ベルギー王ボードワン陛下没後25周年式典・ミサ(2018年9月)

 2018年9月8日、ベルギー王ボードワン陛下没後25周年の式典・ミサがおこなわれました。

 ベルギー王フィリップ陛下(Philippe of Belgium : Philippe de Belgique : Filip van België : Philipp von Belgien : His Majesty The King of the Belgians)とベルギー王妃マティルド陛下(Queen Mathilde of Belgium : Her Majesty The Queen of the Belgians)はじめベルギー王室の方々、そして近親のルクセンブルク大公室や、リヒテンシュタイン公室からも参列がありました。
 両陛下は、ボードワン陛下及びファビオラ王妃陛下の陵へ献花。

 ミサは、キリスト教/ローマ・カトリック教会のメヘレン=ブリュッセル大司教ヨーゼフ・デ・ケーセル枢機卿座下(His Eminence Josef Cardinal De Kesel, Archbishop of Mechelen-Brussel)が司式。

 

 (フランス語:ルクセンブルク大公室公式サイト)Messe d’action de grâce à l’occasion du 25ème anniversaire du décès du Roi Baudouin – Cour Grand-Ducale de Luxembourg – Septembre 2018

 (オランダ語)Homilie bij de gedachtenis van koning Boudewijn | Kerknet
 (オランダ語)25ste verjaardag overlijden van koning Boudewijn herdacht | Kerknet

 (英語)In pictures: Mass held to commemorate the 25th anniversary of King Baudouin’s death – Royal Central

 

 (写真一覧)画像と写真 | Getty Images
 (写真一覧)PPE Agency | 61 foto’s gevonden met “08-09-2018 Laken”
 (写真一覧)Photos, news, video | Te Deum ceremony to commemorate 25 anniversary of the death of King Baudouin

 

ベルギー王フィリップ陛下とベルギー王妃マティルド陛下:
King Philip of Belgium and Queen Matthilde arrive prior to attend a… ニュース写真 | Getty Images
Embed from Getty Images

 

両陛下の子供たち、ベルギー王子エマニュエル殿下、ベルギー王子ガブリエル殿下、ベルギー王女エレオノール殿下:
Prince Emmanuel of Belgium, Prince Gabriel of Belgium and Princess… ニュース写真 | Getty Images
Embed from Getty Images

 

フィリップ陛下の妹、ベルギー王女アストリッド殿下(オーストリア=エステ大公妃):
Princess Astrid of Belgium, Prince Lorenz of Belgium, Prince Amadeo… ニュース写真 | Getty Images
Embed from Getty Images

 

アストリッド殿下の夫、ベルギー王子ローレンツ殿下(ハプスブルク家のオーストリア=エステ大公):
Prince Lorenz of Belgium leaves a mass to remember the 25th… ニュース写真 | Getty Images
Embed from Getty Images

 

アストリッド殿下とローレンツ殿下の長男ベルギー王子アメデオ殿下とエリザベッタ妃殿下:
Prince Amedeo of Belgium and Princess Elisabetta leave the mass to… ニュース写真 | Getty Images
Embed from Getty Images

 

アストリッド殿下とローレンツ殿下の長女・次女のベルギー王女マリア・ラウラ殿下とベルギー王女ルイサ・マリア殿下:
Princess Maria Laura of Belgium and Princess Louisa Maria of Belgium… ニュース写真 | Getty Images
Embed from Getty Images

 

ベルギー王子ロラン殿下:
Prince Laurent of Belgium leaves a the mass to remember the 25th… ニュース写真 | Getty Images
Embed from Getty Images

 

ルクセンブルク大公アンリ殿下と、子息のルクセンブルク大公子ルイ殿下:
Prince Louis of Luxembourg and Grand Duke Henri of Luxembourg arrive… ニュース写真 | Getty Images
Embed from Getty Images

 

ルクセンブルク大公子ギヨーム殿下と大公子妃シビラ殿下:
Prince Guillaume, Hereditary Grand Duke of Luxembourg and Princess… ニュース写真 | Getty Images
Embed from Getty Images

 

ルクセンブルク大公女マリー・アストリッド殿下と夫のオーストリア大公カール・クリスティアン殿下(ハプスブルク家)、妹のルクセンブルク大公女マルガレータ殿下(リヒテンシュタイン公子妃):
Marie Astrid of Luxembourg, Archduke Karl Christian of Austria and Margarete of Luxembourg
Embed from Getty Images

 

ルクセンブルク大公女マルガレータ殿下と夫のリヒテンシュタイン公子ニコラウス殿下:
Princess Margaretha of Liechtenstein and Prince Nikolaus of… ニュース写真 | Getty Images
Embed from Getty Images

