記者会見動画:南アフリカ伝統的君主/ロベドゥ人の君主モジャジ(雨の女王)にレクケラ王子殿下を選出した王室評議会の記者会見(2021年5月)おじで摂政のムパパトゥラ王子殿下らがコメント

 南アフリカ共和国のロベドゥ人の君主であるモジャジ(Modjadji)または雨の女王(Rain Queen)にレクケラ・モジャジ王子殿下(His Royal Highness Prince Lekukela Modjadji)を選出したロベドゥ王室評議会(Royal Council)が記者会見をおこないました。

 

eNCA:
Modjadji Royal Council briefs the media – YouTube

※この動画サムネイル、結局のところ、左がマサラナボ王女で、右はムパパトゥラ王子ではないかと思われます。ただレクケラ王子の写真・映像をまだ見ていないので、似ているという可能性もあり、わかりません。レクケラ王子が今回の記者会見の場にいたかどうかもわかりません。

 

 8分ごろから席で話を始めているのが、摂政で、レクケラ王子およびマサラナボ王女のおじのムパパトゥラ王子殿下(ムパパトラ王子 : ムパパダ王子 : His Royal Highness Prince Regent Mpapatla【Mpapada】 Modjadji)。

 38分ごろから着席して話している水色の服の人物が誰かはよくわかりませんが、以下の話題を取り扱っています。
 まずは、テボホ・モジャジ=ケカナ王女(Princess Dr Tebogo Modjadji-Kekana)に関してですが、ロベドゥ人には四つの王家があるが、どれとも関係ない人物としています(モジャジを姓に持つ王族は三人しかないと言っているように聞こえますが……。過去に出ていた情報として、摂政に娘がいるという話があったのですが、上の王女の件も含めて何が本当やらよくわからなくなります)。
 次に、女王の子供に関する話ですが、誰も女王の子供の父親としての権利を主張できない(ロベドゥ人の伝統としては)という話をしています。
 最後に大統領に子供(マサラナボ王女)を地元に返してくれと要望したが対応してくれなかったなど、大統領や政府とのこれまでの関係などです(正直よくわからない話もあります)。
※マサラナボ王女は、父親側の親権要求などがあり、結局与党のマトール・モツェクガ議員(マトール・モチェハMathole Motshekga)が後見人として預かるような形になっています。
 そして、話が重なる形もありますが、モジャジは地元にいるべきという話と、王室のメンバーの話が再度出てきて(内容はよくわかりませんでした)、終わります。

 58分過ぎから出てきた人物が誰だかよくわからないのですが、一番重要人物そうではあります。
 摂政のムパパトゥラ王子の役割について話しており、一つ目は王室などを率いること、二つ目はレクケラ王子とマサラナボ王女を育てること、三つめは(よく聞こえなかったのですが)継承の準備をするということになるのでしょうか。

 

 要するに、まとめとしては、彼らはマサラナボ王女を地元に返してもらい女王にしたかったのだが、大統領と政府がそれを許さなかったので、大きな変更にはなるが残るただ一人の候補であるレクケラ王子を男の王として継承者に決定したということになるでしょう。
 今回最後に出てきた人物が見るからに一番偉いように思われるのですが、この人物が王室評議会議長(?)ということになるのでしょうか。
 摂政とこの人物のどちらかが決定の主導権を握っていたと思いますが……。

 

関連:
 (インデックス)(2021年)南アフリカ伝統的君主:ロベドゥ人の君主モジャジ(雨の女王)にレクケラ王子殿下が選出された件に関する記事

南アフリカ伝統的君主:モジャジ(雨の女王)継承問題にシニカル(?)なコメントの記事:「女王を女性の権利の代表者のように見るのは偽フェミニスト」「共和国政府が王の選出に口を出せるという発想自体が、植民地経営の白人と一緒」「“雨の女王”は誤訳で元の単語に女に限定する意味はない」(2021年5月)

 とまあ、表題で書いたようなことに加え、

「降雨儀式は君主だけでおこなうものではない(ので君主の性別はどっちでもいい)」

「オランダ古法ベースの法体系はロベドゥ人の世界観には関係ない。後継者は現地にいるべきものだ。摂政が(親権の問題で現地を離れている)王女を現地に戻すよう要求したのに政府が戻さなかったから彼らはこうするしかなかった」

 というような内容もあります。

 より詳細な内容は(英語ですが)元記事のリンクをたどっていただきたいと思います。

 

 (英語)SEABELA MAILA: The Modjadji lineage & the fetish for a romantic precolonial past

 

