ブルガリア王フェルディナンド1世の再埋葬(2024年5月)曾孫のカリナ王女殿下の筋肉が一部で話題に……

 ブルガリア王フェルディナンド1世の再埋葬がおこなわれました。

 フェルディナンド1世は、ドイツのザクセン=コーブルク=ゴータ家の出身で、ブルガリア公→初代ブルガリア王となりました。
 第一次世界大戦にブルガリア王国が敗戦側となったため、退位しドイツのコーブルクへ。
 崩御後は、ブルガリアへの埋葬を望んでいましたが、共産主義政権が拒否したらしく、ドイツのコーブルクにある聖アウグスティン聖堂(ザクセン=コーブルク=ゴータ家の埋葬地)に葬られていました。

 今回、フェルディナンド1世の遺骨を納めた棺が、ブルガリアに帰国し、葬儀と、ヴラナ宮殿への再埋葬がおこなわれました。

 孫である旧ブルガリア王シメオン2世陛下(His Majesty King【Tsar】 Simeon II of the Bulgarians : 元ブルガリア共和国首相シメオン・サクスコブルクゴツキSimeon Saxe-Coburg-GothaSimeon Sakskoburggotski)ら王族の参列がありました。
 シメオン2世の娘で、フェルディナンド1世の曾孫にあたる、ブルガリア王女カリナ殿下(ザクセン=コーブルク=ゴータ公女 : ザクセン公女 : ムラニー女伯爵 : Her Royal Highness Princess Kalina of Bulgaria, Princess of Saxe-Coburg and Gotha, Duchess in Saxony, Countess of Murany)の筋肉がたくましい様子になっていたのが、一部で話題となっているようです。

 

Bulgarian News Agency:
Тленните останки на цар Фердинанд вече са в България – YouTube

 

00:54あたりからカリナ王女殿下が映っています/

Bulgarian News Agency:
Ковчегът с тленните останки на цар Фердинанд I беше положен в царския дворец „Врана“

 

 (英語)BTA :: Mortal Remains of Bulgarian King Ferdinand I Brought to Bulgaria from Germany
 (英語)BTA :: King Ferdinand I Laid to Rest in Vrana Palace Crypt

カリナ王女の筋肉に触れている短文記事・写真は記事下部:
 (ブルガリア語)Не е за вярване: Вижте как изглежда княгиня Калина – Клюки – Новини Бг

再埋葬などの告知:
 (ブルガリア語:シメオン2世 公式ウェブサイト)ТЛЕННИТЕ ОСТАНКИ НА ЦАР ФЕРДИНАНД СЕ ЗАВРЪЩАТ В БЪЛГАРИЯ НА 29 МАЙ 2024 ГОДИНА « Н.В. Цар Симеон II

 

XユーザーのBulgarian News Agencyさん: 「#King Ferdinand’s Remains to Be Transported from Germany to #Bulgaria by Military Plane⬇️ https://t.co/FLsqaUhmST https://t.co/o8bsJRDbSS」 / X
https://x.com/BTAnewsENG/status/1795711671140503885

 

XユーザーのBulgarian News Agencyさん: 「Procession with King Ferdinand's Remains Begins in Vrana Park, Coffin to Be Placed in Royal Palace's Central Lobby ⤵️ https://t.co/nJ6mxUv7I2 https://t.co/vJFhJbIxrH」 / X
https://x.com/BTAnewsENG/status/1795796687132254439

 

XユーザーのBulgarian News Agencyさん: 「A funeral procession in Vrana Park will carry the remains of King Ferdinand I to the Vrana Palace. The procession started from the main entrance of the park after the hearse with the remains arrived from Sofia Airport. 📷 BTA https://t.co/mofeeYx6q2」 / X
https://x.com/BTAnewsENG/status/1795802220937507076

 

XユーザーのBulgarian News Agencyさん: 「Coffin with King Ferdinand's Mortal Remains Placed in Vrana Palace's Central Lobby ⤵️ https://t.co/Ap1qhaFfHK https://t.co/kXaMjMQm4t」 / X
https://x.com/BTAnewsENG/status/1795812586778218731

 

XユーザーのBulgarian News Agencyさん: 「Return of King #Ferdinand I to Bulgaria Points to Another Reading of History, Says Grandson Simeon Saxe-Coburg-Gotha ⤵️ https://t.co/dnpdTugO1Y https://t.co/UTAJ91x53m」 / X
https://x.com/BTAnewsENG/status/1795828275568427253

