訃報(2020年1月9日):フランスの第8代ボッフルモン公爵ジャック・ド・ボッフルモンが薨去(1922~2020)正統派フランス王室支持団体の前総裁

 2020年1月9日、フランス貴族の第8代ボッフルモン公爵ジャック・ド・ボッフルモン(第10代マルネー公 : Jacques de Bauffremont, 8th Duke of Bauffremont and 10th Prince of Marnay)が薨去した模様です。
 1922年2月6日生まれの97歳。

 正統派フランス王室支持団体の「Institut de la Maison de Bourbon(IMB)」の前総裁(名誉総裁)でした。

 薨去に伴い、正統派フランス王位継承者ルイ20世Louis XX)ことアンジュー公ルイ・アルフォンス・ド・ブルボン殿下(Louis Alphonse de Bourbon : Monseigneur The Duke of Anjou : ドン・ルイス・アルフォンソ・デ・ボルボン・マルチネス=ボルディウ閣下 : The Most Excellent Don Luis Alfonso de Borbón Martínez-Bordiú)は声明を発出しています。

 (フランス語)Message de Monseigneur le Duc d'Anjou suite au décès de Monsieur le duc de Bauffremont

C'est avec tristesse que nous apprenons… – Légitimité – Les français avec Louis XX | Facebook

Suite au rappel à Dieu de Monsieur le duc de Bauffremont, le Prince Louis de Bourbon, Duc d’Anjou adresse un message de réconfort et de soutien à sa famille.👇

Légitimité – Les français avec Louis XXさんの投稿 2020年1月9日木曜日

 

Louis de Bourbon, Duc d’AnjouさんはTwitterを使っています: 「Avec beaucoup d'émotion et une grande tristesse j'ai appris ce matin la mort de mon cousin, M. le duc de Bauffremont. Appelé à son service par mon grand-père puis mon père, il a toujours assuré notre famille de son plus profond dévouement. Nous le garderons dans notre souvenir.」 / Twitter

 

 (フランス語・英語:聖ゲオルギオス神聖コンスタンティヌス騎士団【カラブリア系統】公式ウェブサイト)Obituaire: S.E. Le Duc de Bauffremont, Bailli Grand-Croix de Justice de l’Ordre Constantinien – Orden Constantiniana – SACRA Y MILITAR ORDEN CONSTANTINIANA DE SAN JORGE

 

訃報(2020年1月8日):スペイン王女ピラール殿下が薨去(1936~2020)前スペイン王ファン・カルロス1世陛下の姉

 2020年1月8日、スペイン王女ピラール殿下(バダホス女公爵 : ラ・トーレ子爵未亡人 : Her Royal Highness Infanta Pilar of Spain, Duchess of Badajoz, Dowager Viscountess of La Torre)が薨去した模様。
 1936年7月30日生まれの83歳。

 結腸癌との闘病を続けており、直近では 三日前【1月5日】の入院 が報じられていました。

 

 (英語)Spanish royals: Infanta Pilar has died at age 83
 (スペイン語)Muere la Infanta Pilar de Borbón, hermana mayor de Don Juan Carlos, a los 83 años
 (スペイン語)Muere Pilar de Borbón, hermana del rey Juan Carlos, a los 83 años | Gente y Famosos | EL PAÍS
 (スペイン語)Muere la infanta Pilar, tía de Felipe VI

 (スペイン語:聖ゲオルギオス神聖コンスタンティヌス騎士団【カラブリア系統】公式ウェブサイト)Obituario: S.A.R. la Infanta Doña Pilar, Duquesa de Badajoz, Dama Gran Cruz de Justicia de la Orden Constantiniana – Orden Constantiniana – SACRA Y MILITAR ORDEN CONSTANTINIANA DE SAN JORGE

 

訃報(2019年11月11日):両シチリア王子アントワーヌ【アントニオ】殿下、薨去(1929~2019)スペイン王室からも称号を得ていた故ガブリエーレ殿下の長男

 2019年11月11日、両シチリア王子アントワーヌ【アントニオ】殿下(His Royal Highness Prince AntoineAntonio】 of Bourbon-Two Sicilies)が薨去した模様です。
 1929年1月20日生まれの90歳。

 

 (英語:両シチリア王室カストロ系統の騎士団の公式サイト)HRH PRINCE ANTOINE OF BOURBON TWO SICILIES' DEMISE – Sito Ufficiale del Sacro Militare Ordine Costantiniano di San Giorgio – Official Site of the Sacred Military Constantinian Order of St George
 (英語)Eurohistory: Death of Prince Antonio of Bourbon-Two Sicilies (1929-2019)

