キリスト教/セルビア正教会のモンテネグロ府主教ヨアニキイェ座下の着座式典に、現在セルビア王室を称するユーゴスラビア王室のフィリップ王子殿下夫妻と(なぜか)ムフラニ系ジョージア王室【グルジア王室】当主/ジョージア皇太子ダヴィト殿下夫妻が参列(2021年9月)ダヴィト殿下は副首相と会談も

 2021年9月5日、モンテネグロでは、今年選出された、キリスト教/東方正教会/セルビア正教会のモンテネグロ・沿海府主教ヨアニキイェ座下(His Eminence Metropolitan Joanikije of Montenegro and the Littoral)の着座式とそれに伴い式典がおこなわれました。

関連(キリスト教 高位聖職者のニュース):
 着座式(2021年9月5日):キリスト教/セルビア正教会/モンテネグロ府主教ヨアニキイェ座下の着座式がおこなわれる
※ヨアニキイェの名を持つモンテネグロ府主教が二人目のため、ヨアニキイェ2世Joanikije II)としている表記があります。今のところ、教会公式サイトなどでは見かけていません。

 着座式そのものではなく、その後の大規模な式典に、
 現在セルビア王室を称する(旧)ユーゴスラヴィア王室のユーゴスラビア王子【セルビア王子】フィリップ殿下(His Royal Highness Prince Philip of Yugoslavia / Serbia : フィリプ・カラジョルジェヴィッチFilip Karađorđević)とユーゴスラビア王子妃【セルビア王子妃】ダニカ殿下(Her Royal Highness Princess Danica of Yugoslavia / Serbia : ダニカ・カラジョルジェヴィッチDanica Karađorđević
 ムフラニ系ジョージア王室【グルジア王室】当主/ジョージア皇太子ダヴィト殿下(ムフラニ公 : His Royal Highness The Crown Prince Davit of Georgia, Royal Prince of Kartli (Batonishvili), Prince of Mukhrani and Mukhran Batoni : ダヴィト・バグラチオニ=ムフラネリ公子 : Prince Davit Bagrationi-Mukhraneliダヴィト・バグラチオン=ムフランスキー公子 : Prince Davit Bagration-Moukhransky)と、ジョージア皇太子妃イリナ殿下(Her Royal Highness Crown Princess Irina of Georgia)
 が参列した模様です。

 着座式前の時期には、反セルビアの集団による抗議活動なども起き、非常に剣呑な雰囲気となっていました。
 王室とは関係ありませんが、着座式前にヘリコプターでツェティニェ修道院前に到着して兵士に護衛されながら修道院に向かうポルフィリイェ総主教とヨアニキイェ府主教の映像/
Novosti:
Patrijarh Porfirije i mitropolit Joanikije stigli na Cetinje – YouTube

 式典は着座式がおこなわれた修道院ではなく、ポドゴリツァのハリストス復活大聖堂でおこなわれました。
 フィリップ王子殿下のソーシャルメディアのアカウントには今回の参列の話は直接はなく(すでに8月に訪問はしていますが)、動画から取り込んだと思われる画像を掲載した第三者のツイートがリツイートされたのみです。モンテネグロの反セルビア派を刺激することを避けたのかとも思われますが、よくわかりません。

(おそらくですが)一番右奥のマスクの男女がジョージア皇太子ダヴィト殿下夫妻。
そしてその手前の二人がフィリップ王子殿下夫妻です。
なお、左の手前の白髪の人物はモンテネグロ首相クリヴォカピッチ閣下/
мさんはTwitterを使っています 「Краљевић Филип са супругом Даницом на дочеку патријарха у Подгорици https://t.co/wb8uf4aXJp」 / Twitter

 

 一方、提訴を受けて本国ジョージアには近寄れない状況と見られているジョージア皇太子ダヴィト殿下は自身の公式サイトに記事をたくさん掲載

 (英語:ムフラニ系ジョージア王室 公式サイト)NEWS | INVESTITURE OF METROPOLITAN JOANIKIJE IN PODGORICA MONTENEGRO

