フランス滞在中のデンマーク王子ヨアキム殿下が脳の血栓で緊急手術(2020年7月)術後の容態は安定

 デンマーク王室発表によりますと、2020年7月24日夜遅く、デンマーク王子ヨアキム殿下(モンペザ伯爵 : His Royal Highness Prince Joachim of Denmark, Count of Monpezat)は、脳の血栓のため入院、緊急手術がおこなわれた模様です。
 翌7月25日には容態は安定しているとされています(後遺症が心配される類のものではあります)。

 殿下はデンマーク女王マルグレーテ2世陛下の次男で、一家とともにフランス共和国滞在中でした。

 

 (英語:デンマーク王室公式サイト)HRH Prince Joachim hospitalized in France | The Danish Monarchy – Front Page

 

英国女王エリザベス2世陛下が、キャプテン・トム【“サー”・トーマス・モア大尉(トム・ムーア大尉)】を騎士に叙任(2020年7月)ベアトリス王女殿下夫妻は結婚式よりもキャプテン・トムの報道を優先させる配慮

 2020年7月17日、キャプテン・トムCaptain Tom)こと、“サー”・トーマス・モア大尉(Captain Sir Thomas Moore)が、英国女王エリザベス2世陛下(Elizabeth II : Her Majesty The Queen)より騎士(ナイト : Knight)に叙任されました。

 キャプテン・トムは第二次世界大戦に従軍した退役軍人で、今年、新型コロナウイルス感染症対策における医療従事者のための募金活動で有名となり、士官学校(?)から上級の軍人の名誉階級を授与されたり、マイケル・ボールとデュエットしたユール・ネヴァー・ウォーク・アローン(You’ll Never Walk Alone)が全英シングルチャート1位を獲得したり、といわゆる一躍時の人になった状態になっています。
 また、英国王室のベアトリス王女殿下(ヨーク公爵家)とエドアルド・マペッリ・モッツィ氏が騎士叙任同日に結婚式を挙式していますが、殿下らはキャプテン・トムの報道を優先させたいとして式の写真などの報道関係者への配布を翌日以降にする意向を示したそうです(いまいち守られていないような気もしますが)。

 

The Royal Family Channel:
Captain Tom Moore knighted by The Queen During Outdoor Ceremony at Windsor Castle – YouTube

 

ANNnewsCH(ANN NEWS):
エリザベス女王 コロナ感染拡大後、初の対面公務(20/07/18) – YouTube

 

 英「自宅の庭を100周」40億円超募金集めた100歳男性に爵位授与 | NHKニュース

 

The Royal FamilyさんはTwitterを使っています 「Arise, Captain Sir Thomas Moore! Today The Queen conferred the Honour of Knighthood on @captaintommoore at an Investiture at #WindsorCastle. https://t.co/hukR1jAc8Y」 / Twitter

 

The Royal FamilyさんはTwitterを使っています 「Captain Sir Tom Moore stands proudly with his family in the Quadrangle of Windsor Castle, following his Investiture ceremony. Congratulations @captaintommoore 👏🎖 https://t.co/EJDkuuXlnJ」 / Twitter

 

The Royal FamilyさんはTwitterを使っています 「In April, #WW2 veteran, Captain Sir Tom Moore embarked on 100 laps of his garden with the aim to raise £1,000 for @NHSCharities. @captaintommoore has now raised over £32 million for the #NHS, and inspired so many people along the way. https://t.co/wVIIsR6k8B」 / Twitter

 

Today The Queen conferred the Honour of… – The Royal Family | Facebook

Today The Queen conferred the Honour of Knighthood on Captain Tom Moore at an Investiture at Windsor Castle.‪In April,…

The Royal Familyさんの投稿 2020年7月17日金曜日

 

