婚約(2020年7月22日):アメリア・スペンサー令嬢とグレッグ・マレット氏。第9代スペンサー伯爵の娘、ウィリアム王子殿下らの従妹

 グレッグ・マレット氏(Greg Mallett)が、インスタグラムにて2020年7月22日にアメリア・スペンサー令嬢(Lady Amelia Spencer)と婚約したことを報告しています。

 アメリア・スペンサー令嬢は第9代スペンサー伯爵チャールズ・スペンサー閣下と元夫人ヴィクトリア・エイトキンの娘で、ウィリアム王子殿下らの従妹にあたります。

 

Greg MallettはInstagramを利用しています:「So this was the best day of my life. 22nd of July 2020, I asked the love of my life to spend the rest of her life with me and she said YES.…」

 

 (英語)Peerage News: Mallett/Spencer engagement

 

結婚式(2020年7月17日):英国王室のベアトリス王女殿下(ヨーク公爵家)とエドアルド・マペッリ・モッツィ氏が結婚

 2020年7月17日、英国王室のヨーク公爵家ベアトリス王女殿下(Her Royal Highness Princess Beatrice of York)と、エドアルド・マペッリ・モッツィ氏(Edoardo Mapelli Mozzi)の結婚式がおこなわれた模様です。

 挙式は当初、今年【2020年】5月に予定されていましたが、新型コロナウイルス感染症の流行のため、延期されていました。

 式には英国女王エリザベス2世陛下(Elizabeth II : Her Majesty The Queen)およびエディンバラ公爵フィリップ王子殿下(His Royal Highness The Prince Philip, Duke of Edinburgh)ら近親が参列したとのことです。

 結婚に伴い、王室からの発表などにおけるベアトリス王女殿下の表記が変更されるものと思われます。

※後で何か追記するかもしれません。

 

The Royal Family Channel:
Princess Eugenie Marries Edoardo Mapelli Mozzi in Private Ceremony at Windsor – YouTube

 

The Royal Family Channel:
Newly Married Princess Beatrice and Edoardo Mapelli Mozzi Share New Pictures From Wedding Day – YouTube

 

The Royal Family Channel:
New Photographs From Princess Beatrice's Wedding Released By Buckingham Palace – YouTube

 

Rebecca EnglishさんはTwitterを使っています 「Breaking: Princess Beatrice got secretly married at Windsor this morning after having to postpone her May wedding to fiancé Edo 👰 🎩 💒 https://t.co/TZuQyeIpDE」 / Twitter

 

 (英語)Princess Beatrice marries Italian property developer Edoardo Mapelli Mozzi | Daily Mail Online

 

1974年に殺人事件の中で失踪し2016年に死亡認定された英国の(故?)第7代ルーカン伯爵ジョン・ビンガム閣下について、被害者の息子がオーストラリアで伯爵を発見したと主張(2020年1月)仏教徒となり体調を崩し手術を待っているとの話

 1974年に、自らの息子の乳母が殺害された事件の中で失踪し、2016年に死亡認定された英国のアイルランド貴族/第7代ルーカン伯爵ジョン・ビンガム閣下(John Bingham, 7th Earl of Lucan : The Right Honourable The Earl of Lucan : ルーカン卿 : Lord Lucan)ですが、このほど被害者の子息ニール・ベリマン氏(Neil Berriman)がオーストラリアで伯爵を発見したと主張しています。
 主張によれば、伯爵は仏教徒となっており、現在では体調を崩し手術がおこなわれるのを待っているとのことです。

 なお、ニール・ベリマン氏は、2016年に伯爵が死亡認定された際に「死んでいると思う」と語ったと報道されています。

 

 (英語)Son of Lord Lucan's murdered nanny claims to have found missing Earl alive – Mirror Online
 (英語)Lord Lucan 'FOUND by son of nanny he murdered' in Australia | Daily Mail Online

 

