訃報(2021年4月9日):英国王室のエディンバラ公爵フィリップ王子殿下が薨去(1921~2021)英国女王エリザベス2世陛下の夫。ギリシャ・デンマーク王子

※多忙のため、サイトの更新は休止しています。今回は臨時の記事となります。

 

 2021年4月9日、英国女王エリザベス2世陛下の夫/エディンバラ公爵フィリップ王子殿下(His Royal Highness The Prince Philip, Duke of Edinburgh)が薨去した模様です。
 1921年6月10日生まれの99歳。

 

関連:
 英国王室のチャールズ皇太子殿下が、薨去した父・エディンバラ公爵フィリップ王子殿下を追悼するメッセージ映像(2021年4月)

 スウェーデン王カール16世グスタフ陛下が、薨去した英国王室/エディンバラ公爵フィリップ王子殿下への弔意を表明(2021年4月)
 ノルウェー王ハーラル5世陛下が、薨去した英国王室/エディンバラ公爵フィリップ王子殿下への弔意を表明(2021年4月)王宮バルコニーにて本日と葬儀当日の半旗掲揚を決定
 オランダ王ウィレム=アレクサンダー陛下夫妻およびベアトリクス前女王陛下(王女殿下)が、薨去した英国王室/エディンバラ公爵フィリップ王子殿下への弔意を表明(2021年4月)
 ベルギー王フィリップ陛下夫妻が、薨去した英国王室/エディンバラ公爵フィリップ王子殿下への弔意を表明(2021年4月)
 デンマーク女王マルグレーテ2世陛下が、薨去した英国王室/エディンバラ公爵フィリップ王子殿下への弔意を表明(2021年4月)
 ルクセンブルク大公アンリ殿下が、薨去した英国王室/エディンバラ公爵フィリップ王子殿下への弔意を表明(2021年4月)

 旧ギリシャ王コンスタンティノス2世陛下が、薨去した英国王室/エディンバラ公爵フィリップ王子殿下への弔意を表明(2021年4月)
 旧ギリシャ皇太子パウロス殿下が、薨去した英国王室/エディンバラ公爵フィリップ王子殿下への弔意を表明(2021年4月)

 アルバニア王室当主/アルバニア皇太子レカ2世・ゾグー殿下が、薨去した英国王室/エディンバラ公爵フィリップ王子殿下への弔意を表明(2021年4月)
 ルーマニア王室当主/ルーマニア王位守護者マルガレータ陛下夫妻が、薨去した英国王室/エディンバラ公爵フィリップ王子殿下への弔意を表明(2021年4月)
 現在セルビア王室を称するユーゴスラビア皇太子アレクサンダル2世殿下夫妻が、薨去した英国王室/エディンバラ公爵フィリップ王子殿下への弔意を表明(2021年4月)
 オルレアン派フランス王位継承者/パリ伯ジャン(4世)殿下が、薨去した英国王室/エディンバラ公爵フィリップ王子殿下への弔意を表明(2021年4月)
 正統派フランス王位継承者ルイ20世ことアンジュー公ルイ殿下が、薨去した英国王室/エディンバラ公爵フィリップ王子殿下への弔意を表明(2021年4月)

 カタール首長タミーム殿下と副首長アブドッラー殿下が、薨去した英国王室/エディンバラ公爵フィリップ王子殿下への弔意を表明(2021年4月)
 クウェート首長ナッワーフ殿下、皇太子ミシュアル殿下、首相サバーハ殿下が、薨去した英国王室/エディンバラ公爵フィリップ王子殿下への弔意を表明(2021年4月)
 ブータン王ジグミ・ケサル・ナムギャル・ワンチュク陛下夫妻が、薨去した英国王室/エディンバラ公爵フィリップ王子殿下への弔意を表明(2021年4月)

 旧イラン皇太子レザー・パフラヴィー殿下が、薨去した英国王室/エディンバラ公爵フィリップ王子殿下への弔意を表明(2021年4月)

 ウガンダ伝統的君主:トロ王 ルキディ4世 陛下が、薨去した英国王室/エディンバラ公爵フィリップ王子殿下への弔意を表明(2021年4月)
 ナイジェリア伝統的君主:オグワシ=ウク王の姉妹、世界貿易機関【WTO】のンゴジ・オコンジョ=イウェアラ事務局長が、薨去した英国王室/エディンバラ公爵フィリップ王子殿下への弔意を表明(2021年4月)

 イタリア内の自称独立国「セボルガ公国」のセボルガ女公ニーナ殿下が、薨去した英国王室/エディンバラ公爵フィリップ王子殿下への弔意を表明(2021年4月)

 

