英国王室のチャールズ皇太子殿下夫妻が、北アイルランドのヒルズバラ城を訪問(2019年4月)

 英国王室【イギリス王室】のウェールズ公チャールズ皇太子殿下(Prince Charles : His Royal Highness The Prince of Wales)とコーンウォール公爵夫人カミラ妃殿下(Camilla : Her Royal Highness The Duchess of Cornwall)は、北アイルランドのヒルズバラ城を訪問しました。

 

The Royal Family Channel:
Prince Charles and Camilla celebrate wedding anniversary during Hillsborough Castle visit – YouTube

 

The Royal Family Channel:
Prince Charles unveils portrait of himself at Hillsborough Castle – YouTube

 

Hillsborough Castle and Gardensさんのツイート: "A new plaque is unveiled by The Prince of Wales and The Duchess of Cornwall marking the reopening of Hillsborough Castle and Gardens. @ClarenceHouse… https://t.co/GylojCuC02"

 

Hillsborough Castle and Gardensさんのツイート: "HRH The Prince of Wales and HRH The Duchess of Cornwall arrive for their visit of Hillsborough Castle ahead of its official opening on 18 April. Flowers are presented by pupil Emily McCrea from Downshire Primary School 💐@ClarenceHouse… https://t.co/fJli8Ps869"

 

Hillsborough Castle and Gardensさんのツイート: "TRH The Prince of Wales and The Duchess of Cornwall admire the beautiful Hillsborough Castle and Gardens sign which has been forged, painted and gilded by local craftspeople in Northern Ireland.… https://t.co/39uRxv1yXe"

 

Hillsborough Castle and Gardensさんのツイート: "TRH The Prince of Wales and The Duchess of Cornwall meet the Castle’s expert gardeners and explore the Walled Garden at Hillsborough Castle.… https://t.co/LEjWiroVkQ"

 

Hillsborough Castle and Gardensさんのツイート: "Young gardeners from @DiscoverCAFRE meet HRH The Prince of Wales in the Walled Garden at Hillsborough Castle.… "

 

Hillsborough Castle and Gardensさんのツイート: "HRH The Duchess of Cornwall is welcomed to the new Clore Learning Centre at Hillsborough Castle, and meets local artists including Rob Ryan, who has created the new signage for the Learning Centre.… https://t.co/eBro329WK2"

 

Hillsborough Castle and Gardensさんのツイート: "Today is also Their Royal Highnesses’ 14th wedding anniversary! Congratulations from all at Hillsborough Castle and Gardens.… https://t.co/J3h2HhdUW0"

 

Hillsborough Castle and Gardensさんのツイート: "Inside, local children from Downshire Primary School are the first to be welcomed to the centre for a craft session. HRH The Duchess of Cornwall is here to meet them while they work on paper crafts inspired by artwork created for the Castle 🎨… https://t.co/KXtHI2wpR3"

 

Hillsborough Castle and Gardensさんのツイート: "Next, HRH The Duchess of Cornwall meets residents of Lillie Court, a care facility in nearby Lisburn, who are at the Clore Learning Centre printing their own silk scarves, using designs also inspired by artwork at the Castle🧣… https://t.co/NtHVRcv90y"

 

Hillsborough Castle and Gardensさんのツイート: "Next stop, the Throne Room where The Prince and The Duchess meet conservators and craftspeople involved in the restoration and re-presentation of the Castle.… https://t.co/b12fScwosP"

 

Hillsborough Castle and Gardensさんのツイート: "Ta-da! HRH The Prince of Wales unveils a new portrait in the State Drawing Room at Hillsborough Castle by artist Gareth Reid, commissioned by Historic Royal Palaces.… https://t.co/DB2DJ6foif"

 

