ザイン=ヴィトゲンシュタイン=ベルレブルク公子ルートヴィヒ=フェルディナント殿下が当主グスタフ殿下を提訴した件、第二審は2020年7月の模様(2020年1月)「もはや事実婚は普通の結婚と同等であり、庶民と事実婚した当主は先祖の遺言に背いている」と主張

 ザイン=ヴィトゲンシュタイン=ベルレブルク公グスタフ殿下(Gustav : His Highness The Prince of Sayn-Wittgenstein-Berleburg : グスタフ・フュルスト・ツー・ザイン=ヴィトゲンシュタイン=ベルレブルクGustav Fürst zu Sayn-Wittgenstein-Berleburg)は、デンマーク王女ベネディクテ殿下の息子、つまりデンマーク女王マルグレーテ2世陛下の甥にあたります。

 このザイン=ヴィトゲンシュタイン=ベルレブルク家は、先々代のグスタフ・アルプレヒト殿下が、財産相続に厳しい制限を付けています(第三帝国時代)。
 それは、財産相続人は男子であり結婚相手を「貴族・プロテスタント・アーリア人」に限る、としたものです(ただし、完全に詳細な内容は公開されていないはずです)。
 この条件を満たさない結婚をおこなうと即座に財産の相続権を失い、すでに所有している場合それでも失う、というのがこれまでのドイツの判例からほぼ確実視されています。

 先代のリヒャルト殿下は、結局はデンマーク王女と結婚したので、まったく問題なかったのですが、現当主のグスタフ殿下は、庶民のカリーナ・アクセルソン嬢(Carina Axelsson)との結婚を望んだものの、結婚すると財産を相続できなくなります。そして、それは城というか館というか、自分の家を遠い親戚に渡さなければならないことを意味します。

 これが元々の状況で、これに対し、「アーリア人などを条件に含む元々の遺言はナチス時代のものでおかしい」という見解はありました。しかしそれでもドイツの判例からどうにもならないだろうというのがあり、それで二人は結婚せずに一緒に生活していました。

 ところが、2018年あたりからの報道で、リヒャルト殿下の従弟のザイン=ヴィトゲンシュタイン=ベルレブルク公子ルートヴィヒ=フェルディナント殿下が、グスタフ殿下に対し、自分に財産を譲るよう要求しているとの報道がなされます。
 これが、簡単にいえば、「事実婚はもう普通の結婚と同じなのだから、条件を満たさない人物と事実婚をしているあなたは財産の所有権がない(=財産は私のもの)」ということです(ルートヴィヒ=フェルディナント殿下が次の相続人とみられています)。

 第一審は、グスタフ殿下側弁護士にリッペ公室当主/リッペ公シュテファン殿下が立つという展開がありましたが、ともあれグスタフ殿下側が勝訴。
 ルートヴィヒ=フェルディナント殿下は控訴し、第二審は今年【2020年】7月とのことです。

 この問題は、「“アーリア人”を含む遺言は差別ではないか」(ただしこれだけでは遺言を無効にできないだろうとみられている)に「事実婚と普通の結婚を区別するのは差別ではないか」という問題が絡み、これまでのドイツ王室・貴族関連訴訟で最も面倒なものになるのではないかと思われています。
 また、この件が難しいのは、現実の制度を拒否し自分の意思をつらぬく絶対君主政主義者などのめんどうくさい人たちを除けば、いつかわからないがいつかは事実婚と普通の結婚はドイツでも同等に扱われるのではないかという考えは広範囲にあり、仮にそうだとすると、今回の訴訟でグスタフ殿下が勝利しても、遺言が無効化されない限り殿下が生きている間に殿下が財産を所有できなくなる可能性は残るということもあります。

 付言すると、ドイツでは、過去の当主や一族などの子孫のうち、歴代の本拠地となる城と館を所有している人物が当主とみなされるのが一般的です。これは過去の継承権などとは別の問題で、そう思われています。
 なので、ザイン=ヴィトゲンシュタイン=ベルレブルク公位継承ルールはともかく、敗訴すればグスタフ殿下は廃位された公という社会的にはとてつもなくうれしくない立場になってしまいます。

 あと、グスタフ殿下の母、デンマーク王女ベネディクテ殿下がドイツでの生活をやめて完全にデンマークに戻ることになると、デンマークは王室予算は増やさねばならないのではないかという気もします。

 

 (英語)The (In)Famous Sayn-Wittgenstein-Berleburg Will, Round 3: When There Is An Estate Worth Half a Billion Up For Grabs, That's Apparently Where Cordial Family Relations End

 