 

XユーザーのBulgarian News Agencyさん: 「Former President Plevneliev: King #Ferdinand Deserves His Objective Assessment ⤵️ https://t.co/xWGVkjRlBl https://t.co/7XalIn3x3T」 / X
https://x.com/BTAnewsENG/status/1795837975475216399

 

XユーザーのBulgarian News Agencyさん: 「Wrap-up Mortal Remains of King Ferdinand I Returned to Bulgaria 76 Years after His Death ⤵️ https://t.co/e1ICMN3orN」 / X
https://x.com/BTAnewsENG/status/1795865873988694366

 

XユーザーのBulgarian News Agencyさん: 「King #Ferdinand I Laid to Rest in Vrana Palace Crypt https://t.co/etRx08FPWx https://t.co/EacHYcVaXg」 / X
https://x.com/BTAnewsENG/status/1796181294918795458

結婚(2022年9月3日):ヨルダンのガジ・ビン・ムハンマド王子殿下が、タルノヴォ公妃(未亡人)/ブルガリア王子妃ミリアム殿下と結婚

 2022年9月3日、ヨルダン王の いとこ ガジ・ビン・ムハンマド・ビン・タラール王子殿下(His Royal Highness Prince Ghazi bin Muhammad bin Talal)が、(旧)ブルガリア王室のタルノヴォ公妃(未亡人)/ブルガリア王子妃ミリアム殿下(Her Royal Highness Princess Miriam of Bulgaria, Princess of Tarnovo, Princess of Saxe-Coburg and Gotha, Duchess in Saxony)と結婚したようです。

 ガジ王子は一度離婚を経験しています。

 ミリアム妃殿下はスペイン出身で、貴族の家柄です(細かいことはあまり説明されてませんが……)。
 ブルガリア王室継嗣だった故・タルノヴォ公カルダム王子殿下の未亡人です。

 

 (英語)Jordan News Agency (Petra) | Prince Ghazi weds Princess Miriam

 (英語:シメオン2世王 公式サイト)ON 3 SEPTEMBER 2022, IN THE CITY OF AMMAN, IN THE PRESENCE OF THE KING OF THE HASHEMITE KINGDOM OF JORDAN, ABDULLAH II, HER ROYAL HIGHNESS PRINCESS MIRIAM MARRIED HIS ROYAL HIGHNESS PRINCE GHAZI BIN MUHAMMAD « H.M. King Simeon II

 

 ヨルダンの報道では、
 ヨルダン・ハシェミット王国国王アブドッラー2世・イブン・アル・フセイン陛下(アブドゥッラー2世アブドラ国王 : King Abdullah II bin Al-Hussein : His Majesty the King of the Hashemite Kingdom of Jordan)、
 国王の叔父の元ヨルダン皇太子/エル・ハッサン・ビン・タラール王子殿下(His Royal Highness Prince El Hassan bin Talal)、
 新郎の兄のタラール・ビン・ムハンマド王子殿下(His Royal Highness Prince Talal bin Muhammad)、
 が結婚式に参列しています。
 また、ミリアム妃殿下の結婚後の表記として、 Princess Miriam Ghazi (ミリアム・ガジ王子妃)となっています。

 一方、旧ブルガリア王シメオン2世陛下の公式サイトでは、上記の情報の他、ガジ王子の経歴や、ブルガリア王室との関連なども述べられているほか、ミリアム妃殿下が東方正教会(ブルガリア正教会)の信徒であり続けることも書かれています。
 これが今後も妃殿下がブルガリア関連の式典や礼拝に臨席することを示しているのかどうかは不明ですが、少なくとも結婚式にブルガリア王室側からの参列者はいないようです。

※故カルダム殿下とミリアム妃殿下の子供のボリス殿下が将来的なブルガリア王室当主です。

殉教者・カヘティ王妃聖ケテヴァンの不朽体(聖遺物)がインドからジョージア【グルジア】に(2021年7月)大統領・両外相らが大聖堂の式典に参列するも、バグラチオン王朝からの参列者なし(たぶん)

 2021年7月9日、キリスト教/東方正教会/ジョージア正教会【グルジア正教会】の殉教者・カヘティ王妃聖ケテヴァン(Saint Queen Ketevan of Kakheti)の不朽体(聖遺物)がインドからジョージア【グルジア】にもたらされました。

