トンガ王 トゥポウ6世 陛下夫妻が、UAE【アラブ首長国連邦】ラアス・アル・ハイマ首長【ラスアルハイマ首長】サウード殿下を訪問(2022年11月)

 2022年11月15日、UAE(アラブ首長国連邦)を訪問中のトンガ王トゥポウ6世陛下(KIng Tupou VI : His Majesty The King of Tonga)及びトンガ王妃ナナシパウウ・トゥクアホ陛下(Queen Nanasipauʻu Tukuʻaho : Her Majesty The Queen of Tonga)は、同連邦を構成するラアス・アル・ハイマ首長国の統治者/ラアス・アル・ハイマ首長“シャイフ【シェイク】”・サウード・ビン・サクル・アル・カーシミー殿下(His Highness Sheikh Saud bin Saqr Al Qasimi, Supreme Council Member and Ruler【Emir】 of Ras al-Khaimah【RAK】)を訪問しました。

 

 (英語)Emirates News Agency – Ras Al Khaimah Ruler receives King of Tonga
 (英語)The Ruler of Ras Al Khaimah discusses strengthening relations with the King of Tonga | Colors of India

 

Emirates News Agency – وكالة أنباء الإمارات:
حاكم رأس الخيمة يستقبل ملك تونغا – YouTube

 

WAM EnglishさんはTwitterを使っています: 「Ras Al Khaimah Ruler receives King of Tonga. #WamVideo https://t.co/WcesXsPRBY https://t.co/cjlomJQgGE」 / Twitter

スウェーデン王カール16世グスタフ陛下夫妻のヨルダン訪問始まる。ヨルダン王アブドッラー2世陛下夫妻らと会見(2022年11月)

 2022年11月15日、スウェーデン王カール16世グスタフ陛下(Carl XVI Gustaf of Sweden : His Majesty The King)及びスウェーデン王妃シルヴィア陛下(シルビア王妃 : Queen Silvia of Sweden : Her Majesty The Queen)のヨルダン・ハシェミット王国訪問が始まりました。
 ヨルダン・ハシェミット王国国王アブドッラー2世・イブン・アル・フセイン陛下(アブドゥッラー2世アブドラ国王 : King Abdullah II bin Al-Hussein : His Majesty the King of the Hashemite Kingdom of Jordan)と王妃ラーニア陛下(Queen Rania Al Abdullah : Her Majesty The Queen of the Hashemite Kingdom of Jordan)、ヨルダン皇太子アル・フセイン・ビン・アブドッラー2世殿下(His Royal Highness Crown Prince Al Hussein bin Abdullah II)らによる出迎えを受けています。

 両国王を含む要人らの会談がおこなわれたほか、別の会談もおこなわれ、両国王夫妻・フセイン皇太子にくわえて、ヨルダン王弟のアリー・ビン・アル・フセイン王子殿下(His Royal Highness Prince Ali bin Al-Hussein)およびリム・アル=アリー妃殿下(Her Royal Highness Princess Rym al-Ali)夫妻が同席しています。

 

 (英語:アブドッラー2世王 公式サイト)King discusses ties, regional, international developments with Sweden monarch | King Abdullah II Official Website
 (英語:ヨルダン王室 公式サイト)King discusses ties, regional, international developments with Sweden monarch | Royal Hashemite Court

 (スウェーデン語:スウェーデン王室公式サイト)Statsbesök till Jordanien | Kungahuset

 

Kungahuset(スウェーデン王室 公式チャンネル):
Statsbesök till Jordanien 2022 – välkomstceremoni – YouTube

 

(英語)
前半がヨルダン王の、後半がスウェーデン王の発言/
RHC JO(ヨルダン王室 公式チャンネル):
حديث جلالة الملك عبدالله الثاني وجلالة الملك كارل السادس عشر غوستاف، ملك السويد خلال مباحثات اليوم – YouTube

RHCさんはTwitterを使っています: 「حديث جلالة الملك عبدالله الثاني وجلالة الملك كارل السادس عشر غوستاف، ملك مملكة #السويد خلال مباحثات موسعة اليوم في قصر الحسينية #الأردن Remarks by His Majesty King Abdullah II and His Majesty King Carl XVI Gustaf of #Sweden during expanded talks at Al Husseiniya Palace today https://t.co/mx0c1OfX6Q」 / Twitter

 

