結婚・宗教婚(2022年9月17日):メクレンブルク公世子アレクサンダー殿下とハンデ・マシット嬢

 すでに民事婚がおこなわれているメクレンブルク公世子アレクサンダー殿下(Duke Alexander of Mecklenburg : His Highness The Hereditary Prince)とハンデ・マシット嬢(Hande Macit)の宗教婚(カトリック)が2022年9月17日におこなわれたようです。

 式の中では、9月8日に崩御した英国女王エリザベス2世陛下への弔意の黙祷もおこなわれたようです。

 

 (英語:メクレンブルク=シュトレーリッツ家 公式サイト)Religious wedding of the Hereditary Prince and Hereditary Princess – House of Mecklenburg-Strelitz

 (動画あり:ドイツ語)Hochzeitsglocken: ▶ Und sie hat „Ja” gesagt – Adlige Hochzeit in der Stadtkirche Neustrelitz | Nordkurier.de
 (ドイツ語)Royale Märchenhochzeit: Erbprinz Georg Alexander zu Mecklenburg heiratet seine Hande in Neustrelitz | Nordkurier.de
 (ドイツ語)Georg Alexander zu Mecklenburg-Strelitz: Er hat geheiratet | BUNTE.de
 (ドイツ語)Erbprinz Georg Alexander in Neustrelitz getraut | NDR.de – Nachrichten – Mecklenburg-Vorpommern

 

Ostsee-Zeitung – Standesamtlich geheiratet wurde bereits… | Facebook

 

https://www… – Das Großherzogliche Haus Mecklenburg-Strelitz | Facebook

 

Herzlichen… – Das Großherzogliche Haus Mecklenburg-Strelitz | Facebook

 

NettyRoyalさんはTwitterを使っています: 「Copyrighted by me … Religious wedding of Alexander Erbprinz zu Mecklenburg-Strelitz and Hande Macit, Neustrelitz, 17 September 2022 https://t.co/zNeYvwGly4」 / Twitter

結婚・民事婚(2022年6月17日):メクレンブルク公世子アレクサンダー殿下とハンデ・マシット嬢

 すでに婚約が発表されていたメクレンブルク公世子アレクサンダー殿下(Duke Alexander of Mecklenburg : His Highness The Hereditary Prince)とハンデ・マシット嬢(Hande Macit)の民事婚が2022年6月17日におこなわれたようです。

 

 (英語:メクレンブルク=シュトレーリッツ家 公式サイト)Civil marriage of Hereditary Prince Alexander and Hande Macit – House of Mecklenburg-Strelitz

 

Haus Mecklenburg-StrelitzさんはTwitterを使っています: 「The Duke proudly announces, that today the civil marriage of his eldest son HH Duke Georg Alexander with Miss. Hande Macit took place in the Great Hall in the Palace of Mirow at 2 pm. TH The Duke and the Duchess and HH Duke Michael were present. Official photo will follow.」 / Twitter

 

Haus Mecklenburg-StrelitzさんはTwitterを使っています: 「Hereditary Prince Alexander and Hande Macit after their civil wedding at Mirow today https://t.co/P3Sg1QZMWg」 / Twitter

 

続報:

A Haber:
Mersin-Tarsuslu Hande, Mecklenburg düşesi oldu – YouTube

 

 結婚・宗教婚(2022年9月17日):メクレンブルク公世子アレクサンダー殿下とハンデ・マシット嬢

訃報(2022年6月7日):ヴュルテンベルク王室当主/ヴュルテンベルク公カール殿下が薨去(1936~2022)

 2022年6月7日、ヴュルテンベルク王室当主/ヴュルテンベルク公カール殿下(Carl : His Royal Highness The Duke of Württemberg : カール・ヘルツォーク・フォン・ヴュルテンベルクCarl Herzog von Württemberg)が薨去しました。
 1936年8月1日生まれの85歳。

 1959年の兄の権利放棄にともない、ヴュルテンベルク王室当主の地位を継承することになりました。
 2018年に長男で継嗣のフリードリヒ殿下が交通事故で急死、そのためカール殿下の薨去に伴いヴュルテンベルク王室当主の地位は故フリードリヒ殿下の子息でカール殿下の孫にあたるヴュルテンベルク公子ヴィルヘルム殿下(His Royal Highness Duke Wilhelm of Württemberg : ヴィルヘルム・ヘルツォーク・フォン・ヴュルテンベルクWilhelm Herzog von Württemberg)が継承します。同殿下は1994年8月13日生まれの27歳です。

