訃報(2022年8月27日):プレス公/ホッホベルク伯爵ボルコ閣下が薨去(1936~2022)ハンス・ハインリヒ15世とデイジー・フォン・プレスの孫

 2022年8月27日、プレス公/ホッホベルク伯爵ボルコ閣下(Bolko : His Serene Highness The Prince of Pless【Pleß】, Count of Hochberg : Fürst von Pless【Pleß】, Graf von Hochberg, Freiherr zu Fürstenstein)が薨去したようです。
 1936年4月3日生まれの86歳。

 チェコ・シレジアの貴族の家系で、プレス公ハンス・ハインリヒ15世とプレス公妃デイジーデイジー・フォン・プレス)の孫にあたります。

 近親がいないことや権利放棄があったことで、薨去に伴い、遠縁のペーター・コンラート伯爵子が公位を継承し、その長男のボルコ・ハンス・ハインリヒ21世が公の継嗣であるプレス公子(Prinz von Pless【Pleß】)になっていると思われます。

 

 (英語)Prince Bolko von Pless is dead. Grandson of Princess Daisy and Prince John Henry XV, the last owners of the Książ Castle – Polish News
 (英語)Today is the premiere of Prince Bolko von Pless’s diaries

訃報(2022年1月10日):オーストリア=エステ大公妃マルゲリータ殿下(サヴォイア=アオスタ公女)が薨去(1930~2022)オーストリア=エステ大公/ベルギー王子ローレンツ殿下の母

 2022年1月10日、オーストリア=エステ大公妃マルゲリータ殿下(サヴォイア=アオスタ公女 : Her Imperial and Royal Highness Archduchess Margherita of Austria-Este : Princess of Savoia-Aosta : マルゲリータ・ディ・サヴォイア=アオスタMargherita di Savoia-Aostaマルゲリータ・エルツヘルツォーギン・フォン・エスターライヒ=エステMargherita Erzherzogin von Österreich-Este)が薨去したようです。
 1930年4月7日生まれの91歳。

 イタリア王室アオスタ系統に生まれ、ハプスブルク家の故オーストリア=エステ大公ローベルト殿下と結婚。
 長男のローレンツ大公殿下はベルギー王女アストリッド殿下と結婚し、後にベルギー王子の称号を得ています。

 

Patto per la CoronaさんはTwitterを使っています: 「Scomparsa la Principessa Margherita di Savoia-Aosta, primogenita di Amedeo, Duca d'Aosta e Viceré d'Etiopia. Aveva 91 anni. Dal matrimonio con Roberto, Duca di Modena e Reggio, nel 1953, era divenuta Arciduchessa d'Austria-Este col trattamento di Altezza Imperiale e Reale https://t.co/46lFuUsCB5」 / Twitter

 

 (フランス語)Décès de la princesse Marguerite d’Autriche-Este – Revue Dynastie
 (フランス語)Margherita d’Autriche-Este, le dernier adieu de sa famille – Point de Vue
 (ドイツ語)Abdankung Erzherzogin Margherita – König Philippe in Muri

二つの結婚式を前に、ロシア帝室ロマノフ家の争いは終わっていないと思わされる記事(2021年9月)

 ロシア帝室ロマノフ家では、最後の皇帝ニコライ2世の従弟の孫であり現在当主を称しているロシア女大公マリヤ殿下(Head of the Russian Imperial House : Her Imperial Highness The Grand Duchess Maria Wladimirovna of Russia)の唯一の子供であるロシア大公ゲオルギー殿下(His Imperial Highness The Heir, Tsesarevich, and Grand Duke George of Russia : プロイセン王子 : Prince of Prussia)とキリスト教/東方正教会/ロシア正教会に改宗ヴィクトリア・ロマノヴナVictoria Romanovna)の名をえたレベッカ・ベッタリーニ嬢(Rebecca Bettarini)の結婚式が予定されています。
 民事婚は2021年9月24日、宗教婚は2021年10月1日、にそれぞれおこなわれるとの発表。