 

 亡父のガブリエーレ殿下は、スペイン帰化によりスペイン王室よりブルボン公子(Prince of Bourbon)及び殿下(Royal Highness)を得ており、長男のアントワーヌ殿下を含むガブリエーレ殿下の子供たちはこの称号と敬称も有効です。

 

 (旧)両シチリア王室は、権利を放棄したとされる年長系統のカラブリア系統(同系統の主張は、権利放棄はスペイン王位を継承した場合に起こるものとのこと)と、その次の年長系統であるカストロ系統の争いが続いていますが、カストロ系統の当主である両シチリア王室当主/カストロ公爵/ブルボン=両シチリア王子カルロ殿下(His Royal Highness Prince Charles【Carlo】 of Bourbon-Two Sicilies, Duke of Castro)は子息がおらず、自身の二人の娘に継承権を与える宣言をしています。なお、これは自身の子孫に関してのみであり、カストロ系統よりも傍系に関しては男系男子限定のルールは変更されていません
 この一件は年来の支持者からも反発を受けているようではあります(どの程度かはよくわかりませんが)。
 娘への継承権付与を無効と考える場合、故ガブリエーレ殿下の系統が権利を持つという考えが一般的で、今回薨去したアントワーヌ殿下は両シチリア王子継承順位第一位だったことになります。
 当人からは生前にコメントはなかったようですが、こういう問題はコロリと状況が変わることもあり、気になるところです。

 

訃報(2019年7月24日?7月25日?):ホーエンベルク公ゲオルク・フリードリヒ閣下、薨去(1929~2019)ハプスブルク家フランツ・フェルディナント大公の貴賤結婚の孫

 2019年7月24日か7月25日なのか情報がはっきりしませんが、ホーエンベルク公ゲオルク・フリードリヒ閣下(Georg Friedrich : His Highness The Duke of Hohenberg : ゲオルク・フリードリヒ・ヘルツォーク・フォン・ホーエンベルクGeorg Friedrich Herzog von Hohenbergゲオルク・フリードリヒ・ホーエンベルクGeorg Friedrich Hohenberg)が薨去したという情報が出ています。
 1929年4月25日生まれの90歳。

 

 (フランス語)Mort du Duc de Hohenberg – RoyautéNews

 

Almanach de GothaさんはTwitterを使っています: 「His Highness Georg Friedrich, 3rd Duke of #Hohenberg, born #Artstetten 25-4-1929, died #Vienna 24-7-2019 #requiescatinpace」 / Twitter

 

 経歴としてチュニジア共和国駐箚、ローマ教皇聖座駐箚(マルタ騎士団、サンマリノ共和国兼轄)オーストリア共和国特命全権大使。
 オーストリア系の金羊毛騎士団の騎士。

 

 薨去に伴い、長男のニコラウス閣下(Nikolaus)がホーエンベルク公となります。

 

訃報(2018年11月20日):ブルボン=両シチリア王女カルメン殿下、薨去(1924~2018)

 2018年11月20日、ブルボン=両シチリア王女カルメン殿下(Her Royal Highness Princess Carmen of Bourbon-Two Sicilies)が薨去した模様です。
 1924年7月13日生まれの92歳。

 

 (英語:両シチリア王室カストロ系公式サイト)HRH PRINCESS CARMEN OF BOURBON TWO SICILIES' LOSS – Sito ufficiale della Real Casa di Borbone delle Due Sicilie

Real Casa di Borboneさんのツイート: "T.R.H. the Duke and the Duchess of Castro, H.R.H. Princess Beatrice and HRH Princess Anne are very sad to announce the passing away of H.R.H. Princess Carmen of Bourbon Two Sicilies. #realcasadiborbone #rip #restinpeace #goodbyeauntie #adieutante #greataunt #grandtante… https://t.co/aJlruhbAmY"

 

 カストロ系の両シチリア王室当主/カストロ公爵/ブルボン=両シチリア王子カルロ殿下(His Royal Highness Prince Charles【Carlo】 of Bourbon-Two Sicilies, Duke of Castro)、ブルボン=両シチリア王女ベアトリーチェ殿下(Her Royal Highness Princess Béatrice of Bourbon-Two Sicilies)、ブルボン=両シチリア王女アンナ殿下(Her Royal Highness Princess Anna of Bourbon-Two Sicilies)ら きょうだい の伯母。