訃報(2020年10月26日):英国のダファリン=エヴァ侯爵夫人リンジー・ハミルトン=テンプル=ブラックウッド閣下が薨去(1941~2020)

 2020年10月26日、英国のダファリン=エヴァ侯爵夫人リンジー・ハミルトン=テンプル=ブラックウッド閣下(Lindy Hamilton-Temple-Blackwood : The Most Honourable The Marchioness of Dufferin and Ava : セリーナ・ベリンダ・ローズマリー・ハミルトン=テンプル=ブラックウッドSerena Belinda Rosemary Hamilton-Temple-Blackwood)が薨去したようです。
 1941年3月25日生まれの79歳。
 ギネス家の出身です。

 故・第5代ダファリン=エヴァ侯爵シェリダン・ハミルトン=テンプル=ブラックウッドの妻(未亡人)です。

※同侯爵位は、第5代侯爵薨去に伴い消滅。ダファリン=クランボイ男爵位が傍系に引き継がれています。

 

 (英語)Marchioness of Dufferin and Ava dies aged 79 after short illness – BelfastTelegraph.co.uk

Belfast TelegraphさんはTwitterを使っています 「Marchioness of Dufferin and Ava dies aged 79 after short illness https://t.co/YDRYRNuGDT https://t.co/6PNvQQILQv」 / Twitter

 

 (英語)Lady Dufferin has died aged 79 – The Irish News
 (英語)Lady Dufferin death announced as locals remember her kindness, humour and love of animals – Belfast Live

 (英語)Peerage News: The Marchioness of Dufferin & Ava 1941-2020

 

誕生(2020年9月10日):オリンピア・スペンサー=チャーチル令嬢。英国の第12代モールバラ公爵の継嗣ブランドフォード侯爵夫妻の第一子・長女

 2020年9月10日に、オリンピア・アラベラ・キティー・スペンサー=チャーチル令嬢(Lady Olympia Arabella Kitty Spencer-Churchill)が誕生していたようです。
 英国の第12代モールバラ公爵ジェームズ・スペンサー=チャーチル閣下の継嗣、ブランドフォード侯爵ジョージ・スペンサー=チャーチルGeorge Spencer-Churchill, Marquess of Blandford : ブランドフォード卿 : Lord Blandford)とブランドフォード侯爵夫人カミラCamilla)の第一子・長女です。

 

George Spencer-ChurchillはInstagramを利用しています:「Welcome to the world baby girl Olympia Arabella Kitty Spencer-Churchill. 👶 💕 10/09/20」

 

誕生(2020年3月24日):イヴ・フィッツジェラルド嬢。エドワード・フィッツジェラルド氏(リンスター公爵の甥で推定相続人)夫妻の第一子・長女

 2020年3月24日、エドワード・フィッツジェラルド氏(Edward FitzGerald)とフロー・フィッツジェラルド夫人(Flo FitzGeraldローラ・キャロライン・テルライトLaura Caroline Tellwright)の間の第一子・長女となるイヴ・フィッツジェラルド嬢(Eve FitzGerald)が誕生しました。

 

 (英国)FitzGerald – Births Announcements – Telegraph Announcements

 

 エドワード・フィッツジェラルド氏は、第9代リンスター公爵モーリス・フィッツジェラルド閣下の甥で、推定相続人です。おそらく公爵位を継承し、そして傍系の若い男子はいないと見られています。

 

訃報(2019年8月29日):英国の第10代ロクスバラ公爵ガイ・イネス=カー閣下が薨去(1954~2019)

 2019年8月29日、英国のスコットランド貴族/第10代ロクスバラ公爵ガイ・イネス=カー閣下(Guy Innes-Ker, 10th Duke of Roxburghe : His Grace The Duke of Roxburghe)が薨去したようです。
 1954年11月18日生まれの64歳。
 2009年より食道癌との闘病が続いていました。

 薨去に伴い、ボウモント・セスフォード侯爵を称していた長男のチャールズ・イネス=カーCharles Innes-Ker, Marquess of Bowmont and Cessford)が第11代公爵となります。

 

 (英語)The Duke of Roxburghe, 18 Nov 1954 – 29 August 2019 – Floors Castle
 (英語)Issued on behalf of the Innes Ker family… – Floors Castle & Gardens | Facebook

