懐妊:ドイツの BUNTE が、ハノーファー王世子エルンスト・アウグスト殿下とエカテリナ妃殿下の間の第二子・長男となる男子が誕生予定と報道(2018年10月)名前は“エルンスト・アウグスト~”か

 BUNTEによりますと、ハノーファー王世子エルンスト・アウグスト殿下(Prince Ernst August of Hanover : His Royal Highness The Hereditary Prince of Hanover : エルンスト・アウグスト・エルププリンツ・フォン・ハノーファーErnst August Erbprinz von Hannover)とハノーファー王世子妃エカテリナ殿下(Ekaterina : Her Royal Highness The Hereditary Princess of Hanover : エカテリナ・プリンツェッシン・フォン・ハノーファーEkaterina Prinzessin von Hannover)の間の第二子・長男となる男子が誕生予定だそうです。

 

 (ドイツ語)Ekaterina & Ernst August jr. von Hannover: BUNTE exklusiv: Sie werden wieder Eltern! Sogar der Name steht schon fest | BUNTE.de

 

 ハノーファーの慣行通りに「エルンスト・アウグスト・~」という名前になるだろうという話です。

 

関連:
 誕生(2018年2月22日?):ハノーファー王女エリザベト殿下(?)、正式発表はまだながらも写真が出ています

 

懐妊(2018年10月):英国王室のサセックス公爵ヘンリー王子殿下【ハリー王子】とサセックス公爵夫人メーガン妃殿下は、二人の間の第一子が来年【2019年】春に誕生予定と発表

 英国王室のサセックス公爵ヘンリー王子殿下(Prince Henryハリー王子 : Prince Harry : His Royal Highness The Duke of Sussex)とサセックス公爵夫人メーガン妃殿下(Meghan : Her Royal Highness The Duchess of Sussex)は、二人の間の第一子が来年【2019年】春に誕生予定と発表しました。

追記:
 二人の間に生まれる子供は、1917年の勅令が定める王子/王女の範囲(君主の子供、君主の男系の孫、など)に含まれないので、エリザベス2世陛下より特別な布告が出されない場合、男子であればダンバートン伯爵(ヘンリー王子殿下の二つ目の爵位を儀礼的に名乗る)、女子であれば<ファーストネーム>・ウィンザー令嬢(Lady ? Windsor : または、<ファーストネーム>・マウントバッテン=ウィンザー令嬢(Lady ? Mountbatten-Windsor) : または通称としては、<ファーストネーム>・サセックス? Sussex、など)となります。
 王子/王女とする布告が出された場合、または祖父であるウェールズ公チャールズ皇太子殿下の即位に伴い(範囲である君主の男系の孫に含まれるようになるので)、王子/王女となります。
 なお、両殿下が自分たちの子供の位置付けをどうしたいのかという問題もあります。叔父のウェセックス伯爵エドワード王子殿下夫妻の子供二人は1917年の勅令が定める王子/王女の範囲に含まれますが、両親の意向によりそう称せられてはいません(これについては王子/王女であるがそう称していないだけという説と、君主がそう称さないと発表したことをもって王子/王女ではなくなっているとする説があります)。

 

Kensington Palaceさんのツイート: "Their Royal Highnesses The Duke and Duchess of Sussex are very pleased to announce that The Duchess of Sussex is expecting a baby in the Spring of 2019.… https://t.co/Eme5kqAD3m"

 

 (英語:英国王室公式サイト)The Duke and Duchess of Sussex are expecting a baby | The Royal Family

 英王室 メーガン妃が妊娠 第1子誕生は来春の予定 | NHKニュース

 

The Duke and Duchess of Sussex have… – The Royal Family | Facebook

 

The Royal Familyさん(@theroyalfamily) • Instagram写真と動画

 

正統派フランス王位継承者ルイ20世ことアンジュー公ルイ・アルフォンス殿下の妻マリー・マルグリット殿下が、二人の間の第四子となる子供を懐妊しているとの発表(2018年7月)

 正統派フランス王位継承者ルイ20世Louis XX)ことアンジュー公ルイ・アルフォンス殿下(Louis Alphonse : His Royal Highness The Duke of Anjou : ルイス・アルフォンソ・デ・ボルボン・マルチネス=ボルディウLuis Alfonso de Borbón Martínez-Bordiú)の妻アンジュー公妃マリー・マルグリット殿下(Marie Marguerite : Her Royal Highness The Duchess of Anjou)が、二人の間の第四子となる子供を懐妊していると発表されました。

※写真の中にかけられているTシャツに2019とあるので、誕生予定は来年かと思われます。

 

 なお、ルイ・アルフォンス殿下は、最近では、母のマリア・デル・カルメン・マルチネス=ボルディウ・フランコ閣下(María del Carmen Martínez-Bordiú Franco)によるフランコ公爵位継承申請に関する議論や、フランシスコ・フランコ総統の遺体を「戦没者の谷」から掘り出して他所に移そうとする首相らの話題などと関連して報道が出ています。

 

スペイン語とフランス語:
Mi querida #mujer @margaravs y yo… – Luis Alfonso de Borbón Martínez-Bordiú | Facebook

Luis Alfonso de Borbónさん(@luisalfdeborbon) • Instagram写真と動画

 

 スペインメディアの ¡Hola! がその筋から入手した情報によりますと、第四子は男子であるとのことです(詳細は紙媒体を買ってね、といういつもの)。

 (スペイン語)En ¡HOLA!: El bebé que esperan Luis Alfonso de Borbón y Margarita Vargas es…