 

↑の二人の子供たち、
リヒテンシュタイン公女マリア・アヌンチャータ殿下、リヒテンシュタイン公女マリー=アストリッド殿下、リヒテンシュタイン公子ヨーゼフ=エマヌエル殿下:
Maria-Anunciata of Liechtenstein, Marie-Astrid of Liechtenstein and… ニュース写真 | Getty Images
Embed from Getty Images

 

その他の参列者:
 ナッサウ公子ポール=ルイ殿下
 ナッサウ公子レオポルド殿下
 ナッサウ公女シャルロット殿下
 ベルギー王子妃(未亡人)レア殿下(Her Royal Highness Princess Léa of Belgium)と子息のルノー・ビシャラ氏(Renaud Bichara)、
  エレーヌ・ヴェストゥルHélène Vestur : 元ルクセンブルク大公子妃)、

 ローツ=コルスヴァレム伯子妃アクセル殿下(Countess Axelle of Looz-Corswarem)、

 ベルギー貴族のジャン・シャルル・ユーレンス・ド・スホーテン・ホウェットノール伯爵とカトリーヌ=マリー・ユーレンス・ド・スホーテン・ホウェットノール伯爵夫人
 (伯爵の母は、マデレーン・ベルナドット伯爵女で、祖父は故・元スウェーデン王子カール

 

その他の参列予定者で欠席した方と、意外な欠席者:
 ブラバント女公爵/ベルギー王女エリザベート殿下、
 前ベルギー王アルベール2世陛下と前ベルギー王妃パオラ陛下の夫妻、
 ルクセンブルク大公妃マリア・テレサ殿下、

 

その他の参列予定者(参列したかしてないか不明):

 ラ・プランセス・マリア=テレザ・ド・ブルボンLa Princesse Maria-Teresa de Bourbon)、
※ブルボンのどの系統かもわかりません。
 
 

Kerknetさんのツイート: "25ste verjaardag van overlijden van #koning #Boudewijn herdacht https://t.co/I5dImjWcpk"

 

Belgian Royal Palaceさんのツイート: "Messe d’action de grâce à l’occasion du 25ème anniversaire du décès du Roi Baudouin #25ans #MonarchieBe… "

 

Belgian Royal Palaceさんのツイート: "Eucharistieviering tgv de 25ste verjaardag van het overlijden van Koning Boudewijn #25jaar #MonarchieBe… "

 

Eucharistieviering tgv de 25ste… – Belgische Monarchie Monarchie belge Belgian Monarchy | Facebook

 

ブラジル帝室(ヴァソウラス系統)当主/ルイス殿下が、ブラジル独立宣言196周年のメッセージ(2018年9月)

 2018年9月7日、ブラジル帝室(ヴァソウラス系)当主のブラジル皇子/オルレアン=ブラガンサ公子ルイス殿下(His Imperial and Royal Highness Prince Luiz of Brazil, Prince of Orléans-Braganza, Head of the Imperial House of Brazil)によるブラジル独立宣言196周年のメッセージが公開されています。

 

Pró Monarquia – MENSAGEM OFICIAL DO CHEFE DA CASA IMPERIAL… | Facebook

 

インタビュー記事(英語):ハプスブルク家のオーストリア大公イムレ殿下へのインタビュー記事(2018年8月)オーストリア皇帝“福者”カール1世陛下の曾孫

 オーストリア帝室/ハンガリー王室/ハプスブルク=ロートリンゲン家のオーストリア大公イムレ殿下(オーストリア皇子 : ハンガリー王子 : ベーメン王子 : His Imperial and Royal Highness Archduke Imre of Austria, Prince Imperial of Austria, Prince Royal of Hungary and Bohemia)へのインタビューの記事です。

 8月21日にアイルランド共和国のゴールウェイ大聖堂でおこなわれる催しに殿下が参列予定とのことです。

 

 イムレ大公殿下は、キャスリーン妃殿下との間に、マリア=ステラ大公女殿下とマグダレーナ大公女殿下の二子があります。

 

 (英語)Advertiser.ie – 'We feel no nostalgia for the imperial era'

Galway Advertiserさんのツイート: "It's not everyday you meet royalty! HRH Archduke Imre de Habsbourg-Lorraine of Austria is from a family which has dominated European history from the Holy Roman Empire to the… https://t.co/4joPqYsAbU"

 

 イムレ大公殿下が、自分自身の人生や、オーストリア皇帝カール1世陛下夫妻や帝国崩壊後、カール1世列聖について語っています。

 なお、殿下の発言から、ローマ教皇“聖”ヨハネ・パウロ2世聖下の父(カロル・ユゼフ・ヴォイティワ息子と同名)は、カール1世の名前にちなんで自分の息子のファーストネームをカロルにしたと取れますが……(初めて聞きました。というか自分自身と同じにしただけだと思い込んでましたが、そういえば命名の理由を記述したものを見た記憶がない……)。

