英国王室のケンブリッジ公爵ウィリアム王子殿下らが、英国アフリカ投資サミットに臨席(2020年1月)ガーナ、ルワンダの大統領などが来訪

 英国王室のケンブリッジ公爵ウィリアム王子殿下(Prince William : His Royal Highness The Duke of Cambridge)とケンブリッジ公爵夫人キャサリン妃殿下(Catherine : Her Royal Highness The Duchess of Cambridge)、
 ウェセックス伯爵エドワード王子殿下(Prince Edward : His Royal Highness The Earl of Wessex)とウェセックス伯爵夫人ソフィー妃殿下(Sophie : Her Royal Highness The Countess of Wessex)、
 プリンセス・ロイヤル殿下(Her Royal Highness The Princess Royal : アン王女 : Princess Anne)、
 らが、英国アフリカ投資サミット【UK-Africa Investment Summit】に臨席しました。

※全体の日程や来訪者がよくわかりませんが、とりあえず目についたものだけ。

 英国首相ボリス・ジョンソン閣下(The Right Honourable Boris Johnson Hon FRIBA MP)、
 ガーナ共和国大統領ナナ・アド・ダンクワ・アクフォ=アド閣下(His Excellency Nana Addo Dankwa Akufo-Addo)、
 ルワンダ共和国大統領ポール・カガメ閣下(His Excellency Paul Kagame)、
 らが姿を見せています。

 

The Royal Family Channel;
The Duke and Duchess of Cambridge Welcome African Leaders at Glittering Buckingham Palace Reception – YouTube

 

Kensington PalaceさんはTwitterを使っています: 「"The African continent holds a very special place in my heart." — The Duke of Cambridge at a Buckingham Palace reception to mark the UK-Africa Investment Summit #InvestinAfrica https://t.co/MVylx0ijiB」 / Twitter

 

The Royal FamilyさんはTwitterを使っています: 「Earlier today, The Duke of Cambridge held audiences with both The President of Ghana and The President of Rwanda. https://t.co/gLNbPZh93I」 / Twitter

 

The Royal FamilyさんはTwitterを使っています: 「The Duke and Duchess of Cambridge, accompanied by The Earl and Countess of Wessex and The Princess Royal hosted a reception on behalf of Her Majesty The Queen. https://t.co/nLYVT2FZGO」 / Twitter

 

The Royal FamilyさんはTwitterを使っています: 「Members of The Royal Family have welcomed Heads of State and Government officials to mark the UK-Africa Investment Summit at Buckingham Palace this evening. https://t.co/dJluptqOWT」 / Twitter

 

The Royal FamilyさんはTwitterを使っています: 「The summit has brought together businesses and governments to promote investment opportunities across Africa. https://t.co/D9O1kfN1jD」 / Twitter

 

Kensington PalaceさんはTwitterを使っています: 「On the day of the UK-Africa Investment Summit The Duke of Cambridge held an audience at Buckingham Palace with President @NAkufoAddo of Ghana 🇬🇭 #InvestInAfrica https://t.co/73mkqIgYML」 / Twitter

 

Kensington PalaceさんはTwitterを使っています: 「The Duke of Cambridge held an audience with President @PaulKagame 🇷🇼 of Rwanda. This evening The Duke and Duchess, on behalf of Her Majesty The Queen, will host a reception at Buckingham Palace to mark the UK-Africa Investment Summit #InvestInAfrica https://t.co/4MVgYtBmdx」 / Twitter

 

Kensington PalaceさんはTwitterを使っています: 「The Duke and Duchess of Cambridge, on behalf of Her Majesty The Queen, hosted a reception at Buckingham Palace to mark the UK-Africa Investment Summit #InvestinAfrica 🇬🇧🌍 https://t.co/jlmDFJaRXY」 / Twitter

 

Kensington PalaceさんはTwitterを使っています: 「@RoyalFamily The Duke and Duchess of Cambridge were joined by The Earl and Countess of Wessex and The Princess Royal for this evening's UK-Africa Investment Summit reception at Buckingham Palace #InvestinAfrica https://t.co/T8QuYQZZhj」 / Twitter

 

Members of The Royal Family welcomed… – The Royal Family | Facebook

Members of The Royal Family welcomed Heads of State and Government officials to mark the UK-Africa Investment Summit at…

The Royal Familyさんの投稿 2020年1月20日月曜日

 

The Royal Family(@theroyalfamily) • Instagram写真と動画

 

Paul Kagame – The CFTA has become a reality. That means… | Facebook

The CFTA has become a reality. That means political will on the part of leaders who came together. This came supporting…

Paul Kagameさんの投稿 2020年1月20日月曜日

 

President Paul Kagame(@paulkagame) • Instagram写真と動画

 

 また、別に姿を見せているので詳細がよくわかりませんが、サセックス公爵ヘンリー王子殿下(Prince Henryハリー王子 : Prince Harry : His Royal Highness The Duke of Sussex)が公務として臨席。

 