 着座式前より前の日のようですが、以前に議論を呼んだ、ジョージア鷲騎士団のうちの、グランド・クロス(大十字)をヨアニキイェ府主教に授与したようです。
関連:
 ジョージア王女【グルジア王女】アナ殿下が父でグルジンスキー系当主のヌグザル殿下と共に、元夫で対立するムフラニ系当主のダヴィト殿下を「王室の代表者を勝手に名乗るのをやめよ」と提訴(2019年3月)ダヴィト殿下がエリザベス2世陛下に授与した勲章(鳩山(元)総理も授与されているとの噂あり)が一定金額寄付すれば誰でも入手できる説や、ダヴィト殿下側が弁護士がヌグザル殿下を「ジョージア正教会【グルジア正教会】によるDNA検査の結果バグラチオン王朝の一員でないとわかった」(検査機関は否定)とするなど泥沼総決算の予感
※なお、ダヴィト殿下はいろいろとばらまく人なので、いろいろな人がなにかを貰っています。西村経済再生担当大臣もなにか貰っていたはずです。

 

 (英語:ムフラニ系ジョージア王室 公式サイト)NEWS | SOLEMN WELCOME OF THE SERBIAN PATRIARCH PORFIRIJE IN PODGORICA

 こちらは式典の記事です。
 補足に、

1. His Eminence Metropolitan Joanikije gave an interview for the main State TV channel of Serbia, (RTS1), especially emphasizing the presence of HRH Crown Prince Davit: https://youtu.be/ykx8lG5r7QE

 セルビアのテレビ局によるインタビューで、ヨアニキイェ府主教がダヴィト殿下の臨席を強調していた、と書いています。
 30分以上のセルビア語のインタビュー映像を見て(聴いて)判断する能力がありませんので、チェックしていませんが、そのことについて一言ふれたのは確かなんだろうと思います。

RTS Oko – Zvanični kanal:
Joanikije o ustoličenju na Cetinju, patrijarhu Porfiriju, Amfilohiju, Milu Đukanoviću, Kosovu – YouTube

 

 (英語:ムフラニ系ジョージア王室 公式サイト)NEWS | VISIT TO THE PARLIAMENT OF MONTENEGRO

 そしてこれも着座式より前の日のようですがモンテネグロ議会を訪問との記事。

 

 (英語:ムフラニ系ジョージア王室 公式サイト)NEWS | MEETING WITH THE DEPUTY PRIME MINISTER OF MONTENEGRO

 さらにはモンテネグロ副首相ドリタン・アバゾヴィッチ閣下(Dritan Abazović)と会談しています。
 失礼ながら捏造を疑いましたが……。

 

 ダヴィト殿下の今回の参列の理由は不明です。
 自分から勝手にやってきて副首相と会えるとも思えないので、セルビア正教会かモンテネグロ現政権から要請があったのでしょう。
 ともあれ、外国でまだ要人と会見できる人物だという情報を発信することは立場の(再)強化につながるはずです。

 なお、ジョージア正教会(グルジア正教会)は今回の着座式及びその後の礼拝・式典に主教以上の聖職者を派遣していません。
 (状況を細かく書くと長くなりますが)ジョージア正教会は今回の式典に主教以上の聖職者を送りたくはなかったはずなので、ダヴィト殿下の行動を迷惑に思うか、あるいは教会の聖職者を送らない代わりに参列してもらったのか、単純に何も知らないのか、なかなか難しいところです。
 追記:ダヴィト殿下に同行しているように見える聖職者がセルビア正教会の人物なのかジョージア正教会の人物なのかわかりませんが、前者ならばセルビア正教会が今回の訪問に強くかかわっており、後者であればジョージア正教会側がダヴィト殿下の訪問を了承・協力していたことになるでしょう。

 最後に一つ気になるのは、イリナ妃殿下の表記が

Her Royal Highness Princess Irina

 と、 Crown Princess ではない表記になっていることです。
 特に意味はない省略(か雑な書き方)にも思えますが、不思議ではあります。

モナコ公アルベール2世殿下がアイルランドを訪問、アイルランド大統領マイケル・D・ヒギンズ閣下と会談など(2021年9月)ジャック公世子殿下とガブリエラ公女殿下が同行

 2021年9月3日、モナコ公アルベール2世殿下(His Serene Highness Prince Albert II, Sovereign Prince of Monaco)は、アイルランドを訪問しました。
 アイルランド大統領マイケル・D・ヒギンズ閣下(His Excellency Mr Michael D. Higgins)と会談したり、各地を訪れたりしています。

 子供の、ボー侯爵/モナコ公世子ジャック殿下(ジャック皇太子 : Prince Jacques : His Serene Highness The Hereditary Prince of Monaco, Marquis of Baux : Crown Prince Jacques)とカルラデス女伯爵/モナコ公女ガブリエラ殿下(Her Serene Highness Princess Gabriella of Monaco, Countess of Carladès)が一部の日程に同行しているようです(同行していない時に何をしているのかはわかりません)。

