訃報(2021年7月21日):英国の第9代アントリム伯爵アレクサンダー・マクドネル閣下が薨去(1935~2021)

 2021年7月21日、英国のアイルランド貴族/第9代アントリム伯爵アレクサンダー・マクドネル閣下(Alexander McDonnell, 9th Earl of Antrim, FRSA : アントリム卿 : Lord Antrim)が薨去した模様です。
 1935年2月3日生まれの86歳。

 薨去に伴い、子息のダンルース子爵ランダル・マクドネルRandal McDonnell, Viscount Dunluce)が第10代伯爵となります。
 また、その子息のアレクサンダー・マクドネルが儀礼称号として新たにダンルース子爵を称するでしょう。

 なお、現在のアントリム伯爵の男系は、ロージアン侯爵などを保有するケアー家の傍系なので、同侯爵位などの継承順位に並んでいます。

 

 (英語)9th Earl of Antrim passes away after short illness – BelfastTelegraph.co.uk

Belfast TelegraphさんはTwitterを使っています 「9th Earl of Antrim passes away after short illness https://t.co/9C6TCyO5d4」 / Twitter

 

 (英語)Peerage News: The 9th Earl of Antrim 1935-2021

訃報(2021年3月?)英国の第7代ビュート侯爵ジョン・クライトン=ステュアート閣下【ジョニー・ダンフリーズ】が薨去(1958~2021)F1ドライバー、英国F3チャンピオン、ルマン24時間レース優勝者。スコットランド王ロバート3世、英国王ウィリアム4世の子孫

 第7代ビュート侯爵ジョン・(コラム)・クライトン=ステュアート閣下(John Colum Crichton-Stuart, 7th Marquess of Bute : The Most Honourable The Marquess of Bute : ジョニー・ダンフリーズJohnny Dumfries)が薨去した模様です。
 1958年4月26日生まれの62歳。

 レーシングドライバーで、1980年代に英国F3チャンピオン、F1ロータスでアイルトン・セナのチームメート、ルマン24時間レースで優勝などの経歴があります。
 スコットランド王ロバート3世の庶子の男系男子、また英国王ウィリアム4世の庶子を通じてその子孫でもあります。

 薨去に伴い、子息のマウント・ステュアート卿ジョン・(ブライソン)・クライトン=ステュアートJohn Bryson Crichton-Stuart, Lord Mount Stuart)が第8代ビュート侯爵・第13代ダンフリーズ伯爵となります。1989年生まれ。
 新侯爵・伯爵は子供がいないようなので、侯爵位は叔父のアントニー・クライトン=ステュアート卿(Lord Anthony Crichton-Stuart)が、伯爵位は姉のカロリン・クライトン=ステュアート令嬢(Lady Caroline Crichton-Stuart)が現在のところ継承順位第一位ということになるかと思われます。

 

 (英語)Ex-Formula 1 driver Marquess of Bute dies aged 62 – STV News
 (英語)Ex-racing driver Marquess of Bute dies aged 62 of 'cancer' | Daily Mail Online

 (英語)Peerage News: The 7th Marquess of Bute 1958-2021

 【訃報】ロータスでF1に参戦したジョニー・ダンフリーズが62歳で死去 | F1 | autosport web
 ジョニー・ダンフリーズ、死去 | F1News | Formula Web -F1総合情報サイト-

婚約(2020年12月):英国のブラッドフォード伯爵の継嗣ニューポート子爵アレクサンダー・ブリッジマンとエリザ・リーピナ嬢

 英国のニューポート子爵アレクサンダー・ブリッジマンAlexander Bridgeman, Viscount Newport)とエリザ・リーピナ嬢(Eliza Liepina)が婚約したようです。

 ニューポート子爵は、英国の連合王国貴族/第7代ブラッドフォード伯爵リチャード・ブリッジマン閣下の継嗣です。
 1980年9月6日生まれの40歳で、すでに地所を任されている模様。

 エリザ・リーピナ嬢は1991年生まれの29歳。

 この婚約にもオンライン通話の Zoom が一役買っているそうです。

 

 (英語)SEBASTIAN SHAKESPEARE: Bradford heir wins approval of marriage… through Zoom  | Daily Mail Online

 (英語)Peerage News: The Earl of Bradford's son and heir engaged

 

 なお、ブラッドフォード伯爵は、爵位売買詐欺に関する批判サイトで知られています。

 (英語)Welcome to Fake Titles – Fake Titles

I will put it very simply, “You cannot purchase a genuine British title, with one exception, the feudal title of a Scottish baron; and certainly cannot buy a peerage title”. Scottish Feudal Baronies fetch a mighty price; the Barony of MacDonald was up for sale at over £1 million.

 スコットランドの封建男爵以外は、英国貴族の称号を買うことは出来ないという話です。

※スコットランド貴族にはロード・オブ・パーラメント(Lord of Parliament)というものがあり、これが他の(普通?の)男爵に相当します。

 

訃報(2020年12月2日):英国のスコットランド貴族/第13代ベルハーヴェン・ステントン卿ロバート・ハミルトン閣下が卒去(1927~2020)

 2020年12月2日、英国のスコットランド貴族/第13代ベルハーヴェン・ステントン卿ロバート・ハミルトン閣下(Robert Hamilton, 13th Lord Belhaven and Stenton)が卒去したようです。
 1927年2月27日生まれの93歳。

※スコットランド貴族のロード・オブ・パーラメント(Lord of Parliament)は他の男爵相当です(ただしスコットランドには他の概念の世襲男爵が存在します)。

 貴族院(上院)議員として外交畑で活動し、1995年にポーランド共和国功労騎士団の第三等コマンダーズ・クロス(Commander’s Cross)に叙されているようです。

 卒去に伴い、子息のベルハーヴェン総領フレデリック・ハミルトン閣下(The Honourable Frederick Hamilton, Master of Belhaven)が新たなベルハーヴェン・ステントン卿となり、その子息のウィリアム・ハミルトンWilliam Hamilton)が新たな継嗣となります。

 

 (英語)BELHAVEN AND STENTON – Deaths Announcements – Telegraph Announcements

 (英語)Peerage News: The 13th Lord Belhaven and Stenton 1927-2020

 

結婚(2020年10月10日):英国の第18代ローダーデイル伯爵イアン・メイトランド閣下(82歳)が84歳の未亡人と結婚

 2020年10月10日、英国のスコットランド貴族/第18代ローダーデイル伯爵イアン・メイトランド閣下(Ian Maitland, 18th Earl of Lauderdale : The Right Honourable The Lord Lauderdale : ローダーデイル卿)が、サラ・サス未亡人(Sarah Sasse)と結婚したようです。

 新郎の伯爵閣下は1937年11月4日生まれの(結婚時点で)82歳。
 新婦の未亡人は84歳のようです。

 

 (英語)The Earl of Lauderdale and Ms S.L. Sasse – Marriages Announcements – Telegraph Announcements

 (英語)Peerage News: The Earl of Lauderdale, 82, weds Sarah Sasse, 84