婚約~婚約発表~婚約儀式(2020年12月~2021年1月):ロシア帝室ロマノフ家継嗣/ロシア大公ゲオルギー殿下とレベッカ・ベッタリーニ嬢

 ロシア帝室継嗣のロシア大公ゲオルギー殿下(His Imperial Highness The Heir, Tsesarevich, and Grand Duke George of Russia : プロイセン王子 : Prince of Prussia)とキリスト教/東方正教会/ロシア正教会に改宗し、ヴィクトリア・ロマノヴナVictoria Romanovna)の名をえたレベッカ・ベッタリーニ嬢(Rebecca Bettarini)の婚約が発表されました。

 各種の情報によりますと、2020年12月にブリュッセルで婚約があり、1月20日付で婚約発表、1月24日に婚約儀式が聖堂でおこなわれたようです(もう一度あるかもしれません)。

 そして2021年8月に結婚式の予定となっています。
 ロシア正教会がどの程度関わるのかが注目です。

 

 (英語:ロシア帝室 公式サイト)Russian Imperial House – 2021-01-20 Announcement of the Upcoming Wedding of His Imperial Highness The Heir, Tsesarevich, and Grand Duke George of Russia and Nob. Victoria Romanovna Bettarini

 色々指摘があがっているのですがまず、ベッタリーニ嬢に関するこの「Nob.」表記ですが……

Nob. Victoria Romanovna Bettarini

 彼女は先祖に貴族を持つものの、貴族の家柄ではありません。
 しかしこれに関しては、ゲオルギー殿下の母・ロシア帝室ロマノフ家当主/ロシア女大公マリヤ殿下(Head of the Russian Imperial House : Her Imperial Highness The Grand Duchess Maria Wladimirovna of Russia)が彼女の父に与えた何らかの勲功によるものというやや苦しい言い訳もあるようです。

 また、

We deem it proper that VICTORIA ROMANOVNA should, from the moment of her marriage with Our son, have the right to use the dynastic surname Romanoff with the title of Princess and the predicate of Serene Highness.

 この部分によれば、ベッタリーニ嬢は、 Imperial Highness や Grand Duchess (大公妃)を得ず、 Serene Highness および Princess (公子妃)にとどまるようです。
 結婚を認めたが貴賤結婚として認めたとも取れます。その場合、二人の子孫は帝室の一員とはなりません。
 一方 the right to use the dynastic surname Romanoff と王朝の姓であるロマノフの使用を認めています。
 これは王朝の一員として迎え入れることを示しており、貴賤結婚になりません。
 なにがなにやら……。

 

 (英語)Announcement of the Engagement of the Tsesarevich and Grand Duke George to Victoria Romanova Bettarini — The Russian Legitimist

 (英語)Betrothal ceremony of the Grand Duke George Mikhailovich and Victoria Romanovna Bettarini at Kostroma — The Russian Legitimist

 婚約儀式は、キリスト教/東方正教会/ロシア正教会のコストロマ・ネレフタ府主教フェラポント座下(His Eminence Metropolitan Ferapont of Kostroma and Nerkhta)が司式したようです。

前ベルギー王アルベール2世陛下夫妻が、アルベール2世の婚姻外の子供であると確定したベルギー王女デルフィーヌ殿下と会見(2020年10月)

 2020年10月25日、前ベルギー王アルベール2世陛下(His Majesty King Albert II of Belgium)と前ベルギー王妃パオラ陛下(Her Majesty Queen Paola of Belgium)は、ベルヴェデール城にて、アルベール2世の婚姻外の子供であると確定したベルギー王女デルフィーヌ殿下(Her Royal Highness Princess Delphine of Belgium)と会見しました。

 

Message de Leurs Majestés le Roi Albert… – Place Royale – Bel RTL | Facebook

 

関連:
 前ベルギー王アルベール2世陛下の娘であることが確定したデルフィーヌ・ボエルがベルギー王女に(2020年10月)子供二人もジョゼフィーヌ王女殿下とオスカル王子殿下に
 映像(2020年10月5日):ベルギー王女となったデルフィーヌ・ボエルの記者会見の映像
 ベルギー王フィリップ陛下が、異母妹・ベルギー王女と認められたデルフィーヌ殿下と会見(2020年10月)

 

ベルギー王フィリップ陛下が、異母妹・ベルギー王女と認められたデルフィーヌ殿下と会見(2020年10月)