ベルギー王女アストリッド殿下と夫のローレンツ大公殿下がネパールを訪問(2020年1月)大統領や外相と会談

 2020年1月19日から1月22日にかけて、ベルギー王女アストリッド殿下(オーストリア=エステ大公妃 : オーストリア皇子妃 : ハンガリー王子妃 : ベーメン王子妃 : モデナ公妃 : Her Imperial and Royal Highness Princess Astrid of Belgium, Archduchess of Austria-Este, Princess Imperial of Austria, Princess Royal of Hungary and Bohemia, Duchess of Modena)と夫のオーストリア=エステ大公/ベルギー王子ローレンツ殿下(ロレンツ大公 : オーストリア皇子 : ハンガリー王子 : ベーメン王子 : モデナ公 : His Imperial and Royal Highness Prince Lorenz of Belgium, Archduke of Austria-Este, Prince Imperial of Austria, Prince Royal of Hungary and Bohemia, Duke of Modena)は、ネパール連邦民主共和国を訪問しました。

 

Belgium in IndiaさんはTwitterを使っています: 「Her Royal Highness Princess Astrid, Princess of Belgium, will visit Nepal from 19 until 22 January #HRHVisitsNepal 🇧🇪🇳🇵 More info about HRH Princess Astrid of Belgium: https://t.co/5VD3hncb1Q https://t.co/mkRbEZYahK」 / Twitter

 

Belgium in IndiaさんはTwitterを使っています: 「Tomorrow HRH Princess Astrid, Princess of Belgium, will visit Nepal #HRHVisitsNepal 🇧🇪🇳🇵 The visit comes less than 6 months after the 1st meeting of the Nepal-Belgium Bilateral Consultation Mechanism furthering the already excellent bilateral relations between the two countries https://t.co/yv424BotJr」 / Twitter

 

Belgium in IndiaさんはTwitterを使っています: 「Her Royal Highness Princess Astrid, Princess of Belgium, has arrived in Nepal #HRHVisitsNepal 🇧🇪🇳🇵 HRH was welcomed at the airport by Minister of State for Industry, Commerce and Supply, Motilal Dugad, by the Belgian Ambassador and Honorary Consul and by Damien Foundation Nepal https://t.co/ShvYR9iAoi」 / Twitter

 

副首相・外務大臣プラディープ・クマル・ギャワリ閣下(The Honourable Mr Pradeep Kumar Gyawali)と会見:
Belgium in IndiaさんはTwitterを使っています: 「HRH Princess Astrid, Princess of Belgium met with the Hon. Foreign Minister of Nepal who also graciously hosted a welcome dinner where the Hon. Minister of Health and Population and the Hon. Minister of Culture, Tourism and Civil Aviation were also present #HRHVisitsNepal 🇧🇪🇳🇵 https://t.co/ezG2YT8tYk」 / Twitter

 

Belgium in IndiaさんはTwitterを使っています: 「As Honorary President of Damien Foundation, Her Royal Highness Princess Astrid, opened a new Tuberculosis Centre in Kailali together with the Hon. Minister of Health and Population @dhbhanu. HRH also met with people affected by tuberculosis and leprosy. #HRHVisitsNepal 🇧🇪🇳🇵 https://t.co/TvL1ERll85」 / Twitter

 

Belgium in IndiaさんはTwitterを使っています: 「Today, HRH Princess Astrid of Belgium visits the beautiful old town of Bhaktapur Known as “Nepal's Cultural Gem”, Bhaktapur is rich in architectural beauty. One of Bhaktapur’s major attractions is the Durbar Square which is a @UNESCO World Heritage Site #HRHVisitsNepal 🇧🇪🇳🇵 https://t.co/BOWP6OYb4A」 / Twitter

 

Belgium in IndiaさんはTwitterを使っています: 「HRH Princess Astrid of Belgium visited the 36-meter-high stupa of Boudha, one of the @UNESCO World Heritage sites in Nepal and one of the most imposing landmarks in Kathmandu #VisitNepal2020 #HRHVisitsNepal 🇧🇪🇳🇵 https://t.co/2oVEWUJ7Zi」 / Twitter

 

Belgium in IndiaさんはTwitterを使っています: 「It was heartwarming to see many people come out in support of #WorldLeprosyDay at a seminar where HRH Princess Astrid of Belgium listened to the experiences of individuals affected by leprosy who face stigma and discrimination #HRHVisitsNepal🇧🇪🇳🇵 https://t.co/WzSFGfuBQ4」 / Twitter

 

大統領ビディヤ・デヴィ・バンダリ閣下(Her Excellency The Right Honourable Bidya Devi Bhandari)と会見:
Belgium in IndiaさんはTwitterを使っています: 「Yesterday, Her Royal Highness Princess Astrid of Belgium met with The Right Honourable President of Nepal, Mrs. Bidya Devi Bhandari @PresidentofNP #HRHVisitsNepal 🇧🇪🇳🇵 https://t.co/l6OBOvCZTj」 / Twitter

 