 

 

 

 (英語:アイルランド大統領府 公式サイト)Diary | President Welcomes Prince Albert Ii Of Monaco | President of Ireland

 

President of IrelandさんはTwitterを使っています 「President Higgins welcomed HSH Prince Albert II of Monaco to Áras an Uachtaráin. https://t.co/cTbpuRyiKP Chuir an tUachtarán Ó hUigínn fáilte roimh a Shoilse Ríoga, Prionsa Albert II Mhonacó chuig Áras an Uachtaráin. https://t.co/6OYoZoCBhw https://t.co/itT6taZ1yZ」 / Twitter

 

President of IrelandさんはTwitterを使っています 「HSH Prince Albert II today signed the Distinguished Visitors Book at Áras an Uachtaráin. https://t.co/cTbpuRyiKP https://t.co/NfujFAYsQR」 / Twitter

 

President of IrelandさんはTwitterを使っています 「Chuir an tUachtarán Ó hUigínn fáilte roimh a Shoilse Ríoga, Prionsa Albert II Mhonacó chuig Áras an Uachtaráin. https://t.co/6OYoZoCBhw https://t.co/RPrpvxFWw7」 / Twitter

 

President Michael D. Higgins(@presidentirl) • Instagram写真と動画

 

 

結婚式(2021年9月4日):リヒテンシュタイン公女マリア・アヌンチャータ殿下とエマヌエーレ・ムジーニ氏の結婚式がおこなわれる。殿下の伯父のルクセンブルク大公アンリ殿下ら多数が参列

 2021年9月4日、リヒテンシュタイン公女マリア・アヌンチャータ殿下(Her Serene Highness Princess Maria Annunciata of Liechtenstein)とエマヌエーレ・ムジーニ氏(Emanuele Musini)の結婚式がおこなわれました。
 なお、民事婚は8月中(6月26日?)におこなわれたようです。

 殿下の母方の伯父、ルクセンブルク大公アンリ殿下(Henri : His Royal Highness The Grand Duke of Luxembourg)ら多数が参列。
※参列者は後で末尾に追記します。

 なお、ベルギー王フィリップ陛下夫妻が自主隔離状態のため9月6日まで公務を取り止めており、これに伴って結婚式の参列も取りやめになったのではないかと思われます。
追記:
 フィリップ陛下の妹のベルギー王女アストリッド殿下が前日【9月3日】に脊椎骨折したと発表されていたようです。夫のローレンツ大公殿下はこの結婚式に参列していますので、アストリッド殿下の参列の予定もあったのではないかと思われます。

 

 (フランス語:ルクセンブルク大公室 公式サイト)Mariage de S.A.S. la Princesse Annunciata avec M. Musini | Cour grand-ducale

 (ドイツ語:写真)Prinzessin Maria-Anunciata hat geheiratet | Fotogalerien – Vaterland online

 (英語)Princess Maria- Anunciata of Liechtenstein, 36, walks down the aisle for the second time | Daily Mail Online
 (ルクセンブルク語)RTL – Fotogalerie: D'Prinzessin Maria Anunciata vu Liechtenstein gouf zu Wien bestuet
 (スペイン語)Anunciata de Liechtenstein se casa con Emanuele Musini en una espectacular ceremonia

RTL LuxembourgさんはTwitterを使っています 「D'Prinzessin Maria Anunciata vu Liechtenstein gouf e Samschdeg zu Wien bestuet. Mat dobäi waren ë.a. de Grand-Duc Henri an d'ierfgroussherzoglech Koppel. #Fotoen elo op https://t.co/GA8BZJPUaO @CourGrandDucale #Wedding #princess #LUXPRESS https://t.co/hLLkUUOvI1」 / Twitter

 

Le Piu Affascinanti Di MilanoはInstagramを利用しています:「ESCLUSIVA DI LEPIUAFFASCINANTIDIMILANO! Il matrimonio a Vienna della Principessa Maria Anunciata of Liechtenstein con l’italiano Emanuele…」

 

European Royalties 👑はInstagramを利用しています:「09.04.2021 🇱🇮 First Pictures from the wedding of Princess Maria Anunciata of Liechtenstein and Emanuele Musini, which is taking place in…」

 

