英国王室のケント公爵家マイケル王子殿下が、ルーマニア王室当主/ルーマニア王位守護者マルガレータ陛下夫妻を私的訪問(2022年11月)

 2022年11月13日、英国王室のケント公爵家マイケル王子殿下(His Royal Highness Prince Michael of Kent)がルーマニアを私的訪問、ルーマニア王室当主/ルーマニア王位守護者マルガレータ陛下(Her Majesty Margareta, the Custodian of the Crown of Romania : ルーマニア皇太子マルガレータ殿下 : Her Royal Highness Crown Princess Margareta of Romania)と夫のルーマニア王子ラドゥ殿下(His Royal Highness Prince Radu of Romania)と会見しました。

 

記事の一番上:
 (ルーマニア語:ルーマニア王室 公式サイト)Agenda la Palatul Elisabeta, 13-18 noiembrie 2022 – Casa Majestății Sale
 (ルーマニア語:ルーマニア王室 公式ニュース配信サイト)Agenda la Palatul Elisabeta, 13-18 noiembrie 2022 | Familia Regală a României / Royal Family of Romania

 

Familia Regala RomaniaさんはTwitterを使っています: 「Agenda at Elisabeta Palace🇷🇴, 13-18 November 2022 * HRH Prince Michael of Kent, Finnish🇫🇮 Ambassador Marjut Akola, Invictus Romania, National Coucil of Students, Gov Agency for Romanians Abroad, Herlitz & Pelikan Romania, Camerata Regala, EUROPAfest https://t.co/iIpmKEsVej https://t.co/efkQJSHI9y」 / Twitter

英国王チャールズ3世陛下夫妻のヨーク訪問時に、男が卵を投げつける→外れる(2022年11月)エクスティンクション・レベリオン(XR)の活動家か?

 2022年11月9日、英国王チャールズ3世陛下(King Charles III : His Majesty The King)と英国王妃カミラ陛下(Queen Consort Camilla : Her Majesty The Queen Consort)のヨーク訪問がありましたが、一人の男が卵を投げつける(外れる)という事件が発生しました。

 Daily Mail Online によると、男は、エクスティンクション・レベリオン(Extinction Rebellion : XR)の活動家で、緑の党から地方選挙に立候補経験がある、とのことです(今のところの情報ですが)。
 今回、この人物は、「この国は奴隷たちの血によって築かれた」というようなことを叫んでいたようです。なんかエクスティンクション・レべリオンの活動と違うような気がしますが……。
 また、関係なさそうではありますが、「私の王ではない」(Not My King)というメッセージを掲げた人物が別にいるのが動画から確認できます。

 

 (英語)York: Man arrested after eggs thrown at King Charles – BBC News
 (英語)Man 'throws eggs at King Charles and Queen Consort in York' | Daily Mail Online

 イギリス チャールズ国王夫妻が卵を投げつけられる けがなし | NHK | イギリス

 

The Royal Family Channel:
King and Queen Consort Whisked Away as Eggs Thrown in York – YouTube

 

The Royal Family Channel:
King and Queen Consort SCRAMBLE for Cover! 😱🍳 – YouTube

 

BBC News:
Eggs thrown at King Charles III in York – BBC News – YouTube

 

euronews:
Eggs thrown at King Charles, man detained – YouTube

 

BBC News Japan:
チャールズ英国王に卵が投げつけられる瞬間 ヨークで – YouTube

訃報(2022年11月6日):英国の一代貴族(クロスベンチ)/ボイス男爵マイケル・ボイス海軍元帥が卒去(1943~2022)

 2022年11月6日、英国の一代貴族(クロスベンチ)/ボイス男爵マイケル・ボイス海軍元帥(Michael Boyce, Baron Boyce : 海軍元帥ボイス卿 : The Admiral of the Fleet the Lord Boyce KG GCB OBE DL)が卒去した模様。
 1943年4月2日生まれの79歳。

 2003年に一代貴族のボイス男爵に叙されています。
 卒去に伴い、ガーター騎士団の空席は再度増え、6席となっています。

 

 (英語:王立海軍【英国海軍】【イギリス海軍】公式サイト)Tributes paid to Admiral The Lord Boyce – a great leader and champion of submariners

Royal Navy – The Royal Navy has lost one of its greatest… | Facebook

 