Belgium in IndiaさんはTwitterを使っています: 「Her Royal Highness Princess Astrid of Belgium is the Special Envoy of the Ottawa Anti-Personnel Mine Ban Convention During her visit to Nepal, HRH advocated for Nepal's accession to the #OttawaConvention #HRHVisitsNepal🇧🇪🇳🇵 https://t.co/iLMSWDjtai」 / Twitter

 

Belgium in IndiaさんはTwitterを使っています: 「During her visit to Nepal, HRH Princess Astrid of Belgium met patients affected by Leprosy and Tuberculosis. She did not shy away from visiting the sick, in order to fight against the stigmatisation of those affected #HRHvisitsNepal 🇧🇪🇳🇵#WorldLeprosyDay https://t.co/4NZMRHZhT2」 / Twitter

 

MOFA of Nepal 🇳🇵さんはTwitterを使っています: 「Foreign Minister Hon. Mr. Pradeep Kumar Gyawali met with HRH Princess Astrid of Belgium today. HRH is in Nepal in her campaign against tuberculosis and leprosy. Foreign Minister Gyawali hosted dinner in honour of the visiting Princess. @PradeepgyawaliK @bairagi_shanker @PaudyalBR https://t.co/Zvn8rNys24」 / Twitter

 

Humanity & Inclusion NepalさんはTwitterを使っています: 「#HRHVisitsNepal🇧🇪🇳🇵 Wonderful opportunity for @HI_belgium team in #Nepal to meet with HRH Princess Astrid of Belgium at a reception organised by @action_damien. So happy to have discussed on status of the #OttawaTreaty in Nepal & hope GoN signs it soon! @BelgiuminIndia @bergwill1 https://t.co/bbsOhnYlER」 / Twitter

 

47歳(2020年1月20日):ベルギー王妃マティルド陛下が47歳を迎える

 2020年1月20日、ベルギー王妃マティルド陛下(Queen Mathilde of Belgium : Her Majesty The Queen of the Belgians)が47歳を迎えました。

 

Belgian Royal PalaceさんはTwitterを使っています: 「Merci pour vos vœux d'anniversaire !⁣ Bedankt voor uw verjaardagswensen!⁣ Danke für Ihre Geburtstagswünsche!⁣ Thank you for your birthday wishes!⁣ https://t.co/RUC4wdLjUN⁣ ⁣#BelgianRoyalPalace #MonarchieBe https://t.co/u08Ra5Stl7」 / Twitter

 

Belgian Royal Palace(@belgianroyalpalace) • Instagram写真と動画

 

訃報(2019年12月29日):トゥルン・ウント・タクシス公女マルガレーテ・エレオノーレ殿下、薨去(1933~2019)

 2019年12月29日、トゥルン・ウント・タクシス公女マルガレーテ・エレオノーレ殿下(Her Serene Highness Princess Margarete Eleonore of Thurn and Taxis : マルガレーテ・エレオノーレ・プリンツェッシン・フォン・トゥルン・ウント・タクシスMargarete Eleonore Prinzessin von Thurn und Taxis)が薨去したという記事が出ています。
 1933年12月1日生まれの86歳。

 先代のトゥルン・ウント・タクシス公ヨハネス殿下の従妹にあたると思われます。

 

 (ドイツ語)Starnberger See – Prinzessin von Thurn und Taxis tot – Starnberg – SZ.de

 

デンマーク女王マルグレーテ2世陛下らが新年【2020年】最初のパーティー(2020年1月)

 デンマーク女王マルグレーテ2世陛下(Margrethe II of Denmark : Her Majesty The Queen)らが新年【2020年】最初のパーティーのために到着する映像です。

 

 下記動画では、陛下の妹/デンマーク王女ベネディクテ殿下(Her Royal Highness Princess Benedikte of Denmark : ザイン=ヴィトゲンシュタイン=ベルレブルク公妃【未亡人】 : Princess of Sayn-Wittgenstein-Berleburg)が最初に到着。
 続いて陛下の次男/デンマーク王子ヨアキム殿下(モンペザ伯爵 : His Royal Highness Prince Joachim of Denmark, Count of Monpezat)とデンマーク王子妃マリー殿下(モンペザ伯爵夫人 : Her Royal Highness Princess Marie of Denmark, Countess of Monpezat)夫妻。
 その後に、陛下の長男で継嗣のデンマーク皇太子フレデリク殿下(モンペザ伯爵 : Frederik : His Royal Highness The Crown Prince of Denmark, Count of Monpezat)とデンマーク皇太子妃メアリー殿下(モンペザ伯爵夫人 : Mary : Her Royal Highness The Crown Princess of Denmark, Countess of Monpezat)夫妻。
 最後に陛下の到着となっています。 

Det danske kongehus(デンマーク王室公式チャンネル):
Den kongelige familie ankommer til nytårskur- og taffel 2020 – YouTube

 

 パーティーにはその他、デンマーク首相メッテ・フレデリクセン閣下ら政治家や最高裁判所長官、コペンハーゲン市長らが参列したようです。