誕生(2022年10月21日):アレクサンドル・ゲオルギエヴィッチ公子殿下。ロシア帝室ロマノフ家継嗣/ロシア大公ゲオルギー殿下夫妻の第一子・長男

 2022年10月21日、ロシア帝室継嗣のロシア大公ゲオルギー殿下(His Imperial Highness The Heir, Tsesarevich, and Grand Duke George of Russia : プロイセン王子 : Prince of Prussia)とヴィクトリア・ロマノヴナ妃殿下(Her Serene Highness Princess Victoria Romanovna)の間の第一子・長男となるアレクサンドル・ゲオルギエヴィチ公子殿下(His Serene Highness Prince Alexander Georgievich)が誕生したと発表されています。

 なお、命名は、聖アレクサンドル・ネフスキーからのようです(この時期に……)。

 

 (ロシア語:ロシア帝室 公式サイト)Российский Императорский Дом – 2022-10-21 Рождение внука Главы Дома Романовых Князя Александра Георгиевича

 (英語)Birth of HSH Prince Alexander Georgievich Romanoff — The Russian Legitimist
 (英語)Russian and Foreign Media Notes Birth of the New Prince Romanoff — The Russian Legitimist
 (英語)Main Russian News Agency ITAR-TASS Reports on the Birth of HSH Prince Alexander Romanoff — The Russian Legitimist

 (フランス語)La princesse Victoria et le grand-duc George de Russie présentent leur Royal Baby

CoutureAndRoyalsさんはTwitterを使っています: 「#BREAKING Congratulations to Grand Duke George and Princess Victoria Romanovna who have welcomed their first child, a baby boy! 🥳💙 The Princess gave birth this morning. The little Prince has been named Alexander and is styled as HSH Prince Alexander Georgievich Romanov https://t.co/hRUS54xoUm」 / Twitter

 

Великий Князь Георгий РомановはInstagramを利用しています:「#romanoff #romanov #royal #baby @roddomckb @royal_enfant #романов #домромановых #россия #любовь #семья #новорожденный」

 

Point De VueはInstagramを利用しています:「Première séance photo officielle pour Alexander Georgievich Romanov 🥰 🍼👶 Le grand-duc George et la princesse Victoria Romanovna de Russie…」

 

追記:
 2022年12月6日、キリスト教/東方正教会/ロシア正教会のヴォスクレセンスク府主教ディオニシー座下(His Eminence Metropolitan DionysiusDionisiy】 of Voskresensk)により、同公子の洗礼式がおこなわれました。

 (英語:ロシア帝室 公式サイト)Russian Imperial House – 2022-12-06 The Baptism of the Grandson of the Head of the Imperial House of Russia, His Serene Highness Prince Alexander Georgievich

 ゲオルギー殿下の母でロシア帝室・ロマノフ家当主/ロシア女大公マリヤ殿下(Head of the Russian Imperial House : Her Imperial Highness The Grand Duchess Maria Wladimirovna of Russia)、
 ゲオルギー殿下の父でマリヤ殿下の元夫であるプロイセン王子フランツ・ヴィルヘルム殿下(His Royal Highness Prince Franz Wilhelm of Prussia)と同王子の二回目の結婚の相手ナディア妃殿下(Her Royal Highness Princess Nadia of Prussia)
 らが参列。

崩御した英国女王エリザベス2世陛下への弔意を表明した各国君主・王室当主(2022年9月)

 2022年9月8日に崩御した英国女王エリザベス2世陛下(Elizabeth II : Her Majesty The Queen)への弔意を各国君主・王室当主らが表明しています。

※弔電などが送られていても、報道、ウェブサイトやソーシャルメディアなどでの内容の公表はない場合もあります。

 

皇室/

 (宮内庁 公式サイト)英国エリザベス二世女王陛下の崩御に際しての天皇皇后両陛下のお気持ちとしての御服喪

ANNnewsCH(ANN NEWS):
天皇陛下「心からの敬意と感謝」 エリザベス女王に哀悼のお気持ち(2022年9月9日) – YouTube

ANNnewsCH(ANN NEWS):
【速報】両陛下と上皇ご夫妻 エリザベス女王死去で3日間服喪(2022年9月10日) – YouTube

 

スペイン王室/
 スペイン王フェリペ6世陛下による、スピーチ中の弔意表明:
Casa de S.M. el ReyさんはTwitterを使っています: 「▶️Vídeo de las palabras de pésame de S.M. el Rey por el fallecimiento de S.M. la Reina Isabel II: https://t.co/wn0VRdX3Mh」 / Twitter

