訃報(2020年12月2日):ケーニッヒセック=アウレンドルフ伯ヨハネス殿下が薨去(1925~2020)ケーニッヒセックヴァルト地方議会議員を43年間務めた模様

 2020年12月2日、ケーニッヒセック=アウレンドルフ伯ヨハネス殿下(Johannes : His Illustrious Highness The Count of Königsegg-Aulendorf : ヨハネス・グラーフ・ツー・ケーニッヒセック=アウレンドルフJohannes Graf zu Königsegg-Aulendorf)が薨去した模様です。
 1925年4月13日生まれの95歳。

 高齢ですが、訃報は突然だった模様。

 ケーニッヒセックヴァルト地方議会議員を43年間(1956年~1999年)務めたようです。

 薨去に伴い、長男のケーニッヒセック=アウレンドルフ伯世子マクシミリアン殿下(1958年生まれ)があらたに当主となり、またその長男のフィリップ伯子殿下(1988年生まれ)が新たな伯世子となります。

 

 (ドイツ語)In Königseggwald, Kreis Ravensburg, ist am Mittwochmorgen Johannes Graf zu Königsegg-Aulendorf gestorben. – SWR Aktuell
 (ドイツ語)Johannes Graf zu Königsegg-Aulendorf ist gestorben | Wochenblatt-online
 (ドイツ語)Johannes Graf zu Königsegg-Aulendorf im Alte … | GLONAABOT

 

訃報(2020年11月26日):ケーフェンヒュラー=メッチュ公ヨハネス殿下【ハンス・ケーフェンヒュラー】が薨去(1956~2020)

 2020年11月26日、ケーフェンヒュラー=メッチュ公ヨハネス殿下(Johannes : His Seren Highness The Prince of Khevenhüller-Metsch【Fürst von Khevenhüller-Metsch】 : ハンス・ケーフェンヒュラーHans Khevenhüller)が薨去したという情報が出ています。
 1956年11月20日生まれの64歳。

 

 子女は娘のみなので、公位は弟のバルトロメウス殿下(Bartholomäus)が継承します。

 

訃報(2020年10月25日):シュトルベルク=シュトルベルク伯子アンドレアス殿下(1954~2020)

 2020年10月25日、シュトルベルク=シュトルベルク伯子アンドレアス殿下(His Illustrious Highness Count Andreas of Stolberg-Stolberg : アンドレアス・グラーフ・ツー・シュトルベルク=シュトルベルクAndreas Graf zu Stolberg-Stolberg)が薨去した模様です。
 1954年10月8日生まれの66歳。

※生没年、違う情報もあります。

 おそらく、シュトルベルク=シュトルベルクでも傍系の人物でしょう。

 

 (ドイツ語)Trauer: Andreas Graf zu Stolberg-Stolberg | SN.at

 

追記:

Paul Friedrich Mensdorff-Pouilly:
Abschied von Andreas Graf Stolberg-Stolberg – YouTube
https://www.youtube.com/watch?v=2TLcbQZYbxc

 

訃報(2020年8月11日):シャウムブルク=リッペ公子ヴァルデマール殿下、薨去(1940~2020)故デンマーク王女フェオドラ殿下の子息

 2020年8月11日、シャウムブルク=リッペ公子ヴァルデマール殿下(Hochfürstlich Durchlaucht Prince Waldemar of Schaumburg-Lippe : ヴァルデマール・プリンツ・ツー・ シャウムブルク=リッペWaldemar Prinz zu Schaumburg-Lippe)が薨去していたようです。
 1940年12月19日生まれの79歳。アメリカ合衆国のロサンゼルスで亡くなったようで、長期の治療中だったのでしょう。

 母は故デンマーク王女フェオドラ殿下。

 ヴァルデマール公子は四回結婚しており、一回目の結婚相手との間に一人娘のシャウムブルク=リッペ公女エレオノーレ殿下(Her Serene Highness Princess Eleonore of Schaumburg-Lippe)がいます。
 四回目の結婚相手のゲルトラウト公子妃殿下(Gertraud)と(おそらく)その連れ子で公子の養子のマリオ=マックス・プリンツ・ツー・ シャウムブルク=リッペ(養子なので名前は継げますが、一族というわけではありません : Mario-Max Prinz zu Schaumburg-Lippe)が最期を看取り、火葬後に死去を含めてエレオノーレ殿下に通知するということがあったようです。よくある争いというか仲が良くないというケースであると思いますが……。

 

 (デンマーク語)Prins Waldemar er død – Ekstra Bladet

 (デンマーク語)Holdt uvidende om fars begravelse – Ekstra Bladet

 

エレオノーレ殿下によるメモリアル・サービスの参列者:
 ローセンボー伯爵子ウルリックと伯爵子夫人ユディス、娘のローセンボー伯爵女カタリーナ
 ローセンボー伯爵女シャロッテと夫のトルベン・ヴルフ
 カステル=カステル伯女ティーラ殿下と夫のカール・モーリッツ・メーズ
 ローセンボー伯爵女ヨセフィーネ
 ローセンボー伯爵女フェオドラと夫のモルテン・ポウルセン
 パウル・クリコフスキー(ロシア大公女オリガ・アレクサンドロヴナの曾孫)
 デンマーク王国駐箚チェコ共和国特命全権大使ラデック・ペック閣下
 デンマーク王国駐箚ルーマニア特命全権大使アレクサンドル・グレディナー閣下

 

結婚(2020年9月12日):シャウムブルク=リッペ公アレクサンダー・クリスティアン殿下が三度目の結婚

 シャウムブルク=リッペ公アレクサンダー・クリスティアン殿下(Alexander Christian : Hochfürstlich Durchlaucht The Prince of Schaumburg-Lippe : アレクサンダー・フュルスト・ツー・シャウムブルク=リッペAlexander Fürst zu Schaumburg-Lippe)とマーカメー・ナヴァビ(Mahkameh Navabi : マーカーメー・ナヴァービ)の結婚式がおこなわれたようです(民事婚)。

 

 (ドイツ語)Bildergalerie: So heiratet Fürst Alexander zu Schaumburg-Lippe seine Mahkameh
 (ドイツ語)Alexander zu Schaumburg-Lippe: Wieder verliebt? Sie ist die neue Frau an seiner Seite | BUNTE.de
 (フランス語)Alexander de Schaumbourg-Lippe a épousé la pianiste iranienne Mahkameh Navabi

 

※後で参列者を追記するかもしれません。

 

参列者:
 新郎の継嗣、シャウムブルク=リッペ公世子ハインリヒ=ドナトゥス殿下(Heinrich-Donatus)、

 新婦の姉妹、バハレ・ナヴァビBahareh Navabi)、

 新郎の元妻ザイン=ヴィトゲンシュタイン=ベルレブルク公女マリー=ルイーゼ【リリー】殿下と妹のヴァネッサ殿下

 ハノーファー王世子エルンスト・アウグスト殿下とエカテリナ妃殿下

 イーゼンブルク=ビューディンゲン公子マクシミリアン殿下

 レーヴェンシュタイン=ヴェルトハイム=フロイデンベルク公ルートヴィヒ殿下と公妃エリザベート殿下(ヴァルトブルク=ヴォルフェック=ヴァルトゼー伯女)

 ロルフ・ザックス氏(Rolf Sachs)、

 (?)ヘッセン家当主/ヘッセン方伯ドナトゥス殿下、

 ファーバー=カステル家の人々、
 シューレンブルク家の人物、