The Royal Family(@theroyalfamily) • Instagram写真と動画

View this post on Instagram

Arise, Captain Sir Thomas Moore!‬ ‪Today The Queen conferred the Honour of Knighthood on Captain Tom Moore at an Investiture at Windsor Castle. ‪In April, #WW2 veteran, Captain Sir Tom Moore embarked on 100 laps of his garden with the aim to raise £1,000 for @NHSCharities and has now raised over £32 million for the #NHS, and inspired so many people along the way. ‬ ‪Today Captain Sir Tom Moore’s incredible fundraising achievements are recognised with a Knighthood.‬ The Queen awarded Captain Sir Tom Moore with his insignia of Knight Bachelor, after knighting him with the sword that belonged to her father, King George VI. ‪Swipe ⬅️ 📷 Captain Sir Tom Moore standing proudly with his family in the Quadrangle of Windsor Castle, following his Investiture ceremony.‬ ‪Congratulations Captain Sir Tom Moore 👏🎖

A post shared by The Royal Family (@theroyalfamily) on

 

結婚式(2020年7月17日):英国王室のベアトリス王女殿下(ヨーク公爵家)とエドアルド・マペッリ・モッツィ氏が結婚

 2020年7月17日、英国王室のヨーク公爵家ベアトリス王女殿下(Her Royal Highness Princess Beatrice of York)と、エドアルド・マペッリ・モッツィ氏(Edoardo Mapelli Mozzi)の結婚式がおこなわれた模様です。

 挙式は当初、今年【2020年】5月に予定されていましたが、新型コロナウイルス感染症の流行のため、延期されていました。

 式には英国女王エリザベス2世陛下(Elizabeth II : Her Majesty The Queen)およびエディンバラ公爵フィリップ王子殿下(His Royal Highness The Prince Philip, Duke of Edinburgh)ら近親が参列したとのことです。

 結婚に伴い、王室からの発表などにおけるベアトリス王女殿下の表記が変更されるものと思われます。

※後で何か追記するかもしれません。

 

The Royal Family Channel:
Princess Eugenie Marries Edoardo Mapelli Mozzi in Private Ceremony at Windsor – YouTube

 

The Royal Family Channel:
Newly Married Princess Beatrice and Edoardo Mapelli Mozzi Share New Pictures From Wedding Day – YouTube

 

The Royal Family Channel:
New Photographs From Princess Beatrice's Wedding Released By Buckingham Palace – YouTube

 

Rebecca EnglishさんはTwitterを使っています 「Breaking: Princess Beatrice got secretly married at Windsor this morning after having to postpone her May wedding to fiancé Edo 👰 🎩 💒 https://t.co/TZuQyeIpDE」 / Twitter

 

 (英語)Princess Beatrice marries Italian property developer Edoardo Mapelli Mozzi | Daily Mail Online

 

70歳(2020年1月28日):バーレーン王ハマド陛下が70歳を迎える

 2020年1月28日、バーレーン王ハマド・ビン・イーサ・アル・ハリーファ陛下(His Majesty Hamad bin Isa Al Khalifa, King of Bahrain)は、70歳を迎えました。

 バーレーン通信(Bahrain News Agency)は、英国女王エリザベス2世陛下(Elizabeth II : Her Majesty The Queen)およびロシア連邦大統領ウラジーミル・ウラジーミロヴィチ・プーチン閣下(His Excellency Mr Vladimir Vladimirovich Putin)から祝電があったことを伝えています。
 この二者(二国)以外からも祝福はあったと思うので、バーレーンにとって英国とロシアが重要であることを示していると思います。
 一方、アメリカ合衆国大統領ドナルド・J・トランプ閣下(The Honorable Donald J. Trump)からの祝電は報じられておらず、これは送られてこなかったということなのでしょう。

 

 (英語)HM the King congratulated by Queen Elizabeth II
 (英語)HM King congratulated by Russian President

 

Bahrain TV News Center مركز الأخبار:
البحرين مركز الأخبار : جلالة الملك المفدى يتلقى برقية تهنئة من ملكة المملكة المتحدة 29-01-2020 – YouTube

 

ザイン=ヴィトゲンシュタイン=ベルレブルク公子ルートヴィヒ=フェルディナント殿下が当主グスタフ殿下を提訴した件、第二審は2020年7月の模様(2020年1月)「もはや事実婚は普通の結婚と同等であり、庶民と事実婚した当主は先祖の遺言に背いている」と主張

