三池立花家から寄託された三池藩最後の藩主 立花種恭 の関連資料から幕末から明治初期にかけての多数の書簡が見つかる(2018年9月)

 2018年9月12日、福岡県大牟田市立の三池カルタ・歴史資料館は、三池立花家から寄託された三池藩最後の藩主立花種恭たちばな たねゆき)の関連資料から幕末から明治初期にかけての多数の書簡が見つかったことを発表したようです。

 

 岩倉具視ら明治の実力者の書簡60点 最後の三池藩主に送る 歴史資料館が発見、10月公開 [福岡県]|【西日本新聞】

 書簡を含む史料の一部は10月2日~12月9日(月曜と最終木曜休館)、同館の企画展「三池立花家の近代-立花種恭と激動の幕末維新」で公開する。入場無料。同館=0944(53)8780。

 

 岩倉具視三条実美らの名前が見えます。

 

史料は種恭から5代目に当たる現当主が先代から引き継ぐ際に出てきたという。

 ということで、現当主の名前はありません。

 

第35回産経国際書展東北展の贈賞式に、伊達宗家第34代当主【仙台藩主伊達家第18代当主】 伊達泰宗 氏が臨席(2018年9月)

 2018年9月9日、宮城県仙台市青葉区で第35回産経国際書展東北展の贈賞式がおこなわれ、伊達宗家第34代当主/仙台藩主伊達家第18代当主伊達泰宗だて やすむね)氏が臨席したようです。
 同氏は、地区最高賞の伊達政宗賞を受賞した五戸光岳氏に賞状と副賞を授与した模様。

 

 産経国際書展東北展 五戸さんに賞贈呈 「継続は力」後進育成に意欲 宮城 – 産経ニュース

 

映画「海すずめ」などのチャリティー上映会。宇和島伊達家第13代当主 伊達宗信 氏も挨拶(2018年9月)

 2018年9月8日、東京都渋谷区で、愛媛県宇和島市が舞台の映画「海すずめ」と広島県三原市が舞台の映画「やっさだるマン」のチャリティー上映会がおこなわれ、宇和島伊達家第13代当主伊達宗信氏(だて むねのぶ)も挨拶をしたようです。

 

 映画舞台 宇和島支援を 大森監督(砥部出身)が東京で上映会|愛媛新聞ONLINE

 伊達家13代当主伊達宗信さんは「宇和島だけでなく愛媛全体で頑張っている。完全な復興には皆さんの力が必要だ」と呼び掛けた。

 

【系譜未確認】伊達政宗から第21代目だという伊達佳内子という方がミス・ワールド日本代表に決定したそうで……(2018年8月)

 2018年8月末のことらしいですが、伊達政宗だて まさむね)から第21代目だという伊達佳内子だて かなこ)という方がミス・ワールド日本代表に決定したそうです。

 当たり前ですが、芸能(やスポーツ)関連の記事は細かく系譜の確認などしてくれないので、信頼性にはハテナマークが付きますが、
 「伊達政宗から21代目」
 「亘理伊達家の末裔」
 「政宗の直系」
 「伊達政宗の末裔」
 といった言葉が並びます。
 
 亘理伊達家といった言葉もあるので、その系統だろうということですが、細かいことはわかりません。
 亘理伊達家には(戦国時代にある程度興味がある人ならおなじみの)伊達成実だて しげざね)の養子に伊達政宗の子供が入っています。
 その後伊達氏の別系統から養子を迎えてもおり、また近代以降婿養子もありますが、血統としては政宗から続いているのか続いていないのかはっきりしないところです(養子が来た元の家にも別から養子が来ていると確認は面倒になります)。ざっと見たところ続いていそうではありますが、そもそも元の問題として、この方が亘理伊達家歴代当主とどういう関係なのかわからないので、なんともいえないところです。

 

WWS CHANNEL:
伊達政宗から21代目亘理伊達家の末裔・ 伊達佳内子がスピーチ!ミス・ワールド・ジャパン日本代表に輝く! – YouTube

 

WWS CHANNEL:
政宗の直系 伊達佳内子さんがミス・ワールド日本代表に決定! – YouTube

 

 「ミス・ワールド2018」日本代表決定 伊達政宗の末裔・慶応大学の伊達佳内子さん – モデルプレス
 政宗の直系、伊達佳内子さんがミスワールド日本代表 – 芸能 : 日刊スポーツ

 

皇太子(徳仁親王)殿下がフランス訪問を前に記者会見(2018年9月)

 皇太子殿下(徳仁親王 : なるひと : Crown Prince Naruhito : His Imperial Highness The Crown Prince of Japan)が、明日【2018年9月7日】出発のフランス共和国訪問を前に、記者会見をおこないました。

 

 フランスご訪問に際し(平成30年) – 宮内庁
 皇太子さまフランス訪問を前に会見 | NHKニュース

今回の訪問は,1858年に日仏修好通商条約が締結されてから160周年という節目の年に行われます。歴史をたどれば,両国民が初めて接点を持ったのは,伊達政宗の派遣した支倉常長が率いる慶長遣欧使節が,1615年に南フランスのサン・トロペに偶然立ち寄ったときであるとされます。

天皇皇后両陛下には,平成6年に国賓としてフランスをご訪問になったほか,天皇陛下には皇太子でいらっしゃった昭和28年にも同国をご旅行になっており,その際の訪問先でのことや,お会いになった人々の優しさ,心温まるおもてなしなどについては,折に触れて両陛下より伺っております。また,1921年にフランスをご訪問になった皇太子時代の昭和天皇は,エッフェル塔に登られ,パリ市街を眺められたと伺っておりますが,今回私は,エッフェル塔のライトアップの点灯式に際し,対岸のシャイヨー宮からエッフェル塔を見上げることになります。

愛子は,先日の英国でのサマースクールへの参加を通じて,様々な貴重な経験を積んできたようです。私自身,英国への留学を始め,外国での生活を経験することで,それまで日本にいるだけでは気が付かなかったことにも気付き,考えを深めることができました。愛子も,今回の英国滞在によって,より幅広い視野を身に付けてくれたのではないかと思いますし,そうした経験を,今後の人生に,そして,皇族としての役割を果たしていく中でいかしていってほしいと思っています。

 

続報:
 皇太子(徳仁親王)殿下がフランス訪問へ出発(2018年9月)