訃報(2019年9月23日?):ナイジェリア伝統的君主/イル王イドウ・アビオドゥン・オニル陛下が崩御との報道(1937~2019)公式発表はまだ。下院議長、ラゴス州知事は弔意を表明。オドゥン州知事ダポ・アビオドゥン王子「一つの時代の終わり」

 2019年9月23日?、ナイジェリア連邦共和国ラゴス州の伝統的君主の一人、イル王イドウ・アビオドゥン・オニル陛下(His Royal Majesty Oba Idowu Abiodun Oniru, The Oniru of Iru)の崩御が報道されています。

※ヨルバ系の伝統として、儀式がおこなわれるまで正式発表がひかえられることがあります。

 1937年9月6日生まれの82歳。

 ナイジェリア連邦共和国代議員【下院】議長フェミ・グバジャビアミラ閣下(Femi Gbajabiamila)、
 ラゴス州知事ババジデ・サンウォ=オル閣下(Babajide Sanwo-Olu)、
 オドゥン州知事ダポ・アビオドゥン王子閣下(Prince Dapo Abiodun)、
 らが弔意を表明し、王子は「一つの時代の終わり」と述べています。

※ダポ・アビオドゥン王子ですが、どこだか特定はできなかったものの王室の一つの出身であるとの情報が出ていました。ただ「Prince」称号なしで言及されていることも多く、王室への言及もほとんど見かけないため、具体的にはわかりません。

 

 崩御した陛下の子息のうち二人、
 アデセグン・オニルAdesegun Oniru)はラゴスの水資源のインフラの(元)コミッショナーで、
 トルロペ・オニルTolulope Oniruトル・デムレンTolu Demuren)は「Toolz」の名で有名なラジオプレゼンターだそうです。

 

 (英語)Oba Oniru is dead – Gistmaster

niyi tabitiさんはTwitterを使っています: 「Oba Oniru is dead https://t.co/NiJbRKNYFo https://t.co/zihOQQrZR4」 / Twitter

 

ラゴス州知事からの弔意/
Babajide Sanwo-OluさんはTwitterを使っています: 「On behalf of the government and people of Lagos, I commiserate with the Oniru Royal Family on the transition of HRH Oba Idowu Oniru who joined his forebears. His service to the state and country at large will remain his enduring legacy. Adieu.」 / Twitter

 (英語)Sanwo-Olu mourns as Oba Oniru dies – Punch Newspapers

Condoling the royal family, Sanwo-Olu… – Punch Newspapers | Facebook

Condoling the royal family, Sanwo-Olu took to his official Twitter handle to tweet a condolence message.

Punch Newspapersさんの投稿 2019年9月23日月曜日

 (英語)Sanwo Olu mourns, as Oba Oniru dies at 82 – The Sun Nigeria

 

代議員【下院】議長からの弔意:
 (英語)Gbajabiamila mourns Lagos monarch, Oniru – Punch Newspapers

 

オドゥン州知事ダポ・アビオドゥン王子からの弔意:
 (英語)‘End of an era’ – Gov Abiodun reacts to Oniru’s death | P.M. News

 

ナイジェリア連邦共和国副大統領イェミ・オシンバジョ閣下(Yemi Osinbajo)からの弔意:
 (英語)Oba Oniru lived 'life of significance' – Osinbajo – Pulse Nigeria

 

 (英語)Lagos monarch Abiodun Idowu Oniru is dead | P.M. News
 (英語)BREAKING: Lagos Oba, Oniru is dead – Daily Post Nigeria
Lagos monarch, Oniru, dies – Punch Newspapers

 

ナイジェリア伝統的君主:イウォランド王が自らのインスタグラムアカウントに、呪文を唱えて降雨を止める映像を公開(2019年9月)空が白くてよくわかりませんが……

 ナイジェリア連邦共和国南西部オスン州【オシュン州】のヨルバ人君主の一人/イウォランド王“オバ”・アブドゥルラシード・アデウェール・アカンビ陛下(テル1世 : His Royal Majesty Oba Abdulrasheed Adewale Akanbi, Telu I, The Oluwo of Iwoland【Iwo Land】)が、自身のインスタグラムアカウントに、呪文を唱えて降雨を止めたと称するような映像を公開しています。

 

Oluwo of Iwolandさん(@emperortelu1) • Instagram写真と動画

 なにいうてますのん……(困惑)。

Emperor Telu1 Alashe Lori Orisha Akoko Arole Olodumare Akoko in Yorubaland

 しかもさらに発見があり、この方がエンペラーを称していることも判明(アカウント名も @emperortelu1 = 皇帝テル1世)。
 名前が冒頭で書いたのと全然違いますが、これはおそらく冒頭で表記したものがイスラム教徒としての名前で、ここで引用したのはヨルバ人の名前なのではないかと思います(確信はありませんが)。ただ他にも表記があり、本人もよくわかっていない可能性が……。

 

 (英語)Oluwo of Iwo stops rainfall in his town, distributes it to neighboring towns (video) ▷ Nigeria news | Legit.ng

