天皇(徳仁)陛下が、東京五輪開会式前にルクセンブルク大公アンリ殿下らと会見(2021年7月)

 2021年7月23日、天皇陛下(徳仁なるひと : Emperor Naruhito : His Majesty【His Imperial Majesty】 The Emperor)は、東京オリンピック2020開会式前に、ルクセンブルク大公アンリ殿下(Henri : His Royal Highness The Grand Duke of Luxembourg)ら、来日した国家元首・政府首脳らと会見しました。

 

 (フランス語:ルクセンブルク大公室 公式サイト)Jeux Olympiques et Paralympiques d’Été 2020 – Audience au Palais Impérial de Tokyo | Cour grand-ducale

 

Cour Grand-DucaleさんはTwitterを使っています 「A l’occasion des Jeux Olympiques et Paralympiques d’Été 2020, S.A.R. le Grand-Duc a été reçu en audience par S.M. l’Empereur du Japon au Palais impérial de Tokyo. #Tokyo2020 https://t.co/H7IZEdKOuB」 / Twitter

 

 

Cour grand-ducale LuxembourgはInstagramを利用しています:「A l’occasion des Jeux Olympiques et Paralympiques d’Été 2020, Son Altesse Royale le Grand-Duc a été reçu en audience par Sa Majesté…」

デンマーク皇太子フレデリック殿下が、濃厚接触者となったため日本訪問・東京五輪臨席を中止(2021年7月)ワクチン接種済み

 2021年7月19日~26日の日程で日本を訪問する予定だったデンマーク皇太子フレデリック殿下(モンペザ伯爵 : Frederik : His Royal Highness The Crown Prince of Denmark, Count of Monpezat)が、新型コロナウイルス感染症【COVID-19】の発症者の濃厚接触者と認定されたため、直前ではありますが、日本訪問を中止することを決定しました。
 東京五輪2020臨席と、 IOC(国際オリンピック委員会) の会合への出席が予定されていました(日本訪問中止に伴い、後者はオンラインで出席予定)。
 また、殿下は二回のワクチン接種を完了しています。

 

 (英語:デンマーク王室 公式サイト)HRH The Crown Prince cancels his attendance at the Olympic Games in Tokyo, Japan | The Danish Monarchy – Front Page

信濃飯嶋氏【飯島氏】第29代当主 飯島紘 氏が、昨年の「信州飯島氏800年のミステリー」に続いて「ひろし物語~六歳の私~」を自費出版とのこと(2021年5月)清和源氏・片切氏の分家

 昨年【2020年】末、清和源氏・片切氏の分家にあたる信濃飯嶋氏【飯島氏】第29代当主飯島紘氏が著書「信州飯島氏800年のミステリー」を自費出版したとお伝えしましたが、それに加え、自伝「ひろし物語~六歳の私~」も刊行されたということです。

 昨年の記事によれば、同家は後継がいないようです。
 また、問い合わせ先は電話になっていましたが、今回は郵送となっています(リンク先記事を参照のこと)。

 

 飯島氏研究の集大成 飯島紘さん著書刊行 – Nagano Nippo Web

清和源氏の流れをくみ、片桐氏から分派した飯島氏。飯島町本郷に居城を構え、戦国時代には武田信玄に仕え、江戸時代には一時、彦根藩井伊家の剣術指南役も務めた。

「八〇〇年のミステリー」には、鎌倉時代の承久の乱(1221年)で手柄を立てた恩賞で、飯島氏が三沢氏と姓を変えて出雲三沢(現・島根県奥出雲町)を治めたことなど、飯島さんが研究者や出雲側と親交を深める中で解明された史実も収録している。

現在、飯島、奥出雲両町は町ぐるみの交流に発展している。

自伝は祖母の死や母の病気など、飯島さんにとって忘れがたい1年を振り返ったもので、祖母の養生のために引っ越した叔父宅での暮らしぶりなどをつづっている。

いずれもA5判で価格は各2000円。

トンガ王 トゥポウ6世 陛下が、トンガ王国駐箚日本国大使 宗永健作 閣下を接受、信任状の捧呈を受ける(2021年5月)英国高等弁務官とも会見

 2021年5月12日、トンガ王トゥポウ6世陛下(KIng Tupou VI : His Majesty The King of Tonga)は、トンガ王国駐箚日本国特命全権大使宗永健作閣下夫妻(むねなが けんさく : His Excellency Mr Munenaga Kensaku)と会見、信任状の捧呈を受けました。

 陛下は同日、トンガ王国駐箚英国高等弁務官(大使相当)ルーシー・レベッカ・ジョイス閣下(Lucy Rebecca Joyce OBE)とも会見しています。
 英国からの高等弁務官としては、15年ぶりに同王国に駐在するようです。
(Brexitに伴い、英国は英連邦各国との連携を強化しています。その一環かもしれません)

 

 宗永大使によるトゥポウ6世国王陛下への信任状の捧呈 | 在トンガ日本国大使館

宗永大使は、式典にて、天皇陛下から国王陛下へのお言葉をお伝えし、国王陛下からも天皇陛下、そして日本国民への温かいお言葉を頂戴致しました。

 

 (英語)Resident diplomats present credentials to King Tupou VI | Matangitonga

動画(1時間ほど):心游舎オンラインセッション「馬があう」。三笠宮家の彬子女王殿下が臨席(2021年5月)

 2021年5月2日の、心游舎オンラインセッション「馬があう」の動画がアップロードされています。
 心游舎総裁の三笠宮家の彬子女王殿下(あきこ : Her Imperial Highness Princess Akiko of Mikasa)が臨席しました。

 

心游舎:
オンラインセッション「馬があう」vol1 – YouTube

 

事前告知の記事:
 5月2日開催 オンライントークセッション「馬があう」のご案内 | 日本の伝統文化を未来へ|一般社団法人心游舎

追記:
 動画中で言及されている彬子女王殿下による連載記事は↓です。
 彬子女王殿下と知る日本の年中行事 | 和樂web 日本文化の入り口マガジン

 現時点で
 「花見」よりも古くからある「桜狩り」とは?彬子女王殿下と知る日本文化入門 | 和樂web 日本文化の入り口マガジン
 端午の節句から感じる、日本文化の多様性とは。彬子女王殿下と知る日本文化入門 | 和樂web 日本文化の入り口マガジン
 の二本が掲載されています。