世論調査:オランダ王ウィレム=アレクサンダー陛下夫妻の謝罪動画に46%が納得せずも、64%は幕引きを望む(2020年10月)一方、長女と次女がすぐに帰国せずに火曜日までにギリシャに滞在していたと発覚「飛行機の席が空いていなかった」

 ギリシャ休暇旅行(批判を受けてすぐ帰国)について謝罪したオランダ王ウィレム=アレクサンダー陛下夫妻について、2000人を対象におこなわれた世論調査では 46 %が納得していないとしています。

 

 (オランダ語)Helft Nederlanders vindt video koning ongeloofwaardig, maar zaak voor de meeste afgedaan

 一方で、全体の 64% はこれ以上の騒動を望んでいないとしており、とりあえず、ここで話は終わりそうだったのですが……。

 

 陛下の長女オランニェ女公【オランダ皇太子】カタリナ=アマリア王女殿下(オランダ王女: オランニェ=ナッサウ公女 : Catharina-Amalia : Her Royal Highness The Princess of Orange, Princess of the Netherlands, Princess of Orange-Nassau)と次女のオランダ王女アレクシア殿下(オランニェ=ナッサウ公女 : Her Royal Highness Princess Alexia of the Netherlands, Princess of Orange-Nassau)が火曜日までギリシャに滞在していたことが発覚。
 (三女のオランダ王女アリアーヌ殿下(オランニェ=ナッサウ公女 : Her Royal Highness Princess Ariane of the Netherlands, Princess of Orange-Nassau)は両親とともに帰国)

 

 (オランダ語)Prinsessen Amalia en Alexia bleven achter in Griekenland, keren dinsdag pas terug
 (オランダ語)Prinsessen Amalia en Alexia pas later terug vanaf Grieks vakantieadres | De Volkskrant

 

 オランダ王国首相マルク・ルッテ閣下(His Excellency Mr Mark Rutte)は「プライベートなこと」なので言わなかったらしいですが把握していたことをコメント。
 座席が足りなかったので二人はギリシャに残ったと説明されていますが、火曜日までずっと座席が足りなかったというのはちと苦しい気がします。
 (そもそも政府専用機でいったんだから帰りも飛ばせばいいんじゃないの??)

 

 今回の件について専門家は、さほど大きな影響はないと見ています。
 両陛下の人気はとても高く、またオランダ王室はこれより前の時代、もっといくらでもひどいことがあった、というそれはまあその通りの指摘もあります。
 予算の減額が避けられないとの考えも見られます(それはギリシャの別荘のように王室の私有資産がたくさんあるのでなにも困りませんが)。

 

既報:
 オランダ王ウィレム=アレクサンダー陛下がギリシャで秋の休暇開始→激しい反発で数時間で帰国発表(2020年10月)
 オランダ王ウィレム=アレクサンダー陛下一家のギリシャ旅行について、オランダ首相マルク・ルッテ閣下が自身の判断ミスと言明(2020年10月)「新型コロナウイルス対策の厳格化と方向性が一致していないことに“気づくのが遅すぎた”」
 動画:オランダ王ウィレム=アレクサンダー陛下夫妻が、ギリシャ休暇旅行(批判によりすぐ帰国)に関して、(事実上)謝罪する映像(2020年10月)

 

動画:オランダ王ウィレム=アレクサンダー陛下夫妻が、ギリシャ休暇旅行(批判によりすぐ帰国)に関して、(事実上)謝罪する映像(2020年10月)

 オランダ王ウィレム=アレクサンダー陛下(Willem-Alexander : His Majesty The King of the Netherlands)一家のギリシャ休暇旅行(批判を受けすぐ帰国)の件ですが、 YouTube のオランダ王室公式チャンネルに(事実上の)謝罪動画がアップロードされました。

 

 (オランダ語:オランダ王室 公式サイト)Persoonlijke boodschap van het Koninklijk Paar | Toespraak | Het Koninklijk Huis

Koninklijk Huis(オランダ公室公式チャンネル):
Persoonlijke boodschap van Koninklijk Paar over reis naar Griekenland – YouTube

 

 率直に「あなたがたの信頼を裏切った」と述べています。
 動画に対するオランダ人の反応はよくわかりませんが、この休暇旅行の前にも感染対策に従っていないとの批判があったオランダ王室。
 この動画のメッセージも、やや言い訳がましい(休暇旅行自体が規則を破ったわけではない)のと、話をすりかえているような気もする(重要なのは普通の生活に戻ること)部分も感じますが……。