Casa de S.M. el ReyさんはTwitterを使っています: 「Telegrama de condolencias de https://t.co/nDfJKo27YU. los Reyes a S.M. el Rey Carlos por el fallecimiento de S.M. la Reina Isabel II: "Your Majesty, dearest Charles,」 / Twitter

 

オランダ王室/
 オランダ王ウィレム=アレクサンダー陛下、王妃マクシマ陛下、前オランダ女王ベアトリクス陛下(オランダ王女ベアトリクス殿下)らからの弔意:
 (英語:オランダ王室 公式サイト)Response by King Willem-Alexander, Queen Máxima and Princess Beatrix to the passing of Queen Elizabeth II | News item | Royal House of the Netherlands

Koninklijk Huis – “Met diep respect en grote affectie… | Facebook

 

デンマーク王室/
 デンマーク女王マルグレーテ2世陛下よりの弔意:
 (英語:デンマーク王室 公式サイト)HM The Queen sends condolences to HM King Charles III

 

ノルウェー王室/
 ノルウェー王ハーラル5世陛下よりの弔意:
 (英語:ノルウェー王室 公式サイト)Queen Elizabeth II – The Royal House of Norway

 

スウェーデン王室/
 スウェーデン王カール16世グスタフ陛下からの弔意:
 (英語:スウェーデン王室 )Statement by His Majesty The King of Sweden following the death of Her Majesty The Queen of the United Kingdom of Great Britain and Northern Ireland | Kungahuset

 

ベルギー王室/
 ベルギー王フィリップ陛下および王妃マティルド陛下からの弔意:
Belgian Royal PalaceさんはTwitterを使っています: 「Message by King Philippe and Queen Mathilde on the passing of Queen Elizabeth II: https://t.co/NTuOzedyc5」 / Twitter

 

ルクセンブルク大公室/
 ルクセンブルク大公アンリ殿下からの弔意:
Cour Grand-DucaleさんはTwitterを使っています: 「LL.AA.RR. sont profondément émus et attristés par la nouvelle du décès de S.M. la Reine Elisabeth II, une monarque profondément attachée à l’amitié entre nos deux pays. S.A.R. le Grand-Duc adressera un message de condoléances au nom du peuple 🇱🇺 à la Famille royale britannique. https://t.co/sS2pM5HlWj」 / Twitter

 

モナコ公室/
 モナコ公アルベール2世殿下からの弔意:

Pal… – Palais Princier de Monaco – Prince's Palace of Monaco | Facebook

 

リヒテンシュタイン公室:
 リヒテンシュタイン公世子アロイス殿下と公世子妃ゾフィー殿下(バイエルン王女):
 (ドイツ語)Offizielles Liechtenstein kondoliert der königlichen Familie – Liechtenstein – Liechtensteiner Volksblatt, die Tageszeitung für Liechtenstein

 

ローマ教皇聖座(バチカン)/
 ローマ教皇フランシスコ聖下からの弔意:

 (英語:ローマ教皇聖座 公式サイト)Telegram of the Holy Father on the death of Her Majesty Queen Elizabeth II, 08.09.2022

 エリザベス英女王逝去:教皇、心からのお悔やみと祈り – バチカン・ニュース
 (英語)Pope Francis mourns death of Britain’s Queen Elizabeth II – Vatican News

Vatican NewsさんはTwitterを使っています: 「Pope Francis sends his condolences to King Charles III and the people of the United Kingdom for the death of Queen Elizabeth II, and praises her “life of unstinting service to the good of the Nation and the Commonwealth”. https://t.co/hwx6btpWnp」 / Twitter

 

マルタ騎士団(主権実体)/
※マルタ騎士団は英国とは外交関係を樹立していませんが、エリザベス2世陛下を国家元首とする英連邦王国の中に外交関係が樹立されている国があります。
Order of MaltaさんはTwitterを使っています: 「The Sovereign Order of Malta expresses its deepest condolences on the passing of Her Majesty Queen Elizabeth II. The thoughts and prayers of the Order are with King Charles III, the Royal Family, the entire United Kingdom, and the British Commonwealth. https://t.co/GOs2e3EPoJ」 / Twitter

 

サウジアラビア王室/
 二聖モスクの守護者国王サルマンからの弔意:
 (英語)Custodian of the Two Holy Mosques Condoles King of Britain on the Death of Queen Elizabeth II The official Saudi Press Agency
SPAENGさんはTwitterを使っています: 「Custodian of the Two Holy Mosques Condoles King of Britain on the Death of Queen Elizabeth II https://t.co/7tlCa319Y6 #SPAGOV https://t.co/EZBnMA3lgH」 / Twitter