ジョージア王女【グルジア王女】アナ殿下が父でグルジンスキー系当主のヌグザル殿下と共に、元夫で対立するムフラニ系当主のダヴィト殿下を「王室の代表者を勝手に名乗るのをやめよ」と提訴(2019年3月)ダヴィト殿下がエリザベス2世陛下に授与した勲章(鳩山(元)総理も授与されているとの噂あり)が一定金額寄付すれば誰でも入手できる説や、ダヴィト殿下側が弁護士がヌグザル殿下を「ジョージア正教会【グルジア正教会】によるDNA検査の結果バグラチオン王朝の一員でないとわかった」(検査機関は否定)とするなど泥沼総決算の予感

 ジョージア王室【グルジア王室】グルジンスキー系統のジョージア王女アナ殿下(Her Royal Highness Princes Anna of Georgia : アナ・バグラチオニ=グルジンスキー公女 : Princess Anna Bagrationi-Gruzinsky)と父で王室当主のジョージア皇太子ヌグザル殿下(His Royal Highness Crown Prince Nugzar of Georgia : ヌグザル・バグラチオン=グルジンスキー公子 : Prince Nugzar Bagration-Gruzinskyヌグザル・バグラチオニ=グルジンスキー公子 : Prince Nugzar Bagrationi-GruzinskiBatonishviliTsarevich)は、アナ殿下の元夫で、対立しているムフラニ系ジョージア王室当主/ジョージア皇太子ダヴィト殿下(ムフラニ公 : His Royal Highness The Crown Prince Davit of Georgia, Royal Prince of Kartli (Batonishvili), Prince of Mukhrani and Mukhran Batoni : ダヴィト・バグラチオニ=ムフラネリ公子 : Prince Davit Bagrationi-Mukhraneliダヴィト・バグラチオン=ムフランスキー公子 : Prince Davit Bagration-Moukhransky)を提訴した模様です。

 

 (英語)Georgian ‘royal divorcees’ face-off in court over right to the throne

 

 二人は王朝の統合のために結婚し、一子・ジョージア王子ギオルギ殿下(His Royal Highness Prince Giorgi of Georgia : ギオルギ・バグラチオン・バグラチオニ・ムフラン・バトニシュヴィリ王子 : Prince Giorgi Bagration Bagrationi Mukhran Batonishviliギオルギ・バグラチオニ=ムフラネリ公子 : Prince Giorgi Bagrationi-Mukhraneliギオルギ・バグラチオン=ムフランスキー公子 : Prince Giorgi Bagration-Moukhransky)を儲けていますが、その後離婚しています。

 また、アナ殿下はその前の結婚により二女を儲けているとされます。
 ヌグザル殿下は現在、当主は後継者を指名できるとしています。ムフラニ側が立場を譲らないならば、アナ殿下の後は、殿下の二人の娘のどちらかを後継者と指名するだろうことを示唆しています。

 

 今回の提訴は、長年の対立の末ではありますが、「ヌグザル殿下側の許可なしにダヴィト殿下が王室の代表者であるようなことをいっているのをやめるよう要求する」もののようです。

 

 記事で取り上げられている件のひとつは(前々から話の出ている)、ダヴィト殿下が英国女王エリザベス2世陛下に授与(グロスター公爵リチャード王子殿下夫妻が代理で受け取ったもの)したジョージア鷲騎士団のグランド・カラーが、約3000ポンド(=約44万円)の寄付をすれば誰にでも手に入る疑惑です。

 なお、記事とは関係なく、また信憑性や情報ソースは不明のあやしい情報として、日本の鳩山由紀夫(元)総理が同騎士団の叙任を受けているという説もあります(本当に情報ソース不明ですので、そこはご了承ください。また階級や、買ったのか無料でもらったのかなどまったくわかりません)。

 

 さらに、ダヴィト殿下側弁護士が、「ジョージア正教会【グルジア正教会】がおこなったDNA検査」によって、ヌグザル殿下らはバグラチオン王朝の一員でない(男系でない)ことが証明されたという主張をしているようですが、これに対し、検査機関がこれを否定(そもそもその検査機関は教会と関係ないとのコメント)。
 DNAによる否定をしてくるというのは、王室関連では一番のタブーですが、提訴直後でこの状況では、どこまで泥沼化するのかわかったものではありません。

 

