはほぼついえたと思いますが、それはそれとして、東欧は田舎なので、長女のルーマニア皇太子マルガレータ殿下(ルーマニア王位守護者 : Her Royal Highness Crown Princess Margareta of Romania, the Custodian of the Crown of Romania)が当主として存命のうちはまだ影響力はあるかと思います。

 ただその下の世代が……。
 エリサベタ・カリナ・デ・ロムニエ・メドフォース=ミルズ嬢(Elisabeta Karina de Roumanie Medforth-Mills)に「ルーマニア王女」の称号を与えることはあるのだろうか……。

 

 ミハイ1世には娘しかおらず、もし息子の王子がいれば、(問題児ではない人物であれば)王政復古の可能性は高かっただけに、世襲制の不安定さをみせられた気がします。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です