バネアサ農園事件:ルーマニア警察公式サイトが、実刑3年4ヶ月の判決が出た“自称ルーマニア王子”、ルーマニア王カロル2世男系孫パウル・ランブリノ氏(パウル・ホーエンツォレルン氏、法律上はパウル・フィリップ・アル・ロムニエイの名になっている模様)への令状を掲載(2020年12月)

 実刑判決の出たルーマニア王子パウル殿下(ポール王子 : His Royal Highness Prince Paul of Romania)を称するパウル・ホーエンツォレルン氏(パウル=フィリップ・ホーエンツォレルンPaul-Philippe Hohenzollernパウル・ランブリノPaul Lambrinoパウル・アル・ロムニエイPaul al României)に対し、ルーマニア警察 公式サイトが令状を公開しています。

 

 (ルーマニア語:ルーマニア警察 公式サイト)Poliția Română – AL ROMANIEI PAUL PHILIPPE

 

 パウル・フィリップ・アル・ロムニエイPaul Philippe Al Romaniei)というのが現在の法律上の名前のようです。

※「アル・ロムニエイ」というのは、要するに「ルーマニアの」という意味です。

 おそらくルーマニア王の相続人であることを認められたことを事由に、改姓も承認されたのでしょう。

 

StirileProTV – Știrile Pro TV ale orei 19.00 | Facebook

 

関連:
 バネアサ農園事件:“自称ルーマニア王子”、ルーマニア王カロル2世男系孫パウル・ランブリノ氏(パウル・ホーエンツォレルン氏)に実刑3年4ヶ月(2020年12月)ポルトガル滞在と思われるため、ブカレスト警察はEUで有効な令状を請求している模様

 

バネアサ農園事件:“自称ルーマニア王子”、ルーマニア王カロル2世男系孫パウル・ランブリノ氏(パウル・ホーエンツォレルン氏)に実刑3年4ヶ月(2020年12月)ポルトガル滞在と思われるため、ブカレスト警察はEUで有効な令状を請求している模様

 ルーマニア王子パウル殿下(ポール王子 : His Royal Highness Prince Paul of Romania)を称するパウル・ホーエンツォレルン氏(パウル=フィリップ・ホーエンツォレルンPaul-Philippe Hohenzollernパウル・ランブリノPaul Lambrinoパウル・アル・ロムニエイPaul al României)を含む六人に対し、ルーマニア高等法院は有罪を宣告しました。

 パウル・ランブリノ氏には実刑3年4ヶ月となっており、上訴はできないようです。
 ブカレスト警察が同氏の自宅に向かったところ、リア・ランブリノ夫人(Lia Lambrino)はパウル氏はポルトガルにいると回答した模様。
 よって、欧州連合【EU】で有効な令状が請求されているようです。
 おとなしくルーマニアに戻って刑に服すのか、逃げるのか。そもそも本当にポルトガルにいるのかわかりませんが……。

 

 (ルーマニア語)BREAKING Verdict final în dosarul Ferma Băneasa: Remus Truică – 7 ani, Benjamin Steinmetz și Tal Silberstein – câte 5 ani, Paul al României – 3,4 ani, toți cu executare/ Dan Andronic – 3 ani cu suspendare

 (英語)Royal Musings: Paul Lambrino has been sentenced to prison.
 (英語)Eurohistory: Paul Lambrino – Who Is in Portugal – Has Been Sentenced to Prison in Romania

 

 さて、この人物が誰なのか知らない方に簡単に説明しますと。

 ルーマニア王カロル2世は(王になる前ですが)最初の結婚を極秘におこないました。これは父フェルディナンド1世らに内密でおこなわれましたが、キリスト教/ルーマニア正教会の神品(聖職者)が立ち合い、教会法上有効であるといわれています。ただし、フェルディナンド1世らはこの結婚を強引に法律上無効としました。
 この結婚から生まれたカロル2世の長男が故カロル・ランブリノ氏(ルーマニア王子ミルチャ殿下を称)で、さらにその長男がパウル・ランブリノ氏です。
  EU や各国の裁判で、父母の結婚(ルーマニア王カロル2世の最初の結婚)は合法でありカロル・ランブリノ氏はカロル2世の合法的な相続人であるとされました(しかしこれはルーマニア王位や王子の称号に関することに踏み込んだものではありません)。この結果により、パウル・ランブリノ氏に対しホーエンツォレルンの姓が用いられたりする例も出ました(ルーマニア王室の男系はドイツのホーエンツォレルン=ジグマリンゲンの系統です)。
 また、この結婚が有効だとすると、二回目の結婚から生まれた故・ルーマニア王ミハイ1世陛下の立場はどうなるのかという面倒な話題もありますが、そこはとりあえずあまり考えられていません