RHCさんはTwitterを使っています: 「Their Majesties King Abdullah II and Queen Rania Al Abdullah, and His Royal Highness Crown Prince Al Hussein receive Their Majesties King Carl XVI Gustaf and Queen Silvia of #Sweden at Al Husseiniya Palace #Jordan 🇯🇴🇸🇪 https://t.co/gM6WCejDXH」 / Twitter

 

RHCさんはTwitterを使っています: 「مراسم استقبال رسمية لجلالة الملك كارل السادس عشر غوستاف، ملك مملكة #السويد، وجلالة الملكة سيلفيا ملكة السويد في قصر الحسينية #الأردن An official welcoming ceremony is held for their Majesties King Carl XVI Gustaf and Queen Silvia of #Sweden at Al Husseiniya Palace #Jordan 🇯🇴🇸🇪 https://t.co/TElWvemHb6」 / Twitter

 

両国王夫妻、フセイン皇太子、アリー王子夫妻の会談/
RHCさんはTwitterを使っています: 「His Majesty King Abdullah II, accompanied by Her Majesty Queen Rania Al Abdullah and His Royal Highness Crown Prince Al Hussein, meets with Their Majesties King Carl XVI Gustaf and Queen Silvia of #Sweden #Jordan https://t.co/XvpwPivsqe」 / Twitter

 

RHCさんはTwitterを使っています: 「His Majesty King Abdullah II, accompanied by His Royal Highness Crown Prince Al Hussein, holds expanded talks with His Majesty King Carl XVI Gustaf of #Sweden, on bilateral relations and the latest regional and international developments #Jordan https://t.co/rycJNgQbD5」 / Twitter

 

Kungahuset – I dag inleder Kungaparet ett tre dagar långt… | Facebook

ヨルダン王アブドッラー2世陛下夫妻が、キリスト教/ローマ教皇フランシスコ聖下を訪問(2022年11月)

 2022年11月10日、ヨルダン・ハシェミット王国国王アブドッラー2世・イブン・アル・フセイン陛下(アブドゥッラー2世アブドラ国王 : King Abdullah II bin Al-Hussein : His Majesty the King of the Hashemite Kingdom of Jordan)と王妃ラーニア陛下(Queen Rania Al Abdullah : Her Majesty The Queen of the Hashemite Kingdom of Jordan)は、キリスト教/ローマ教皇フランシスコ聖下(His Holiness Pope Francis)を訪問しました。

 アブドッラー陛下は、
 ローマ教皇庁国務省長官【首相 相当】ピエトロ・パロリン枢機卿座下(His Eminence Pietro Cardinal Parolin)、
 ローマ教皇庁国務省外務局局長【外務大臣 相当】ポール・リチャード・ギャラガー大司教座下(ホデルム名義大司教 : His Most Reverend Excellency Monsignor Archbishop Paul Richard Gallagher : Titular Archbishop of Hodelm)、
 らとも会談した模様。

 

 (英語)King of Jordan to Pope Francis: “I pray for you all the time” | ROME REPORTS

ROME REPORTS in English:
King of Jordan to Pope Francis: “I pray for you all the time” – YouTube

 

 (英語:ローマ教皇聖座 公式サイト)Holy See Press Communiqué: Audience with King Abdullah II Ibn Al Hussein of Jordan, 10.11.2022

 (英語:アブドッラー2世王 公式サイト)King meets Pope Francis in Vatican | King Abdullah II Official Website
 (英語:ヨルダン王室 公式サイト)King meets Pope Francis in Vatican | Royal Hashemite Court

 

RHCさんはTwitterを使っています: 「His Majesty King Abdullah II, accompanied by Her Majesty Queen Rania, meets with His Holiness Pope Francis, with discussions covering the need to sustain interfaith dialogue, promote coexistence, and protect the Christian presence in the region #Jordan #Vatican © Vatican Media https://t.co/jDGVnavXag」 / Twitter

英国王チャールズ3世陛下夫妻のヨーク訪問時に、男が卵を投げつける→外れる(2022年11月)エクスティンクション・レベリオン(XR)の活動家か?