 英国各地で、エディンバラ公爵フィリップ王子殿下を追悼する41発の礼砲(2021年4月)
 オーストラリアで、エディンバラ公爵フィリップ王子殿下を追悼する41発の礼砲(2021年4月)
 ニュージーランドで、エディンバラ公爵フィリップ王子殿下を追悼する41発の礼砲(2021年4月)

 

 一般のニュースなどでも来歴を含めて報道があると思うので、ここでは少し違う記事にしておきます。

 薨去に伴い、エディンバラ公爵位(第三次叙爵)は、副次称号のメリオネス伯爵およびグリニッジ男爵と共に長男のウェールズ公チャールズ皇太子殿下が継承しました(ルール上は)。
 三男のウェセックス伯爵エドワード王子殿下が将来的にエディンバラ公爵となることはすでに発表されているので、時期は不明ですが、第四次のエディンバラ公爵に叙されると思われます。
 第三次叙爵のほうのエディンバラ公爵位は、(一番ありえそうな場合だと)チャールズ皇太子殿下が即位した瞬間に王位に統合されてなくなります。

 フィリップ王子殿下は(旧)ギリシャ王室の出身で、ギリシャ・デンマーク王子の称号を持ちます(ギリシャ王室はデンマーク王室の分家のため)。
 英国中心で考える人たちは、英国籍取得や前後の出来事などとともにこれ(ら)が放棄されていると考えています。
 しかし、ギリシャは英国の属国ではなく、ギリシャ王室の称号はギリシャ王室のルールにのっとって動くものです。また王室法などに規定がない条項については王または王室当主に許諾を得るという前提があるため、フィリップ殿下が称号などを放棄するには(当時の)ギリシャ王ゲオルギオス2世の許諾を受ける必要があります(許諾がない場合、ほかのすべてのことは本人の意思を含めて何一つ影響を及ぼしません)。そのような許諾の文書は示されていないどころか、存在するという話もありません。
 現在、ギリシャは共和政となっているため、このような話は現実に影響を及ぼさない理屈上の出来事にすぎませんが、上記のことを考慮し、婚姻に許諾を得ていることも考えれば、フィリップ王子殿下は最期までギリシャ・デンマーク王子であり、また(旧)ギリシャ王位継承順位に並んでいました。これらがチャールズ皇太子殿下ら、子・孫・曾孫に及ぶ可能性もまたあります。

 

The Royal FamilyさんはTwitterを使っています 「It is with deep sorrow that Her Majesty The Queen has announced the death of her beloved husband, His Royal Highness The Prince Philip, Duke of Edinburgh. His Royal Highness passed away peacefully this morning at Windsor Castle. https://t.co/XOIDQqlFPn」 / Twitter

 

The Royal FamilyさんはTwitterを使っています 「The Royal Family join with people around the world in mourning his loss. Further announcements will be made in due course. Visit https://t.co/utgjraQQv5 to read the announcement in full.」 / Twitter

 

BBC News:
The Duke of Edinburgh, Prince Philip has died aged 99 – BBC News – YouTube

 

The Royal Family Channel:
The Duke of Edinburgh, Britain’s Longest-Serving Royal Consort, Has Died Aged 99 – YouTube

 

 イギリス フィリップ殿下 死去 99歳 エリザベス女王の夫 | NHKニュース
 イギリス フィリップ殿下が死去 追悼の動きが広がる | おくやみ | NHKニュース

 英女王の夫フィリップ殿下が死去 99歳 – BBCニュース
 英フィリップ殿下死去 BBCの速報 – BBCニュース
 エリザベス英女王とフィリップ殿下、1947年のロイヤル・ウェディング – BBCニュース
 【追悼】 写真で振り返る 英王室のフィリップ殿下、99歳で死去 – BBCニュース
 ジョンソン英首相、フィリップ殿下を哀悼 首相官邸前で演説 – BBCニュース
 【追悼】フィリップ殿下、軍人で夫で父親で……英女王を支えた生涯 – BBCニュース
 英フィリップ殿下死去、英王室は献花よりチャリティー献金を呼びかけ – BBCニュース

 

続きを読む 訃報(2021年4月9日):英国王室のエディンバラ公爵フィリップ王子殿下が薨去(1921~2021)英国女王エリザベス2世陛下の夫。ギリシャ・デンマーク王子

婚約(2021年2月):フレデリック・ウェルズリー卿(ウェリントン公爵次男)とキャサリン・ランバート嬢(チャールズ2世子孫)が婚約

 2021年2月25日、フレデリック・ウェルズリー卿(Lord Frederick Wellesley)とキャサリン・ランバート嬢(Katherine Lambert)の婚約が発表されています。

