2023年より徳川宗家第19代当主となる 徳川家広 氏が、久能山東照宮を参拝(2022年11月)

 2022年11月25日、2023年より徳川宗家第19代当主となる徳川家広氏(とくがわ いえひろ)は、久能山東照宮を参拝、家督を継承することを報告した模様。

 

 静・徳川新当主が久能山東照宮を参拝|NHK 東海のニュース
 徳川家広さんが久能山東照宮訪れ徳川宗家の当主交代を報告|NHK 静岡県のニュース

25日、静岡市駿河区の久能山東照宮を訪れた家広さんは神職に案内されながらはじめに拝殿で玉串を捧げました。このあと、家康が埋葬されている墓所「神廟」を訪れ、深く頭を下げて当主の交代を報告しました。

 

 60年ぶり当主交代 徳川宗家19代に家広さん|あなたの静岡新聞|深堀り情報まとめ〈知っとこ〉
 徳川宗家、次期当主が参拝 久能山東照宮、代替わり告げる|あなたの静岡新聞

国宝 久能山東照宮 公式さんはTwitterを使っています: 「徳川宗家次期当主 家広さんが代替わり奉告 静岡・久能山東照宮|あなたの静岡新聞 https://t.co/KR9is4HMTd」 / Twitter

2023年より徳川宗家第19代当主となる 徳川家広 氏が、日光東照宮を参拝(2022年11月)

 2022年11月1日、2023年より徳川宗家第19代当主となる徳川家広氏(とくがわ いえひろ)は、日光東照宮を参拝、家督を継承することを報告した模様。

 

とちテレNEWS:
徳川宗家の次期当主 日光東照宮正式参拝 – YouTube

 

 徳川宗家19代当主が日光東照宮を参拝 家督の交代を報告|NHK 栃木県のニュース

徳川家康の子孫にあたる徳川宗家の19代当主として家督を継ぐことになった徳川家広さんが、1日、家康を祭っている日光市の日光東照宮を訪れ、家督の交代を報告しました。

そして玉串を捧げて参拝をして当主の交代を報告したあと、拝殿内にある「将軍着座の間」でお神酒を飲んで一連の儀式を終えました。

NHK宇都宮さんはTwitterを使っています: 「⳹ #らいちゃま ピックアップ ⳼ このあいだ、 当主の交代が発表された 徳川宗家・新当主の家広さんが さっそく日光東照宮に 来てくれたんだって! 子孫の方がたずねてきてくれて 家康公も喜んでくれたかな? 「将軍着座の間」で 儀式を行う家広さんは👇🏻 https://t.co/jcETYb3EKH」 / Twitter

 

 徳川宗家の次期当主が参拝 日光東照宮で代替わりを奉告|県内主要,社会,地域の話題|下野新聞「SOON」ニュース|下野新聞 SOON(スーン)

下野新聞さんはTwitterを使っています: 「徳川宗家の次期当主が参拝 日光東照宮で代替わりを奉告 #下野新聞 https://t.co/nspUbTJ3C0」 / Twitter

徳川宗家第18代当主 徳川恒孝 氏が当主を退き、継嗣の 徳川家広 氏が2023年より第19代当主となる模様(2022年10月)

 徳川宗家第18代当主徳川恒孝氏(とくがわ つねなり)が今年いっぱいで当主を退き、長男で継嗣として広く認識されていた徳川家広氏(とくがわ いえひろ)が2023年1月1日に家督を正式に継承する模様です。

 

TOKUGAWASHOGUN TV 【徳川宗家公式】:
【德川家広より特別報告】 – YouTube

 

 徳川家康の子孫 宗家が当主交代 19代家広氏が家督継承へ | NHK
 徳川宗家の当主交代へ 徳川家広さんが19代当主に|NHK 静岡県のニュース

家広さんは11月から久能山東照宮や栃木県の日光東照宮など徳川家ゆかりの6か所を訪れ、先祖に当主の交代を報告する法要を行ったあと、来年1月1日に正式に家督を継ぎ、徳川宗家19代当主となります。

 徳川宗家が当主交代へ 19代家広氏に 来年1月60年ぶりの交代― スポニチ Sponichi Annex 社会
 徳川宗家の当主60年ぶり交代へ 今年いっぱいで現当主恒孝氏から長男家広氏へ19代目家督継承 – 社会 : 日刊スポーツ

1月29日に東京・増上寺で交代に伴う「継宗(けいそう)の儀」を催す。

 徳川宗家代替わり 長男・家広氏19代当主に 23年1月1日|あなたの静岡新聞

 

追記:
 徳川宗家(徳川将軍家)の継承は同族からの養子を含んでいます。
 徳川家康から徳川家広氏の、父親→息子の血筋上のつながりは以下の通りになります。

 徳川家康 (江戸幕府 初代征夷大将軍)
  ↓
 徳川頼房 (水戸藩初代藩主 / 水戸徳川家)
  ↓
 松平頼重 (高松藩初代藩主 / 高松松平家)
  ↓
 松平頼侯(松平頼章)
  ↓
 松平頼豊 (高松藩第3代藩主 / 高松松平家)
  ↓
 徳川宗尭 (水戸藩第4代藩主 / 水戸徳川家)
  ↓
 徳川宗翰 (水戸藩第5代藩主 / 水戸徳川家)
  ↓
 徳川治保 (水戸藩第6代藩主 / 水戸徳川家)
  ↓
 松平義和 (高須藩第9代藩主 / 高須松平家)
  ↓
 松平義建 (高須藩第10代藩主 / 高須松平家)
  ↓
 松平容保 (会津藩第9代藩主 / 会津松平家)
  ↓
 松平恆雄
  ↓
 松平一郎
  ↓
 徳川恒孝 (徳川宗家第18代当主)
  ↓
 徳川家広

 

続報:
 2023年より徳川宗家第19代当主となる 徳川家広 氏が、日光東照宮を参拝(2022年11月)
 2023年より徳川宗家第19代当主となる 徳川家広 氏が、久能山東照宮を参拝(2022年11月)

公益財団法人「德川記念財団」の理事長が徳川宗家第18代当主 徳川恒孝 氏から継嗣の 徳川家広 氏に交代(2021年6月~7月)

 2021年6月末日で、公益財団法人「德川記念財団」の理事長である徳川宗家第18代当主徳川恒孝氏(とくがわ つねなり)が職を退き、7月1日から継嗣の徳川家広氏(とくがわ いえひろ)が理事長となった模様です。
 恒孝氏は新設の名誉理事長となっています。

 

 財団について ご挨拶 | 德川記念財団

Shizuoka0417:
德川記念財団 理事長就任挨拶 – YouTube

久能山東照宮で徳川家康命日の御例祭。徳川宗家継嗣 徳川家広 氏が当主名代として臨席(2021年4月)

 2021年4月17日、静岡県静岡市駿河区の久能山東照宮にて、徳川家康とくがわ いえやす)命日の御例祭がおこなわれたようです。

 徳川宗家第18代当主徳川恒孝氏(とくがわ つねなり)の名代として、継嗣の徳川家広氏(とくがわ いえひろ)が臨席したようです。

 

国宝 久能山東照宮 公式「真恒」展示中さんはTwitterを使っています 「御祭神徳川家康公が薨去された日にあたる本日、当宮で最も重要な祭事である御例祭が雨天の下齋行されました。 本年は当宮司祭徳川御宗家第18代御当主徳川恒孝様御嫡男 徳川家広様を御名代に齋行され、特別な「三品立神饌」の供進や江戸時代の故事に基づく「神供進献の儀」等が厳粛に執り行われました。 https://t.co/CRyX5YVaPo」 / Twitter