誕生(2021年3月26日):スウェーデン王子ジュリアン【ユリアン】(ハッランド公爵)。スウェーデン王子カール・フィリップ殿下夫妻の第三子・三男

 2021年3月26日、スウェーデン王子カール・フィリップ殿下と王子妃ソフィア殿下の間の第三子・三男となるハッランド公爵スウェーデン王子ジュリアン(Prince Julian of Sweden, Duke of Halland)が誕生しました。
 全名はジュリアン・ヘルベルト・フォルケ(Julian Herbert Folke)。

 ジュリアン王子は広義の王室の一員に含まれ、スウェーデン王位継承順位第7位となりますが、殿下の敬称(His Royal Highness)を持ちません。

※名前ですが、「ユリアン」のほうがよいかとも思いましたが、祖父であるカール16世グスタフ陛下の情報閣議(下記の動画)での発音は「ジュリアン・ヘルベット・フォルケ」が近いかなと思います。
 もっとも、当方が正しく聞き取れている保証はないうえに、陛下の発音が正しい(というか両親が希望している発音と同じ)保証もありません。

 

Kungahuset 🇸🇪はInstagramを利用しています:「Prins Julian. 📷: H.K.H. Prins Carl Philip」

 

Kungahuset(スウェーデン王室公式チャンネル):
Konselj med anledning av H.K.H. Prinsessan Sofias nedkomst – YouTube

字幕あり版/
Kungahuset(スウェーデン王室公式チャンネル):
Konselj med anledning av H.K.H. Prinsessan Sofias nedkomst – textad version – YouTube

 

 (英語:スウェーデン王室 公式サイト)Announcement from HE The Marshal of the Realm – Sveriges Kungahus
 (写真:英語:スウェーデン王室 公式サイト)Prince Julian Herbert Folke – Sveriges Kungahus

 

 (スウェーデン語)Prinsessan Sofias nya bilder på prins Julian med syskonen | Svensk Dam


※名前の由来の人物などを紹介

誕生(2021年2月25日):トンガ王女サロテ・マフィレオ・ピロレヴ殿下が誕生。トンガ皇太子トゥポウトア・ウルカララ殿下夫妻の第四子・三女。父・兄・姉二人に次いでトンガ王位継承順位第5位

 2021年2月25日、トンガ王女サロテ・マフィレオ・ピロレヴ殿下(Her Royal Highness Princess Salote Mafile’o Pilolevu

 トンガ皇太子トゥポウトア・ウルカララ殿下(His Royal Highness Crown Prince Tupoutoʻa ʻUlukalala of Tonga)とトンガ皇太子妃シナイタカラ殿下(Her Royal Highness Crown Princess Sinaitakala of Tonga)の第四子・三女。
 父・兄・姉に次いでトンガ王位継承順位第5位となります。

 

 (英語)Princess Salote Mafile’o Pilolevu – Tonga’s new baby Princess | Matangitonga

誕生(2021年1月19日):ムフラニ系ジョージア王室【グルジア王室】のジョージア王子バグラト殿下が誕生。ファン【イオアネ】殿下とクリスティネ妃殿下の第一子・長男

 2021年1月19日、ムフラニ系ジョージア王室【グルジア王室】のジョージア王子バグラト殿下(His Royal Highness Prince Bagrat of Georgia)が誕生したようです。
 ジョージア王子ファンイオアネ】殿下とクリスティネ妃殿下(Kristine)の第一子・長男です。

※ファン殿下はスペインとジョージアの市民権を保有しているようです。

 

HRH Prince Juan BagrationはInstagramを利用しています:「Today, 19th of January, on the glorious feast of Epiphany was born our son Bagrat❤️ Congratulations on the day of Epiphany! დღეს 19…」

 

 ファン殿下は、ムフラニ系ジョージア王室【グルジア王室】当主/ジョージア皇太子ダヴィト殿下の従弟です。

誕生(2020年11月18日):ナイジェリア伝統的君主/イフェ王オジャジャ2世陛下に長男が誕生した模様

 公式発表とそれを参照した報道によりますと、2020年11月18日、イフェ王【オオニorオニ】オジャジャ2世、“オバ”・アデイェイェ・エニタン・オグンウシ陛下(His Royal Majesty Oba Adeyeye Enitan Ogunwusi, Ojaja II, The Ooni of Ife : His Imperial Majesty Alayeluwa Arole Oduduwa Olofin Adimula, Ọ̀ọni Adeyẹ́yẹ̀ Ẹnitan Bàbátunde Ògúnwusi Ọjàjà II, Ooni of Ife)とナオミ・シレクノラ妃(Queen Naomi Silekunola)の間に、イフェ王の長男が誕生したようです。
 名前はまだ発表されていません。