関連:
 ロシア帝室ロマノフ家継嗣/ロシア大公ゲオルギー殿下とレベッカ・ベッタリーニ嬢の結婚式は2021年10月1日、ロシア・サンクトペテルブルクにておこなわれると発表(2021年3月)
 ロシア帝室ロマノフ家継嗣/ロシア大公ゲオルギー殿下とレベッカ・ベッタリーニ嬢の民事婚は9月24日におこなわれる模様(2021年8月)

 

 一方、ロマノフ家には男系子孫が存在しますが、過去に(ロシア帝国崩壊後に)同等身分ではない者と結婚し、貴賤結婚として帝室の一員からはずされた人たち(の子孫)が存在します。
 これらの人々はロマノフ家協会(Romanov Family Association)という団体を結成し、マリヤ女大公殿下の系統と対立してきました。
 が、高齢の人物たちの薨去などにより、男系男子自体が減少し、動向自体もあまり報じられてこなかったのですが……。
 そのうちの一人、ロスティスラフ・ロスティスラヴォヴィチ・ロマノフ公子殿下(His Highness Prince Rostislav Rostislavovich Romanov【Romanoff】)が2021年9月12日に宗教婚をおこなうとの予定が発表されました。

関連:
 宗教婚予定?(2021年9月12日?):ロスティスラフ・ロマノフ公子殿下夫妻がロシア正教会の宗教婚をパリでおこなう予定との情報

 上記記事にも追記しましたが、殿下自らによるとされるプレスリリースが回付され、その中では自身には(His Imperial Highness)が使用されています。
(このプレスリリースは、どこか信頼できるサイトが掲載したらリンクします)

 また、ロマノフ家協会に属するものでロシア帝位を主張する者はいないとするものの、一方で、最年長系統の男系男子をアンドレイ・アンドレーエヴィチ公子(Prince Andrei Andreevich)、ロマノフ家協会会長をオリガ・アンドレーエヴナ公女(Princess Olga Andreevna)と表記するなど、以前からの主張を掲載しています。
 ただし今回の宗教婚自体にロマノフ家協会や上記のお二人が関わっているかはまだわかりません(参列者がはっきりしないとわかりません)。
※なお、このままの状況ですと。いずれはロスティスラフ公子が最年長系統の男系男子となります。

 前夜におこなわれる夕食会には、フランス駐箚のロシア大使が参列するとのことで、教会はマリヤ女大公殿下を支持し、政府はロマノフ家協会よりの立場を取る(ことがある)という従前からの状況が存続しているのではないかとも思わされます。

 

 上記に関連したことなのか、あるいは別件で出てきたことなのかわかりませんが、マリヤ女大公殿下を支持するサイト「The Russian Legitimist」が、上記の方々をロシア帝室のメンバーではないとする記事を掲載。

 (英語)A New Article on the 1938 Declaration is posted in FAQ section! — The Russian Legitimist

Last week, a social media site described Andrew Romanoff (born in 1923) as Head of the Russian Imperial House and also referred to his half-sister Olga Romanoff (born in 1950) and his cousin Rostislav Romanoff (born in 1985) as members of the Imperial House.

These three individuals do indeed descend in the direct male line from members of the Imperial House, but they are not themselves members of the imperial dynasty.

 記事内容からすると、先週、ソーシャルメディアで、アンドレイ公子をロシア帝室当主、オリガ公女や(今回宗教婚をおこなう)ロスティスラフ公子を帝室のメンバーとする表記があったようです(正直、この書き方だと、誰かその辺りの人が適当に書いたとも取れるので、状況がよくわかりませんが)。

 ともあれ、このような表記に対して、彼らは貴賤結婚の子孫で帝室の子孫ではないとし、1938年の宣言文書を持ち出してきています。
 これははっきりいって苦しい言い訳です。
 というのも、彼ら貴賤結婚の子孫が帝室に含まれないのは、別に1938年の宣言が理由ではなく、ロシア帝室の結婚に関するルールが同等身分間の結婚以外をするものを帝室の一員と認めないものだからです。1938年の宣言はそれを確認した(らしい)というだけで、言ってしまえばたいした意味はありません