 

記事(スペイン語):ペルーの少数民族シピボ族の血を引くハプスブルク家のオーストリア大公女アマヤ殿下【7歳】と母・大公妃マヤスニ殿下、祖母に関する記事(2018年8月)

 (スペイン語)Mayasuni y Amaya: las archiduquesas de Austria con sangre shipiba

※名前に含まれている「ya」の表記ですが、「ジャ」とするほうも考えましたが、スペイン語圏およびペルー内でも発音がかなり違うものですし、シピボ族の発音や、ましてロンドン生まれのアマヤ大公女殿下がどう呼ばれているかはなんともいえないところなので、「ヤ」で統一しておきます。

 

 ペルーの少数民族シピボ族(シピボ人 : Shipibo people)の血を引くハプスブルク家のオーストリア大公女アマヤ殿下(オーストリア皇女 : ハンガリー王女 : ベーメン王女 : Her Imperial and Royal Highness Archduchess Amaya of Austria, Princess Imperial of Austria, Princess Royal of Hungary and Bohemia : アマヤ・フォン・ハプスブルク=ロートリンゲンAmaya von Habsburg-Lothringen)と母のオーストリア大公妃マヤスニ殿下(Her Imperial and Royal Highness Archduchess Mayasuni of Austria)、祖母カロリン・ヒースCarolyn Heath)に関する記事です。

 英国/イングランドからカロリン・ヒースがペルーのシピボ族の地にやってきて、惚れ込んでそこで活動して子供(マヤスニ・ヒース嬢含む)もできたものの、多数のテロを実行した極左武装組織「センデロ・ルミノソ」の勢力拡大に伴い、首都リマへ、そしてペルーを脱出。
 そこで、その後なにがどうなったのかこの記事からはさっぱりわかりませんが、マヤスニ・ヒース嬢は2006年に、ハプスブルク家のオーストリア大公フィリップ殿下【1962年生まれの】と結婚します。このフィリップ殿下は、オーストリア帝室当主のカール大公殿下の従弟にあたります。

 現在のオーストリア帝室の結婚規定は極めてゆるく、キリスト教の式を挙げれば問題ない、ということになっています。過去の皇帝たちが聞いたら卒倒しそうな気もしますが。いっぽう、分枝のトスカナ大公室の結婚規定はそこまでゆるくないので、トスカナ系統に属していてオーストリア帝室の一員ではあるけれどトスカナ大公室の一員ではない、ということもあります。
 ともあれ、フィリップ殿下とマヤスニ・ヒース嬢の結婚は、キリスト教式でおこなわれたようで、マヤスニ嬢はオーストリア大公妃となり、2011年に生まれたアマヤ殿下もオーストリア帝室ハプスブルク=ロートリンゲン家の一員です。

 なお、アマヤ殿下がロンドンで生まれているので、一家は普段英国に住んでいるのかもしれませんが、ヨーロッパ圏内の人物がロンドンで出産するケースはそれなりに多いので、そのあたりは不明です(アマヤ殿下の国籍もわからないといえばわからないですね)。

 今回、アマヤ大公女殿下、マヤスニ大公妃殿下、カロリン・ヒースはシピボ族の地を訪問し、アマヤ殿下はシピボ族の名としてスイサメヌSuysamenu)を受けた模様。
 スペイン語としては、「especial」「elegante」「brillante」が意味が近いということです(英語では「special」「elegant」「brilliant」にあたると思いますが多少意味合いが違うかもしれません)。

 

ベルギー王女アストリッド殿下が、重度の睡眠障害とのこと(2018年5月)

 ベルギー王室のベルギー王女アストリッド殿下(オーストリア=エステ大公妃 : オーストリア皇子妃 : ハンガリー王子妃 : ベーメン王子妃 : モデナ公妃 : Her Imperial and Royal Highness Princess Astrid of Belgium, Archduchess of Austria-Este, Princess Imperial of Austria, Princess Royal of Hungary and Bohemia, Duchess of Modena)が、重度の睡眠障害と発表されたようです。
 2月下旬より公務を休んでいた模様。

 6月下旬に予定されている公務までには治したいということですが……(アストリッド王女殿下は、ベルギーの経済関係の一行を率いて外国訪問をおこなうことが多いです)。

 

 (オランダ語)Paleis bevestigt slaapproblemen prinses Astrid: “Moet zich l… – Het Nieuwsblad

 (英語)Princess Astrid on mandatory rest after dealing with severe sleep issues – Royal Central