 ザイン=ヴィトゲンシュタイン=ベルレブルク公グスタフ殿下(Gustav : His Highness The Prince of Sayn-Wittgenstein-Berleburg : グスタフ・フュルスト・ツー・ザイン=ヴィトゲンシュタイン=ベルレブルクGustav Fürst zu Sayn-Wittgenstein-Berleburg)は、デンマーク王女ベネディクテ殿下の息子、つまりデンマーク女王マルグレーテ2世陛下の甥にあたります。

 このザイン=ヴィトゲンシュタイン=ベルレブルク家は、先々代のグスタフ・アルプレヒト殿下が、財産相続に厳しい制限を付けています(第三帝国時代)。
 それは、財産相続人は男子であり結婚相手を「貴族・プロテスタント・アーリア人」に限る、としたものです(ただし、完全に詳細な内容は公開されていないはずです)。
 この条件を満たさない結婚をおこなうと即座に財産の相続権を失い、すでに所有している場合それでも失う、というのがこれまでのドイツの判例からほぼ確実視されています。

 先代のリヒャルト殿下は、結局はデンマーク王女と結婚したので、まったく問題なかったのですが、現当主のグスタフ殿下は、庶民のカリーナ・アクセルソン嬢(Carina Axelsson)との結婚を望んだものの、結婚すると財産を相続できなくなります。そして、それは城というか館というか、自分の家を遠い親戚に渡さなければならないことを意味します。

 これが元々の状況で、これに対し、「アーリア人などを条件に含む元々の遺言はナチス時代のものでおかしい」という見解はありました。しかしそれでもドイツの判例からどうにもならないだろうというのがあり、それで二人は結婚せずに一緒に生活していました。

 ところが、2018年あたりからの報道で、リヒャルト殿下の従弟のザイン=ヴィトゲンシュタイン=ベルレブルク公子ルートヴィヒ=フェルディナント殿下が、グスタフ殿下に対し、自分に財産を譲るよう要求しているとの報道がなされます。
 これが、簡単にいえば、「事実婚はもう普通の結婚と同じなのだから、条件を満たさない人物と事実婚をしているあなたは財産の所有権がない(=財産は私のもの)」ということです(ルートヴィヒ=フェルディナント殿下が次の相続人とみられています)。

 第一審は、グスタフ殿下側弁護士にリッペ公室当主/リッペ公シュテファン殿下が立つという展開がありましたが、ともあれグスタフ殿下側が勝訴。
 ルートヴィヒ=フェルディナント殿下は控訴し、第二審は今年【2020年】7月とのことです。

 この問題は、「“アーリア人”を含む遺言は差別ではないか」(ただしこれだけでは遺言を無効にできないだろうとみられている)に「事実婚と普通の結婚を区別するのは差別ではないか」という問題が絡み、これまでのドイツ王室・貴族関連訴訟で最も面倒なものになるのではないかと思われています。
 また、この件が難しいのは、現実の制度を拒否し自分の意思をつらぬく絶対君主政主義者などのめんどうくさい人たちを除けば、いつかわからないがいつかは事実婚と普通の結婚はドイツでも同等に扱われるのではないかという考えは広範囲にあり、仮にそうだとすると、今回の訴訟でグスタフ殿下が勝利しても、遺言が無効化されない限り殿下が生きている間に殿下が財産を所有できなくなる可能性は残るということもあります。

 付言すると、ドイツでは、過去の当主や一族などの子孫のうち、歴代の本拠地となる城と館を所有している人物が当主とみなされるのが一般的です。これは過去の継承権などとは別の問題で、そう思われています。
 なので、ザイン=ヴィトゲンシュタイン=ベルレブルク公位継承ルールはともかく、敗訴すればグスタフ殿下は廃位された公という社会的にはとてつもなくうれしくない立場になってしまいます。

 あと、グスタフ殿下の母、デンマーク王女ベネディクテ殿下がドイツでの生活をやめて完全にデンマークに戻ることになると、デンマークは王室予算は増やさねばならないのではないかという気もします。

 

 (英語)The (In)Famous Sayn-Wittgenstein-Berleburg Will, Round 3: When There Is An Estate Worth Half a Billion Up For Grabs, That's Apparently Where Cordial Family Relations End