訃報(2020年12月1日):英国の(元)連合王国最高裁判所裁判官・一代貴族ケアー・オブ・トナーモア男爵ブライアン・ケアー閣下が卒去(1948~2020)1876年上訴管轄権法で最後に叙爵された男爵

 2020年12月1日、英国の一代貴族ケアー・オブ・トナーモア男爵ブライアン・ケアー閣下(Brian Kerr, Baron Kerr of Tonaghmore : ケアー・オブ・トナーモア卿 : The Right Honourable The Lord Kerr of Tonaghmore PC)が卒去した模様。
 1948年2月22日生まれの72歳。

 2004年~2009年まで北アイルランド裁判所長官。
 2009年の連合王国最高裁判所創設時に裁判官(今年退官)、同年一代貴族に叙されています。1876年上訴管轄権法による一代貴族としては最後の叙爵。

 

 (英語)Lord Kerr of Tonaghmore: Former Supreme Court judge dies at 72 – BBC News
 (英語)Former Lord Chief Justice for Northern Ireland Sir Brian Kerr, has died – Armagh I

 (英語:英国議会 公式サイト)Parliamentary career for Lord Kerr of Tonaghmore – MPs and Lords – UK Parliament
 (英語:連合王国最高裁判所 公式サイト)Lord Kerr RIP – The Supreme Court

 (英語)Peerage News: Lord Kerr of Tonaghmore 1948-2020

 

連合王国最高裁判所長官/一代貴族リード・オブ・アラーミュア男爵ロバート・リード閣下(Robert Reed, Baron Reed of Allermuir : The Right Honourable The Lord Reed of Allermuir PC FRSE : リード・オブ・アラーミュア卿)による弔意表明/
UKSupremeCourt(連合王国最高裁判所 公式チャンネル):
Lord Kerr RIP – YouTube

 

インデペンデントなどの主要株主エフゲニー・レベデフ氏が英国の一代貴族の男爵に叙爵される(2020年11月)

 2020年11月19日付で、インデペンデントなどの主要株主エフゲニー・アレクサンドロヴィチ・レベデフ氏(Evgeny Alexandrovich Lebedev)が一代貴族の男爵に叙爵されたようです。
 レベデフ氏は、レベデフ男爵(Baron Lebedev : The Right Honourable The Lord Lebedev : レベデフ卿)となりました。
 細かく確認していませんが、ロシア連邦と英国の二重国籍のようで、爵位の説明に付く地名にロシア連邦シベリアが付加されています。

 所属党派としてはクロスベンチ(中立)になったようです。

 ボリス・ジョンソン首相の意思での叙爵決定ですが、批判も多い模様。

 

 (英語)Crown Office | The Gazette
 (英語:英国議会 公式サイト)Contact information for Lord Lebedev – MPs and Lords – UK Parliament
 (英語)Peerage News: The Baron Lebedev, of Hampton in the London Borough of Richmond upon Thames and of Siberia in the Russian Federation

 

訃報(2020年11月14日):英国の一代貴族(元・労働党)/ストッダート・オブ・スウィンドン男爵デービッド・ストッダート閣下が卒去(1926~2020)

 2020年11月14日、英国の一代貴族ストッダート・オブ・スウィンドン男爵デービッド・ストッダート閣下(David Stoddart, Baron Stoddart of Swindon : ストッダート・オブ・スウィンドン卿 : The Right Honourable The Lord Stoddart of Swindon PC)が卒去した模様。
 1926年5月4日生まれの94歳。

 庶民院(下院)議員を経て、1983年に一代貴族のストッダート・オブ・スウィンドン男爵に叙爵。
 労働党所属でしたが、選挙での支持を巡って、会派から除籍されました。
 また、いわゆる EU 懐疑派の政治家の一人でした。

 

 (英語:英国議会 公式サイト)Parliamentary career for Lord Stoddart of Swindon – MPs and Lords – UK Parliament

 (英語)Former Reading councillor Lord Stoddart of Swindon passes away at 94 – Berkshire Live
 (英語)Tributes paid as former Swindon MP dies | Swindon Advertiser

 

訃報(2020年11月7日):英国の一代貴族(クロスベンチ)/サックス男爵ジョナサン・サックス閣下、卒去(1948~2020)ユダヤ教正統派の首席ラビを務める

 2020年11月7日、英国の一代貴族(クロスベント)のサックス男爵ジョナサン・サックス閣下(Jonathan Sacks, Baron Sacks : サックス卿 : The Right Honourable The Lord Sacks Kt)が卒去した模様。
 1948年3月8日生まれの72歳。

 1991年~2013年に、ユダヤ教正統派の英国などにおける団体の首席ラビを務めていました。
 2009年に一代貴族に叙爵されています。

 

The Office of Rabbi SacksさんはTwitterを使っています 「Baruch Dayan Ha’Emet. It with the deepest sadness that we regret to inform you that Rabbi Lord Jonathan Sacks (HaRav Ya’akov Zvi ben David Arieh z’’l) passed away early this morning, Saturday 7th November 2020 (Shabbat Kodesh 20th MarCheshvan 5781).」 / Twitter

 

 (英語)"Warmest human spirit": UK's former chief rabbi Sacks dies – ABC News

 (英語:バチカン・ニュース)Death of Rabbi Sacks, “an eloquent spokesman for humanity" – Vatican News
 (英語:アングリカン・コミュニオン・ニュース・サービス)Archbishop Justin Welby pays tribute after death of Britain’s former Chief Rabbi Sacks

 (英語:英国議会 公式ウェブサイト)Contact information for Lord Sacks – MPs and Lords – UK Parliament

 (英語)Peerage News: The Baron Sacks, MBE 1948-2020

 

英国/一代貴族の男爵叙爵(2020年10月?日):ジョー・ジョンソン閣下がジョンソン・オブ・メリルボーン男爵に叙爵。英国首相ボリス・ジョンソン閣下の弟。ジョージ2世子孫

 英国の一代貴族として、ジョー・ジョンソン閣下(The Right Honourable Jo Johnson PC : ジョセフ・エドムンド・ジョンソンJoseph Edmund Johnson)がジョンソン・オブ・メリルボーン男爵(Baron Johnson of Marylebone)に叙爵されたようです。
 ジョンソン・オブ・メリルボーン卿閣下(The Right Honourable The Lord Johnson of Marylebone PC)という表記が(固い表記としては)用いられます。

 日付は2020年10月15日という情報もありますが、英国議会公式サイトでは10月12日に貴族院(上院)議員となっているように書かれています(時々なぜか日付が変わるサイトですが)。

 ジョンソン・オブ・メリルボーン男爵は、元・庶民院(下院)議員。
 英国首相ボリス・ジョンソン閣下(The Right Honourable Boris Johnson Hon FRIBA MP)の弟で、グレートブリテン王・アイルランド王ジョージ2世(ハノーファー選帝侯ゲオルク2世アウグスト)の子孫です。

 

 (英語:英国議会 公式サイト)Contact information for Lord Johnson of Marylebone – MPs and Lords – UK Parliament

 (英語)Peerage News: Joe Johnson's life peerage has been gazetted