 ではなぜ1938年の宣言を持ち出してきたのか?
 それは、彼らの支持するマリヤ女大公殿下の継嗣ゲオルギー大公殿下が、今回同等身分でない人物と結婚するからで、これは(これまでのマリヤ女大公殿下の系統の主張をすべて認めたとしても)ルールからすればアウトです。
 なのでルールを持ち出せないので、根本であるルールではなく、1938年に現状を確認した(らしい)文書を持ち出してきたわけです。

 「そんなルールは時代遅れでは?」という意見ももちろんでしょう。
 しかし、今回、マリヤ女大公殿下は、ルールに対してなんら発表をしていません。これまで傍系の人物らを貴賤結婚として排除してきたルールを変更するともいっておらず、自分の子供だけはルールを無視してもスルー、では、どうも釈然としないものが残ります。
 もちろん傍系の子孫らがもうロマノフに興味を失っているのならば、女系だろうと、同等身分でなかろうと、それでもいいでしょう。ゲオルギー大公殿下もそれなりに年をとってしまっており、この問題のために結婚が遅れているのはあきらかです。そこに同情する人々もいます。
 しかし、排除されてきた貴賤結婚の子孫の人々のうちの一人ロスティスラフ公子殿下が、どうやら納得していないというのもあきらかです。女系ではニコライ2世の妹の子孫であり、支持する人もいますし、排除されてきたことに同情する人々もいます。
 そんなわけでこの問題はまだまだ続きそうです。

 

 そしてロスティスラフ公子夫妻には男子が一人いますが、結婚するよりかなり前に生まれており、伝統的には(どちらにせよ)帝室の一員とみなされません。
 ロスティスラフ公子が自身の子供をどう扱うつもりなのかはわかりませんが(プレスリリースには特に表記無し)、もし自身の子供を帝室の一員として扱うとなると、また異論が発生するかもしれません。

 

 とまあ、これが説明のすべてではありませんが、正直なんでこんなことになってしまったのかと思うところがあります。
 もちろん争いのある(旧)王室は他にもいくらでもありますが……。

ベルギー王女アストリッド殿下が脊椎骨折(2021年9月)

 2021年9月3日に、ベルギー王室より、ベルギー王女アストリッド殿下(オーストリア=エステ大公妃 : オーストリア皇子妃 : ハンガリー王子妃 : ベーメン王子妃 : モデナ公妃 : Her Imperial and Royal Highness Princess Astrid of Belgium, Archduchess of Austria-Este, Princess Imperial of Austria, Princess Royal of Hungary and Bohemia, Duchess of Modena)が脊椎を骨折したと発表されていたようです(公式アカウントなどにはありませんが)。

 

 (フランス語)La princesse Astrid s’est fracturé une vertèbre

 

 入院はせず、安静中ということです。
 下記の結婚式には夫のローレンツ大公殿下が参列しています。おそらくは夫妻で参列する予定だったのが、脊椎骨折により不可能となったのでしょう(息女が一人参列しているようですが、当初の予定通りなのか代理なのかは不明)。
関連:
 結婚式(2021年9月4日):リヒテンシュタイン公女マリア・アヌンチャータ殿下とエマヌエーレ・ムジーニ氏の結婚式がおこなわれる。殿下の伯父のルクセンブルク大公アンリ殿下ら多数が参列

 

 アストリッド殿下の当面の公務は当然のことながらおこなわれませんが、10月に予定されているアメリカ合衆国訪問も不可能ということになると上記記事ではしています。現状のところ正式発表はありません。

結婚式(2021年9月4日):リヒテンシュタイン公女マリア・アヌンチャータ殿下とエマヌエーレ・ムジーニ氏の結婚式がおこなわれる。殿下の伯父のルクセンブルク大公アンリ殿下ら多数が参列

 2021年9月4日、リヒテンシュタイン公女マリア・アヌンチャータ殿下(Her Serene Highness Princess Maria Annunciata of Liechtenstein)とエマヌエーレ・ムジーニ氏(Emanuele Musini)の結婚式がおこなわれました。
 なお、民事婚は8月中(6月26日?)におこなわれたようです。

 殿下の母方の伯父、ルクセンブルク大公アンリ殿下(Henri : His Royal Highness The Grand Duke of Luxembourg)ら多数が参列。
※参列者は後で末尾に追記します。

