来日したUAEのハーリド・ビン・ムハンマド殿下が内閣総理大臣 岸田文雄 閣下を訪問(2022年9月)UAE大統領(アブダビ首長)の長男(?)

 2022年9月26日、来日したアラブ首長国連邦(UAE)のアブダビ執行評議会委員・アブダビ執行事務局長“シャイフ【シェイク】”・ハーリド・ビン・ムハンマド・ビン・ザーイド・アル・ナヒヤーン殿下(His Highness Sheikh Khaled bin Mohamed bin Zayed Al Nayan, member of the Abu Dhabi Executive Council and Chairman of the Abu Dhabi Executive Office)は、日本国 内閣総理大臣岸田文雄閣下(きしだ ふみお : His Excellency Mr. Fumio Kishida)を訪問しました。

 まずこのハーリド・ビン・ムハンマド殿下がどなたかという話ですが、現UAE大統領・アブダビ首長のムハンマド・ビン・ザーイド・アル・ナヒヤーン殿下の長男ではないかと思います。
 また、アブダビの役職しか持っていない(連邦レベルの役職ではない)のに、今回の来日では大臣を含む外交団のトップに据えられており、後継者の有力候補と見るのが妥当に思われます。
 今後、アブダビ皇太子に任命されるかどうかは注目です。

 それはそれとして、外務省記事と UAE 報道で微妙な差異があるのが気になるのですが……

 

 ハーリド・アブダビ執行評議会委員兼執行事務局長による岸田総理大臣への表敬|外務省
 (英語)Emirates News Agency – Khaled bin Mohamed bin Zayed witnesses launch of strategic partnership agreement between UAE, Japan

 

冒頭、岸田総理大臣から、「包括的・戦略的パートナーシップ・イニシアティブ(CSPI)の実施に関する共同宣言」を近日中に署名できる運びとなったことを歓迎する旨述べた上で、故安倍晋三国葬儀へのハーリド殿下の参列に対する謝意を表明するとともに、

 「近日中に署名できる運び」となっていますが、 UAE 側では文書を署名し交換したような写真が記事および Twitter に掲載されています(別の文書かもしれませんが)。
 また、 UAE 側の記事には、安倍総理の国葬の件は記述がありません(この時期に来日して参列しないこともないでしょうが、もともとのパートナーシップの強化の発案者として安倍総理の名前が挙げられているだけに不思議ではあります)。

これを受け、ハーリド殿下から、安倍元総理大臣の逝去に対し、心からの哀悼の意を示し、ムハンマド大統領からも弔意をことづかっていると述べるとともに、

  UAE 側には哀悼に関連する表記はなく、また父である大統領(アブダビ首長)からの親書は手渡されていますが、こちらもまた弔意に関する表記はありません。

 

WAM EnglishさんはTwitterを使っています: 「Khaled bin Mohamed bin Zayed witnesses launch of strategic partnership agreement between UAE, Japan. #WamNews https://t.co/nMC3kKkBn9 https://t.co/mg2nSXeyBQ」 / Twitter

 

WAM EnglishさんはTwitterを使っています: 「Khaled bin Mohamed bin Zayed witnesses launch of strategic partnership agreement between UAE, Japan #WamNews https://t.co/gjpWdDLZfQ https://t.co/SJitbmgzZq」 / Twitter

安倍(元)総理の国葬に、秋篠宮皇嗣(文仁親王)殿下ら皇族方七人の参列(2022年9月)

 宮内庁は、2022年9月27日におこなわれる元・内閣総理大臣/従一位安倍晋三あべ しんぞう)の国葬に秋篠宮皇嗣殿下(文仁親王 : ふみひと : Prince Fumihito : His Imperial Highness Crown Prince Akishino)ら七人の皇族方が参列と発表したようです。

 七人は

  • 秋篠宮皇嗣殿下
  • 秋篠宮皇嗣妃殿下(紀子きこKiko : Her Imperial Highness Crown Princess Akishino)
  • 秋篠宮家の佳子内親王殿下(かこ : Her Imperial Highness Princess Kako of Akishino)
  • 三笠宮家の寬仁親王妃【寛仁親王妃】信子殿下(のぶこNobuko : Her Imperial Highness Princess Tomohito of Mikasa)
  • 三笠宮家の彬子女王殿下(あきこ : Her Imperial Highness Princess Akiko of Mikasa)
  • 高円宮家の憲仁親王妃久子殿下(ひさこHisako : Her Imperial Highness The Princess Takamado)
  • 高円宮家の承子女王殿下(つぐこ : Her Imperial Highness Princess Tsuguko of Takamado)

 です。

 

 安倍元首相の「国葬」 秋篠宮ご夫妻ら7人の皇族方が参列へ | NHK | 国葬

 

TBS NEWS DIG Powered by JNN
安倍元総理の国葬に秋篠宮ご夫妻ら7人の皇族が出席ー宮内庁|TBS NEWS DIG – YouTube

 