 

追記:
 報道によれば、オランダの専門家や与野党議員のほとんどはメッセージを肯定的に受け止めているようです(一部は憲法論も絡んでめんどくさいところもあるのですが、幕引きをしないとどうにもならないということもあるのでしょう)。
 しかし、国営放送のコラムまでが「国王と社会の間の深い溝」を指摘してしまった今回の事態。オランダの一般の(収入が減少し楽しみも減り、余計な外出をするなと要求されているのに、国王一家はギリシャの別荘でノンビリ休暇しようとしたのを見せられた)人々がどう思うかは、また別の話でしょう。ちなみに王室はイタリアにも別荘を所有しています。余裕を失った欧州の階級社会がむき出しになってきているようにも感じます。

 

既報:
 オランダ王ウィレム=アレクサンダー陛下がギリシャで秋の休暇開始→激しい反発で数時間で帰国発表(2020年10月)
 オランダ王ウィレム=アレクサンダー陛下一家のギリシャ旅行について、オランダ首相マルク・ルッテ閣下が自身の判断ミスと言明(2020年10月)「新型コロナウイルス対策の厳格化と方向性が一致していないことに“気づくのが遅すぎた”」
 世論調査:オランダ王ウィレム=アレクサンダー陛下夫妻の謝罪動画に46%が納得せずも、64%は幕引きを望む(2020年10月)一方、長女と次女がすぐに帰国せずに火曜日までにギリシャに滞在していたと発覚「飛行機の席が空いていなかった」

 

オランダ王ウィレム=アレクサンダー陛下一家のギリシャ休暇旅行(批判を浴びてすぐ帰国)について、オランダ首相マルク・ルッテ閣下が自身の判断ミスと言明(2020年10月)「新型コロナウイルス対策の厳格化と方向性が一致していないことに“気づくのが遅すぎた”」

 オランダ王ウィレム=アレクサンダー陛下(Willem-Alexander : His Majesty The King of the Netherlands)一家が、オランダで部分的ロックダウンなど新型コロナウイルス感染症【COVID-19】対策が強化される中、秋の休暇のためにギリシャを訪問して、批判に驚いてすぐに帰国した件について、オランダ王国首相マルク・ルッテ閣下(His Excellency Mr Mark Rutte)は議会に書簡を送り、自身の判断ミスを認めました。

 

 (オランダ語:オランダ公共放送)Rutte: verkeerde inschatting gemaakt bij vakantie koning | NOS

 

 首相は、一家の旅行は、新型コロナウイルス対策の厳格化と方向性が一致していないことに“気づくのが遅すぎた”としています。
 また、首相として国王に対して、国家元首の仕事のみならず、私的な旅行であっても、公益の観点から助言をおこなう責任があるとも述べています。
 加えて、旅行について知っていたのか知らなかったのかはっきりしていない副首相については、通常このような事柄については通知していない(基本的にオランダ王室の私的旅行は事前発表がされません)としています。
 最後の tweet の件ですが、これは何の話かはわからないです(Twitter については、炎上したことしか知りません)。

 

 これらのことを信じるなら、元から旅行計画があり首相はそれを知っていたものの、コロナ対策厳格化にともなってそれを中止したほうが良いという発想が浮かばず、適切な助言ができなかったということでしょう(国王一家にも浮かばなかったのでしょうが)。
 一方、あくまで今回の事態は、助言をおこなうべき首相が気づくのが遅すぎたために起こったものであり、つまり国王の責任ではないというロジックを立てているように思えます。ちなみに今回の事件を受けて、オランダでは憲法学者がテレビに出演したりしています。

 副首相に関しては、本当に事態を知らなかったのかははっきりしません。
 首相が述べているのは、首相は副首相に通知していないし、通常通知しないものだ、というだけで、副首相がどこからか自前で情報を仕入れる可能性までは首相にわかることでもありません。

 

 今回の書簡に対する議会側の反応がどうなるかですが……。
 批判は、元はネットの炎上から始まったようですが、議員からの批判が出ているのはもとより、オランダ世論も国王の行動を賢くないとするのが大多数となっています
 首相の責任は問われるでしょうが、正直、どうすればいいのかという問題もあります。
 辞任するなら連立政権を再度形成する必要が出てきます。そうなれば国王は各党の党首らに意向を尋ねますが、この状況下で、「失態」をおかした国王に調停役を任せるというのもなんだかおかしな話です。
 もっともこの状況下でこの程度のことで辞任する必要があるのかといえばそれもそうなのですが……。