 サウジアラビア皇太子ムハンマド・ビン・サルマン殿下からの弔意:
 (英語)HRH Crown Prince Condoles King of Britain on the Death of Queen Elizabeth II The official Saudi Press Agency
SPAENGさんはTwitterを使っています: 「HRH Crown Prince Condoles King of Britain on the Death of Queen Elizabeth II https://t.co/X2x4oKNOBy #SPAGOV https://t.co/wo50eBEn7l」 / Twitter

 

ヨルダン王室/
 (英語:ヨルダン王アブドッラー2世陛下 公式サイト)Royal Hashemite Court mourns passing of UK Queen Elizabeth II, announces seven days of mourning | King Abdullah II Official Website
 七日間の服喪を発表。

 ヨルダン王妃ラーニア陛下からの弔意:
Rania Al AbdullahさんはTwitterを使っています: 「With a heavy heart we bid farewell to an icon of selfless dedication and unwavering commitment, a queen who embodied the traits of a faithful and devoted sovereign. The reign of Her Majesty Queen Elizabeth II will forever be remembered. May her soul rest in eternal peace.」 / Twitter

 

オマーン王室/
 オマーン・スルタンハイサム陛下からの弔意:
 (英語)Oman News Agency | HM The Sultan Condoles King Charles III of UK
 (英語)Oman News Agency | Royal Orders to Fly Flags at Half-mast on Demise of Queen Elizabeth II
 半旗掲揚を指示。

 

クウェート公室/

 クウェート首長ナッワーフ殿下からの弔意:
 (英語)KUNA : Kuwait's Amir offers condolences to King Charles after Queen Elizabeth death – diwan – 08/09/2022
Kuwait News Agency – English FeedさんはTwitterを使っています: 「Kuwait's Amir offers condolences to King Charles after Queen Elizabeth death https://t.co/qjPw01ahjT #KUNA #KUWAIT」 / Twitter

 クウェート副首長・皇太子ミシュアル殿下からの弔意:
 (英語)KUNA : Deputy Amir, Crown Prince condoles with King Charles over Queen Elizabeth demise – diwan – 08/09/2022
Kuwait News Agency – English FeedさんはTwitterを使っています: 「Deputy Amir, Crown Prince condoles with King Charles over Queen Elizabeth demise https://t.co/bTwdTxdlU0 #KUNA #KUWAIT」 / Twitter

クウェート首相アハマド・ナッワーフ殿下からの弔意:
 (英語)KUNA : Kuwait Prime Minister mourns Queen Elizabeth II – diwan – 08/09/2022
Kuwait News Agency – English FeedさんはTwitterを使っています: 「Kuwait Prime Minister mourns Queen Elizabeth II https://t.co/ReWQp1pLg3 #KUNA #KUWAIT」 / Twitter

 (英語)KUNA : Cabinet decides to put flags at half-mast starting Friday in honor of Elizabeth II demise – Government – 08/09/2022
Kuwait News Agency – English FeedさんはTwitterを使っています: 「Cabinet decides to put flags at half-mast starting Friday in honor of Elizabeth II demise https://t.co/dpOhR38rHF #KUNA #KUWAIT」 / Twitter

 

カタール公室/
 カタール首長タミーム殿下からの弔意:

 (英語:カタール首長府 公式サイト)HH The Amir Mourns Queen Elizabeth II

 

アラブ首長国連邦(UAE)/

 UAE大統領/アブダビ首長ムハンマド・ビン・ザーイド殿下からの弔意:
 (英語)WAM EnglishさんはTwitterを使っています: 「#MohamedBinZayed: I extend my sincere condolences to the family of Queen Elizabeth II and the people of the UK. She was a close friend of the UAE, a beloved & respected leader whose long reign was characterised by dignity, compassion & tireless commitment to serving her country. https://t.co/c9mzSIRWrE」 / Twitter

 UAE副統領・首相/ドバイ首長ムハンマド・ビン・ラーシド殿下からの弔意:
WAM EnglishさんはTwitterを使っています: 「Mohammed bin Rashid: We join the world in mourning the passing of Her Majesty #QueenElizabeth, a global icon who represented the finest qualities of her nation and people. Her incredible lifetime of service and duty to the United Kingdom is unparalleled in our modern world. https://t.co/xK90Dcx8dJ」 / Twitter

 (英語)Emirates News Agency – UAE leaders extend condolences over death of Queen Elizabeth II
WAM EnglishさんはTwitterを使っています: 「#UAEleaders extend condolences over death of #QueenElizabethII #WamNews https://t.co/aMx4WBdwq6 https://t.co/hmZeKRMKrH」 / Twitter