 カロル・ランブリノ氏はルーマニア王室当主を称したりはしませんでしたが、子息のパウル・ランブリノ氏は当主を称し旧ルーマニア王ミハイ1世陛下に対抗します。

 ……とここまでは、逮捕事由と関係ありませんが、このような経緯から、彼が王室当主である・または王の相続人であるとするならば、当然、王室の財産が彼に“返還”されてもよさそうに見えます。
 2006年~2013年に渡って大規模で広範囲な汚職・犯罪がおこなわれ、その中にはバネアサ農園、スナゴヴ森といった王室に属していた財産をパウル・ランブリノ氏のものであると見せかけることによって実現しているものがあります。
 今回の実刑判決はこれに基づくものです。

 

 パウル・ランブリノ氏がポルトガルに滞在している理由は不明ですが、判決を予期し、逃亡した可能性もあります。ポルトガルの裁判所はランブリノ系統の権利を認めています。とはいえ、今回の実刑判決に関連してEU令状が発出された場合になにか手加減してくれるとは考えられませんが……。

 

 パウル氏とリア夫人の間にはカロル・フェルディナンド・ランブリノという一子がいます。
 リア夫人の生年の情報が誤りでなければ60歳での出産ということで、疑問視やら最近の技術やら、そういった話題にもなりますが、とりあえず育つにつれ外見は父親に似てきているという指摘もされています。
 ルーマニア正教会の中にはこの男子を正統なルーマニア王位の継承者と考えているものもわずかとはいえいるようです。

 

続報:
 バネアサ農園事件:ルーマニア警察公式サイトが、実刑3年4ヶ月の判決が出た“自称ルーマニア王子”、ルーマニア王カロル2世男系孫パウル・ランブリノ氏(パウル・ホーエンツォレルン氏、法律上はパウル・フィリップ・アル・ロムニエイの名になっている模様)への令状を掲載(2020年12月)

 

ルーマニア王室当主/ルーマニア王位守護者マルガレータ陛下夫妻が、フランスのスルツマットを訪問(2018年9月)同自治体公式サイトの敬称表記「Sa Majesté(陛下)」

 2018年9月末、ルーマニア王室当主/ルーマニア王位守護者マルガレータ陛下(Her Majesty Margareta, the Custodian of the Crown of Romania : ルーマニア皇太子マルガレータ殿下 : Her Royal Highness Crown Princess Margareta of Romania)と夫のルーマニア王子ラドゥ殿下(His Royal Highness Prince Radu of Romania)は、第一次世界大戦中にドイツ及びオーストリア=ハンガリーによってフランス(とドイツの係争地方)に収容され死亡したルーマニア兵たちの慰霊のためにフランス共和国のスルツマットとアグノーを訪問しました(うち、アグノーは、同自治体よりの招待と表記されています)。

 2018年9月29日は、スルツマット(ゾウルツマット、ズルツマット)を訪問。
 この地にあった収容所は墓地となっているようです。
 これまでもルーマニア王フェルディナンド1世陛下と王妃マリア陛下(英国王室出身)、旧ルーマニア王ミハイ1世陛下と王妃アナ陛下(ブルボン=パルマ家出身)らなど、ルーマニア王室から訪問がなされています。

 慰霊のための式典には、キリスト教/東方正教会/ルーマニア正教会の西欧・南欧府主教ヨシフ座下(His Eminence Metropolitan JosephIosif】 of Western and Southern Europe)が臨席。

 陛下と殿下は、同コミューン(規模が小さいようですが市としておきます)の市長ジャン=ポール・ディーリンガー閣下(Jean-Paul Diringer)から、スルツマット=ヴィンツフェルデン名誉市民(Citoyens d’Honneur de Soultzmatt-Wintzfelden)の称号を授与されました。
※「ヴィンツフェルデン」というのは同市の中にある地名のようですが、なぜ名誉市民称号に加えられているのかは不明です。

 

 (ルーマニア語:ルーマニア王室公式ニュース配信サイト)În Anul Centenar, Majestatea Sa a devenit cetățean de onoare al localității Soultzmatt | Familia Regală a României / Royal Family of Romania
 (ルーマニア語:ルーマニア王室公式ニュース配信サイト)Ceremonie la cimitirul martirilor români din Primul Război Mondial | Familia Regală a României / Royal Family of Romania

 (ルーマニア語:ルーマニア正教会通信)Majestatea Sa Margareta şi ASR Principele Radu au devenit cetăţeni de onoare ai oraşului Soultzmatt – Basilica.ro
 (ルーマニア語:ルーマニア正教会通信)Familia Regală s-a rugat pentru eroii români înmormântaţi la Soultzmatt – Basilica.ro

 

 現時点ですが、スルツマット市の公式サイトトップページはこうなっています。

 (フランス語)Soultzmatt – Site officiel de la commune

 一方、そこからリンクされているページは、当日の予定のものでした。

 (フランス語)Réception en l'honneur de la Famille Royale de Roumanie le 29 septembre 2018 – Soultzmatt – Site officiel de la commune

Réception en l’honneur de la Famille Royale de Roumanie le 29 septembre 2018
Sa Majesté Margareta de Roumanie, Gardienne de la Couronne, et Son Altesse Royale le Prince Radu seront en visite officielle à Soultzmatt, dans le cadre du Centenaire de la Première Guerre mondiale et de la création de l’État roumain moderne.

