デンマーク皇太子フレデリック殿下が、濃厚接触者となったため日本訪問・東京五輪臨席を中止(2021年7月)ワクチン接種済み

 2021年7月19日~26日の日程で日本を訪問する予定だったデンマーク皇太子フレデリック殿下(モンペザ伯爵 : Frederik : His Royal Highness The Crown Prince of Denmark, Count of Monpezat)が、新型コロナウイルス感染症【COVID-19】の発症者の濃厚接触者と認定されたため、直前ではありますが、日本訪問を中止することを決定しました。
 東京五輪2020臨席と、 IOC(国際オリンピック委員会) の会合への出席が予定されていました(日本訪問中止に伴い、後者はオンラインで出席予定)。
 また、殿下は二回のワクチン接種を完了しています。

 

 (英語:デンマーク王室 公式サイト)HRH The Crown Prince cancels his attendance at the Olympic Games in Tokyo, Japan | The Danish Monarchy – Front Page

誕生(2021年6月4日):リリベット・ダイアナ・マウントバッテン=ウィンザー

 2021年6月4日、サセックス公爵ヘンリー王子殿下(Prince Henryハリー王子 : Prince Harry : His Royal Highness The Duke of Sussex)とサセックス公爵夫人メーガン妃殿下(Meghan : Her Royal Highness The Duchess of Sussex)の第二子・長女が誕生したようです。
 名は、リリベット・ダイアナ・マウントバッテン=ウィンザーLilibet Diana Mountbatten-Windsor)となり、両親からはリリーLily)と呼ばれる見込みとのことです。

 

 なお、様々なことが続いた結果、昔から王室のニュースをチェックしてきた人々(欧州や米国を含む)のかなりの部分が、このニュースにさしたる関心を持っていないような状況になっています。

懐妊発表(2021年5月):英国王室のベアトリス王女殿下(エドアルド・マペッリ・モッツィ夫人)が懐妊とのこと

 英国王室のベアトリス王女殿下、エドアルド・マペッリ・モッツィ夫人(Her Royal Highness Princess Beatrice, Mrs Edoardo Mapelli Mozzi)が懐妊と発表されました。

 出産予定は今年【2021年】秋。

 

The Royal FamilyさんはTwitterを使っています 「Her Royal Highness Princess Beatrice and Mr Edoardo Mapelli Mozzi are very pleased to announce that they are expecting a baby in autumn of this year. The Queen has been informed and both families are delighted with the news. 📸 The couple on their wedding day in July 2020. https://t.co/oCHZLBa8oT」 / Twitter

デンマーク皇太子フレデリック殿下が、新型コロナウイルスワクチン一回目を接種(2021年5月)

 デンマーク皇太子フレデリック殿下(モンペザ伯爵 : Frederik : His Royal Highness The Crown Prince of Denmark, Count of Monpezat)が、新型コロナウイルスワクチンの一回目を接種したようです。

 どこのワクチンかは記載されていません。

 

DET DANSKE KONGEHUS 🇩🇰(@detdanskekongehus) • Instagram写真と動画

英国王室のケント公爵家マイケル王子殿下の妻、マリー妃殿下が血栓を患っているとのこと。昨年【2020年】11月に新型コロナウイルス感染症【COVID-19】発症、今年初めにワクチン接種(2021年5月)

 Daily Mail Online によりますと、英国王室のケント公爵家マイケル王子殿下(His Royal Highness Prince Michael of Kent)の妻マリー・クリスティン妃殿下(Marie Christine : Her Royal Highness Princess Michael of Kent)が血栓を患っているとのことです。

 

 (英語)Princess Michael of Kent, 76, is 'ill with blood clots' months after suffering Covid | Daily Mail Online

 

 妃殿下は、昨年11月に新型コロナウイルス感染症【COVID-19】で発症、高熱と激しい疲労感を患っていたとされています。
 上記記事によれば、今年初めのほうに、オックスフォード=アストラゼネカCOVID-19ワクチンを二回接種しているそうです。
 また、ワクチン接種から期間があいていることから、副反応ではないとみられるとしています。

 

 ちなみに夫のマイケル王子殿下のほうは、最近、自らに特別な権限とロシア大統領府との関係があると偽って、大統領府とのつながりを持ちたい人物からお金をだまし取ろうとしたという疑惑が発生しています。