 (英語)Emirates News Agency – UAE announces three days of mourning on death of Queen Elizabeth II
WAM EnglishさんはTwitterを使っています: 「#UAE announces three days of mourning on death of #QueenElizabethII #WamNews https://t.co/uQwWCVHKVX https://t.co/8Ul4RvYbAM」 / Twitter

 

モロッコ王室/

 モロッコ王モハメッド6世陛下からの弔意:
 (英語)
Death of Queen Elizabeth II: For King Mohammed VI, Morocco Loses “Great & Special Friend” – The North Africa Post

 

ブータン王室/
 ブータン王ジグミ・ケサル・ナムゲル・ワンチュク陛下(Jigme Khesar Namgyal Wangchuck : His Majesty The King of Bhutan)
 ブータン王妃ジェツン・ペマ陛下(Queen Jetsun Pema : Her Majesty The Queen of Bhutan)
 ブータン皇太子ジグミ・ナムゲル・ワンチュク殿下(His Royal Highness Crown Prince Jigme Namgyel Wangchuck of Bhutan, Druk Gyalsey of Bhutan)

In an… – His Majesty King Jigme Khesar Namgyel Wangchuck | Facebook

9th… – His Majesty King Jigme Khesar Namgyel Wangchuck | Facebook

 

サモア独立国国家元首(O le Ao o le Mālō)および同国四大元首の一人トゥイマレアリイファノ・ヴァアレトア・スアラウヴィ2世殿下(His Highness Tuimaleali’ifano Va’aletoa Sualauvi II, O le Ao o le Mālō : トゥイマレアリッイファノ・ヴァッアレトア・スアラウヴィ2世)からの弔意:
 (英語:サモア政府 公式ウェブサイト)Message of Condolence recorded in the Condolence Book Lancaster House, St James by His Highness Tuimalealiifano Va’aleto’a Sualauvi II, Head of State of the Independent State of Samoa to Her Majesty, the Late Queen Elizabeth II, (Sunday, 18 September 2022) – Government of Samoa

 

(旧)フランス王室正統派/
 アンジュー公ルイ殿下(フランス王位継承者ルイ20世)からの弔意:

 (フランス語:正統派 公式サイト)La Grande Bretagne et le Commonwealth viennent de perdre leur souveraine

Louis de Bourbon, Duc d’AnjouさんはTwitterを使っています: 「La Grande Bretagne et le Commonwealth viennent de perdre leur souveraine. Au cours de son long règne, Sa Majesté la Reine Élisabeth II sut gagner le cœur de ses sujets et incarner les vertus britanniques.」 / Twitter

Louis de Bourbon, Duc d’AnjouさんはTwitterを使っています: 「Chef de la maison de Bourbon, je m'associe à l'hommage unanime rendu à la reine et adresse mes plus sincères condoléances à Sa Majesté le Roi Charles III ainsi qu'aux princes et princesses de la famille royale britannique que j'assure de mes prières. .」 / Twitter

La Grande Bretagne et le… – Louis de Bourbon, Duc d’Anjou | Facebook

 

(旧)フランス王室オルレアン派/
 パリ伯ジャン4世殿下からの弔意:
 (フランス語:パリ伯 公式サイト)Disparition de Sa Majesté la Reine Elizabeth II – Le Comte de Paris

Monseigneur le Comte de… – Prince Jean, Comte de Paris | Facebook

Prince Jean – Comte de ParisさんはTwitterを使っています: 「Monseigneur le Comte de Paris et Madame la Comtesse de Paris rendent hommage Sa Majesté la Reine Elizabeth II. Nous transmettons nos condoléances aux membres de la Famille Royale britannique, en particulier à Sa Majesté le Roi Charles III. 📸 Royal Collection Trust https://t.co/9fBw5SCHo5」 / Twitter

 

(旧)イタリア王室直系/
 当主/サヴォイア公・ナポリ公ヴィットーリオ・エマヌエーレ殿下からの弔意:
Emanuele Filiberto di Savoia | Facebook

 継嗣/ヴェネツィア公・ピエモンテ公エマヌエーレ・フィリベルト殿下のコメント:
Emanuele FilibertoさんはTwitterを使っています: 「On behalf of myself and the Royal House of Savoy, I express my deepest sorrow and sadness over the death of HM Queen Elizabeth II. My thoughts and prayers are with her family and all of her peoples. #QueenElisabeth #UnitedKingdom」 / Twitter

 (イタリア語)Regina Elisabetta, Emanuele Filiberto: "Oggi perdiamo la nonna e la mamma di tutta l'Europa" – Adnkronos.com
https://www.adnkronos.com/re… – Emanuele Filiberto di Savoia | Facebook

 