 こちらの記事によれば、雨は隣接地域に降り注いだようです

 

 この方も変な発言が多い方ですが、はたして今回の件は、雨雲の動きを読んで儀式を演出したのか、適当にいってみたのか、映像がインチキなのか……よくわかりませんが、よくわからなくて別にいい気もします

関連:
 ナイジェリア伝統的君主:ヨルバ人君主の一人/イウォランド王アブドゥルラシード・アデウェール・アカンビ陛下が、自身の称号を伝統的な(Oluwo of Iwoland)から北部イスラム圏風の首長(Emir)にすると宣言(2018年3月)
 (宣言したけど今はエンペラーを名乗っているわけです

 ナイジェリア伝統的君主:イウォランド王が連邦政府に同国の伝統的君主団が南アフリカのズールー王と会談することを提案(2019年9月)ナイジェリア系住民が南アフリカで大規模な排他的攻撃を受けて両国関係などが極度に悪化している件

 

ナイジェリア伝統的君主:イウォランド王が連邦政府に同国の伝統的君主団が南アフリカのズールー王と会談することを提案(2019年9月)ナイジェリア系住民が南アフリカで大規模な排他的攻撃を受けて両国関係などが極度に悪化している件

 南アフリカ共和国でナイジェリア系の人々が大規模な襲撃を受けた件(最近の英語メディアでは「Xenophobia」や「Xenophobic attacks」という表記が出てたらこの件であることが多いですが)、両国関係の悪化というか当然の結果が出ており、ナイジェリア側では南アフリカ資本の企業が休業をおこなったり、ナイジェリアの歌手などの有名人が南アフリカへは二度といかないと表明したりしています。また、ナイジェリア以外でも、南アフリカへの反感のようなものがこの機に吹き出しそうな気配もあり、 spillover も警戒されています。

 そんな中、ナイジェリア連邦共和国の報道によりますと、同国南西部オスン州【オシュン州】のヨルバ人君主の一人/イウォランド王“オバ”・アブドゥルラシード・アデウェール・アカンビ陛下(テル1世 : His Royal Majesty Oba Abdulrasheed Adewale Akanbi, Telu I, The Oluwo of Iwoland【Iwo Land】)は、両国間の協議では事態に対応するのに十分でないとし、ナイジェリア伝統的君主団が南アフリカ共和国の最有力伝統的君主/ズールー王グッドウィル・ズウェリティニ陛下(His Majesty King Goodwill Zwelithini of Zulu)を訪問して会談するということを連邦政府に提案したようです。
 “草の根の人々”が信頼するのは民主的に選ばれた政治家ではなく伝統的君主や部族王ということですが、この陛下も時々妙なことを言い出す伝統的首長の一人(妙なことを言い出す方は結構多いですけど)なので、連邦政府はスルーするのではないでしょうか。

 そもそも、ヨルバ系君主としては、二国間関係の前に数百年続いているヨルバ系君主内の争いをどうにかしたほうがいいのでは……。

 

 (英語)Delegate monarchs to meet Zulu King, Oluwo tells FG

 

ナイジェリア伝統的君主:イバダン王サリウ・アカンム・アデトゥンジ陛下の91歳祝賀式典がおこなわれる(2019年8月)“王位昇格騒動”の21人の高位首長との対立は収束に向かった模様

 さて、一年前のこちらの記事を覚えておいででしょうか/ご存知でしょうか。

 

 ナイジェリア伝統的君主:イバダン王国で昨年【2017年】オヨ州政府に新たに“王”として認められた多数の首長(21人?)が、これを認めた現職州知事らを批判している元・州知事の上院議員(かつ同王国の上位の首長のひとり)を非難「嫉妬だ!」(2018年9月)

 

 まったく覚えておられない方や、初耳の方は↑の記事を読んで、そんなことがあったのかと思って下さい。

 

 さて、昨年のイバダン王の誕生日式典では、これらの21人の高位首長らが欠席するという無礼があったわけですが、今年はレカン・バログン高位首長(Lekan Balogun, The Otun Olubadan of Ibadan)が(嫌がっていたものも含めて)21人をまとめて全員参列したようではあります。
 イバダン王“オバ”・サリウ・アカンム・アデトゥンジ陛下(His Royal Majesty Oba Saliu Akanmu Adetunji, the Olubadan of Ibadan)は1928年8月26日生まれ。

 

 (英語)Ibadan ‘kings’ reunite with Olubadan at monarch’s 91st birthday – Daily Trust

Daily TrustさんはTwitterを使っています: 「Ibadan ‘kings’ reunite with Olubadan at monarch’s 91st birthday https://t.co/u60R3i7nJs https://t.co/8S8VAxAv9h」 / Twitter

 

 また、詳細がよくわからないのですが、前オヨ州知事による21人の王位認定が裁判所で無効とされた後に、前オヨ州知事と今のオヨ州知事が和解を協議したと記事にはあります。この際、結局のところ21人の王位は取り消された/あるいは無効となったものと思います(と思いますが……)。

