会津まつりトークショー(2020年9月)に 会津松平家第14代当主 松平保久 氏が参加予定(2020年8月)

 藩公行列の中止が決まっている今年の「会津まつり」ですが、トークショーには会津松平家第14代当主松平保久氏(まつだいら もりひさ)が参加するようです。

 

 女優・綾瀬はるかさん、会津まつり参加へ「楽しいひとときに」:福島民友ニュース:福島民友新聞社 みんゆうNet

会津若松市は6日、同市で9月20~22日に開かれる会津まつり

トークショーでは、綾瀬さんと室井照平市長、会津松平家第14代当主の松平保久さんが意見を交わす。

新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐため、観覧は小学生以上の市内在住者に限る。

今年は新型コロナの影響で、藩公行列の中止が決まっていた。

 綾瀬さん7年連続出演 9月20日から会津まつり | 福島民報
 会津まつりに綾瀬はるかさん参加 規模縮小し来月開催 | 河北新報オンラインニュース

 

「戊辰150年記念碑」除幕式に、会津松平家第14代当主 松平保久 氏が臨席(2019年9月)

 「戊辰150年記念碑」鶴ケ城三の丸に建立 平和など6項目宣言:福島民友ニュース:福島民友新聞社 みんゆうNet

会津松平家第14代当主の松平保久(もりひさ)さん、菅家一郎復興副大臣らが祝辞を述べ、関係者らが宣言碑を除幕した。

 

 2019年9月23日、福島県会津若松市鶴ヶ城三の丸に建立された「戊辰150年記念碑」の除幕式がおこなわれ、会津松平家第14代当主松平保久氏(まつだいら もりひさ)が臨席したようです。

 

会津松平家継嗣の 松平親保 氏(20歳)が、会津藩公行列で 松平容保 役を務める(2019年9月)

 2019年9月22日、事前に情報が出ていた通り、会津松平家第14代当主松平保久まつだいら もりひさ)氏の長男松平親保まつだいら ちかもり)氏が、会津藩公行列で松平容保まつだいら かたもり)役を務めました。

 

 会津松平家15代目、20歳の初陣 「若殿お帰り」、会津藩公行列:福島民友ニュース:福島民友新聞社 みんゆうNet

「20歳になったことだし一度、経験させたかった」という父で14代当主松平保久(もりひさ)さん(65)の思いを受けて、急きょ容保役を担うことが決まった。

東京生まれの東京育ちだが、父や8年前に亡くなった祖父保定(もりさだ)さんが会津松平家の当主として、戊辰戦争で没した藩士らの慰霊に携わる姿などを見て育った。

 

福島民友新聞社さんはTwitterを使っています: 「会津松平家15代目、20歳の初陣 「若殿お帰り」、会津藩公行列 – https://t.co/Gqtn43ZwYq」 / Twitter

 

会津松平家継嗣の 松平親保 氏(20歳)が、9月22日の会津藩公行列で 松平容保 役を務めるとのこと(2019年9月)

 14代当主長男・親保さん「容保役」 会津まつり・会津藩公行列:福島民友ニュース:福島民友新聞社 みんゆうNet

22日に行われる「会津藩公行列」で、会津松平家14代当主松平保久(もりひさ)さん(65)の長男で15代当主となる親保(ちかもり)さん(20)が、戊辰戦争時に会津藩主を務めた松平容保(かたもり)役を初めて務めることが18日、分かった。

 

 すでに会津松平家関連の行事への臨席が報じられることがあった、会津松平家第14代当主松平保久まつだいら もりひさ)氏の長男松平親保まつだいら ちかもり)氏ですが、今年の会津藩公行列では松平容保まつだいら かたもり)役を務めるそうです。

 容保は会津松平家第9代当主ですので、第14代当主の継嗣として第15代になる親保氏からは6代前ということになりますが、養子として入った当主や養子縁組による兄弟継承などのため、血筋としては高祖父(祖父の祖父)になるかと思います。

 

追記:
 行事日程・特別ゲストなどの内容を含めた記事も出ていたのでリンクしておきます。

 【若松】会津まつり21日開幕 22日に綾瀬はるかさん参加「会津藩公行列」:会津地区:福島民友新聞社 みんゆうNet

 

続報:
 会津松平家継嗣の 松平親保 氏(20歳)が、会津藩公行列で 松平容保 役を務める(2019年9月)

 

首都圏在住会津出身者らによる会津会の総会に、会津松平家第14代当主 松平保久 氏が臨席(2018年10月)

 2018年10月27日、首都圏在住会津出身者らによる会津会の総会に、会津松平家第14代当主松平保久氏(まつだいら もりひさ)が臨席したようです。

 

 歴史の重み再認識 東京・会津会 松平保久さん講演 | 県内ニュース | 福島民報

 首都圏在住の会津出身者らでつくる会津会の総会は二十七日、東京・上野の上野精養軒で開かれた。戊辰戦争から百五十年の節目を迎え、歴史の重みを再認識するとともに、会津の発展に向けて心を一つにした。

 会津松平家第十四代当主の松平保久さん、斎藤勝会津若松市副市長が祝辞を述べた。役員改選で、柳沢会長を再任した。
 松平さんが「それからの会津」と題し、戊辰戦争後の会津の歩みなどについて講演した。