既報:
 死亡認定(2016年2月3日):イギリスの第7代ルーカン伯爵ジョン・ビンガム閣下(1934~?)
 ほんまかいなという話:1974年に失踪したイギリスの第7代ルーカン伯爵ジョン・ビンガム閣下は殺人の後に自殺して虎のエサになったという証言者が出現したとの報道(2016年1月)

 

英国王室のケンブリッジ公爵ウィリアム王子殿下らが、英国アフリカ投資サミットに臨席(2020年1月)ガーナ、ルワンダの大統領などが来訪

 英国王室のケンブリッジ公爵ウィリアム王子殿下(Prince William : His Royal Highness The Duke of Cambridge)とケンブリッジ公爵夫人キャサリン妃殿下(Catherine : Her Royal Highness The Duchess of Cambridge)、
 ウェセックス伯爵エドワード王子殿下(Prince Edward : His Royal Highness The Earl of Wessex)とウェセックス伯爵夫人ソフィー妃殿下(Sophie : Her Royal Highness The Countess of Wessex)、
 プリンセス・ロイヤル殿下(Her Royal Highness The Princess Royal : アン王女 : Princess Anne)、
 らが、英国アフリカ投資サミット【UK-Africa Investment Summit】に臨席しました。

※全体の日程や来訪者がよくわかりませんが、とりあえず目についたものだけ。

 英国首相ボリス・ジョンソン閣下(The Right Honourable Boris Johnson Hon FRIBA MP)、
 ガーナ共和国大統領ナナ・アド・ダンクワ・アクフォ=アド閣下(His Excellency Nana Addo Dankwa Akufo-Addo)、
 ルワンダ共和国大統領ポール・カガメ閣下(His Excellency Paul Kagame)、
 らが姿を見せています。

 

The Royal Family Channel;
The Duke and Duchess of Cambridge Welcome African Leaders at Glittering Buckingham Palace Reception – YouTube

 

Kensington PalaceさんはTwitterを使っています: 「"The African continent holds a very special place in my heart." — The Duke of Cambridge at a Buckingham Palace reception to mark the UK-Africa Investment Summit #InvestinAfrica https://t.co/MVylx0ijiB」 / Twitter

 

The Royal FamilyさんはTwitterを使っています: 「Earlier today, The Duke of Cambridge held audiences with both The President of Ghana and The President of Rwanda. https://t.co/gLNbPZh93I」 / Twitter

 

The Royal FamilyさんはTwitterを使っています: 「The Duke and Duchess of Cambridge, accompanied by The Earl and Countess of Wessex and The Princess Royal hosted a reception on behalf of Her Majesty The Queen. https://t.co/nLYVT2FZGO」 / Twitter

 

The Royal FamilyさんはTwitterを使っています: 「Members of The Royal Family have welcomed Heads of State and Government officials to mark the UK-Africa Investment Summit at Buckingham Palace this evening. https://t.co/dJluptqOWT」 / Twitter

 

The Royal FamilyさんはTwitterを使っています: 「The summit has brought together businesses and governments to promote investment opportunities across Africa. https://t.co/D9O1kfN1jD」 / Twitter

 

Kensington PalaceさんはTwitterを使っています: 「On the day of the UK-Africa Investment Summit The Duke of Cambridge held an audience at Buckingham Palace with President @NAkufoAddo of Ghana 🇬🇭 #InvestInAfrica https://t.co/73mkqIgYML」 / Twitter

 

Kensington PalaceさんはTwitterを使っています: 「The Duke of Cambridge held an audience with President @PaulKagame 🇷🇼 of Rwanda. This evening The Duke and Duchess, on behalf of Her Majesty The Queen, will host a reception at Buckingham Palace to mark the UK-Africa Investment Summit #InvestInAfrica https://t.co/4MVgYtBmdx」 / Twitter

 

Kensington PalaceさんはTwitterを使っています: 「The Duke and Duchess of Cambridge, on behalf of Her Majesty The Queen, hosted a reception at Buckingham Palace to mark the UK-Africa Investment Summit #InvestinAfrica 🇬🇧🌍 https://t.co/jlmDFJaRXY」 / Twitter