 英語の Rain Queen(雨の女王)という単語自体が混乱を招いている、と言っていいのでしょうか。

 それにしても、今回のレクケラ王子選出の動きの中心は、やはりというか、おじで摂政のバコマ・ムパパトゥラ・モジャジ王子(Prince Renget Bakhoma Mpapatla Modjadji)ということになるのでしょう。
 この記事の人や王室評議会の広報のコメントをあわせると、摂政がマサラナボ王女を現地に戻してくれと何度頼んでも戻してくれないので(王女は故・女王マコボ・モジャジ6世よそのひとの間に生まれた子供で、その人物が親権を主張し、結果、ANCの議員が預かるような形になっている)、ついにあきらめた摂政が王室評議会に兄のレクケラ王子を選出するようにはかり、そう決定されたので、発表した。そういう一連の流れが推察されます。

 ただ、それにしても、王室評議会には、去年まではマサラナボ王女支持派が存在していたようなので、その人物が亡くなったので実行し、押し切って全会一致で合意したとも取れます。
 これは上記の記事の人物の見方もまた一つの本質論にすぎず、現実の状況はさらに複雑であることを示しているのでしょう。

 

関連:
 (インデックス)(2021年)南アフリカ伝統的君主:ロベドゥ人の君主モジャジ(雨の女王)にレクケラ王子殿下が選出された件に関する記事

トンガ王 トゥポウ6世 陛下夫妻が、アストラゼネカのワクチンを接種(2021年5月)

 2021年5月15日、トンガ王トゥポウ6世陛下(KIng Tupou VI : His Majesty The King of Tonga)及びトンガ王妃ナナシパウウ・トゥクアホ陛下(Queen Nanasipauʻu Tukuʻaho : Her Majesty The Queen of Tonga)は、オックスフォード=アストラゼネカCOVID-19ワクチン(一回目)を接種したようです。

 COVAX と書かれたポスターが貼られているので、COVAX ファシリティによるワクチン分配かもしれません。

 

 (英語)King and Queen receive first dose of Oxford-AstraZeneca vaccine | Matangitonga

Matangi Tonga OnlineさんはTwitterを使っています 「Tonga’s King Tupou VI and Queen Nanasipau‘u received first doses of Oxford-AstraZeneca vaccine today, 15 May, at Vaiola Hospital. Over 20,000 people on Tongatapu had first doses by midweek, averaging 914 shots a day in the Covid-free nation. https://t.co/pEMvEbsIZk https://t.co/luVe4Cpu02」 / Twitter

ウガンダ伝統的君主:トロ王ルキディ4世陛下がアメリカ合衆国テキサス州を訪問。ダラス市長・リトルエルム市長と会見(2021年5月)姉ルース王女の結婚式に参列

 ウガンダ共和国の伝統的君主の一人/トロ王“ルキラバサイジャ”・“オヨ・ニンバ”・カバンバ・イグル・ルキデイ4世陛下(Rukirabasaija Oyo Nyimba Kabamba Iguru Rukidi IV, The Omukama of Tooro : オムカマ)はアメリカ合衆国テキサス州を訪問しました。

 王の母親、ケミギサ・ベスト・オリミ殿下(Her Royal Highness Kemigisa Best Olimi, Queen Mother)が同行。

 王の姉、ルース・コムンタレ王女(Princess Ruth Komuntale)とフィル・アンソニー氏(Phil Anthony)の結婚式(王女は再婚)に参列したようです。
 ルース王女はアメリカ在住。

 この式への参列が主目的だと思いますが、ダラス市長・リトルエルム市長らと会見しています。

 

 まず、ルース王女の結婚式の話題から。

 (英語)Tooro’s Princess Komuntale Married Again | ChimpReports

 

トロ王とルース王女が踊る映像:
ChimpReportsさんはTwitterを使っています 「Komuntale's Wedding: We are still keeping up with Princess of Ruth Nsemere Komuntale #ChimpReportsNews @KingOyoOfficial @QueenOlimi 🎥 Courtesy For more Details: https://t.co/gpD2Zp5Gj4 https://t.co/x78AfcqFgY」 / Twitter

 

トロ王にエスコートされて式場に入るルース王女:
ChimpReportsさんはTwitterを使っています 「Congratulations: Princess of Tooro Kingdom, Ruth Nsemere Komuntale was walked down the aisle by the King of Tooro @KingOyoOfficial and Queen Mother @QueenOlimi. #ChimpReportsNews For more Details: https://t.co/gpD2Zp5Gj4 https://t.co/iIqNBG9M0L」 / Twitter

 

母君と踊るルース王女:
ChimpReportsさんはTwitterを使っています 「Priceless! Newly wed Princess Ruth Nsemere Komuntale dances with her mother @QueenOlimi during her wedding in USA. #ChimpReportsNews https://t.co/9mPTxdBZGJ https://t.co/Hnx69P43YD」 / Twitter