(旧)両シチリア王室カストロ系統/
 (英語:両シチリア王室カストロ系統 公式サイト)Message of condolence for Her Majesty the Queen Elizabeth II’s passing away – Real Casa di Borbone delle Due Sicilie

 

(旧)ルーマニア王室/
 ルーマニア王位守護者マルガレータ陛下とルーマニア王子配者ラドゥ殿下らからの弔意:

 (ルーマニア語:ルーマニア王室 公式サイト)Majestatea Sa Regina Elisabeta a II-a a trecut la cele veșnice – Casa Majestății Sale

 

(旧)ブルガリア王室/
 旧ブルガリア王シメオン2世陛下からの弔意:

 (英語:シメオン2世 公式サイト)His Majesty King Simeon II sent a letter of condolence to His Majesty King Charles III on the death of his mother Queen Elizabeth II « H.M. King Simeon II

 

現在セルビア王室を称する(旧)ユーゴスラビア王室/
 アレクサンダル2世皇太子殿下からの弔意:
 (英語:セルビア王室 公式サイト)CROWN PRINCE ALEXANDER’S CONDOLENCES FOR QUEEN ELIZABETH II DEATH – The Royal Family of Serbia

 フィリップ王世子殿下からの弔意:
Филип КарађорђевићさんはTwitterを使っています: 「The Queen passed away. She was a symbol of stability and wisdom in the turbulent decades of her reign, marking the 20th and 21st centuries as the longest reigning monarch, but also the most famous monarch on the planet. I will remember her kindness and incredibly cheerful spirit. https://t.co/EFzxUZDXcz」 / Twitter

 

(旧)アルバニア王室/
 アルバニア皇太子レカ2世殿下の弔意表明:
Princ Leka – Madhëria e Saj, Mbretëresha Elizabeth II,… | Facebook

Princ LekaさんはTwitterを使っています: 「Madhëria e Saj, Mbretëresha Elizabeth II, prehet sot në paqe pas më shumë se 70 vitesh në shërbim ekskluziv të shtetit, të popullit britanik dhe të 14 kombeve të Commonwealth anembanë rruzullit që e njihnin për sovranen e tyre….」 / Twitter

 

(旧)ジョージア王室【グルジア王室】グルジンスキー系統/

საქარ… – The Royal House of Georgia საქართველოს სამეფო სახლი | Facebook

 

(旧)ジョージア王室【グルジア王室】ムフラニ系統/
 ジョージア皇太子ダヴィト殿下からの弔意:

 (英語:ジョージア王室ムフラニ系統公式サイト)NEWS

საქ… – საქართველოს სამეფო სახლი – The Royal House of Georgia | Facebook

 

(旧)ブラジル帝室/
 ブラジル帝室当主ベルトランド殿下からの弔意:

Dom Bertrand de Orleans e BragançaさんはTwitterを使っています: 「Faleceu hoje, aos 96 anos de idade, a Rainha Elizabeth II do Reino Unido. Enviei uma mensagem de condolências a seu filho e sucessor, o Rei Charles III do Reino Unido. A Família Imperial Brasileira e a Família Real Britânica são aparentadas e sempre mantiveram boas relações. https://t.co/DyLBvMMnJG」 / Twitter

 

(旧)ロシア帝室/

 ロシア帝室当主/ロシア女大公マリヤ殿下からの弔意:
 (英語:ロシア帝室 公式サイト)Russian Imperial House – 2022-09-09 Head of the Imperial House of Russia expressed her condolences to H.M. King Charles III

HIH Grand Duke George of Russia ЕИВ Великий Князь Георгий Мих | Facebook

 ゲオルギー大公殿下夫妻からの弔意:
My wife Victoria and I are deeply saddened by the passing of Her Majesty Queen Elizabeth II. She was a towering figure whose selfless sense of duty was deeply inspiring not only to the citizens of the United Kingdom and the Commonwealth but to the entire world. Her Majesty was a force of steadiness and calm in her realms during good times and bad, and it was really she who built the Commonwealth into what it has become. King Charles and the entire Royal Family are very much in our thoughts and prayers at this time of great sadness and transition. George Grand Duke of Russia… – HIH Grand Duke George of Russia ЕИВ Великий Князь Георгий Мих | Facebook

 

(旧)イラン帝室/
 イラン皇太子レザー・パフラヴィー殿下からの弔意:

Reza PahlaviさんはTwitterを使っています: 「My family and I join the British people and the international community in mourning the death of Her Late Majesty, Queen Elizabeth II. https://t.co/DDPQ4vhnjI」 / Twitter

 

