インタビュー記事:田安徳川家第11代当主 德川宗英 氏が、新著「徳川家に伝わる徳川四百年の裏養生訓」に関連してインタビューを受ける(2018年2月)

 さすがのDNA? 御年89歳の“末裔”が歴代将軍の健康法&家康との共通点を明かす|ニフティニュース

 

 田安徳川家第11代当主 德川宗英氏(とくがわ むねふさ)が、新著「徳川家に伝わる徳川四百年の裏養生訓」に関連してインタビューを受けています。

2020年に「立太子の礼」と同格の、秋篠宮殿下の「立皇嗣の礼(仮称)」か(2018年2月)

 国事行為として「退位の礼」秋篠宮さまの「立皇嗣の礼」も | NHKニュース

 

 秋篠宮殿下(文仁親王 : ふみひと : Prince Fumihito : His Imperial Highness The Prince Akishino)の「立皇嗣の礼(仮称)」というものを2020年におこなうということが検討されているようで、うーん、やる内容はわかりますが、またややこしい言葉が増えました。

 「皇嗣」ってどのように英訳するんでしょうね(「Heir-presumptive to the throne」とかだとものすごく縁起が悪いんですが)。

 秋篠宮家が内廷扱いになるのかどうかもよくわからないし、まだまだ細かい部分はわかりませんね。

オランダ王ウィレム=アレクサンダー陛下が、オランニェ女公(オランダ皇太子)カタリナ=アマリア王女殿下(14歳)が中国に留学予定との報道を全否定した模様(2018年2月)

 オランダのメディアが、オランニェ女公【オランダ皇太子】カタリナ=アマリア王女殿下(オランダ王女: オランニェ=ナッサウ公女 : Catharina-Amalia : Her Royal Highness The Princess of Orange, Princess of the Netherlands, Princess of Orange-Nassau)(14歳)が、来年【2019年】から中国のUWC常熟校に留学すると報道した件について、オランダ王ウィレム=アレクサンダー陛下(Willem-Alexander : His Majesty The King of the Netherlands)が、2月16日(金)にこれを全否定したそうです。

 

 (オランダ語)Koning: Amalia gaat niet naar China | Binnenland | Telegraaf.nl
 (英語)King Willem-Alexander: “Story about Amalia going to China is total nonsense” – Royal Central

オランダのメディアが、オランニェ女公(オランダ皇太子)カタリナ=アマリア王女殿下(14歳)が、来年【2019年】から中国のUWC常熟校に留学すると報道している模様。公式発表はまだ(2018年2月)“姫”を“人質”に差し出す弱小戦国大名を連想しました

 (オランダ語)Amalia naar school in China? | Binnenland | Telegraaf.nl
 (英語)Dutch Princess Amalia may have studying abroad in China in her future – Royal Central

 

 オランダ紙「Telegraaf」が報道したところによりますと、現在14歳のオランニェ女公【オランダ皇太子】カタリナ=アマリア王女殿下(オランダ王女: オランニェ=ナッサウ公女 : Catharina-Amalia : Her Royal Highness The Princess of Orange, Princess of the Netherlands, Princess of Orange-Nassau)が、来年【2019年】から中国【中華人民共和国】のUWC常熟校に留学すると報道しています。

 オランダ王ウィレム=アレクサンダー陛下(Willem-Alexander : His Majesty The King of the Netherlands)およびオランダ王妃マクシマ陛下(Máxima : Her Majesty the Queen of the Netherlands)が、中華人民共和国国家主席習近平閣下(His Excellency Mr Xi Jinping)と会談したばかりだそうです。

 なんとなく、“姫”を“人質”に差し出す弱小戦国大名を連想しましたが、西欧王室の対中傾斜が強まっている昨今、当たっているかもしれません。
 カタリナ=アマリア殿下も大変ですね。
 そして、次の次のオランダ王は中国系になるかもしれません。
 毛沢東の子孫や、習近平国家主席の孫あたりに特に問題のないイケメンがいるかどうか時間があれば調べないと……。

 

 なお、同校ですが、検索したら以下のPDFファイルが見つかりました。
 UWC 常熟校 (UWC Changshu China) 視察報告(概要)

 

追記1:
 オランダ人から「Telegraafは信用できぬ」(大意)といわれました。どうも(その人は)記事内容をまったく信じていないようです。

 

続報:
 オランダ王ウィレム=アレクサンダー陛下が、オランニェ女公(オランダ皇太子)カタリナ=アマリア王女殿下(14歳)が中国に留学予定との報道を全否定した模様(2018年2月)

NHKニュースのサイトが「紀子さま 結核予防全国大会に出席」というタイトルにしていた記事の名前を「紀子さま 広島訪問 原爆慰霊碑に供花」に差し替える(2018年2月)“政治的配慮”で皇室に関する記事のタイトルを変えるのはやめていただきたい

※同一の記事へ飛びます(しばらくしたら見れなくなります):
紀子さま 結核予防全国大会に出席 | NHKニュース
紀子さま 広島訪問 原爆慰霊碑に供花 | NHKニュース

 

 あとでここのニュースにしようと思って、リンクを保存しておいたら、タイトルが変えられているの気付きました。

 同じ日(今日=2018年2月14日)の公務で、午前中のものを優先して記事名にしていたのを、上か外から原爆関連を優先しろという“圧力”がかかったのかもしれません。

 秋篠宮妃紀子殿下(きこKiko : Her Imperial Highness The Princess Akishino)は公益財団法人「結核予防会」の総裁なのですが……。
 高校時代に結核に感染していると診断されて服薬していた身としては、結核がなくならないわけだ、と思うだけです。