 

ChimpReportsさんはTwitterを使っています 「Tooro’s Princess Komuntale Married Again #ChimpReportsNews #featured https://t.co/9mPTxdBZGJ」 / Twitter

 

ChimpReportsさんはTwitterを使っています 「Congratulations: Princess of Tooro, Ruth Komuntale Nsemere walks down the aisle again. Show her some love #ChimpReportsNews @QueenOlimi @KingOyoOfficial https://t.co/gpD2Zp5Gj4 https://t.co/IdFItync5o」 / Twitter

 

 (英語)Uganda Online – Second wedding ceremony for Tooro Princess Ruth Komuntale
 (英語)TAKEN! Tooro Princess Ruth Komuntale ties knot with hubby Phil Anthony

 

 リトルエルム市長デービッド・ヒロック閣下(Little Elm Mayor David Hillock)と会見。

 (英語:リトルエルム市 公式サイト)A Royal Visit | Town of Little Elm, TX – Official Website

 (英語)Little Elm receives a royal visit | News | starlocalmedia.com

Little Elm JournalさんはTwitterを使っています 「On May 7, the Town of Little Elm was visited by Rukirabasaija Oyo Nyimba Kabamba Iguru Rukidi IV, King Oyo, the reigning King of Tooro, in Uganda. https://t.co/rctmpllUxJ」 / Twitter

 

His Majesty King Oyo of Tooro KingdomさんはTwitterを使っています 「I thank Mayor David Hillock for the warm reception and the Key to the City of Little Elm, Texas. I am very pleased with the Mayor's announcement of his City's adoption to partner with Fort Portal Tourism City. This strategic partnership will foster development and prosperity. https://t.co/YySkbERPz7」 / Twitter

 

Queen Kemigisa Best Olimi Tooro KingdomさんはTwitterを使っています 「I was pleased to accompany His Majesty @KingOyoOfficial to the City of Little Elm, Tx. I thank Mayor David Hillock and his wife Beth Hillock for the warm welcome. Your offer of friendship and partnership is appreciated and timely for Tooro Kingdom as we recover from #COVIDー19. https://t.co/qFQmdCzPIz」 / Twitter

 

 ダラス市長エリック・ジョンソン閣下(Eric Johnson)との会見。

His Majesty King Oyo of Tooro KingdomさんはTwitterを使っています 「I thank Mayor @Johnson4Dallas for the warm reception and the Key to @CityOfDallas. I am happy about the potential partnerships and collaboration between Tooro Kingdom and the @CityOfDallas. I look forward to receiving you in Tooro Kingdom.」 / Twitter

 

Eric JohnsonさんはTwitterを使っています 「I was honored to welcome His Majesty @KingOyoOfficial, King of Tooro Kingdom in Uganda, Her Royal Highness @QueenOlimi and members of the Royal Family to City Hall today. I was proud to present His Majesty with a Key to @CityOfDallas, a symbol of trust, respect and friendship. https://t.co/1b7q6JC7Xt」 / Twitter

動画(英語):南アフリカ伝統的君主/ロベドゥ人の君主モジャジ(雨の女王)にレクケラ王子が選出された件について、王室評議会の広報へのロング・インタビュー(2021年5月)きわめて興味ぶかい内容

 南アフリカ共和国のロベドゥ王室評議会(Royal Council)が、ロベドゥ人の君主であるモジャジ(Modjadji)または雨の女王(Rain Queen)に、レクケラ・モジャジ王子(Prince Lekukela Modjadji)を選出した件ですが、王室評議会の広報がロング・インタビューに応じています。

 聞き取りにくい英語ながら(前の動画では普通にしゃべっていたので、今回は緊張してどもっているんだと思いますが)、興味深い話が出ています。

※なお、一部が何度聞いてもよくわからないので、以下に書いたことは誤りがある可能性は高いです。その辺りはご承知ください。

 

eNCA:
Modjadji Royal House | Insults rain over throne – YouTube

※動画サムネイルがマサラナボ王女と兄のレクケラ王子です。
 ただ、王女は間違いないのですが、隣はレクケラ王子ではなく おじ のムパパトゥラ摂政王子というキャプションを出しているサイトもあり、不明です。
 若いように見えるので おじ ではないとは思いますが、ただレクケラ王子は要人と会見したことがないという主張もあるので、もしかしたらレクケラ王子ではないかもしれないくらいには思っています。
追記:
 おじのムパパトゥラ摂政王子の写真・映像を確認したところ、この動画サムネイルにきわめて似ているので、おじのほうではないかと思われてきます。まだ、(他の)レクケラ王子の写真などを直接確認していません。

 