 フレデリック・ウェルズリー卿は、第9代ウェリントン公爵チャールズ・ウェルズリー閣下の次男。
 キャサリン・ランバート嬢はチャールズ2世の子孫ということです。

 なお、二人とも軍関係に勤務のようで Telegraph Announcements では Capt (Captain)と表記されています。
 大尉でいいのかどうか、専門でないのでいまいちわかりませんが。

 

 (英語)Capt F.C. Wellesley and Capt K.E. Lambert – Engagements Announcements – Telegraph Announcements

 (英語)Royal Musings: Lord Frederick Wellesley to marry

婚約(2020年12月):英国のブラッドフォード伯爵の継嗣ニューポート子爵アレクサンダー・ブリッジマンとエリザ・リーピナ嬢

 英国のニューポート子爵アレクサンダー・ブリッジマンAlexander Bridgeman, Viscount Newport)とエリザ・リーピナ嬢(Eliza Liepina)が婚約したようです。

 ニューポート子爵は、英国の連合王国貴族/第7代ブラッドフォード伯爵リチャード・ブリッジマン閣下の継嗣です。
 1980年9月6日生まれの40歳で、すでに地所を任されている模様。

 エリザ・リーピナ嬢は1991年生まれの29歳。

 この婚約にもオンライン通話の Zoom が一役買っているそうです。

 

 (英語)SEBASTIAN SHAKESPEARE: Bradford heir wins approval of marriage… through Zoom  | Daily Mail Online

 (英語)Peerage News: The Earl of Bradford's son and heir engaged

 

 なお、ブラッドフォード伯爵は、爵位売買詐欺に関する批判サイトで知られています。

 (英語)Welcome to Fake Titles – Fake Titles

I will put it very simply, “You cannot purchase a genuine British title, with one exception, the feudal title of a Scottish baron; and certainly cannot buy a peerage title”. Scottish Feudal Baronies fetch a mighty price; the Barony of MacDonald was up for sale at over £1 million.

 スコットランドの封建男爵以外は、英国貴族の称号を買うことは出来ないという話です。

※スコットランド貴族にはロード・オブ・パーラメント(Lord of Parliament)というものがあり、これが他の(普通?の)男爵に相当します。

 

結婚(2020年10月10日):英国の第18代ローダーデイル伯爵イアン・メイトランド閣下(82歳)が84歳の未亡人と結婚

 2020年10月10日、英国のスコットランド貴族/第18代ローダーデイル伯爵イアン・メイトランド閣下(Ian Maitland, 18th Earl of Lauderdale : The Right Honourable The Lord Lauderdale : ローダーデイル卿)が、サラ・サス未亡人(Sarah Sasse)と結婚したようです。

 新郎の伯爵閣下は1937年11月4日生まれの(結婚時点で)82歳。
 新婦の未亡人は84歳のようです。

 

 (英語)The Earl of Lauderdale and Ms S.L. Sasse – Marriages Announcements – Telegraph Announcements

 (英語)Peerage News: The Earl of Lauderdale, 82, weds Sarah Sasse, 84

 

訃報(2020年10月26日):英国のダファリン=エヴァ侯爵夫人リンジー・ハミルトン=テンプル=ブラックウッド閣下が薨去(1941~2020)

 2020年10月26日、英国のダファリン=エヴァ侯爵夫人リンジー・ハミルトン=テンプル=ブラックウッド閣下(Lindy Hamilton-Temple-Blackwood : The Most Honourable The Marchioness of Dufferin and Ava : セリーナ・ベリンダ・ローズマリー・ハミルトン=テンプル=ブラックウッドSerena Belinda Rosemary Hamilton-Temple-Blackwood)が薨去したようです。
 1941年3月25日生まれの79歳。
 ギネス家の出身です。

 故・第5代ダファリン=エヴァ侯爵シェリダン・ハミルトン=テンプル=ブラックウッドの妻(未亡人)です。

※同侯爵位は、第5代侯爵薨去に伴い消滅。ダファリン=クランボイ男爵位が傍系に引き継がれています。

 

 (英語)Marchioness of Dufferin and Ava dies aged 79 after short illness – BelfastTelegraph.co.uk

Belfast TelegraphさんはTwitterを使っています 「Marchioness of Dufferin and Ava dies aged 79 after short illness https://t.co/YDRYRNuGDT https://t.co/6PNvQQILQv」 / Twitter

 

 (英語)Lady Dufferin has died aged 79 – The Irish News
 (英語)Lady Dufferin death announced as locals remember her kindness, humour and love of animals – Belfast Live

 (英語)Peerage News: The Marchioness of Dufferin & Ava 1941-2020