 2022年11月9日、英国王チャールズ3世陛下(King Charles III : His Majesty The King)と英国王妃カミラ陛下(Queen Consort Camilla : Her Majesty The Queen Consort)のヨーク訪問がありましたが、一人の男が卵を投げつける(外れる)という事件が発生しました。

 Daily Mail Online によると、男は、エクスティンクション・レベリオン(Extinction Rebellion : XR)の活動家で、緑の党から地方選挙に立候補経験がある、とのことです(今のところの情報ですが)。
 今回、この人物は、「この国は奴隷たちの血によって築かれた」というようなことを叫んでいたようです。なんかエクスティンクション・レべリオンの活動と違うような気がしますが……。
 また、関係なさそうではありますが、「私の王ではない」(Not My King)というメッセージを掲げた人物が別にいるのが動画から確認できます。

 

 (英語)York: Man arrested after eggs thrown at King Charles – BBC News
 (英語)Man 'throws eggs at King Charles and Queen Consort in York' | Daily Mail Online

 イギリス チャールズ国王夫妻が卵を投げつけられる けがなし | NHK | イギリス

 

The Royal Family Channel:
King and Queen Consort Whisked Away as Eggs Thrown in York – YouTube

 

The Royal Family Channel:
King and Queen Consort SCRAMBLE for Cover! 😱🍳 – YouTube

 

BBC News:
Eggs thrown at King Charles III in York – BBC News – YouTube

 

euronews:
Eggs thrown at King Charles, man detained – YouTube

 

BBC News Japan:
チャールズ英国王に卵が投げつけられる瞬間 ヨークで – YouTube

オランダ世論調査(2022年9月):オランダでの王政継続を支持するのは51%まで低下。18歳~54歳では43%

 (オランダ語)Peiling Ipsos: slechts 51 procent van Nederland steunt monarchie

 

 オランダでの王政継続を支持するのは 51% まで低下し、 18 歳~ 54 歳では 43% であると、オランダの公営放送 NOS が報じています。
 この世論調査は共和政支持者団体が、イプソス(Ipsos)という有名な調査会社に委託したものらしく、依頼元はともかくとしても数値は信頼できるでしょう。

 

 記事によれば今年(2022年)の春には支持は 58% であり、低下の原因はわかりませんが、調査元の共和政支持者団体は、調査日について、予算関連の日に近く、王室予算について意識された(ことがマイナスにつながった)のではないかという指摘をしています。
(つまり、特に問題が起きなければ、次の世論調査ではわずかに上がるのは確実だろうと思います)

 

 また(いまさら意図がよくわからない設問ですが)、君主の長子が自動的に次の君主となるという、継承法についての支持が、 51% だったものが 47% に低下しています。
 これについては「ではなにを望むのか」という回答がない限り判断しようがなく、また、誤差とみてもいいレベルではないかという気もします。
 個人的には気にしていません。

 

 一方、共和政への支持は 24% から 26% への増加にとどまっており、これも誤差の範囲でしょう。
 つまり 25% 程度の人は、「どちらでもない」類の回答をしていることになりますが、その具体的な表現はわかりません。
 (なお、高齢層でも共和制支持がわずかずつ高まってきているというのは近年指摘されています)

 もし共和政になった場合にどのような政体を取るかですが、
  32% が、特に意見はなし
  30% が、ドイツ連邦共和国のような儀礼的大統領
  20% が、大統領のいない共和国(スイス連邦のような、と書かれていますが、スイスにも大統領はいます。ただローテーション制の特殊なものであるのと、国家元首としての規定がありません。外交上、他国の国家元首と同等になる機会は多々ありますが)
  17% が、アメリカ合衆国のような実権を持った大統領
 と回答しています。

 

 オランダの王政支持は、かつては 90% 近くあり、2020年でも 75% 程度あったのですが、
 国民に厳しい新型コロナウイルス【COVID-19】対策を課す中、
 オランダ王ウィレム=アレクサンダー陛下がギリシャで秋の休暇開始→激しい反発で数時間で帰国発表(2020年10月)
 という事件があったのが低下の主原因はないかと思われています。
 とはいえ、ゆるやかな長期的低下にあったことも事実ですし、 COVID-19 から現在のインフレまで社会が大きく揺らいでいるという事情もあるでしょう。

 

 継承法を男女の性別を問わない絶対長幼制にし、王室自体の人数を減らすことによって予算とスキャンダルを減らす、という方針は、ある程度は欧州の(モナコとリヒテンシュタインは除く)君主国にとっての共通方針になりつつあります(スペインは絶対長幼制ではありませんが)。

 しかし、これは成功の秘訣といえるほどのものでもありません。他にもう案がないという現実もあります。

 また、
 オランダ王室のオランニェ女公(オランダ皇太子)カタリナ=アマリア王女殿下が、警備上の理由から学生寮を離れた模様(2022年10月)
 という出来事がありました(世論調査はこれより前)。
 継嗣に対して、攻撃的な行動が(ソーシャルメディアを含め)継続的におこなわれており、同王女を守ることができていない状況です。