訃報(2022年9月21日):第18代ズーチ男爵(ズーチ・オブ・ハリングワース男爵)ジェームス・フランクランド閣下、卒去(1943~2022)

 2022年9月21日、英国のイングランド貴族/第18代ズーチ・オブ・ハリングワース男爵ジェームス・フランクランド閣下(James Frankland, 18th Baron Zouche of Haryngworth : ズーチ・オブ・ハリングワース卿 : Lord Zouche of Haryngworth)が卒去したようです。
 1943年2月23日生まれの79歳。

※今回知ったのですが、ズーチ男爵(Baron Zouche)ではなくズーチ・オブ・ハリングワース男爵(Baron Zouche of Haryngworth)が正確のようです。英国議会の公式サイトも「Lord Zouche of Haryngworth」と表記しています。
 (英語:英国議会 公式サイト)Parliamentary career for Lord Zouche of Haryngworth – MPs and Lords – UK Parliament

 

 18代男爵は、第12代フランクランド準男爵でもありました。
 どちらも子息のウィリアム・フランクランド閣下が継承することになります。
 また、今年誕生したウィリアム閣下の子息、トーマス・フランクランド閣下がその継嗣となります。

 

 (英語)ZOUCHE – Deaths Announcements – Telegraph Announcements
 (英語)Peerage News: The 18th Baron Zouche 1943-2022

訃報(2022年9月26日or27日):ホーエンツォレルン公子フェルフリート殿下が薨去(1943~2022)ジグマリンゲン系統

 2022年9月26日の夜中から27日の間に、ホーエンツォレルン公子フェルフリート殿下(His Serene Highness Prince Ferfried of Hohenzollern : フェルフリート・プリンツ・フォン・ホーエンツォレルンFerfried Prinz von Hohenzollern)が薨去したと報道されています。
 1943年4月14日生まれの79歳。

 現ホーエンツォレルン公の叔父でレーシングドライバー。3回の結婚と離婚を含む話題(スキャンダル)で有名でした。

 

 (ドイツ語)Ferfried Prinz von Hohenzollern: "Foffi" im Alter von 79 Jahren gestorben | BUNTE.de
 (ドイツ語)"Foffi" war Ex von Tatjana Gsell: Ferfried Prinz von Hohenzollern ist tot – n-tv.de

 (英語)Eurohistory: Prince Ferfried of Hohenzollern (1943-2022)

 

ntv NachrichtenさんはTwitterを使っています: 「"Foffi" war Ex von Tatjana Gsell: Ferfried Prinz von Hohenzollern ist tot https://t.co/0iS2KCwwtk」 / Twitter

 

BUNTE OnlineさんはTwitterを使っています: 「Ferfried "Foffi" von Hohenzollern Im Alter von 79 Jahren gestorben https://t.co/2owbrNAai6」 / Twitter

訃報(2022年9月11日):英国の第17代バハン伯爵【バカン伯爵】マルコム・アースキン閣下が薨去(1930~2022)

 2022年9月11日、英国のスコットランド貴族/第17代バハン伯爵マルコム・ハリー・アースキン閣下(Malcolm Harry Erskine, 17th Earl of Buchan)が薨去したようです。
 1930年7月4日生まれの92歳。

 薨去に伴い、子息のヘンリーHenry)が第18代伯爵となっていると思われます。Telegraphの訃報内家族標記では名前をハリー(Harry)と表記しています。愛称かもしれませんが、薨去した伯爵の名前の一部がハリーなので、判断に困るケース。
 また、第18代伯爵の継嗣アレクサンダーがカードロス卿(Lord Cardross)の儀礼称号を用いることになるでしょう。

 

 (英語)BUCHAN – Deaths Announcements – Telegraph Announcements
 (英語)Peerage News: The 17th Earl of Buchan 1930-2022

訃報(2022年9月15日):“サー”・ジョン・ロバート・モウブレー準男爵(第6代)が卒去(1932~2022)卒去に伴い準男爵位は消滅

 2022年9月15日、英国の連合王国準男爵“サー”・ジョン・ロバート・モウブレー準男爵【第6代】(Sir John Robert Mowbray, Bt : 6th Baronet)が卒去したようです。
 1932年3月1日生まれの90歳。

 準男爵には娘三人のみで男子がおらず、また初代準男爵の男系男子も存在していないようで、卒去に伴い、同・準男爵位は消滅しました。

 

 (英語)MOWBRAY – Deaths Announcements – Telegraph Announcements
 (英語)Peerage News: Sir John Robert Mowbray, 6th Baronet 1932-2022

訃報(2022年8月27日):プレス公/ホッホベルク伯爵ボルコ閣下が薨去(1936~2022)ハンス・ハインリヒ15世とデイジー・フォン・プレスの孫

 2022年8月27日、プレス公/ホッホベルク伯爵ボルコ閣下(Bolko : His Serene Highness The Prince of Pless【Pleß】, Count of Hochberg : Fürst von Pless【Pleß】, Graf von Hochberg, Freiherr zu Fürstenstein)が薨去したようです。
 1936年4月3日生まれの86歳。

 チェコ・シレジアの貴族の家系で、プレス公ハンス・ハインリヒ15世とプレス公妃デイジーデイジー・フォン・プレス)の孫にあたります。

 近親がいないことや権利放棄があったことで、薨去に伴い、遠縁のペーター・コンラート伯爵子が公位を継承し、その長男のボルコ・ハンス・ハインリヒ21世が公の継嗣であるプレス公子(Prinz von Pless【Pleß】)になっていると思われます。

 

 (英語)Prince Bolko von Pless is dead. Grandson of Princess Daisy and Prince John Henry XV, the last owners of the Książ Castle – Polish News
 (英語)Today is the premiere of Prince Bolko von Pless’s diaries