 

 (ドイツ語)Adel – Ravensburg – Carl Herzog von Württemberg gestorben – Panorama – SZ.de

 (ドイツ語)Carl Herzog von Württemberg ist in Altshausen gestorben – SWR Aktuell

 

関連:
 ヴュルテンベルク王室当主/ヴュルテンベルク公カール殿下がビジネスから引退。四男のミハエル公子殿下が一時的に引き継ぎ、最終的には将来の当主のヴィルヘルム殿下が(2020年1月)

訃報(2022年3月29日):フリードリヒ・アウグスト3世の男系男子(貴賤結婚の子孫)でヴェッティン家/ザクセン王室当主を称していたマイセン辺境伯リューディガー殿下が薨去(1953~2022)

 2022年3月29日、マイセン辺境伯リューディガー殿下(Rüdiger : His Royal Highness The Margrave of Meissen, Prince of Saxony, Duke of Saxony : リューディガー・プリンツ・フォン・ザクセンRüdiger Prinz von Sachsen)が薨去したとの情報です。
1953年12月23日生まれの68歳。
 心臓発作による急死とのことです。

 

 (ドイツ語)Rüdiger Prinz von Sachsen stirbt mit 68 Jahren

 

 故リューディガー殿下は、ザクセン王フリードリヒ・アウグスト3世の男系男子の中ではもっとも年長系統ですが、貴賤結婚の子孫のため、特に貴族社会においては当主であるとの支持を広く受けていません(アルベルティン系統ヴェッティン家の一員としての認知すら受けていません)。
 最後の異議の無い当主マリア・エマヌエル殿下の後は女系甥で養子のアレクサンダー殿下が後継者、ないしはアルベルティン系統ヴェッティン家は絶えている、というのが多くの立場です。
 しかし、ザクセンに存在するらしい王党派の中には男系維持を主張してデモを起こした人々もおり(リューディガー殿下を支持していたかどうかはわかりませんが、他に候補はいません)、またメディアでも主張を承認している記事を散見します。
 これには、あるいは、アレクサンダー殿下がドイツに在住しておらず、また継承直後以外は熱心な活動をおこなっていないことが原因かもしれません。

 

 リューディガー殿下の薨去に伴い、長男のダニエル・ティモ殿下(Daniel Timo)が新たに地位を引き継ぎます。

 また、ここ数年でアルベルティン系ヴェッティン家当主をポーランド王にという話題がたびたび出、アレクサンダー殿下とリューディガー→ダニエル・ティモ両殿下が候補として名前が挙がります。

誕生(2021年7月26日):ハノーファー王女エレノラ殿下。ハノーファー王世子エルンスト・アウグスト殿下夫妻の第三子・次女

 ハノーファー王世子エルンスト・アウグスト殿下(Prince Ernst August of Hanover : His Royal Highness The Hereditary Prince of Hanover : エルンスト・アウグスト・エルププリンツ・フォン・ハノーファーErnst August Erbprinz von Hannover)とハノーファー王世子妃エカテリナ殿下(Ekaterina : Her Royal Highness The Hereditary Princess of Hanover : エカテリナ・エルププリンツェッシン・フォン・ハノーファーEkaterina Erbprinzessin von Hannover)の間の第三子・次女となるハノーファー王女エレオノーラ殿下(Her Royal Highness Princess Eleonora of Hanover : エレオノーラ・プリンツェッシン・フォン・ハノーファーEleonora Prinzessin von Hannover)が誕生したと報じられています。

 

 (ドイツ語)Ernst August jr. & Ekaterina von Hannover: Ihr drittes Kind ist da! | BUNTE.de

 

追記:
 誕生を告知するカードを元にしている下記記事によりますと、名前は Eleanora のようです(英語風の綴り)。

 (英語)Birth of Princess Eleanora of Hanover – RoyalResponses

Born Eleanora Dina Daniela Alexandra on 26th July 2021 to Their Royal Highnesses The Hereditary Prince and Hereditary Princess of Hanover.

 誕生は2021年7月26日。
 全名はエレノラ・ディーナ・ダニエラ・アレクサンドラEleanora Dina Daniela Alexandra)。
※ドイツ人である両親がどう発音しているかは不明ですが……。