ANNnewsCH(ANN NEWS):
【安倍元総理の国葬】秋篠宮ご夫妻らが参列へ 両陛下は侍従を派遣(2022年9月21日) – YouTube

スウェーデンの王立熾天使騎士団の騎士であった英国女王エリザベス2世陛下の国葬にあわせ、リッダルスホルメン聖堂にて鐘が鳴らされる(2022年9月)

 2022年9月19日、スウェーデン王国のリッダルスホルメン聖堂にて、王立熾天使騎士団(Royal Order of the Seraphim)の722人目の騎士、英国女王エリザベス2世陛下の訃報を受けて、国葬の日にあわせて鐘が鳴らされました。

 

Kungahuset(スウェーデン王室 公式チャンネル):
Serafimerringning för drottning Elizabeth II – YouTube

 

Kungahuset – Serafimerringning för Drottning Elizabeth II | Facebook

 

 (スウェーデン語:スウェーデン王室 公式サイト)Serafimerringning för Drottning Elizabeth II | Kungahuset

【更新中】国葬(2022年9月19日):英国女王エリザベス2世陛下の国葬

 2022年9月19日、9月8日に崩御した英国女王エリザベス2世陛下(Elizabeth II : Her Majesty The Queen)の国葬がおこなわれています。

 

ライブ配信終了後は視聴できなくなる可能性があります/
The Royal Family(英国王室 公式チャンネル):
State Funeral for Her Majesty The Queen – YouTube
https://www.youtube.com/watch?v=TN2vT_jpW1o

埋葬式/
Committal Service for Her Majesty The Queen – YouTube
https://www.youtube.com/watch?v=G1mi7J-VtHk

 

参列者(地域別に別記事を追記予定):
 英国王室関係者
 欧州の各王室・旧王室
 中東を含むアジアの各王室・旧王室
 アフリカの各王室・旧王室
 オセアニアの各王室・旧王室
 (アメリカの各王室・旧王室)
 (その他)

 

 【解説】 エリザベス英女王、葬儀はどこでどのように – BBCニュース
 葬儀前からの各種概説の他、ページの下の方になりますが、ウェストミンスター寺院の、座席の位置を含む簡単な図があります。参列者の位置などをある程度把握できるかと思います。

 エリザベス2世の国葬、葬列から埋葬式まで – BBCニュース
 エリザベス英女王の埋葬式、棺から王権の象徴が下ろされ – BBCニュース

 

 エリザベス女王国葬【最新情報】日本時間 午後7時~ | NHK | エリザベス女王
 NHKは記事を随時更新しています。

 (英語)Funeral of Queen Elizabeth II: Queen's funeral procession begins as coffin carried to Westminster Abbey – BBC News
 BBCによるライブレポートです。

 

続きを読む 【更新中】国葬(2022年9月19日):英国女王エリザベス2世陛下の国葬

葬儀(2021年8月28日):リヒテンシュタイン公妃マリー殿下の葬儀(国葬)。前スペイン王妃、元オーストリア大統領、元スイス大統領らが参列

 2021年8月28日、リヒテンシュタイン公国では、8月21日に薨去したリヒテンシュタイン公妃マリー殿下(Marie : Her Serene Highness The Princess of Liechtenstein : キンスキー・フォン・ヴヒニッツ・ウント・テッタウ伯爵女マリー : Countess Marie Kinsky of Wchinitz and Tettau)の葬儀(国葬)がおこなわれました。

※参列者後述

 

ライブ映像(2時間8分ほど)/
Vaterland TV:
Trauergottesdienst für Fürstin Marie – YouTube

 

 (ドイツ語)Verstorbene Fürstin Marie in Vaduzer Kathedrale aufgebahrt – Liechtenstein – Liechtensteiner Volksblatt, die Tageszeitung für Liechtenstein
 (ドイツ語)Fürstin Marie mit allen Ehren und Würden beigesetzt – Liechtenstein – Liechtensteiner Volksblatt, die Tageszeitung für Liechtenstein
 (写真:174枚)Liechtensteiner Vaterland – Fotogalerien – Vaterland online

 