ANNnewsCH(ANN NEWS):
英ヘンリー王子「最後の公務」まもなく“カナダへ”(20/01/21) – YouTube

 

ANNnewsCH(ANN NEWS):
ヘンリー王子“最後の公務” 関連グッズも暴落(20/01/21) – YouTube

 

ANNnewsCH(ANN NEWS):
英・ヘンリー王子 “最後の公務”終えカナダに到着(20/01/21) – YouTube

 

The Duke and Duchess of Sussex(@sussexroyal) • Instagram写真と動画

View this post on Instagram

This morning at the UK-Africa Investment Summit, hosted by the UK Government, The Duke of Sussex met with leaders from Malawi 🇲🇼 , Mozambique 🇲🇿 and Morocco 🇲🇦- touching on investment in renewable energy, jobs, tourism, and environmental issues. The Duke has been involved in various causes in Africa for over a decade, and has helped to initiate a number of key projects in the region surrounding conservation and tourism, the threat posed by landmines and the HIV/AIDS epedemic. During their recent visit to Southern Africa last September, The Duke and Duchess met with project teams working to encourage youth employment, entrepreneurship, education and health. Through their roles as President and Vice President of The Queen’s Commonwealth Trust, The Duke and Duchess have worked to support a growing network of young change-makers across the Commonwealth and will continue to do so, especially in the run up to CHOGM 2020. The Duke of Sussex’s love for Africa is well known – he first visited the continent at the age of thirteen and more than two decades later, the people, culture, wildlife and resilient communities continue to inspire and motivate him every day. Photo © PA

A post shared by The Duke and Duchess of Sussex (@sussexroyal) on

 

インタビュー記事(ポルトガル語):フランス王室オルレアン派のアンジュー公妃/第11代カダヴァル女公爵ディアナ・アルヴァレス・ペレイラ・デ・メロ殿下へのインタビュー(2018年8月)

 ブラジルのメディア「Globo」が、ポルトガル貴族の第11代カダヴァル女公爵で、フランス王室オルレアン派のアンジュー公妃ディアナ・アルヴァレス・ペレイラ・デ・メロ殿下(Diana Álvares Pereira de Melo, 11th Duchess of Cadaval : Her Royal Highness The Duchess of Anjou)へインタビューをおこなったようです。

 

 (ポルトガル語)Duquesa e escritora Diana de Cadaval ensina como tradição e modernidade podem reinar juntas – Jornal O Globo

 

 かなりの長文ですが、内容は、夫のオルレアン公子シャルル=フィリップ殿下の話(最後のほうに一緒に旅行するとえらいめにばかり遭うという話が)や、居城であるカダヴァル宮殿や同家(カダヴァル家(名称がいまいちよくわかりませんが)はブラガンサ王朝分家)の歴史や、現在の妃殿下の活動などです。

 ディアナ妃殿下は、2001年の父の薨去に伴い、異母姉と爵位などの相続を争いましたが、ポルトガル王室(ブラガンサ家)当主のブラガンサ公爵ドゥアルテ・ピオ殿下(His Royal Highness Duarte Pio, Duke of Braganza)の裁定によりカダヴァル公爵位を継承しています。

 

Vanity Fair(英語)記事:“There’s Nothing Wrong with Falling from Grace”(2018年)君主政復活・王室支持の話と、エチオピア帝室のエルミアス・サーレ=セラシエ皇子殿下とニコライ・トルストイ伯爵子の話題など

 (英語)“There’s Nothing Wrong with Falling from Grace”: The Global Network of Monarchists Helping Deposed Kings and Queens | Vanity Fair
 (英語:上記からニコライ・トルストイ伯爵子に関する部分の一部を抜き出したもの)Count Nikolai Tolstoy on Russian Monarchy and the Romanovs | Royal Russia News

 

 冒頭は、ルーマニア王女マルガレータ殿下(当時)から連絡を受けた人物の話、君主政復活・王室支持の話と、エチオピア帝室のエルミアス・サーレ=セラシエ皇子殿下(His Imperial Highness Prince Ermias Sahle-Selassie)とニコライ・トルストイ伯爵子(Count Nikolai Tolstoy)の話題などが中心となっています。

 

 エルミアス・サーレ=セラシエ皇子殿下は故エチオピア皇帝ハイレ・セラシエ1世陛下の孫ですが、一般的にエチオピア帝室の当主とされていません。
 しかし、この記事のように、帝室の代表者として活動しているとみる立場もあるようです。

 