 まず冒頭では、下記で紹介した、

 南アフリカ伝統的君主:ロベドゥ人の君主モジャジ(雨の女王)にレクケラ王子が選出された件について、テボホ・モジャジ=ケカナ王女が猛反論(2021年5月)「皆も大統領もマサラナボ王女が女王となると認めていた」「最後まで戦う」

 とコメントしていた、テボホ・モジャジ=ケカナ王女(Princess Dr Tebogo Modjadji-Kekana)についてインタビュワーから聞かれ、「そんな奴は知らない、どこの(王)家に属しているのか」と驚きの返答をしています。
 地元民からも「誰だあれは!?」と問い合わせがあったそうです。
 要するに彼女は王族を詐称している無関係の人物なのだと言っています

 なんとも謎だらけの展開ですが……。

 同王女は、先代の故・女王マコボ・モジャジ6世Makobo Modjadji VI)の姉妹あるいは いとこ という情報が出ており、それゆえに eNCA もインタビューをおこなったはずです。
 これがとぼけているのでなければ、同王女は長年に渡り自らを「雨の女王」の近親であると偽って多方面に渡って活動して知名度を得ていた(にも関わらず地元は何も気づかず何も言わなかった)ということになりますが……。
 う、うーん。

 また、広報のコメントの内容から、王室評議会が「複数の(王)家」から構成されているのではないか、また広報自体もいずれかの家に所属しており、評議会の一員ではないかということが推測されます。

 

 そして肝心のレクケラ王子を選出した件ですが、

  1. 2005年に女王マコボ・モジャジ6世が崩御した
  2. 幼い子供しかいなかったので、女王のきょうだいムパパダ・モジャジ王子(Prince Regent Mpapada Modjadji)を摂政とした
  3. ムパパダ摂政王子は16年(つまり今年2021年まで)務め、後継者を選出する準備をおこなっていたが、準備が整った(?)と王室評議会に通知したので、王室評議会は後継を選出した

 という説明になるようです。
 ムパパダ王子はムパパトゥラ王子、またはムパパトラ王子(Prince Mpapatla)とも表記されるケースが多いですが、今回聞いた限りではムパパダと言っているように取れます。が、これはあまり気にしなくていいでしょう。間違いなく同一人物です。
 ともあれ、この説明からすれば、摂政の意思によって後継選出が開始された、というようにも取れます。
 同王子は自らの娘を後継の女王に望んでいたとも伝えられていますが、今回の王室評議会への通知は、レクケラ王子を推薦してのものなのか、つまり摂政が甥を選出するように動いたのか、その辺りも気になるところです。
 地元の人からすれば、男の摂政王子から、甥の王子へ君主権が移る、ということになるのかもしれません(わかりませんが)。

 また、どうも王室評議会は、男女八人で構成されている、といっているように取れます。

 

 ここで eNCA のインタビュワーは、昨年(2020年?)2月の、王室評議会の秘書官(?)がインタビューに応じている映像を出します。
 英語字幕によれば、マサラナボ・モジャジ王女(Princess Masalanabo Modjadji)を次期女王にするつもりであり、21歳まで待っているとなります。それ以外には取れません。

※他情報では王女が18歳になるのを待っているというのがありますが、21歳が正しいのかどうかはよくわかりません。

 ともあれ、一年ちょっと前には、王室評議会の関係者が、マサラナボ王女が将来の女王とはっきりいっているわけです。
 なぜこの一年ちょっとで違う決定がなされたのか。
(「王子でも雨を降らせることが出来る」という本質論的な議論は、マサラナボ王女を排除しレクケラ王子を選出する直接の理由にはなりません)

 これについてインタビュワーから問われた広報は、「注意深く聞けば、2005年に出来事があったことと、“プロセス”が~」というよくわからないことを説明し始め、ここからはよくわからないです本当に。王子を選出した理由についても秘匿されるべき重要なことだとしているように聞こえ、説明を拒否しているのとなんら変わらない状況です(もちろん秘匿されるのが伝統であれば秘匿されるべきですが)。

 ただ、王室評議会の歴史は420年と、「雨の女王」の200年を超える伝統があるとしており(本当かどうかはわかりませんが)、また、評議会の決定は覆せないともしています。

 

 さて。
 テボホ・モジャジ=ケカナ王女は本人の主張通りの人物なのか、それとも詐欺師の類なのかという謎が生まれましたが、ともあれ王室評議会周辺の動きはある程度はっきりしてきたように思えます。
 あとは、南アフリカ共和国の中央およびリンポポ州の政治家の反応が待たれます。

 

関連:
 (インデックス)(2021年)南アフリカ伝統的君主:ロベドゥ人の君主モジャジ(雨の女王)にレクケラ王子殿下が選出された件に関する記事