ウガンダ伝統的君主・トロ王/

His Majesty King Oyo of Tooro KingdomさんはTwitterを使っています: 「My sympathy, & that of all the People of Tooro, is with the British Royal Family, the People of Great Britain & the Commonwealth upon the loss of an icon, Her Majesty the Queen. Her dedicated leadership of over 70 years is historical & won't be forgotten. May She Rest in Peace. https://t.co/Oy6eewb2ne」 / Twitter

 

(旧)リビア王室/
 リビア皇太子ムハンマド・エル・サヌーシー王子殿下からの弔意:
 (英語:ムハンマド・エル・サヌーシー王子 公式サイト)Statement of Prince Mohammed El Senussi on the passing of Queen Elizabeth II – Prince Mohammed El Senussi

 

関連:
 インタビュー動画(ドイツ語):ハプスブルク家当主オーストリア大公カール殿下が、英国女王エリザベス2世陛下の崩御に際して語る(2022年9月)

二つの結婚式を前に、ロシア帝室ロマノフ家の争いは終わっていないと思わされる記事(2021年9月)

 ロシア帝室ロマノフ家では、最後の皇帝ニコライ2世の従弟の孫であり現在当主を称しているロシア女大公マリヤ殿下(Head of the Russian Imperial House : Her Imperial Highness The Grand Duchess Maria Wladimirovna of Russia)の唯一の子供であるロシア大公ゲオルギー殿下(His Imperial Highness The Heir, Tsesarevich, and Grand Duke George of Russia : プロイセン王子 : Prince of Prussia)とキリスト教/東方正教会/ロシア正教会に改宗ヴィクトリア・ロマノヴナVictoria Romanovna)の名をえたレベッカ・ベッタリーニ嬢(Rebecca Bettarini)の結婚式が予定されています。
 民事婚は2021年9月24日、宗教婚は2021年10月1日、にそれぞれおこなわれるとの発表。

関連:
 ロシア帝室ロマノフ家継嗣/ロシア大公ゲオルギー殿下とレベッカ・ベッタリーニ嬢の結婚式は2021年10月1日、ロシア・サンクトペテルブルクにておこなわれると発表(2021年3月)
 ロシア帝室ロマノフ家継嗣/ロシア大公ゲオルギー殿下とレベッカ・ベッタリーニ嬢の民事婚は9月24日におこなわれる模様(2021年8月)

 

 一方、ロマノフ家には男系子孫が存在しますが、過去に(ロシア帝国崩壊後に)同等身分ではない者と結婚し、貴賤結婚として帝室の一員からはずされた人たち(の子孫)が存在します。
 これらの人々はロマノフ家協会(Romanov Family Association)という団体を結成し、マリヤ女大公殿下の系統と対立してきました。
 が、高齢の人物たちの薨去などにより、男系男子自体が減少し、動向自体もあまり報じられてこなかったのですが……。
 そのうちの一人、ロスティスラフ・ロスティスラヴォヴィチ・ロマノフ公子殿下(His Highness Prince Rostislav Rostislavovich Romanov【Romanoff】)が2021年9月12日に宗教婚をおこなうとの予定が発表されました。

関連:
 宗教婚予定?(2021年9月12日?):ロスティスラフ・ロマノフ公子殿下夫妻がロシア正教会の宗教婚をパリでおこなう予定との情報

 上記記事にも追記しましたが、殿下自らによるとされるプレスリリースが回付され、その中では自身には(His Imperial Highness)が使用されています。
(このプレスリリースは、どこか信頼できるサイトが掲載したらリンクします)

 また、ロマノフ家協会に属するものでロシア帝位を主張する者はいないとするものの、一方で、最年長系統の男系男子をアンドレイ・アンドレーエヴィチ公子(Prince Andrei Andreevich)、ロマノフ家協会会長をオリガ・アンドレーエヴナ公女(Princess Olga Andreevna)と表記するなど、以前からの主張を掲載しています。
 ただし今回の宗教婚自体にロマノフ家協会や上記のお二人が関わっているかはまだわかりません(参列者がはっきりしないとわかりません)。
※なお、このままの状況ですと。いずれはロスティスラフ公子が最年長系統の男系男子となります。

 前夜におこなわれる夕食会には、フランス駐箚のロシア大使が参列するとのことで、教会はマリヤ女大公殿下を支持し、政府はロマノフ家協会よりの立場を取る(ことがある)という従前からの状況が存続しているのではないかとも思わされます。

 

 上記に関連したことなのか、あるいは別件で出てきたことなのかわかりませんが、マリヤ女大公殿下を支持するサイト「The Russian Legitimist」が、上記の方々をロシア帝室のメンバーではないとする記事を掲載。

 (英語)A New Article on the 1938 Declaration is posted in FAQ section! — The Russian Legitimist

Last week, a social media site described Andrew Romanoff (born in 1923) as Head of the Russian Imperial House and also referred to his half-sister Olga Romanoff (born in 1950) and his cousin Rostislav Romanoff (born in 1985) as members of the Imperial House.

