訃報(2021年1月18日):第45代オスマン家当主デュンダル・アリ・オスマン皇子殿下がシリアのダマスカスで薨去(1930~2021)トルコでは遺体のないままアヤソフィア(アギア・ソフィア大聖堂)で葬礼がおこなわれる

 2021年1月18日、第45代オスマン家当主デュンダル・アリ・オスマン皇子殿下(His Imperial Highness Prince Dündar Ali Osmanデュンダル・アリ・オスマン・オスマンオウルDündar Ali Osman Osmanoğlu)がシリアのダマスカスで薨去しました。
 1930年12月30日生まれの90歳。
 シリアのダマスカス生まれです。

※なお、名前の表記がデュンダル・アブデュルケリム・オスマンオウルDündar Abdülkerim Osmanoğlu)となっている場合がありますが、詳細はわかりません。
 また、年齢表記も違っているケースがあります。

 

 (英語)Last heir to Ottoman throne passes away at 90 | Daily Sabah
 (英語)Last head of imperial House of Osman dies at 88

 

Dr. Fatih ErbakanさんはTwitterを使っています 「Kurucular Kurulu ve MKYK Üyemiz Abdülhamid Kayıhan Osmanoğlu'nun amcası, Osmanoğlu Ailesinin kıymetli büyüğü Abdülkerim Dündar Osmanoğlu'nun vefatını derin bir üzüntü ile öğrendim. Merhuma Allah'tan rahmet, yakınlarına başsağlığı dileklerimi iletiyorum. https://t.co/foN7eRQpAi」 / Twitter

 

 男系男子最高齢である弟のハルーン・オスマン皇子殿下(His Imperial Highness Prince Harun Osman)が第46代当主となります。

 

 なお、トルコ共和国のイスタンブールでは遺体のないまま(モスクに戻された)アヤソフィア(アギア・ソフィア大聖堂)で葬礼がおこなわれたようです。
 アブデュルハミト・カイハーン皇子殿下(His Imperial Highness Prince Abdülhamid Kayıhan)が参列した模様。

 (トルコ語)Osmanlı Hanedan Reisi Osmanoğlu için Ayasofya-i Kebir Camii'nde gıyabi cenaze namazı kılındı – Son Dakika Haberleri

 

 こちらの動画は、最初の部分が故人に関する話、それからダマスカスでの葬礼のようです。

ORHAN OSMANOĞLU أمير اورهان أل عثمان:
Şehzade Dündar Abdülkerim Efendinin belgeseli ve Şam’daki cenazesi . – YouTube

 チャンネル名からするとオルハン皇子殿下(His Imperial Highness Prince Orhan)のチャンネルかと思いますが……。

動画(ドイツ語):ハプスブルク家当主/オーストリア大公カール殿下のクリスマス・メッセージ映像(2020年12月)

 ハプスブルク=ロートリンゲン家当主のオーストリア大公カール殿下(オーストリア皇子・ハンガリー王子・ベーメン王子 : His Imperial and Royal Highness Archduke Karl of Austria, Prince Imperial of Austria, Prince Royal of Hungary and Bohemia : カール・ハプスブルク=ロートリンゲンKarl Habsburg-Lothringenカール・フォン・ハプスブルクKarl von Habsburg)のクリスマス・メッセージ映像が投稿されています。

放置状態の公式チャンネルに二年ぶり以上の投稿となっています。公式チャンネルとして認識されているかどうかも極めて怪しい状況ですが。

 

KvH(カール・フォン・ハプスブルク 公式チャンネル):
Weihnachtsbotschaft 2020 von Karl von Habsburg – YouTube

 

記事(英語):アフリカで最も裕福な10人の王(2020年12月)定期的に出てくるタイプの記事

 アフリカではいろいろなメディアから定期的に出てくるタイプの記事ですが、アフリカのお金持ちの王様のランキングを発表する記事です。
 細かい信憑性はいささか疑問点があるのと、資産総額か年の収入かなどで結果が変わったり、直近の大きな変化を織り込んでいる可能性もあるため、毎回読んでしまいます。

最近では10月に別記事を取り上げました:
 記事(英語):アフリカで最も裕福な六人の王。モロッコ王、ナイジェリアのウグボ王・イフェ王、エスワティニ王(スワジランド王)、南アフリカのズールー王、ガーナのアシャンティ王(2020年10月)

 なお、国家元首ではない、共和国内の王様も含まれるのが通例です。

 

 (英語)Richest Kings in Africa 2020: Current net worth of the richest monarch

 

 今回の記事では、一番トップの写真の三人が、ナイジェリアの前カノ首長、南アフリカのズールー王、ガーナのアシャンティ王です。
 ナイジェリア中央銀行(元)総裁で、前カノ首長“アルハッジ”・ムハンマドゥ・サヌシ2世殿下は今年【2020年】3月に州政府によって廃位されています(前首長の子息が次に即位)。廃位の理由として、伝統を破っただの州知事との対立だのが挙げられていましたが、この記事のトップに写真が掲載されていたので、「もしやルール外の凄まじい蓄財が明らかになったのか!?」と驚きましたが、なんとランキングには登場しないという驚愕のオチでした。……なんで写真のせたんです??