Le Piu Affascinanti Di MilanoはInstagramを利用しています:「ESCLUSIVA DI LEPIUAFFASCINANTIDIMILANO! Il matrimonio a Vienna della Principessa Maria Anunciata of Liechtenstein con l’italiano Emanuele…」

 

Le Piu Affascinanti Di MilanoはInstagramを利用しています:「ESCLUSIVA DI LEPIUAFFASCINANTIDIMILANO! Beatrice Borromeo e il marito Pierre Casiraghi al matrimonio a Vienna della Principessa Maria…」

 

参列者:
リヒテンシュタイン公室/

ルクセンブルク大公室/
 ルクセンブルク大公アンリ殿下(Henri : His Royal Highness The Grand Duke of Luxembourg)

ベルギー王室/
 オーストリア=エステ大公/ベルギー王子ローレンツ殿下(ロレンツ大公 : オーストリア皇子 : ハンガリー王子 : ベーメン王子 : モデナ公 : His Imperial and Royal Highness Prince Lorenz of Belgium, Archduke of Austria-Este, Prince Imperial of Austria, Prince Royal of Hungary and Bohemia, Duke of Modena)

ヨルダン王室/

モナコ公室とその近親/
 タチアナ・カシラギ夫人(Tatiana Casiraghiタティアナ・サント・ドミンゴTatiana Santo Domingo
 ピエール・カシラギ氏(Pierre Casiraghi)とベアトリーチェ・カシラギ夫人(Beatrice Casiraghiベアトリーチェ・ボロメオBeatrice Borromeo

(旧)オーストリア帝室(ハプスブルク家)/

(旧)イタリア王室/

ヘッセン家/

ザイン=ヴィトゲンシュタイン=ザイン家/

メディアタイズド・ハウス/
 トゥルン・ウント・タクシス公アルベルト殿下(Albert : His Serene Highness the Prince of Thurn and Taxis : アルベルト・フュルスト・フォン・トゥルン・ウント・タクシスAlbert Fürst von Thurn und Taxis

その他/

南アフリカ共和国に長期滞在中のモナコ公妃シャルレーヌ殿下が入院したとの報道(2021年9月)容態は安定

 2021年9月1日、南アフリカ共和国に長期滞在中のモナコ公妃シャルレーヌ殿下(Her Serene Highness Princess Charlene of Monaco)は突然倒れ、病院に運ばれ、偽名で入院した模様です。
 記事によれば、容態は安定しているということです。

 シャルレーヌ妃殿下は今年の初めごろから同共和国に滞在しており、疾病や治療の話が出、またあまりに長い滞在から「モナコに帰りたくないのでは」「離婚間近なのでは」という予測まで飛び出していました。

 8月にはアルベール2世殿下と両殿下の子供たちによる訪問があり、早い帰国があるとまでコメントされた矢先に今回の突然の転倒が起き、夫婦仲はともかくとしても、体調の方は本当に大丈夫なのかと思われてきますが……。

 

 (英語)EXCLUSIVE | Princess Charlene admitted to Durban hospital after medical emergency | News24
 (英語)Princess Charlene of Monaco is 'stable' after being rushed to hospital in South Africa  | Daily Mail Online

リンク追加:
 モナコ公妃、南アで倒れ搬送 現在の容体は安定 写真4枚 国際ニュース:AFPBB News

訃報(2021年9月1日):ブルボン=パルマ公女セシル【セシリア】殿下が薨去(1935~2021)カルリスタのポブレー女伯爵

 2021年9月1日、ブルボン=パルマ公女セシル【セシリア】殿下(Her Royal Highness Princess CécileCecilia】 of Bourbon-Parma)がフランスのパリで薨去したようです。
 1935年4月12日生まれの86歳。
 同殿下の弟で、カルリスタの伝統的な勢力の指導者であるシクスト・エンリケ公子殿下が Facebook で訃報を投稿しています。

 ブルボン=パルマ家の本流はスペインのカルリスタの男系男子が絶えた後、スペイン王室を称するようになっており、セシル殿下はポブレー女伯爵(Countess of Poblet)に叙されていたようです。
関連:
 インタビュー記事(スペイン語):カルリスタのスペイン王として、パルマ公カルロス殿下(オランダ王室近親)がインタビューを受ける(2020年11月)

 

 

 

関連:
 (姉の訃報)訃報(2020年3月26日)ブルボン=パルマ公女マリー・テレーズ殿下が薨去。新型コロナウイルス感染。メディアでは「スペインのマリア・テレサ王女」との表記も