 ニコライ・トルストイ伯爵子の話の一部には、“Pretender【プリテンダー】”という用語に関するものがあります。
 いうまでもなくこの言葉は中立的ではないものですが、Wikipedia英語版のせいか、この言葉が使用されるケースが多い気します(上記の記事すらそうなのですが)。
 そのもっともアホらしい例は、リトアニアの王位継承者を称して活動を始めたウラッハ公子イニゴ閣下(His Serene Highness Prince Inigo of Urach)のものらしきサイト(すぐに更新止まりましたけれど)に、イニゴ閣下をリトアニア王位の“legitimate pretender”とする表記があったことです。もちろんこれは、イニゴ閣下を正当な王位継承者と表現したかったのでしょうが、pretenderに「不当」である意味がありlegitimateに「正当」である意味があることを考慮すれば、ギャグのような言葉の並びです。
 中立的というかなんと表現すればいいのかわかりませんが、“Claimant【クレイマント】”という用語がありますが、一般的の人にはなじみがなく、また、正直これが本当に中立な用語なのか首をかしげるときもあります。日本語で“王位請求者”と(訳して)書いている例がありますが……コメントは避けます
 伯爵子は“Heir【エア】”を使っているようですが、当方でも「(王位)継承者」などこの用語を意識して書いています。この用語が実は一番便利です。曖昧さを許容するという意味でも。pretenderはそもそも本人が称していないのにこう書くのは名誉棄損みたいなものですし、claimantも本人が称していない場合はどうなのか、よくわからない部分があります。

 

英国のウェールズ公チャールズ皇太子殿下を次の英連邦元首とすると英連邦行政府長会議【英連邦首脳会議:CHOGM 】で53ヶ国が合意した模様(2018年4月)

 英連邦行政府長会議(CHOGM : 英連邦首脳会議)の声明が発表されました。
 現在の元首である英国女王エリザベス2世陛下(Elizabeth II : Her Majesty The Queen)の次の元首を、ウェールズ公チャールズ皇太子殿下(Prince Charles : His Royal Highness The Prince of Wales)とする条文が含まれています。

 

 (英語:公式サイト)Commonwealth Heads of Government Meeting 2018 – Leaders' Statement | The Commonwealth

We recognise the role of The Queen in championing the Commonwealth and its peoples. The next Head of the Commonwealth shall​ be His Royal Highness Prince Charles, The Prince of Wales.

 (英語)Prince Charles to be next Commonwealth head – BBC News

 (英語)BREAKING: Prince Charles will become the next Head of the Commonwealth – Royal Central

 

 英連邦の元首は世襲ではないため、エリザベス2世陛下の次の元首をチャールズ皇太子殿下とするルールはありませんでしたが、この度、後継となることが決まりました。

英連邦行政府長会議【英連邦首脳会議:CHOGM 】の開会式。元首のエリザベス2世陛下がスピーチ、英国王室から多数臨席(2018年4月)

 英連邦行政府長会議(CHOGM : 英連邦首脳会議)の開会式がおこなわれ、英国王室王族らの臨席があり、英連邦元首の英国女王エリザベス2世陛下(Elizabeth II : Her Majesty The Queen)がスピーチを行いました。

 

The Royal Family Channel:
Royal Family arrives at the Official opening of Commonwealth Meeting at Buckingham Palace – YouTube

The Royal Family Channel:
The Queen declares Commonwealth Heads of Government Meeting open at Buckingham Palace – YouTube

The Royal Family Channel:
Royal Family departs opening of Commonwealth Heads of Government Meeting at Buckingham Palace – YouTube

 

The Royal Familyさんのツイート: "The Queen has given a speech at the Opening of the Commonwealth Heads of Government meeting at Buckingham Palace.… "

 

 (英語)Queen and Prince Charles welcome heads of the Commonwealth to Buckingham Palace | Daily Mail Online

 

 エリザベス2世陛下のほかに臨席したのは、
 ウェールズ公チャールズ皇太子殿下(Prince Charles : His Royal Highness The Prince of Wales)、
 コーンウォール公爵夫人カミラ妃殿下(Camilla : Her Royal Highness The Duchess of Cornwall)、
 ケンブリッジ公爵ウィリアム王子殿下(Prince William : His Royal Highness The Duke of Cambridge)、
 ハリー王子(Prince Harry : ウェールズ公家ヘンリー王子殿下 : His Royal Highness Prince Henry of Wales)、
 ヨーク公爵アンドルー王子殿下(Prince Andrew : His Royal Highness The Duke of York)、
 プリンセス・ロイヤル殿下(Her Royal Highness The Princess Royal : アン王女 : Princess Anne)、
 ウェセックス伯爵夫人ソフィー妃殿下(Sophie : Her Royal Highness The Countess of Wessex)、
 ケント公爵エドワード王子殿下(Prince Edward : His Royal Highness The Duke of Kent)、
 ケント公爵家マイケル王子殿下(His Royal Highness Prince Michael of Kent)とマリー・クリスティン妃殿下(Marie Christine : Her Royal Highness Princess Michael of Kent)、
 アレクサンドラ王女殿下(オギルヴィー令夫人閣下 : Her Royal Highness Princess Alexandra, The Honourable Lady Ogilvy)、
 です。

 

 なお、英連邦事務総長は、一代貴族スコットランド・オブ・アストホール女男爵パトリシア・スコットランド閣下(Patricia Scotland : Her Excellency The Right Honourable The Baroness Scotland of Asthal QC PC)です。