 

 (英語:インド外務省 公式サイト)External Affairs Minister at the ceremony to mark the return of the holy relics of St. Queen Ketevan in Georgia

Ministry of External Affairs, India(インド外務省 公式チャンネル):
EAM at the ceremony of Handing over of holy relics of Queen St.Ketevan – YouTube

 

ジョージア大統領コメント/
Salome Zourabichvili(サロメ・ズラビシヴィリ公式チャンネル):
პრეზიდენტის კომენტარი ქეთევან დედოფლის წმინდა ნაწილების საქართველოში გადმოსვენებასთან დაკავშირებით – YouTube

 

 (ジョージア語【グルジア語】:ジョージア正教会【グルジア正教会】総主教庁 公式サイト)საქართველოს საპატრიარქო | დიდმოწამე ქეთევან დედოფლის წმინდა ნაწილი საქართველოს მართლმადიდებელ ეკლესიას გადმოეცა

 (英語)Georgian Church receives relics of St. Ketevan from Indian gov’t / OrthoChristian.Com

 

 聖ケテヴァンは、現在のジョージアの東部に成立していたカヘティ王国の王妃(&王太后)であり、サファヴィー朝のアッバース1世にイスラム教への改宗を要求されたため拷問を受け殉教したとされています。
 その遺骨などはカトリックの聖職者によってインドにもたらされます。
 インドでは、自国に現在あるものについては、インドの文化的遺産として扱うため、他国に渡す理由がありません。したがって今回の“返還”はインド首相ナレンドラ・モディ閣下の英断となるわけです。
 今回、インド側が特殊な決断をした上に外務大臣スブラマニヤム・ジャイシャンカル閣下がジョージアを初訪問までしたその目的についての考察はやや錯綜しており、ロシアへの牽制を読み取るものや、あるいはコーカサスへの足掛かりをえて婉曲的に中国への牽制をしている、あるいはイスラムvs非イスラムの対立を構築する作戦という見方もあります。しかし、いずれにせよちと説得力が足りないように思います。はっきりいってよくわかりませんが、当サイトの考察対象ではないのでここまでにしておきます。
 ジョージア側では、副首相・外務大臣ダヴィト・ザルカリアニ閣下が対応をおこないました。

 重要なのは、7月10日には、ジョージアの首都トビリシの至聖三者大聖堂で記念式典がおこなわれたことであり、ジョージア正教会から首座代行であるセナキ・チホロツク府主教シオ座下(His Eminence Metropolitan Shio of Senaki and Chkhorotsqu)が臨席しています。
 事前には総主教イリア2世聖下の臨席という話も出ましたが、高齢と体調の問題で動くのも難しいのかもしれません。
 また、記念式典には、ジョージア大統領【グルジア大統領】サロメ・ズラビシヴィリ閣下(ズラビシュヴィリ大統領)も臨席しています。

 そしてようやくここからが当サイトの本題となります。
 ジョージア王室、あるいはバグラチオン王朝の当主は二系統にわかれて対立を続けています。
 男系では年長系統ながら、長らく君主の位から離れていたムフラニ系統。
 そして、ジョージアの最後の統一的な王の系統であるグルジンスキー系統。
 動画やその他記事を見る限りでは、両系統ともこの重要な式典に臨席していません。
 ムフラニ系ジョージア王室当主/ジョージア皇太子ダヴィト殿下(ムフラニ公 : His Royal Highness The Crown Prince Davit of Georgia, Royal Prince of Kartli (Batonishvili), Prince of Mukhrani and Mukhran Batoni : ダヴィト・バグラチオニ=ムフラネリ公子 : Prince Davit Bagrationi-Mukhraneliダヴィト・バグラチオン=ムフランスキー公子 : Prince Davit Bagration-Moukhransky)は、グルジンスキー系統の元妻からの暴行・DVでの提訴を受けジョージアを離れています。臨席しようがありません。
 一方、グルジンスキー系統のジョージア皇太子ヌグザル殿下(His Royal Highness Crown Prince Nugzar of Georgia : ヌグザル・バグラチオン=グルジンスキー公子 : Prince Nugzar Bagration-Gruzinskyヌグザル・バグラチオニ=グルジンスキー公子 : Prince Nugzar Bagrationi-GruzinskiBatonishviliTsarevich)もまた臨席していません。

