英国王室のハリー王子【ウェールズ公家ヘンリー王子殿下】とメーガン・マークルの結婚式(2018年5月)

 英国王室のハリー王子(Prince Harry : ウェールズ公家ヘンリー王子殿下 : His Royal Highness Prince Henry of Wales)とメーガン・マークルMeghan Markle)の結婚式のライブ映像の配信が始まっています。

※その他、なにか見つけたら随時更新します。

 

ライブ映像(終了しました。現在、アーカイブされた2時間以上の動画を見ることができます)/
The Royal Family(英国王室公式チャンネル):
The Royal Wedding 2018: Prince Harry and Ms. Meghan Markle – YouTube

 

ライブ映像(終了しました。アーカイブもされていないようなので、下部に貼った各動画をご覧ください)/
The Royal Family Channel:
LIVE: Royal Wedding 2018 of Prince Harry and Meghan Markle – YouTube

 

The Royal Familyさんのツイート: "Today Prince Harry and Ms. Markle will be married at Windsor Castle surrounded by friends and family. Follow us @RoyalFamily @KensingtonRoyal @ClarenceHouse live all day.… https://t.co/Vf9bl93sGu"

 

続きを読む 英国王室のハリー王子【ウェールズ公家ヘンリー王子殿下】とメーガン・マークルの結婚式(2018年5月)

訃報(2018年4月17日):“サー”・ピーター・アンソン準男爵海軍少将、卒去(1924~2018)

 2018年4月17日、英国の連合王国準男爵、“サー”・ピーター・アンソン準男爵海軍少将(第7代準男爵 : Rear Admiral Sir Peter Anson, CB, DL, 7th Baronet)が卒去したようです。
 1924年7月31日生まれの93歳。
 爵位保有者も出しているアンソン家の一員です。

 卒去に伴い、長男のフィリップ・アンソン氏(Philip Anson)が第8代準男爵となっていると思われます。

 

 (英語)Sir Peter Anson dies aged 93 | News | Farnham Herald
 (英語)ANSON – Deaths Announcements – Telegraph Announcements

訃報(2018年3月29日):“サー”・ウィリアム・グラッドストン準男爵(第7代)、卒去(1925~2018)ガーター騎士団の騎士。グラッドストン首相の曾孫(首相は初代準男爵の四男で自身は準男爵となっていないが子孫が準男爵位を継承)

 2018年3月29日、“サー”・ウィリアム・グラッドストン準男爵(第7代 : Sir William Gladstone, 7th Baronet, KG, JP, DL)が卒去したようです。
 1925年10月29日生まれの92歳。

 1999年にガーター騎士団の騎士に叙任されていました。

 英国のグラッドストン首相の曾孫です(首相は初代準男爵の四男で自身は準男爵となっていないが、年長系の男系男子が絶えたため、子孫が準男爵位を継承)。

 卒去に伴い、子息のチャールズ・グラッドストンCharles GladstoneチャーリーCharlie)が準男爵位を継承するものと思われます。

 

 (英語)GLADSTONE – Deaths Announcements – Telegraph Announcements

訃報(2018年3月4日):“サー”・ウィリアム・マカルパイン準男爵閣下、卒去(1936~2018)

 2018年3月4日、“サー”・ウィリアム・マカルパイン準男爵閣下(Sir William McAlpine, 6th Baronet : The Honourable Sir William Hepburn McAlpine Bt FRSE)が卒去した模様。
 1936年1月12日生まれの82歳。
 この三ヶ月、敗血症の治療を受けていたようです。

 卒去に伴い、子息のアンドルー・マカルパイン氏が準男爵位を継承するものと思われます。

 マカルパイン準男爵は、サー・ロバート・マカルパイン社を創設しコンクリート・ボブ(”Concrete Bob”)とあだなされた“サー”・ロバート・マカルパイン準男爵(Sir Robert McAlpine, 1st Baronet)を初代としています。
 “サー”・ウィリアムは、その曾孫にあたるようです。

 “サー”・ウィリアムの父で先代(第5代)準男爵の故エドウィン・マカルパイン閣下(Edwin McAlpine, Baron McAlpine of Moffat)は、一代貴族のマカルパイン・オブ・モファット男爵に叙されていたため、“サー”・ウィリアムは男爵の息子である“The Honourable”をつけて称されます(Honourable系統の単語は当サイトでは“閣下”と訳しています。ほかに日本語の訳語もないため)。
 また、“サー”・ウィリアムの弟アリスター・マカルパインAlistair McAlpine, Baron McAlpine of West Green)も一代貴族のマカルパイン・オブ・ウェスト・グリーン男爵に叙されています。

 

 (英語)Saviour of Flying Scotsman dies – Henley Standard
 (英語)Obituary: Sir William McAlpine – 1936-2018 – Henley Standard
 (英語)Flying Scotsman saviour dies aged 82
 (英語)Tributes pour in for 'gentle and generous' multi-millionaire railway enthusiast Sir William McAlpine | Bucks Free Press

 (英語)McALPINE – The Hon. Sir William Hepburn, Bt. – Deaths Announcements – Telegraph Announcements

訃報(2018年2月25日):“サー”・ジョナサン・ノース準男爵(第2代)、卒去(1931~2018)第8代ギルフォード伯爵の孫

 2018年2月25日、“サー”・ジョナサン・ノース準男爵(Sir Jonathan North, 2nd Baronet)が卒去した模様です。
 1931年2月6日生まれの87歳。
 卒去に伴い、子息の“サー”・ジェレミー・ノースSir Jeremy North, 3rd Baronet)が第3代準男爵となっているものと思われます。

 初代準男爵“サー”・ウィリアム・ヒッキングSir William Hicking, 1st Baronet)は1917年に連合王国準男爵に叙されていますが、息子がいなかったため、こちらの準男爵位はその死をもって消滅。
 1920年にも準男爵に叙されていますが、こちらが娘の子供に継承を許す特殊なリメインダーとなっており、その結果、娘のジョージアナ・ノース閣下(ジョージアナ・ヒッキングGeorgiana Hicking)とその夫のジョン・ノース閣下(The Honourable John North)の息子である“サー”・ジョナサン・ノースが準男爵位を継承したようです。
 また、ジョン・ノース閣下は、第8代ギルフォード伯爵フレデリック・ノース閣下の次男です。

 

 (英語)NORTH – Deaths Announcements – Telegraph Announcements