参列者(後で追記します):
 キリスト教/ローマ・カトリック教会/ファドーツ大司教

リヒテンシュタイン公室/
 リヒテンシュタイン公ハンス=アダム2世殿下(Hans-Adam II : His Serene Highness The Prince of Liechtenstein)
 リヒテンシュタイン公国国家元首代行のリヒテンシュタイン公世子アロイス殿下(アロイス皇太子アロイス摂政Alois : His Serene Highness The Hereditary Prince of Liechtenstein : His Serene Highness The Prince Regent of Liechtenstein)とリヒテンシュタイン公世子妃ゾフィー殿下(Sophie : Her Royal Highness The Hereditary Princess of Liechtenstein, Countess of Rietberg : バイエルン王女、バイエルン公女 : Her Royal Highness Duchess Sophie in Bavaria, Princess of Bavaria)
  リヒテンシュタイン公子ヨーゼフ・ヴェンツェル殿下(His Serene Highness Prince Joseph Wenzel of Liechtenstein)
  リヒテンシュタイン公女マリー=カロリーネ殿下(Her Serene Highness Princess Marie-Caroline of Liechtenstein)  
  リヒテンシュタイン公子ゲオルク殿下(His Serene Highness Prince Georg of Liechtenstein)
  リヒテンシュタイン公子ニコラウス殿下(His Serene Highness Prince Nikolaus of Liechtenstein)
 リヒテンシュタイン公子マクシミリアン殿下(His Serene Highness Prince Maximilian of Liechtenstein)とリヒテンシュタイン公子妃アンゲラ殿下(Her Serene Highness Princess Angela of Liechtenstein)
  リヒテンシュタイン公子アルフォンス殿下(His Serene Highness Prince Alfons of Liechtenstein)
 リヒテンシュタイン公子コンスタンティン殿下(His Serene Highness Prince Constantin of Liechtenstein)とリヒテンシュタイン公子妃マリア殿下(Her Serene Highness Princess Maria of Liechtenstein)
  リヒテンシュタイン公子モーリッツ殿下(His Serene Highness Prince Moritz of Liechtenstein)
  リヒテンシュタイン公女ゲオルギーナ殿下(Her Serene Highness Princess Georgina of Liechtenstein)  
  リヒテンシュタイン公子ベネディクト殿下(His Serene Highness Prince Benedikt of Liechtenstein)
 リヒテンシュタイン公女タチアナ殿下(Her Serene Highness Princess Tatjana of Liechtenstein)と夫のフィリップ・フォン・ラートトルフPhilipp von Lattorff

 リヒテンシュタイン公女マリア・ピア殿下(Her Serene Highness Princess Maria Pia of Liechtenstein : マリア・ピア・コートバウアーMaria Pia Kothbauer

 ユーゴスラビア王子妃【セルビア王子妃】/リヒテンシュタイン公女バルバラ殿下(Her Royal Highness Princess Barbara of Yugoslavia / Serbia)

 リヒテンシュタイン公子シュテファン殿下(His Serene Highness Prince Stefan of Liechtenstein)

スペイン王室/
 前スペイン王妃ソフィア陛下(Her Majesty Queen Sofía of Spain)

モナコ公室(兼・旧ハノーファー王室)/
 ハノーファー公妃/モナコ公女カロリーヌ殿下(Princess Caroline of Monaco : Her Royal Highness The Princess of Hanover)

ルクセンブルク大公室/
 ルクセンブルク大公子ギヨーム殿下(His Royal Highness Prince Guillaume of Luxembourg)と大公子妃シビラ殿下(Her Royal Highness Princess Sibilla of Luxembourg):

(旧)バイエルン王室/
 バイエルン王室当主/ヴィッテルスバッハ家当主のバイエルン公フランツ殿下(Franz : His Royal Highness The Duke of Bavaria : フランツ・ヘルツォーク・フォン・バイエルンFranz Herzog von Bayern : ジャコバイトのイングランド王・スコットランド王・フランス王・アイルランド王フランシス2世陛下 : His Majesty King Francis II of England, Scotland, France and Ireland)
 バイエルン公(in)マックス・エマヌエル殿下(His Royal Highness Duke Max Emanuel in Bavaria, Prince of Bavaria)とバイエルン公妃(in)エリザベート殿下(Her Royal Highness Duchess Elizabeth in Bavaria, Princess of Bavaria)

(旧)オーストリア帝室(ハプスブルク家)/

(旧)ヴュルテンベルク王室/
 ヴュルテンベルク公子妃マリー・カロリネ殿下(バイエルン公女 : バイエルン王女 : Her Royal Highness Duchess Marie Caroline of Württemberg, Duchess in Bavaria, Princess of Bavaria)

オルレアンス=ボルボン家(オルレアンス=ガリエラ家)/
 アルバロ・ハイメ・デ・オルレアンス=ボルボン氏(Álvaro Jaime de Orleans-Borbón)と娘のエウラリア・デ・オルレアンス=ボルボン嬢(Eulalia de Orleans-Borbón

ケーニッヒセック=アウレンドルフ家/
 ケーニッヒセック=アウレンドルフ伯世子フィリップ殿下(Philipp : His Illustrious Highness The Hereditary Count of Königsegg-Aulendorf : フィリップ・エルプグラーフ・ツー・ケーニッヒセック=アウレンドルフPhilipp Erbraf zu Königsegg-Aulendorf

その他/
 アラン・ベルセ(元スイス連邦大統領 : Alain Berset
 ハインツ・フィッシャー(元オーストリア共和国大統領Heinz Fischer)夫妻