 聖ケテヴァンは、ムフラニ系の男系女子であり、またヌグザル殿下の直接の先祖になります。
 そして、バグラチオン王朝関連の出来事で、今回より大きなことは当分ない、下手したらもうないということです。
 このような状況で臨席が実現しなかったのは、もはや政府も教会も両系統共に王室当主として扱う気が薄れているのではないかという気がします。
 王政復古どころか当主として扱われないという、なんとも情けない有様になってしまいましたが……。そもそも先祖の遺骨の返還に呼ばれないという時点で、もうどうにもならないでしょう。
 最大の王政復古支持者である総主教イリア2世聖下は高齢で、後継と目されるシオ府主教は、コンスタンティノープルがロシア正教会の管轄権下にあるウクライナに対して起こした勝手な行動に起因するシスマ2018が遠因で、コンスタンティノープルを支持する聖職者らとの教会内闘争に入りつつあり、教会は王政復古を支持するどころではありません(これは東方正教会全域がそうで、もはやルーマニアやブルガリア、セルビアですら王政復古は不可能です。なにかすると、コンスタンティノープルが介入してきて荒れる可能性があるのでは、王政復古による社会の安定など戯言にしかなりません)。
 ジョージア政府にしても、今までメインで支持してきたムフラニ系のダヴィト殿下がこんなことになってしまった以上、やる意味も見いだせないでしょう。そもそも彼らが本気でダヴィト殿下とヌグザル殿下の関係をマネージしなかったことが一因ではありますが……。

 ダヴィト殿下の一子で、ヌグザル殿下の女系孫にもあたるギオルギ殿下の将来に期待する人々もいますが、統一の王室当主として認められる可能性はあるかもしれませんが、それは確実ではありませんし、まして王政復古はもうないと断言していいでしょう。

 

関連:
 ジョージア王女【グルジア王女】アナ殿下が父でグルジンスキー系当主のヌグザル殿下と共に、元夫で対立するムフラニ系当主のダヴィト殿下を「王室の代表者を勝手に名乗るのをやめよ」と提訴(2019年3月)ダヴィト殿下がエリザベス2世陛下に授与した勲章(鳩山(元)総理も授与されているとの噂あり)が一定金額寄付すれば誰でも入手できる説や、ダヴィト殿下側が弁護士がヌグザル殿下を「ジョージア正教会【グルジア正教会】によるDNA検査の結果バグラチオン王朝の一員でないとわかった」(検査機関は否定)とするなど泥沼総決算の予感
 ジョージア王室【グルジア王室】グルジンスキー系当主ヌグザル殿下をはじめとする人々(ムフラニ系含む)が、対立するムフラニ系当主のダヴィト殿下とその弁護士を非難する公式声明を新聞に掲載した模様(2019年4月)

 

訃報(2020年11月3日):ヴュルテンベルク公子フェルディナント(・オイゲン)殿下が薨去(1925~2020)旧ブルガリア王シメオン2世陛下の従兄

 2020年11月3日、ヴュルテンベルク公子フェルディナント(・オイゲン)殿下(His Royal Highness Duke Ferdinand Eugen of Württemberg : フェルディナント・ヘルツォーク・フォン・ヴュルテンベルクFerdinand Herzog von Württemberg)が薨去したようです。
 1925年4月3日生まれの95歳。

 母は(故)ブルガリア王女ナデジダ殿下であり、そのため、旧ブルガリア王シメオン2世陛下(His Majesty King Simeon II of the Bulgarians : 元ブルガリア共和国首相シメオン・サクスコブルクゴツキ氏 : Simeon Saxe-Coburg-Gotha)は従弟ということになります。

 

 (英語)Eurohistory: The Death of Duke Ferdinand Eugen of Württemberg (1925-2020)

 

 (ブルガリア語:ブルガリア王室 公式サイト)Днес, на 95-годишна възраст, се помина първородният внук на Цар Фердинанд – Н. Кр.В. Вюртембергският Херцог ФЕРДИНАНД Ойген Албрехт Мария Йозеф Иван Рилски Филип Аугуст Клеменс Карл Роберт Лудвиг Борис Кирил Франц де Паула. « Н.В. Цар Симеон II