 

追記:

ANNnewsCH(ANN NEWS):
オランダ国王夫妻の別荘訪問 首相「誤った判断」(2020年10月19日) – YouTube

 

続報:
  動画:オランダ王ウィレム=アレクサンダー陛下夫妻が、ギリシャ休暇旅行(批判によりすぐ帰国)に関して、(事実上)謝罪する映像(2020年10月)
 世論調査:オランダ王ウィレム=アレクサンダー陛下夫妻の謝罪動画に46%が納得せずも、64%は幕引きを望む(2020年10月)一方、長女と次女がすぐに帰国せずに火曜日までにギリシャに滞在していたと発覚「飛行機の席が空いていなかった」

 

オランダ王ウィレム=アレクサンダー陛下がギリシャで秋の休暇開始→激しい反発で数時間で帰国発表(2020年10月)

追記(10月18日 19:30):
 ルッテ首相が自身の判断ミスと述べました。
 オランダ王ウィレム=アレクサンダー陛下一家のギリシャ旅行について、オランダ首相マルク・ルッテ閣下が自身の判断ミスと言明(2020年10月)「新型コロナウイルス対策の厳格化と方向性が一致していないことに“気づくのが遅すぎた”」
追記(10月21日):
 動画:オランダ王ウィレム=アレクサンダー陛下夫妻が、ギリシャ休暇旅行(批判によりすぐ帰国)に関して、(事実上)謝罪する映像(2020年10月)
追記(10月22日):
 世論調査:オランダ王ウィレム=アレクサンダー陛下夫妻の謝罪動画に46%が納得せずも、64%は幕引きを望む(2020年10月)一方、長女と次女がすぐに帰国せずに火曜日までにギリシャに滞在していたと発覚「飛行機の席が空いていなかった」

 

 オランダ王ウィレム=アレクサンダー陛下(Willem-Alexander : His Majesty The King of the Netherlands)一家が秋の休暇を過ごすために金曜日にギリシャ共和国訪問を開始したようですが、新型コロナウイルス感染症【COVID-19】のパンデミックの中、激しい批判が巻き起こり、数時間で帰国決定となったようです。

※現在オランダ王国は、感染対策として部分的ロックダウンに入っています。

 また、オランダ王国首相マルク・ルッテ閣下(His Excellency Mr Mark Rutte)らが、事前に休暇の予定を考え直すよう要請したのに対し、陛下は無視したとの報道もあります。
追記:
 首相の事前の助言については、はっきりしていないようです(してなさそう?)。今回の陛下の行動については与党連合の中から強い批判が出ており、また野党からも同様です。首相の政治責任につながるため、事前に反対をしていなかった場合、首相の辞任もありえる様相(こんな時期に!)。

 いずれにせよ、陛下および王室のイメージの悪化は避けられない状況です。

 

※現在(この記事の投稿時点で)、オランダのメディアは王室一家のオランダ到着をまだ確認していません。

 

 (オランダ語)Koning Willem-Alexander is nog niet terug in Nederland

 (英語)King Willem-Alexander ends holiday in Greece after criticism – Royal Central

 

追記(見かけたら追加します):

 オランダ公共放送(NOS)のコラム。
 「この旅行は、国王と社会の間にとてつもない距離があることを示している」
 (オランダ語)Vliegvakantie toont grote afstand koning tot samenleving | NOS

 

休暇中止の発表:
 (オランダ語:オランダ王室 公式サイト)Mededeling van de Rijksvoorlichtingsdienst namens Zijne Majesteit de Koning en Hare Majesteit Koningin Máxima: | Nieuwsbericht | Het Koninklijk Huis

Koninklijk HuisさんはTwitterを使っています 「Mededeling van de Rijksvoorlichtingsdienst namens het Koninklijk Paar over afbreken vakantie: https://t.co/ZIQummfxP0」 / Twitter

 

 (英語)Dutch uproar prompts King to drop Greek holiday plans hours after arrival | NL Times

 

 (オランダ語)Kamerleden willen uitleg over vakantie koning, Rutte zwijgt vooralsnog | NOS