 なお、ベルギー王フィリップ陛下夫妻が自主隔離状態のため9月6日まで公務を取り止めており、これに伴って結婚式の参列も取りやめになったのではないかと思われます。
追記:
 フィリップ陛下の妹のベルギー王女アストリッド殿下が前日【9月3日】に脊椎骨折したと発表されていたようです。夫のローレンツ大公殿下はこの結婚式に参列していますので、アストリッド殿下の参列の予定もあったのではないかと思われます。

 

 (フランス語:ルクセンブルク大公室 公式サイト)Mariage de S.A.S. la Princesse Annunciata avec M. Musini | Cour grand-ducale

 (ドイツ語:写真)Prinzessin Maria-Anunciata hat geheiratet | Fotogalerien – Vaterland online

 (英語)Princess Maria- Anunciata of Liechtenstein, 36, walks down the aisle for the second time | Daily Mail Online
 (ルクセンブルク語)RTL – Fotogalerie: D'Prinzessin Maria Anunciata vu Liechtenstein gouf zu Wien bestuet
 (スペイン語)Anunciata de Liechtenstein se casa con Emanuele Musini en una espectacular ceremonia

RTL LuxembourgさんはTwitterを使っています 「D'Prinzessin Maria Anunciata vu Liechtenstein gouf e Samschdeg zu Wien bestuet. Mat dobäi waren ë.a. de Grand-Duc Henri an d'ierfgroussherzoglech Koppel. #Fotoen elo op https://t.co/GA8BZJPUaO @CourGrandDucale #Wedding #princess #LUXPRESS https://t.co/hLLkUUOvI1」 / Twitter

 

Le Piu Affascinanti Di MilanoはInstagramを利用しています:「ESCLUSIVA DI LEPIUAFFASCINANTIDIMILANO! Il matrimonio a Vienna della Principessa Maria Anunciata of Liechtenstein con l’italiano Emanuele…」

 

European Royalties 👑はInstagramを利用しています:「09.04.2021 🇱🇮 First Pictures from the wedding of Princess Maria Anunciata of Liechtenstein and Emanuele Musini, which is taking place in…」

 

Le Piu Affascinanti Di MilanoはInstagramを利用しています:「ESCLUSIVA DI LEPIUAFFASCINANTIDIMILANO! Il matrimonio a Vienna della Principessa Maria Anunciata of Liechtenstein con l’italiano Emanuele…」

 

Le Piu Affascinanti Di MilanoはInstagramを利用しています:「ESCLUSIVA DI LEPIUAFFASCINANTIDIMILANO! Beatrice Borromeo e il marito Pierre Casiraghi al matrimonio a Vienna della Principessa Maria…」

 

参列者:
リヒテンシュタイン公室/

ルクセンブルク大公室/
 ルクセンブルク大公アンリ殿下(Henri : His Royal Highness The Grand Duke of Luxembourg)

ベルギー王室/
 オーストリア=エステ大公/ベルギー王子ローレンツ殿下(ロレンツ大公 : オーストリア皇子 : ハンガリー王子 : ベーメン王子 : モデナ公 : His Imperial and Royal Highness Prince Lorenz of Belgium, Archduke of Austria-Este, Prince Imperial of Austria, Prince Royal of Hungary and Bohemia, Duke of Modena)

ヨルダン王室/

モナコ公室とその近親/
 タチアナ・カシラギ夫人(Tatiana Casiraghiタティアナ・サント・ドミンゴTatiana Santo Domingo
 ピエール・カシラギ氏(Pierre Casiraghi)とベアトリーチェ・カシラギ夫人(Beatrice Casiraghiベアトリーチェ・ボロメオBeatrice Borromeo

(旧)オーストリア帝室(ハプスブルク家)/

(旧)イタリア王室/

ヘッセン家/

ザイン=ヴィトゲンシュタイン=ザイン家/

メディアタイズド・ハウス/
 トゥルン・ウント・タクシス公アルベルト殿下(Albert : His Serene Highness the Prince of Thurn and Taxis : アルベルト・フュルスト・フォン・トゥルン・ウント・タクシスAlbert Fürst von Thurn und Taxis

その他/