 

Kensington PalaceさんはTwitterを使っています: 「@RoyalFamily The Duke and Duchess of Cambridge were joined by The Earl and Countess of Wessex and The Princess Royal for this evening's UK-Africa Investment Summit reception at Buckingham Palace #InvestinAfrica https://t.co/T8QuYQZZhj」 / Twitter

 

Members of The Royal Family welcomed… – The Royal Family | Facebook

Members of The Royal Family welcomed Heads of State and Government officials to mark the UK-Africa Investment Summit at…

The Royal Familyさんの投稿 2020年1月20日月曜日

 

The Royal Family(@theroyalfamily) • Instagram写真と動画

 

Paul Kagame – The CFTA has become a reality. That means… | Facebook

The CFTA has become a reality. That means political will on the part of leaders who came together. This came supporting…

Paul Kagameさんの投稿 2020年1月20日月曜日

 

President Paul Kagame(@paulkagame) • Instagram写真と動画

 

 また、別に姿を見せているので詳細がよくわかりませんが、サセックス公爵ヘンリー王子殿下(Prince Henryハリー王子 : Prince Harry : His Royal Highness The Duke of Sussex)が公務として臨席。

 

ANNnewsCH(ANN NEWS):
英ヘンリー王子「最後の公務」まもなく“カナダへ”(20/01/21) – YouTube

 

ANNnewsCH(ANN NEWS):
ヘンリー王子“最後の公務” 関連グッズも暴落(20/01/21) – YouTube

 

ANNnewsCH(ANN NEWS):
英・ヘンリー王子 “最後の公務”終えカナダに到着(20/01/21) – YouTube

 

The Duke and Duchess of Sussex(@sussexroyal) • Instagram写真と動画

View this post on Instagram

This morning at the UK-Africa Investment Summit, hosted by the UK Government, The Duke of Sussex met with leaders from Malawi 🇲🇼 , Mozambique 🇲🇿 and Morocco 🇲🇦- touching on investment in renewable energy, jobs, tourism, and environmental issues. The Duke has been involved in various causes in Africa for over a decade, and has helped to initiate a number of key projects in the region surrounding conservation and tourism, the threat posed by landmines and the HIV/AIDS epedemic. During their recent visit to Southern Africa last September, The Duke and Duchess met with project teams working to encourage youth employment, entrepreneurship, education and health. Through their roles as President and Vice President of The Queen’s Commonwealth Trust, The Duke and Duchess have worked to support a growing network of young change-makers across the Commonwealth and will continue to do so, especially in the run up to CHOGM 2020. The Duke of Sussex’s love for Africa is well known – he first visited the continent at the age of thirteen and more than two decades later, the people, culture, wildlife and resilient communities continue to inspire and motivate him every day. Photo © PA

A post shared by The Duke and Duchess of Sussex (@sussexroyal) on

 

訃報(2020年1月13日):英国の第2代アイアンサイド男爵エドムンド・アイアンサイド閣下、卒去(1924~2020)エドムンド・アイアンサイド陸軍元帥(初代男爵)の子息

 2020年1月13日、英国の連合王国貴族/第2代アイアンサイド男爵エドムンド・アイアンサイド閣下(Edmund Ironside, 2nd Baron Ironside : The Right Honourable The Lord Ironside : アイアンサイド卿)が卒去した模様です。
 1924年9月21日生まれの95歳。

 卒去に伴い、子息のチャールズ・アイアンサイド閣下(Charles Ironside)が第3代男爵となります。

 

 (英語:情報が閲覧できない場合があります)IRONSIDE – Deaths Announcements – Telegraph Announcements

 (英語)Peerage News: The 2nd Baron Ironside 1924-2020

 (英語:英国議会 公式ウェブサイト)Parliamentary career for Lord Ironside – MPs and Lords – UK Parliament