 (英語)Former military chief Lord Boyce dies aged 79
 (英語)Ex-Chief of the Defence Staff Admiral Lord Boyce dies aged 79 | Daily Mail Online
 (英語)Peerage News: Admiral of the Fleet The Baron Boyce, KG, GCB, OBE, KStJ, DL 1943-2022

 (英語:英国議会 議員情報)Parliamentary career for Lord Boyce – MPs and Lords – UK Parliament

訃報(2022年10月20日):英国の第4代スタンプ男爵トレヴァー・スタンプ閣下が卒去(1935~2022)

 2022年10月20日、英国の連合王国貴族/第4代スタンプ男爵トレヴァー・スタンプ閣下(Trevor Stamp, 4th Baron Stamp MD FRCP : スタンプ卿 : Lord Stamp)が卒去したようです。
 1935年9月18日生まれの87歳。

 卒去に伴い、子息の、ニコラス・スタンプ閣下(Nicholas Stamp, 5th Baron Stamp)が第5代男爵、その子息のレオ・スタンプ閣下(The Honourable Leo Stamp)が継嗣となっています。

 スタンプ男爵は、初代の男爵と長男が空爆で同時に死亡し、擬制によって年長者の方が先に死亡しているとされ、長男が(ごく短時間)2代目の男爵となっていることになり、生存していた次男が3代目の男爵となっています。
 卒去した第4代男爵はその第3代男爵の子息です。

 

 (英語)Peerage News: The 4th Baron Stamp 1935-2022

 (英語:英国議会 公式サイト)Parliamentary career for Lord Stamp – MPs and Lords – UK Parliament
 議会の経歴情報によれば、貴族院に議席を持っていた1992年~1999年にクロスベンチだった模様。

エディンバラ公爵国際賞フォーラムの開会式に、英国王室のウェセックス伯爵エドワード王子殿下、ルーマニア王室当主/ルーマニア王位守護者マルガレータ陛下夫妻が臨席(2022年10月)

 2022年10月11日、英国王室のウェセックス伯爵エドワード王子殿下(Prince Edward : His Royal Highness The Earl of Wessex)、ルーマニア王室当主/ルーマニア王位守護者マルガレータ陛下(Her Majesty Margareta, the Custodian of the Crown of Romania : ルーマニア皇太子マルガレータ殿下 : Her Royal Highness Crown Princess Margareta of Romania)と夫のルーマニア王子ラドゥ殿下(His Royal Highness Prince Radu of Romania)が、エディンバラ公爵国際賞フォーラムの開会式に臨席しました。

 

 (英語:英国王室 公式サイト)The Earl of Wessex visits Romania | The Royal Family

Throughout the week, The Earl was joined at events by, Her Majesty Margareta, Custodian of Romanian Crown and HRH Prince Radu of Romania, HRH The Prince Guillaume of Luxembourg, The Rt. Hon. Lord Boateng, International Trustee and Chair of the Award’s International Council and Vice-mayor, Dan Tarcea, of Cluj Napoca.

 英国王室公式サイトにも「Her Majesty Margareta, Custodian of Romanian Crown」と「マルガレータ陛下」記載となりました。
 なお、ルクセンブルク大公子ギヨーム殿下(大公世子ではない方)、一代貴族のポール・ボアテング男爵閣下も来訪しているようです。

 (ルーマニア語:ルーマニア王室 公式サイト)Vizită regală la Cluj-Napoca, 11 octombrie 2022 – Casa Majestății Sale
 (ルーマニア語:ルーマニア王室 公式ニュース配信サイト)Vizită regală la Cluj-Napoca, 11 octombrie 2022 | Familia Regală a României / Royal Family of Romania

 

エドワード王子殿下のスピーチ:
The Royal FamilyさんはTwitterを使っています: 「The Earl of Wessex speaks at the Welcoming Ceremony for The Duke of Edinburgh’s @intaward Forum in Romania. HRH is Chairman of the @DofE International Award, which has helped millions of young people across the world take part in the youth achievement programme. #WorldReady https://t.co/dQl1FL1Gjd」 / Twitter

 

Familia Regală(ルーマニア王室 公式チャンネル):
Discursul Majestăţii Sale la „Duke of Edinburgh International Award” Cluj-Napoca – YouTube

 

Familia Regală(ルーマニア王室 公式チャンネル):
Ceremonia Gold Award a The Duke of Edinburghs International Award la Universitatea Babeș Bolyai – YouTube

 

În seara de marți, 11… – Familia Regala a Romaniei | Facebook