Floors Castle & Gardensさん(@floorscastle) • Instagram写真と動画

View this post on Instagram

Issued on behalf of the Innes Ker family and Roxburghe Estates, 29th August 2019 The family of the 10th Duke of Roxburghe are sad to announce that the Duke has today died following a lengthy battle with cancer. Guy Innes Ker died peacefully at his family’s ancestral home, Floors Castle, near Kelso, in the Scottish Borders. He is survived by Virginia, the Duchess of Roxburghe, five children and five grandchildren. The Duke’s eldest son, Charles, the Marquis of Bowmont, will succeed his father as the 11th Duke of Roxburghe. The family issued the following statement: “We are all deeply saddened that the Duke has lost his battle with an illness he fought with great courage and determination. He was a wonderful and loving husband to Virge and devoted father to Rosie, Charlie, Ted, Bella and George and it is a desperate loss to us all. His family meant so much to him and he was always there to offer love, guidance and support. He really was a Corinthian figure who was a great sportsman, a passionate fisherman who made a huge contribution to fisheries management on the river Tweed and a successful businessman who modernised and turned Roxburghe Estates into the successful business it is today. He took particular pride in seeing the work he and Virge had undertaken to establish Floors Castle and Gardens as one of the premier visitor attractions in Scotland. He derived enormous success and enjoyment from racing and the thoroughbred stud at Floors including breeding the first double Classic winner Attraction in the early 2000s. We know he will be missed by so many in different spheres in particular by those staff and farm tenants on the Roxburghe Estates. We are extremely grateful for the outstanding medical care the Duke received at the Brompton Hospital in London and at home by the Borders palliative care team led by Dr Miller and supported by the Scottish Nursing Guild.” There will be a private family funeral and a memorial service to be announced in due course. All media inquiries should be directed to Ramsay Smith, Media House 0141 220 6040/07788414856. Email: ramsay@mediahouse.co.uk

A post shared by Floors Castle & Gardens (@floorscastle) on

 

 (英語)The 10th Duke of Roxburghe dies after cancer battle – BBC News

 (英語)Peerage News: The 10th Duke of Roxburghe 1954-2019

 (英語:閲覧できない場合があります)ROXBURGHE – Deaths Announcements – Telegraph Announcements

 

結婚(2018年9月8日):英国の第12代モールバラ公爵の継嗣ブランドフォード侯爵ジョージ・スペンサー=チャーチルが結婚

 2018年9月8日、英国の第12代モールバラ公爵ジェームズ・スペンサー=チャーチル閣下の継嗣、ブランドフォード侯爵ジョージ・スペンサー=チャーチルGeorge Spencer-Churchill, Marquess of Blandford : ブランドフォード卿 : Lord Blandford)が、カミラ・ソープ嬢(Camilla Thorp)と結婚しました。

 

 (英語)Duke of Marlborough heir marries his childhood sweetheart | Daily Mail Online

 

新郎新婦と公爵以外の主な参列者:
※上記記事のキャプションが全然信用できないので、たぶん大丈夫だと思った方々だけ書いておきます(が、間違いがあるかもしれません)。

 レベッカ・フュー・ブラウンRebecca Few Brownベッキー・フュー・ブラウンBecky Few Brown)※元公爵夫人(公爵襲爵前に離婚)で、新郎の母

 公爵の異母弟のエドワード・スペンサー=チャーチル卿(Lord Edward Spencer-Churchill)、
 公爵の異母妹のアレクサンドラ・エリザベス・スペンサー=チャーチル令嬢(Lady Alexandra Elizabeth Spencer-Churchill)、

 アレクサンダー・スペンサー=チャーチル氏(Alexander Spencer-Churchill)※現公爵のはとこ?

 第4代ミルフォード・ヘイヴン侯爵ジョージ・マウントバッテン閣下(George Mountbatten, 4th Marquess of Milford Haven : The Most Honourable The Marquess of Milford Haven)と侯爵夫人クレア閣下(Clare Mountbatten : The Most Honourable The Marchioness of Milford Haven)

 一代貴族バンフォード男爵アンソニー・バンフォード閣下(Anthony Bamford, Baron Bamford)夫妻

 アンドルー・パーカー=ボウルズ氏(Andrew Parker-Bowles