 「Sa Majesté Margareta de Roumanie, Gardienne de la Couronne」
 マルガレータ陛下の表記はこうなっています。

 「Sa Majesté」は陛下です。
 「Gardienne(ガルディエンヌ)」は、英語での Guard や Guardian のフランス語(女性形)で、英語の Custodian などに対応するちょうどいい言葉はないのかもしれませんが、これでは王冠を守っている女性警備員と思われるのではないのかという心配が。
※そもそも「Custodian」自体が警備員や清掃員などを連想させるという指摘もありますので、物理的な王冠をイメージさせる「王冠守護者」ではなく、このサイトでは「王位守護者」としています。

 

Familia Regalăさんのツイート: "Vizită regală la Soultzmatt, pentru a onora memoria martirilor români din Primul Război Mondial https://t.co/cPOhSVWAAs… https://t.co/PQplHRiKpV"

 

Familia Regalăさんのツイート: "Ceremonie la cimitirul martirilor români din Primul Război Mondial https://t.co/bsBLYkJUsk… "

 

În locul inaugurat de Regele Ferdinand I… – Familia Regala a Romaniei | Facebook

 

Familia Regală a României (@familiaregalaaromaniei) • Instagram photos and videos

 

Familia Regală a României (@familiaregalaaromaniei) • Instagram photos and videos

 

ルーマニア王女マリア殿下がドイツを訪問(2018年9月)

 2018年9月11日~9月15日の日程で、ルーマニア王女マリア殿下(Her Royal Highness Princess Maria【Marie】 of Romania)がドイツ連邦共和国を訪問しました。

 

全般の記事:
 (ルーマニア語:ルーマニア王室公式サイト)Principesa Maria a încheiat vizita în Republica Federală Germania | Familia Regală a României / Royal Family of Romania

Familia Regala a Romanieiさんがリンクをシェアしました。 – Familia Regala a Romaniei | Facebook

 

 デュッセルドルフでは、ドイツ連邦共和国駐箚ルーマニア特命全権大使エミル・フレゼアヌ閣下(His Excellency Emil Hurezeanu)に同行し、デュッセルドルフ市長トーマス・ガイゼル閣下(Thomas Geisel)と会見しています。
 ルーマニア王カロル1世に関連するイベントにあわせてのようです。
 キリスト教/ルーマニア正教会より、ドイツ・オーストリア・ルクセンブルク大主教/ドイツ・中欧・北欧府主教セラフィム座下(His Eminence Serafim, Romanian Orthodox Archbishop of Germany, Austria and Luxembourg and Romanian Orthodox Metropolitan of Germany, Central and Northern Europe)の参列もありました。

 (ルーマニア語:ドイツ府主教公式サイト) Festivităţi dedicate Centenarului Marii Uniri, la Düsseldorf

左から、大使、マリア王女殿下、市長、(四人目はわかりません):
E.S. dl. ambasador Emil Hurezeanu… – Ambasada României în Republica Federală Germania | Facebook

 

 その後、ベルリンでは、文化的行事や、同地のルーマニア正教会聖職者や信徒を訪問、またルーマニア王妃マリアに関するイベントに臨席しました。

Conferință și expoziție dedicate Reginei… – Ambasada României în Republica Federală Germania | Facebook

Ambasada României în Republica Federală… – Ambasada României în Republica Federală Germania | Facebook

 

Getty Images:”元ルーマニア王子”ニコラエ・メドフォース=ミルズ氏夫妻の夏の写真【35枚】(2018年)なんのためらいもなく「Prince」「Princess」とキャプション

 「Getty Images」に、”元ルーマニア王子”のニコラエ・メドフォース=ミルズ氏(Nicolae Medforth-Millsニコラス・メドフォース=ミルズ氏 : Nicholas Medforth-Mills)とアリナ夫人の夏の写真35枚が掲載されています。

 

 (写真一覧)Prince Nicholas Romania Alina Summer Photo Session 画像と写真 | Getty Images

Prince Nicholas Of Romania and Princess Alina Of Romania visit the… ニュース写真 | Getty Images
Embed from Getty Images

Prince Nicholas Of Romania and Princess Alina Of Romania

 

 なんのためらいもなく「Prince」「Princess」とキャプションされています。

 

※ちなみに上に貼り付けた写真は、ニコラエ氏の高祖母ルーマニア王妃マリア(英国王室出身)に関する展示会を訪問した時のもののようです。