 

 (フランス語)Un troisième fils pour le chef de la Maison de Bourbon | Le blog LEGITIMITE
 (フランス語)Famille de France, familles de France, familles nombreuses | Le blog LEGITIMITE

 正統派のブログですが、性別は男子で、出産予定は2019年2月であるとのことです。

 

 6月の、「戦没者の谷」訪問時の記事:
 (スペイン語)Luis Alfonso de Borbón: “El Valle de los Caídos es un monumento de reconciliación y oración”

 

 フランコ総統を支持する人々が、ルイ・アルフォンス殿下を、「我々の王」と言及とのこと。

 (スペイン語)"Eres nuestro rey": por qué los ultras aclaman a Luis Alfonso en plena crisis en Zarzuela

'Cara al sol' contra la exhumación de Franco del Valle de los Caídos – 動画 Dailymotion

 

誕生速報(2018年2月25日):ユーゴスラビア王子【セルビア王子】、公式発表あり。キリスト教/セルビア総主教イリネイ聖下の祝福で聖サヴァ聖堂の鐘は49回|(2018年2月22日)ハノーファー王女、公式発表なし

 というわけで速報気味ですが、記事にしておきます。

 

追記:
 誕生(2018年2月22日?):ハノーファー王女エリザベト殿下(?)、正式発表はまだながらも写真が出ています
 誕生(2018年2月25日):ユーゴスラビア王子【セルビア王子】ステファン殿下 – 世界の王室ニュース

 

 現在セルビア王室を称する(旧)ユーゴスラビア王室の、
 ユーゴスラヴィア皇太子アレクサンダル2世殿下(His Royal Highness Crown Prince Alexander II of Yugoslavia / Serbia)、
 ユーゴスラヴィア皇太子妃カタリナ殿下(英語ではキャサリン皇太子妃 : Her Royal Highness Crown Princess Katherine of Yugoslavia / Serbia)、
 より、アレクサンダル2世殿下の孫にあたるあらたなユーゴスラビア王子【セルビア王子】の誕生が発表されました。

 名前はまだわかりません。

 (英語:セルビア王室公式サイト)THEIR ROYAL HIGHNESSES PRINCE PHILIP AND PRINCESS DANICA WELCOME THEIR FIRST CHILD, A SON | The Royal Family of Serbia

 ユーゴスラビア王子フィリップ殿下(His Royal Highness Prince Philip of Yugoslavia / Serbia : フィリプ・カラジョルジェヴィッチFilip Karađorđević)とユーゴスラビア王子妃ダニカ殿下(Her Royal Highness Princess Danica of Yugoslavia / Serbia : ダニカ・マリンコヴィッチDanica Marinković)の第一子・長男の王子が誕生とのことです。

 キリスト教/東方正教会/セルビア正教会の首座/セルビア総主教イリネイ聖下(ペーチ大主教 : ベオグラード・カルロヴツィ府主教 : His Holiness Irinej, Serbian Patriarch, Archbishop of Peć, Metropolitan of Belgrade and Karlovci)の祝福により、聖サヴァ大聖堂【聖サワ大聖堂】では49回もの鐘が鳴ったようです。これは王室の新たな王子の誕生を祝うための特別な措置であることはいうまでもありません。

 セルビア領域内での王子誕生は、故ユーゴスラヴィア王子トミスラヴ殿下(His Royal Highness Prince Tomislav of Yugoslavia)が1928年に誕生してから90年ぶりとのことです。


 もうひとつは懐妊の話が出ていたハノーファー王室で、2018年2月22日にハノーファー王世子エルンスト・アウグスト殿下(Prince Ernst August of Hanover : His Royal Highness The Hereditary Prince of Hanover : エルンスト・アウグスト・エルププリンツ・フォン・ハノーファーErnst August Erbprinz von Hannover)とハノーファー王世子妃エカテリナ殿下(Ekaterina : Her Royal Highness The Hereditary Princess of Hanover : エカテリナ・プリンツェッシン・フォン・ハノーファーEkaterina Prinzessin von Hannover)の間の第一子・長女となる王女が誕生したとの速報です。

※公式発表はまだです。

 (ドイツ語)Ekatarina + Erbprinz Ernst August von Hannover: Hurra, das Baby ist da! | GALA.de

 

続報:
 誕生(2018年2月22日?):ハノーファー王女エリザベト殿下(?)、正式発表はまだながらも写真が出ています

懐妊:ハノーファー王世子妃エカテリナ殿下の懐妊がはっきりする(2018年2月)観測はだいぶ前からありました

 前々から噂のあったハノーファー王世子妃エカテリナ殿下(Ekaterina : Her Royal Highness The Hereditary Princess of Hanover : エカテリナ・プリンツェッシン・フォン・ハノーファーEkaterina Prinzessin von Hannover)の懐妊がはっきりしたようです。

 夫のハノーファー王世子エルンスト・アウグスト殿下(Prince Ernst August of Hanover : His Royal Highness The Hereditary Prince of Hanover : エルンスト・アウグスト・エルププリンツ・フォン・ハノーファーErnst August Erbprinz von Hannover)との間の第一子。
 男子であれば、ハノーファー王室の将来の跡取りになります(が、女子という噂もあります)。

 

 (英語)Hannovers Prinzenpaar macht sich für Kinderhospize stark – NP – Neue Presse