 2020年10月9日、ベルギー王フィリップ陛下(Philippe of Belgium : Philippe de Belgique : Filip van België : Philipp von Belgien : His Majesty The King of the Belgians)は、陛下の異母妹・ベルギー王女と認められたデルフィーヌ・ボエルDelphine Boël)ことベルギー王女デルフィーヌ殿下(Her Royal Highness Princess Delphine of Belgium)とラーケン王宮にて会見しました。

 共同のコメントとして、とても有意義であたたかな会談ができたことと、この機会が家族内のさらなる親密化をもたらすだろうと発表されています。

 

Gezamenlijke boodschap van de Koning en… – Belgische Monarchie Monarchie belge Belgian Monarchy | Facebook

 

Belgian Royal PalaceはInstagramを利用しています:「Gezamenlijke boodschap van de Koning en Prinses Delphine: Op vrijdag 9 oktober hebben wij elkaar voor de eerste maal ontmoet in het…」

View this post on Instagram

Gezamenlijke boodschap van de Koning en Prinses Delphine: Op vrijdag 9 oktober hebben wij elkaar voor de eerste maal ontmoet in het Kasteel van Laken. Het was een warme ontmoeting. Dit uitgebreid en bijzonder gesprek gaf ons de gelegenheid om elkaar te leren kennen. We hebben gesproken over onze eigen levens en onze gemeenschappelijke interesses. Deze band zal zich verder in familieverband ontwikkelen. Filip & Delphine ————— Message commun du Roi et de la Princesse Delphine : Ce vendredi 9 octobre, nous nous sommes rencontrés pour la première fois au Château de Laeken. Notre rencontre fut chaleureuse. Nous avons eu l’occasion d’apprendre à nous connaître lors d’un long et riche échange qui nous a permis de parler de nos vies respectives et de nos centres d’intérêt communs. Ce lien va désormais se développer dans un cadre familial. Philippe & Delphine ————— Joint communication of the King and Princess Delphine: On Friday 9 October, we met each other for the first time at the Castle of Laken. It was a warm encounter. This long and rich discussion gave us the opportunity to learn to know each other. We talked about our respective lives and areas of shared interest. This bond will further develop within the family setting. Philippe & Delphine 📷 Koninklijk Paleis / Palais Royal

A post shared by Belgian Royal Palace (@belgianroyalpalace) on

 

関連:
 前ベルギー王アルベール2世陛下夫妻が、アルベール2世の婚姻外の子供であると確定したベルギー王女デルフィーヌ殿下と会見(2020年10月)

 

動画:ベルギー王フィリップ陛下の王立軍事学園 学年開始 のスピーチ映像(2020年10月)

 2020年10月8日、王立軍事学園(Royal Military Academy)の学年開始におけるベルギー王フィリップ陛下(Philippe of Belgium : Philippe de Belgique : Filip van België : Philipp von Belgien : His Majesty The King of the Belgians)のスピーチ映像です。

 

The Belgian Monarchy:
Toespraak bij de opening academiejaar KMS – Discours à l'occasion de l’entrée solennelle à l’ERM. – YouTube

 

 (オランダ語版:ベルギー王室公式サイト)Toespraak van Zijne Majesteit de Koning bij de opening van het academiejaar van de Koninklijke Militaire School | De Belgische Monarchie
 (フランス語版:ベルギー王室公式サイト)Discours de Sa Majesté le Roi à l’entrée solennelle à l’Ecole Royale Militaire | La Monarchie belge

 

映像(2020年10月5日):ベルギー王女となったデルフィーヌ・ボエルの記者会見の映像

 ベルギー王女となったデルフィーヌ・ボエルDelphine Boël)ことベルギー王女デルフィーヌ殿下(Her Royal Highness Princess Delphine of Belgium)ですが、10月5日の記者会見の映像がありました。

 なお、タイトルと説明文では、名前がデルフィーヌ・ド・サクス=コブール(Delphine de Saxe-Cobourg)ではなく、デルフィーヌ・ド・サクス=コブール=ゴータ(Delphine de Saxe-Cobourg-Gotha)となっています。
※どちらなのか、混乱が見られます。

 

※フランス語、英語の部分も。
belgabox:
Persmoment – Moment de presse: Delphine de Saxe-Cobourg Gotha – YouTube