 はたして、キリスト教/東方正教会/ジョージア正教会【グルジア正教会】の首座/全ジョージアのカトリコス=総主教イリア2世聖下(イリヤ2世 : His Holiness Catholicos-Patriarch Ilia II of All Georgia)が夢見る王政復古はこれで潰えてしまうのか。聖下の健康状態を含めて予断を許さない状況となってきました。

 

離婚(2018年):英国のダヴィーナ・ルイス令夫人とゲイリー・ルイス氏が2018年に離婚していた模様(2019年3月)ダヴィーナ・ルイス令夫人は英国王位継承順位第30位

 英国のダヴィーナ・ルイス令夫人(Lady Davina Lewisダヴィーナ・ウィンザー令嬢 : Lady Davina Windsor)とゲイリー・ルイスGary Lewis)が2018年に離婚していた模様です。

 二人は2004年に結婚。

 

 (英語)Royal divorce: surprise as news emerges of British royal split | HELLO!
 (英語)EDEN CONFIDENTIAL: Lady Davina Windsor’s 14-year marriage to Maori sheep-shearer husband ends | Daily Mail Online

 

HELLO!さんのツイート: "Buckingham Palace confirm divorce of Lady Davina Windsor and Gary Lewis after 14 years of marriage: https://t.co/AVkOQZLBQV… https://t.co/xY4P5xhPgT"

 

 ダヴィーナ・ルイス令夫人は、グロスター公爵リチャード王子殿下夫妻の長女です。
 現在の英国王位継承順位は第30位とみられます。

 

英国女王エリザベス2世陛下が、三男のウェセックス伯爵エドワード王子殿下(3月10日に55歳誕生日)に新たに「フォーファー伯爵」の称号を追加で叙爵(2019年3月)スコットランドではこちらを用いる模様

 英国女王エリザベス2世陛下(Elizabeth II : Her Majesty The Queen)は、三男のウェセックス伯爵エドワード王子殿下(Prince Edward : His Royal Highness The Earl of Wessex)に、新たに「フォーファー伯爵(Earl of Forfar)」の称号を追加で叙爵した模様です。

 フォーファー伯爵号は1661年にスコットランド貴族として叙爵され1715年に消滅しており、今回の叙爵は第二次叙爵となります(もちろん今回は連合王国貴族です)。

 

 (英語)TITLE FOR THE EARL OF WESSEX | The Royal Family

The Queen has been pleased to grant The Earl of Wessex the additional title of Earl of Forfar.

 

The Royal Familyさんのツイート: "The Queen has been pleased to grant The Earl of Wessex the additional title of Earl of Forfar. Their Royal Highnesses will use the title The Earl and Countess of Forfar when in Scotland. Read about the history of the title and The Earl in Scotland: https://t.co/6c9ED64ehV… https://t.co/KQuqIqvbCh"

 

 エドワード王子殿下は、父であるエディンバラ公爵フィリップ王子殿下(His Royal Highness The Prince Philip, Duke of Edinburgh)の薨去の後に「エディンバラ公爵」に叙されることが決まっています(と書くと正確な説明ではないのですが、たぶん叙されます)。
 エディンバラはスコットランドにあり、また「ウェセックス伯爵」のウェセックスはイングランド。
 また、子息のジェームズが儀礼称号として使用している「セヴァーン子爵」のセヴァーンはウェールズにあります。
 このように三地域の地名(北アイルランドがないですが)を冠した称号をバランスよく(?)保有することになる予定でしたが、今回、先にスコットランドで使用するための称号が叙爵されました。
 今後は、スコットランド担当王族としての役割が強く求められていくのかもしれません。

 

訃報(2018年12月10日):英国のアバコーン公爵夫人サシャ・ハミルトン閣下が薨去(1946~2018)

 2018年12月10日、英国のアバコーン公爵夫人サシャ・ハミルトン閣下(Sacha Hamilton : Her Grace The Duchess of Abercorn OBE)が薨去した模様です。
 1946年2月27日生まれの72歳。

 

 (英語)Duchess of Abercorn dies after illness – The Irish News