 今回、イバダン王には、高位首長を代表して(王位から引きずりおろされた一人の)アミドゥ・アジバデ高位首長(Amidu Ajibade, Ekarun Olubadan of Ibadan)が祝いを述べたようです。

 

 騒動が終わるのは結構なことですが、なんだったんだ一体……。

 

追記:
 もう一つ記事を見つけたのでリンクしておきます。

 (英語)Olubadan's special birthday gift – The Nation Newspaper

 微妙にすっきりしないのは、結局 21 人の地位が最終的にどうなったのかがはっきり書かれていないところですが……。

 

追記2:

How Olubadan’s birthday anniversary turned blessing for Ibadan – Daily Trust

Daily TrustさんはTwitterを使っています: 「After years of infighting, the traditional gladiators in Ibadanland are working towards settling their rift with the birthday anniversary of the Olubadan providing a… #DailyTrust, #Nigeria https://t.co/8yuAUaRHiR」 / Twitter

 

追記3:
 下記の記事は、21人は王位を放棄したとしています( reportedly ですが)。

21 Obas installed by Ajimobi reportedly drop crown, submit to Olubadan ▷ Legit.ng

At the meeting are also the Ooni of Ife, Oba Adeyeye Ogunwusi; Olugbo of Ugbo land, Oba Frederick Akinruntan; Oba of Lagos, Oba Rowland Akiu and a host of other traditional rulers.

 おそらく調停役となったのであろう、
 (ヨルバ系君主の二人の最高権威のうちの一人)イフェ王【オオニorオニ】オジャジャ2世、“オバ”・アデイェイェ・エニタン・オグンウシ陛下(His Royal Majesty【His Imperial Majesty】 Oba Adeyeye Enitan Ogunwusi, Ojaja II, The Ooni of Ife)、
 (ナイジェリア一の大金持ち)ウグボ王“オバ”・フレデリック・オバテル・アキンルンタン陛下(His Royal Majesty Oba Fredrick Obateru Akinruntan, the Olugbo of Ugbo)、
 ラゴス王ロウランド・アキウ陛下(Oba Rowland Akiu, Oba of Lagos)
 の名前が挙がっています。

 

ナイジェリア伝統的君主:オウォ王アジバデ・グバデゲシン・オグノイェ陛下が即位(2019年8月)ヨルバ系

 2019年8月23日に、ナイジェリア連邦共和国オンド州の伝統的君主の一人、オウォ王“オバ”・アジバデ・グバデゲシン・オグノイェ陛下(Oba Ajibade Gbadegesin Ogunoye, Olowo of Owo)が即位したようです。
 ヨルバ系君主の模様。
 第13代なのか第33代なのかよくわかりませんが、どちらも間違いかもしれません。
 先々代の王の子息のようです。
 1966年7月6日生まれの53歳。

 即位式には、予定として、オンド州知事のほか他の南西部の知事ら、そして副大統領イェミ・オシンバジョ閣下(Yemi Osinbajo)が参列とのことですが、実際に参列した写真などは確認できていません。

 

Ogunoye Installed As 33rd Olowo Of Owo | Sahara Reporters

Sahara ReportersさんはTwitterを使っています: 「Ogunoye Installed As 33rd Olowo Of Owo | Sahara Reporters The traditional rites, which was attended by hundreds of residents of the town and well-wishers. READ MORE: https://t.co/tuMquHQQjm https://t.co/g6niPKqkq2」 / Twitter

 

New Olowo of Owo installed today – The Sun Nigeria

The Sun NigeriaさんはTwitterを使っています: 「Ogunoye installed 13th Olowo of Owo – https://t.co/BAjvnQNHGZ https://t.co/DIr1MUWXgV」 / Twitter

 

New Olowo, Ogunoye installed – The Nation Newspaper

The Nation NigeriaさんはTwitterを使っています: 「New Olowo, Ogunoye installed https://t.co/M2dN7aR0Zo」 / Twitter

The traditional rites started very early… – The Nation Newspaper | Facebook

The traditional rites started very early and were witnessed by residents of the town and other guests.https://thenationonlineng.net/new-olowo-ogunoye-installed/

The Nation Newspaperさんの投稿 2019年8月23日金曜日

 

 (英語)I broke a jinx – Olowo-elect – Vanguard News

 上の記事は少し前のインタビュー記事です。

 本人による選出の経緯(例外的に平穏に選ばれ=ジンクスを破った、など)がありますが、王室による説明もあります。
 それによりますと、王室はエレウォクン(Elewokun Ruling House)と呼ばれ、二つの系統、アタンネイェス(Atanneyes)・オグノイェス(Ogunoyes)に分かれていて、さらに前者はオラグベギス(Olagbegis)とアジケス(Ajikes)から構成される、とのことです。
 今回即位した陛下の名前には、オグノイェが含まれるのでオグノイェス出身なのかと思えば、そうでないかのような質問をインタビュアーがしているので、少々疑問点もありますが、ただこの中でどこかが優先されるとか、ローテーション(確定的にせよなんとなくにせよ)があるとか、そういうことは述べられていません。