These three individuals do indeed descend in the direct male line from members of the Imperial House, but they are not themselves members of the imperial dynasty.

 記事内容からすると、先週、ソーシャルメディアで、アンドレイ公子をロシア帝室当主、オリガ公女や(今回宗教婚をおこなう)ロスティスラフ公子を帝室のメンバーとする表記があったようです(正直、この書き方だと、誰かその辺りの人が適当に書いたとも取れるので、状況がよくわかりませんが)。

 ともあれ、このような表記に対して、彼らは貴賤結婚の子孫で帝室の子孫ではないとし、1938年の宣言文書を持ち出してきています。
 これははっきりいって苦しい言い訳です。
 というのも、彼ら貴賤結婚の子孫が帝室に含まれないのは、別に1938年の宣言が理由ではなく、ロシア帝室の結婚に関するルールが同等身分間の結婚以外をするものを帝室の一員と認めないものだからです。1938年の宣言はそれを確認した(らしい)というだけで、言ってしまえばたいした意味はありません

 ではなぜ1938年の宣言を持ち出してきたのか?
 それは、彼らの支持するマリヤ女大公殿下の継嗣ゲオルギー大公殿下が、今回同等身分でない人物と結婚するからで、これは(これまでのマリヤ女大公殿下の系統の主張をすべて認めたとしても)ルールからすればアウトです。
 なのでルールを持ち出せないので、根本であるルールではなく、1938年に現状を確認した(らしい)文書を持ち出してきたわけです。

 「そんなルールは時代遅れでは?」という意見ももちろんでしょう。
 しかし、今回、マリヤ女大公殿下は、ルールに対してなんら発表をしていません。これまで傍系の人物らを貴賤結婚として排除してきたルールを変更するともいっておらず、自分の子供だけはルールを無視してもスルー、では、どうも釈然としないものが残ります。
 もちろん傍系の子孫らがもうロマノフに興味を失っているのならば、女系だろうと、同等身分でなかろうと、それでもいいでしょう。ゲオルギー大公殿下もそれなりに年をとってしまっており、この問題のために結婚が遅れているのはあきらかです。そこに同情する人々もいます。
 しかし、排除されてきた貴賤結婚の子孫の人々のうちの一人ロスティスラフ公子殿下が、どうやら納得していないというのもあきらかです。女系ではニコライ2世の妹の子孫であり、支持する人もいますし、排除されてきたことに同情する人々もいます。
 そんなわけでこの問題はまだまだ続きそうです。

 

 そしてロスティスラフ公子夫妻には男子が一人いますが、結婚するよりかなり前に生まれており、伝統的には(どちらにせよ)帝室の一員とみなされません。
 ロスティスラフ公子が自身の子供をどう扱うつもりなのかはわかりませんが(プレスリリースには特に表記無し)、もし自身の子供を帝室の一員として扱うとなると、また異論が発生するかもしれません。

 

 とまあ、これが説明のすべてではありませんが、正直なんでこんなことになってしまったのかと思うところがあります。
 もちろん争いのある(旧)王室は他にもいくらでもありますが……。

宗教婚予定?(2021年9月12日?):ロスティスラフ・ロマノフ公子殿下夫妻がロシア正教会の宗教婚をパリでおこなう予定との情報

注意)まだ本当のことかわかりません。

追記(2021年9月8日):
 ロスティスラフ・ロマノフ公子殿下自身から発出されたというプレスリリースが出ているようです(どこか信頼できる場所が掲載したらリンクします)。

 それによりますと。下記の宗教婚の情報通りで、気になる点として自身への敬称に(His Imperial Highness)を使用しています。
追記:ロシア帝室の Prince は、大公:Grand Duke よりも皇帝からの親等が遠い人物の称号であり、敬称はモナコやリヒテンシュタインと同じく Serene Highness です(その後、 Highness が使用されているケースはあります)。よって、ロシア帝室の一員として Prince を称するとしても、 Imperial Highness の使用は変な話であり、日本語に訳す場合も面倒になります(Serene Highness であれば 公子 などの下格の称号に訳しておくほかありませんが、 Imperial Highness であれば 皇子 と訳すのが適切になるでしょう。しかしそもそもの Prince という称号には変更がおこっていません。これは Prince を訳し分けようとすることに限界というか無理があることによります)。

 また、前日の夕食会にフランス共和国駐箚ロシア連邦特命全権大使アレクセイ・メシュコフ閣下(Aleksey【Alexey】 Meshkov)が参列予定と記載されています。