 イフェ王は、ヨルバ人の君主の中の最高権威です(ヨルバ系君主の中で対立は多々ありますが)。

※イフェ王の他の子供は、他の女性との間に生まれたアデオラ王女だけではないかと思います。

 

Ooni Enitan OgunwusiさんはTwitterを使っています 「To God be the glory great things he has done. Hearty congratulations to the entire House of Oduduwa and Olori Silekunola who today birthed a Prince to the Royal throne of Oduduwa. Mother and child are doing well to the glory of God Almighty. https://t.co/ulcywahBrT」 / Twitter

 

THE HEIR TO THE THRONE OF ODUDUWA IS… – Ooni Adeyeye Enitan Ogunwusi, Ojaja ll | Facebook

 

 (英語)Ooni of Ife, his wife, Queen Silekunola, welcome newborn prince
 (英語)Ooni of Ife welcomes son with wife – Punch Newspapers
 (英語)Ooni Oba Adeyeye Enitan Ogunwusi and Queen Silekunola Naomi welcome their first child. – THE AFRICAN ROYAL FAMILIES

 

関連:
 結婚(2018年10月):ナイジェリアの伝統的君主でヨルバ人最高権威のイフェ王が、キリスト教系団体の女指導者(? Prophetessと書いてあります)を三人目の妻に迎えた模様

 

追記:
 信頼性はわかりませんが、下記記事によると、イフェ王自身は、ヨルバ系君主の伝統により、三ヶ月間は自分の長男に会わないのではないかとのことです。

 (英語)Ooni Of Ife May Not See His Newly Born Baby Till February 2021, See Why

 

誕生(2020年11月7日):マリア・アレクサンドラ・アル・ロムニエイ・メドフォース=ミルズ嬢。“元ルーマニア王子”ニコラエ・アル・ロムニエイ・メドフォース=ミルズ氏夫妻の第一子・長女

 2020年11月7日、”元ルーマニア王子”のニコラエ・アル・ロムニエイ氏(Nicolae al Românieiニコラス・メドフォース=ミルズ氏 : Nicholas Medforth-Millsニコラエ・デ・ルーマニー・メドフォース=ミルズ氏 : Nicolae de Roumanie Medforth-Mills)とアリナ=マリア夫人(Alina-Maria)の間の第一子・長女となるマリア・アレクサンドラ・アル・ロムニエイ・メドフォース=ミルズ嬢(Maria Alexandra al României Medforth-Mills)が誕生したようです。

※ニコラエ氏の現在の法律上の名前がよくわからないので、本人が現時点でアカウントに使っているニコラエ・アル・ロムニエイ(Nicolae al Romaniei)と元々の姓であるメドフォース=ミルズ(Medforth-Mills)を結合しています。

 

 ニコラエ氏は、故・ルーマニア王ミハイ1世陛下の次女ルーマニア王女エレーナ殿下(ヘレン王女)の第一子・長男で、ミハイ1世よりルーマニア王子の称号を与えられ、将来的な王室当主と考えられていました。
 しかし、2015年に称号と継承権を剥奪されます。
 この理由について、はっきりとした公式の理由は示されていませんが、ニコラエ氏が結婚するつもりのない女性を妊娠させてしまったことが原因と推測されています(その子供について、ニコラエ氏は自分の子供と認めていません。追記:少なくとも当時は)。

 ルーマニアではニコラエ氏の王室復帰と将来的な当主の地位の継承は強く予測されています。
 しかし、ニコラエ氏の伯母で、現在のルーマニア王室当主/ルーマニア王位守護者マルガレータ陛下は、度々それを否定しています。
 一方、マルガレータ陛下は、自らの妹で、2013年にアメリカで犯罪に関わったために王女の称号などをミハイ1世に剥奪されていたイリーナ・ウォーカー夫人に対し、今年【2020年】に入って再度ルーマニア王女の称号を与えています(継承権の復活などはありません)。
 そして、ニコラエ氏の妹で、現行の継承ルールからいえば王室を継ぐことになるはずのエリサベタ・カリナ嬢がルーマニア王室に強くかかわる様子もありません。

 そのような理由から、今回誕生のマリア・アレクサンドラ嬢がルーマニア王室を将来的に継承する可能性も高いと思われますが、なにはともあれ、ニコラエ氏の今後の活動次第ということになるでしょう。

 

Regele Mihai ,bunicul meu ,ne ocrotește… – Nicolae al Romaniei | Facebook

 

Nicolae al Romaniei(@nicolaealromaniei) • Instagram写真と動画

 

 (英語)Eurohistory: Romanian Royal Birth: Maria Alexandra of Romania Has Arrived!