 

 さて、本編以外で驚きがありましたが、英語記事を読む暇がない方のために、とりあえずランキング情報だけ書いておきます。

10位:
 南アフリカ共和国の伝統的君主/ズールー王グッドウィル・ズウェリティニ陛下(His Majesty King Goodwill Zwelithini of Zulu)

9位:
 ガーナ共和国の伝統的君主/アキーム・アブアクワ王オサグイェフオ・ナナ・アモアティア・オフォリ・パニン陛下(His Royal Majesty Osagyefuo Nana Amoatia Ofori Panin, Okyenhene【King of Akyem Abuakwa】)

8位:
 ガーナ共和国の伝統的君主/アソグリ国王トグベ・アフェデ14世陛下(His Royal Majesty Togbe Afede XIV, Agbogbomefia【King】 of the Asogli State)

7位:
 ガーナ共和国の伝統的君主/アシャンティ王オトゥムフオ・オセイ・トゥトゥ2世陛下(アシャンティ皇帝 : His Royal Majesty Otumfuo Osei Tutu II, King【Emperor】 of the Ashanti Kingdom【Empire of Ashanti】【Asantehene of Asante】, Kumasehene of Kumasi)

6位:
 ナイジェリア連邦共和国の伝統的君主/ラゴス王“オバ”・リルワン・アキオル陛下(His Royal Majesty Oba Rilwan Akiolu, The Oba Lagos)

5位:
 ナイジェリア連邦共和国の伝統的君主/オニチャ王“オビ”・ンナエメカ・アルフレッド・アチェベ陛下(His Royal Majesty, Obi Nnaemeka Alfred Achebe, Obi of Onitsha)

4位:
 エスワティニ王【スワジランド王】ムスワティ3世陛下(His Majesty King Mswati III of Eswatini)

3位:
 ナイジェリア連邦共和国北部イスラム圏の伝統的君主/ソコト・カリフ庁のスルタン“アルハッジ”・ムハンマド・サアド・アブバカル3世陛下(His Eminence Alhaji Muhammad Sa’ad Abubakar III, The Sultan of Sokoto, Amir al-Mu’minin)

2位:
 ナイジェリア連邦共和国の伝統的君主/ウグボ王“オバ”・フレデリック・オバテル・アキンルンタン陛下(His Royal Majesty Oba Fredrick Obateru Akinruntan, the Olugbo of Ugbo)

1位:
 モロッコ王モハメッド6世陛下(His Majesty the King Mohammed VI of Morocco)

 

インタビュー記事(ドイツ語):ハプスブルク家当主/オーストリア大公カール殿下へのインタビュー記事(2020年12月)

 ハプスブルク=ロートリンゲン家当主のオーストリア大公カール殿下(オーストリア皇子・ハンガリー王子・ベーメン王子 : His Imperial and Royal Highness Archduke Karl of Austria, Prince Imperial of Austria, Prince Royal of Hungary and Bohemia : カール・ハプスブルク=ロートリンゲンKarl Habsburg-Lothringenカール・フォン・ハプスブルクKarl von Habsburg)へのインタビュー記事です。

 もうすぐ60歳になるのを記念した著書「KARL VON HABSBURG」の発刊に関連したもののようです。
 かなり長く、話が飛びますので、はっきりいってよくわからない部分もあります。
「ハプスブルクさん、今でも殿下と呼ばれてるんですか?」から始まり、オーストリアで「フォン」を自称するのが禁止されている話題はもちろん(著書名にも「フォン」が入ってますので)、別居中の妻と実は近年に離婚していて既に別のパートナーがいることを最近明かした話や、いろいろあります。

※ちなみに新しいパートナーのポルトガル人女性は Christian Reid という名前らしいです。ポルトガル人では「Christian」は女に(も?)使われると聞きましたが……。日本語表記というか発音は、クリスティアン・リートになるんでしょうか。

 

 (ドイツ語)Karl Habsburg: "Das ist so spießig, so kleinlich " • NEWS.AT

 

NEWSさんはTwitterを使っています 「Karl Habsburg: "Das ist so spießig, so kleinlich " – https://t.co/IZL9CCYX2X」 / Twitter

 

news.at – "Der Name Habsburg kann Türöffner sein, aber er… | Facebook

 

ハプスブルク家当主の弟、オーストリア大公ゲオルク殿下が、次のフランス駐箚ハンガリー大使になるとの報道(2020年12月)

 オーストリア大公ゲオルク殿下(オーストリア皇子・ハンガリー王子・ベーメン王子 : His Imperial and Royal Highness Archduke Georg of Austria, Prince Imperial of Austria, Prince Royal of Hungary and Bohemia : ゲオルク・ハプスブルク=ロートリンゲンGeorg Habsburg-Lothringenゲオルク・フォン・ハプスブルクGeorg von Habsburgハプスブルク・ジェルジHabsburg György)が、次のフランス共和国駐箚ハンガリー特命全権大使となると報道されています。

 

 (ハンガリー語【マジャール語】)Index – Külföld – Habsburg váltja Károlyit a párizsi nagykövetségen

 

 ゲオルク大公殿下は、ハプスブルク家当主カール大公殿下の弟です。
 ハンガリーではハプスブルク家の代表扱いで、ハンガリーでの式典で兄弟が同席しているとゲオルク大公殿下の臨席しか文章に書かれていないこともあります。