婚約発表(2018年8月に婚約):ガブリエラ・ウィンザー令嬢とトーマス・キングストン氏の婚約が発表される(2018年9月)レディー・ガブリエラは英国のマイケル王子殿下夫妻の娘

 英国のケント公爵家マイケル王子殿下(His Royal Highness Prince Michael of Kent)とマリー・クリスティン妃殿下(Marie Christine : Her Royal Highness Princess Michael of Kent)は、2018年8月に、二人の娘のガブリエラ・ウィンザー令嬢(Lady Gabriella Windsor : エラ・ウィンザー : Ella Windsor)とトーマス・キングストン氏(Thomas Kingstonトム・キングストンTom Kingston)が婚約したことを発表したと報道されています。

 

 (英語)Royal news: Buckingham Palace announces engagement
 (英語)Buckingham Palace announces the engagement of Lady Gabriella Windsor | Daily Mail Online
 (英語)Engagement of Lady Gabriella Windsor announced by Buckingham Palace – ITV News

 

 レディー・ガブリエラは1981年4月23日生まれの37歳。
 トム・キングストン氏は1978年6月22に生まれの40歳のようです。

 この二人は以前から話題になっていましたが(どちらかというとうちのようなニュースサイトよりもセレブ系の情報サイトでですが)、今回婚約、結婚式は来年【2019年】春となる見込みだそうです。

 

オランダ王ウィレム=アレクサンダー陛下が、議会での国王演説をおこなう(2018年9月)

 2018年9月18日、オランダ王ウィレム=アレクサンダー陛下(Willem-Alexander : His Majesty The King of the Netherlands)は、議会での国王演説をおこないました。
 オランダ王妃マクシマ陛下(Máxima : Her Majesty The Queen of the Netherlands)が同席。

 弟夫妻の、
 オランダ王子コンスタンティン殿下(His Royal Highness Prince Constantijn of the Netherlands, Prince of Orange-Nassau, Jonkheer van Amsberg)、
 オランダ王子妃ローレンティン殿下(Her Royal Highness Princess Laurentien of the Netherlands, Princess of Orange-Nassau, mevrouw Van Amsberg-Brinkhorst)、
 が傍聴し、バルコニーにて四人で手を振っている写真が公開されています。。

 動画からは従弟の、
 バルディ伯爵/ブルボン=パルマ公子ハイメジャコモ】殿下(His Royal Highness Prince JaimeGiacomo】 of Bourbon-Parma, Count of Bardi)
 の姿も席にあるようにみえます。

 

Koninklijk Huis(オランダ王室公式チャンネル):
Troonrede 2018 – YouTube

 

 (オランダ語スピーチ内容:オランダ王室公式サイト)Troonrede 2018 | Toespraak | Het Koninklijk Huis
 (英訳版:オランダ王室公式サイト)Speech from the Throne 2018 | Speech | Royal House of the Netherlands

 

Koninklijk Huisさんのツイート: "Speech from the Throne 2018: https://t.co/4706Zd9Bdj Thronrede 2018: https://t.co/7f5kYroZZM Discours du trône 2018: https://t.co/SQTPmc4zW0 #Prinsjesdag #Troonrede… https://t.co/PoOVCPCvR8"

 

Koninklijk Huisさんのツイート: "De balkonscène, Paleis Noordeinde #Prinsjesdag https://t.co/Ac0lAwB9b7… "

 

Koninklijk HuisさんはInstagramを利用しています:「Koning Willem-Alexander en Koningin Máxima vertrekken in de Glazen Koets naar het Binnenhof. In de Ridderzaal spreekt de Koning de…」

 

Koninklijk HuisさんはInstagramを利用しています:「Koning Willem-Alexander, Koningin Máxima, Prins Constantijn en Prinses Laurentien op het #balkon van Paleis Noordeinde. #Prinsjesdag…」

 

45歳(2018年9月15日):スウェーデン王子ダニエル殿下が45歳を迎える

 2018年9月15日、スウェーデン王子ダニエル殿下(ヴェステルイェートランド公爵 : His Royal Highness Prince Daniel of Sweden, Duke of Västergötland)は45歳を迎えました。
 ダニエル殿下は、スウェーデン皇太子ヴィクトリア殿下(ヴェステルイェートランド女公爵 : Victoria : Her Royal Highness The Crown Princess of Sweden, Duchess of Västergötland)の夫です。

 

 (スウェーデン語:スウェーデン王室公式サイト)Prins Daniel 45 år – Sveriges Kungahus

 

Kungahuset – I dag gratuleras Prins Daniel på 45-årsdagen!… | Facebook

 

KungahusetさんはInstagramを利用しています:「Grattis på 45-årsdagen, Prins Daniel! 📷: Erika Gerdemark/Kungahuset.se #prinsdaniel」

 

34歳(2018年9月15日):英国のハリー王子【サセックス公爵ヘンリー王子殿下】が34歳を迎える

 2018年9月15日、英国王室のハリー王子(Prince Harry : サセックス公爵ヘンリー王子殿下 : His Royal Highness The Duke of Sussex)は34歳を迎えました。

 

Kensington Palaceさんのツイート: "Thank you everyone for your lovely messages on The Duke of Sussex's birthday! #HappyBirthdayHRH… "

 

The Royal Family Channel:
Happy 34th Birthday Prince Harry! – YouTube

 

正統派フランス王位継承者ルイ20世ことアンジュー公ルイ・アルフォンス殿下が祖母の故・初代フランコ女公爵カルメン・フランコ・ポロ閣下(スペインのフランコ総統の一人娘)の誕生日を祝福(2018年9月)

 9月14日はスペインの故フランシスコ・フランコ総統の一人娘の故・初代フランコ女公爵カルメン・フランコ・ポロ閣下(ビリャベルデ侯爵夫人【未亡人】 : Carmen Franco Polo, 1st Duchess of Franco : The Most Excellent The Duchess of Franco : マリア・デル・カルメン・フランコ・ポロMaría del Carmen Franco Polo)の誕生日ですが、その孫の正統派フランス王位継承者ルイ20世Louis XX)ことアンジュー公ルイ・アルフォンス・ド・ブルボン殿下(Louis Alphonse de Bourbon : Monseigneur The Duke of Anjou : ルイス・アルフォンソ・デ・ボルボン・マルチネス=ボルディウLuis Alfonso de Borbón Martínez-Bordiú)が Facebook に祝福を述べていました。

 

#Cumpleaños desde las #estrellas:… – Luis Alfonso de Borbón Martínez-Bordiú

#Birthdays from the #stars:
#Carmen, a bright #star in the #sky, that we will always carry in our #hearts, with her #eternal #smile

 ルイ・アルフォンス殿下は幼少のころカルメン閣下の養育を受けていたことがあり、人格的に深い影響を受けているのではないかという見方もあります(とはいえまずカルメン閣下のことを良く知りませんが)。

 

 殿下はフランスでは正統派のフランス王位継承者としてフランスの伝統を主張し、スペインではフランコ総統の曾孫としてフランコ派に近い立場を表明することがあり、この二つの立場の両立は危ういのではないかと思っている人もいます。
 気にするとすれば、フランスの支持者のほうでしょうが……。