関連:
 二つの結婚式を前に、ロシア帝室ロマノフ家の争いは終わっていないと思わされる記事(2021年9月)

 

 ロシアの君主政支持者のサイト「The Russian Legitimist」が記事にしているところによりますと、フランス共和国パリのキリスト教/東方正教会/ロシア正教会関係者から、ロシア帝室ロマノフ家の貴賤結婚の男系男子ロスティスラフ・ロスティスラヴォヴィチ・ロマノフ公子殿下(His Highness Prince Rostislav Rostislavovich Romanov【Romanoff】)が、パリの聖アレクサンドル・ネフスキー大聖堂で宗教婚を予定しているとの情報が入ったとのことです。

※同記事では夫妻の結婚日を2020年10月としていますが、最も早く情報として出たのが2019年10月です。今回の記事が不正確なだけかもしれませんが、夫妻の結婚の情報に関して疑義を持っている人もいます。たださすがに宗教婚をおこなうのに民事婚はおこなわないということはないでしょう。
追記(2021年9月8日):
 上記の公式のプレスリリースで2019年10月と出ています。

 同サイト「The Russian Legitimist」は、マリヤ女大公殿下とその子息ゲオルギー大公殿下をただ二人の帝室構成員として支持するところです。ロスティスラフ・ロマノフをロマノフ家の男系男子としてはいるものの、貴賤結婚の子孫であり、帝室のメンバーではなく、ロシア帝位継承権を持っているとはしていません。
 今回の情報に「もし情報が正しいなら祝意を送りたい」としていますが、おそらくは当惑していることでしょう。
 というのも、ゲオルギー大公殿下とレベッカ・ベッタリーニ嬢の民事婚が9月24日におこなわれる予定となっており、続いて10月1日に宗教婚がおこなわれる予定となっています。その直前に別のロマノフ家関連の人物が宗教婚をおこなうという事態だからです。

 なお、記事中では言及はありませんが、パリの聖アレクサンドル・ネフスキー大聖堂は、正確にはロシア正教会の管轄権下で自治的な権限を行使する「西欧ロシア正教会大主教区」の聖堂です。
 同大主教区は、2018年までコンスタンティノープルの管轄権下にあり、反ロシア正教会モスクワ総主教庁の人々も含んでいましたが、同年コンスタンティノープルから一方的に廃止を通告され、親ロシア正教会およびコンスタンティノープルに反発した人々を中心に2019年にロシア正教会の管轄権下に移りました(他の道を選んだ人々もいます)。
 同大主教区は英国にも管轄区域があり(そのある程度の部分は離脱してしまいましたが)、ロスティスラフ・ロマノフ公子殿下夫妻が英国在住であることも今回の件に関係しているのでしょう。

※繰り返しますが、宗教婚の話が本当であればです。

 

 (英語)Rostislav and Foteini Romanoff, relatives of the Imperial House, to celebrate Orthodox Ceremony in Paris — The Russian Legitimist

Sources close to the Russian Orthodox Church in Paris have informed us that Rostislav Romanoff, whose grandfather was a member of the Russian Imperial House, is to marry the former Foteini Georgeante in an Orthodox ceremony at the St. Alexander Nevsky Cathedral in Paris on September 12. If this report is accurate, The Russian Legitimist sends the newlyweds its best wishes on their religious marriage. The couple’s civil wedding occurred in October 2020 in the United Kingdom.

 

関連(?):
 英国在住のロスティスラフ・ロマノフ公子殿下が所有する家への道路を舗装しようとしたところ、近隣の農場主(牧場主?)から「うちの所有地を含んでいる」「村一番の嫌われ者」「環境破壊者」「ロシアへ帰れ」などと妨害され訴訟とのこと(2019年9月)

ロシア帝室ロマノフ家継嗣/ロシア大公ゲオルギー殿下とレベッカ・ベッタリーニ嬢の民事婚は9月24日におこなわれる模様(2021年8月)

 2021年8月5日、10月1日に結婚式(宗教婚)が予定されているロシア帝室継嗣のロシア大公ゲオルギー殿下(His Imperial Highness The Heir, Tsesarevich, and Grand Duke George of Russia : プロイセン王子 : Prince of Prussia)とレベッカ・ベッタリーニ嬢(Rebecca Bettarini)は、モスクワ市庁舎にて結婚予告の申請をおこないました。
 9月24日に民事婚がおこなわれるようです。

 

 (英語)Civil Marriage date set for Grand Duke George Mikhailovich and Victoria Romanovna Bettarini — The Russian Legitimist

 

Rebecca Bettarini(@rebecca_bettarini) • Instagram写真と動画