 オランダ公共放送(NOS)の最新の記事のようです。
 フルンリンクスと社会党が首相に説明を求めているようですが、首相は回答時期を伸ばそうとしているようです。また、記事中からは、首相と副首相が旅行について問題と考えていなかったという推測があります。
 この辺りが本当だとすると、首相と副首相の政治責任は避けられないような状況に思えますが……。
 フルンリンクスと社会党は、国王一家の帰国を決めた人物が誰かについても回答を求めているようです。

 

 (英語)Dutch king returns from vacation after lockdown uproar – ABC News

 

 (オランダ語)Geloofwaardigheid koning en premier loopt deuk op door coronablunder | Binnenland | AD.nl

 アナリストが、今回の事件は、即位後で初めての政治的判断の誤りとしています。

 

 (オランダ語)Koning Willem-Alexander na dag Griekenland terug in Nederland | NOS

 帰国と宮殿への帰還を報じる記事。

 トップの車の写真は、(すさまじく不鮮明ですが)陛下と同乗者の女性二名が写っています。
 女性二名はマスクをしていますが、陛下はしていないようです(フェイス・シールドかもしれませんが)。

 

 大失態となった今回の出来事。
 共和政国家の大統領なら辞任要求が出るのは必至だったでしょう。

 

 日本でも報道出ました。

ANNnewsCH(ANN NEWS):
「不公平だ」コロナ自粛中・・・オランダ国王の休暇発覚(2020年10月18日) – YouTube

 

追記:
 ページ上部でも書きましたが、ルッテ首相が自身の判断ミスと述べています。
 オランダ王ウィレム=アレクサンダー陛下一家のギリシャ旅行について、オランダ首相マルク・ルッテ閣下が自身の判断ミスと言明(2020年10月)「新型コロナウイルス対策の厳格化と方向性が一致していないことに“気づくのが遅すぎた”」

 

ベルギー王フィリップ陛下が、異母妹・ベルギー王女と認められたデルフィーヌ殿下と会見(2020年10月)

 2020年10月9日、ベルギー王フィリップ陛下(Philippe of Belgium : Philippe de Belgique : Filip van België : Philipp von Belgien : His Majesty The King of the Belgians)は、陛下の異母妹・ベルギー王女と認められたデルフィーヌ・ボエルDelphine Boël)ことベルギー王女デルフィーヌ殿下(Her Royal Highness Princess Delphine of Belgium)とラーケン王宮にて会見しました。

 共同のコメントとして、とても有意義であたたかな会談ができたことと、この機会が家族内のさらなる親密化をもたらすだろうと発表されています。

 

Gezamenlijke boodschap van de Koning en… – Belgische Monarchie Monarchie belge Belgian Monarchy | Facebook

 

Belgian Royal PalaceはInstagramを利用しています:「Gezamenlijke boodschap van de Koning en Prinses Delphine: Op vrijdag 9 oktober hebben wij elkaar voor de eerste maal ontmoet in het…」

View this post on Instagram

Gezamenlijke boodschap van de Koning en Prinses Delphine: Op vrijdag 9 oktober hebben wij elkaar voor de eerste maal ontmoet in het Kasteel van Laken. Het was een warme ontmoeting. Dit uitgebreid en bijzonder gesprek gaf ons de gelegenheid om elkaar te leren kennen. We hebben gesproken over onze eigen levens en onze gemeenschappelijke interesses. Deze band zal zich verder in familieverband ontwikkelen. Filip & Delphine ————— Message commun du Roi et de la Princesse Delphine : Ce vendredi 9 octobre, nous nous sommes rencontrés pour la première fois au Château de Laeken. Notre rencontre fut chaleureuse. Nous avons eu l’occasion d’apprendre à nous connaître lors d’un long et riche échange qui nous a permis de parler de nos vies respectives et de nos centres d’intérêt communs. Ce lien va désormais se développer dans un cadre familial. Philippe & Delphine ————— Joint communication of the King and Princess Delphine: On Friday 9 October, we met each other for the first time at the Castle of Laken. It was a warm encounter. This long and rich discussion gave us the opportunity to learn to know each other. We talked about our respective lives and areas of shared interest. This bond will further develop within the family setting. Philippe & Delphine 📷 Koninklijk Paleis / Palais Royal

A post shared by Belgian Royal Palace (@belgianroyalpalace) on