Бог да го прости, по молитвите на Св…. – Н.В. Цар Симеон ІІ | Facebook

 

マルタ騎士団総長殿下が外交関係樹立25周年のためブルガリアを公式訪問。大統領、旧ブルガリア王シメオン2世陛下、キリスト教/ブルガリア総主教らと会見(2019年12月)

※この記事はキリスト教 高位聖職者のニュースと重複します。

 

 第80代マルタ騎士団総長“フラー”・ジャコモ・ダッラ・トッレ・デル・テンピオ・ディ・サングイネット殿下(His Most Eminent Highness The Prince and Grand Master, Fra’ Giacomo Dalla Torre del Tempio di Sanguinetto)は、同騎士団とブルガリア共和国の外交関係樹立25周年を記念し、ブルガリア共和国を公式訪問しました。
 グランド・チャンセラー【国務総監/外務総監】のアルプレヒト・フライヘル・フォン・ベーゼラガー閣下(Grand Chancellor, His Excellency Albrecht Freiherr von Boeselager, Bailiff Grand Cross of Honour and Devotion in Obedience)、
 グランド・ホスピトラー【医務総監】ラ・ロシュフコー公ドミニク・ド・ラ・ロシュフコー・ド・モンベル閣下(His Excellency Dominique de La Rochefoucauld de Montbel, Prince 【Fürst】 de La Rochefoucauld)、
 らが同行。
※いずれも貴族の家系。

 総長殿下は、ブルガリア共和国大統領ルメン・ゲオルギエフ・ラデフ空軍少将閣下(His Excellency Dr Rumen Georgiev Radev)と会見しました。

 

Order of Malta | Official Channel(マルタ騎士団公式チャンネル):
Grand Master of the Order of Malta on a State Visit to the Republic of Bulgaria. – YouTube

 

Order of Malta | Official Channel(マルタ騎士団公式チャンネル):
Il Gran Maestro dell'Ordine di Malta in Visita di Stato nella Repubblica di Bulgaria – YouTube

 

 (英語:マルタ騎士団公式サイト)Grand Master Fra' Giacomo Dalla Torre on a State Visit to the Republic of Bulgaria. President Radev: "Your work is a source of inspiration". – Order of Malta

 (ブルガリア語:ブルガリア大統領府公式サイト)
Държавно посещение у нас на Великия магистър на Суверенния военен хоспиталиерен орден на Св. Йоан от Йерусалим Родос и Малта

 

Order of MaltaさんはTwitterを使っています: 「Grand Master of the #OrderofMalta on a State Visit to the Republic of #Bulgaria. President Radev: “Your work is a source of inspiration”. https://t.co/0Z8FHiBiub」 / Twitter

 

Order of Malta – The Grand Master of the Sovereign Order… | Facebook

 

Order of Malta(@orderofmalta_official) • Instagram写真と動画

 

 総長殿下は、旧ブルガリア王シメオン2世陛下(His Majesty King Simeon II of the Bulgarians : 元ブルガリア共和国首相シメオン・サクスコブルクゴツキ氏 : Simeon Saxe-Coburg-Gotha)および旧ブルガリア王妃マルガリータ陛下(Her Majesty The Queen【Tsaritsa】Margarita of the Bulgarians : マルガリータ・サクスコブルクゴツカMargarita Saxe-Coburg-GothaMargarita Sakskoburggotska)と会見しました。

 (ブルガリア語:ブルガリア王室公式サイト)В знак на уважение към Цар Симеон и Царица Маргарита Негово Височество Принцът и Велик магистър на Суверенния Малтийски орден и водената от него делегация посетиха Двореца „Врана“ « Н.В. Цар Симеон II

 (ブルガリア語)Великият магистър на Малтийския орден посети "Врана" – ᐉ Новини от България • последни новости и актуална информация | ФАКТИ.БГ

Негово Височество Принцът и Велик… – Н.В. Цар Симеон ІІ | Facebook

 

 総長殿下一行は、キリスト教/東方正教会/ブルガリア正教会の首座/ブルガリア総主教・ソフィア府主教ネオフィット聖下(His Holiness Patriarch Neophyte【Neofit】 of Bulgaria, Metropolitan of Sofia)と会見。

Българският патриарх Неофит прие днес принца и велик магистър на Малтийския орден

Българска православна църква – Българска… – Българска православна църква – Българска патриаршия | Facebook