ジョアンヴィル・ポマレがタヒチ王“ポマレ11世”として即位式をおこなう(2023年4月)ニュージーランドのマオリ王ツヘイティア・パキ陛下(ツヘイティア・ポタタウ・テ・フェロフェロ7世)が臨席

 現在のフランス領ポリネシアにあるタヒチ島には、かつてタヒチ王国が存在し、その最後の王はポマレ5世Pōmare V)です。
 その弟のテリイトゥア・トゥアヴィラ・ポマレ王子(ジョアンヴィル公 : Prince Teriitua Tuavira Pōmare, Prince Joinville)をポマレ6世(Pōmare VI)とし(5世より先に薨去)、6世の長男ヒノイ・ポマレ王子(Hinoi Pōmare)をポマレ7世(Pōmare VII)、7世の長男と次男をそれぞれ8世と9世、9世の長男がポマレ10世、この10世が1981年に薨去した後に、弟のレオポルド・ポマレ王子(Léopold Pōmare)がポマレ11世Pōmare XI)として王位継承者となっていたようです。

 しかし、2009年、10世の養子らしき人物(詳細不明)ジョアンヴィル・ポマレ氏(Joinville Pōmare)が自らがポマレ11世であると宣言します。一族からは拒否。血を引いているわけでもないので、当たり前ではあります。

 時を経て、2023年4月17日、同地のヒルトンホテルで、この後者のポマレ11世の即位式のようなものがおこなわれたようです。
 これだけならば、また変な主張をする人物が変なことをおこなっただけなのですが、なぜかニュージーランドのマオリ王ツヘイティア・パキ陛下(Tūheitia Paki : ツヘイティア・ポタタウ・テ・フェロフェロ7世 : Kiingi Tūheitia Potatau Te Wherowhero VII KStJ GCCT KCLJ)がこれに参列。
 マオリ王はニュージーランドでは公的な存在のため(もちろんだからといってフランス領ポリネシアのタヒチに何らかの権限を持つわけではありませんが)、君主が他の人物を君主として承認するということは意味を持つものです。よって、この後者のポマレ11世について以前より正統性のようなものが生じています。

 

 (フランス語)Un roi, Pomare XI, et bientôt une Principauté – La Dépêche de Tahiti %

クリスマスメッセージ(2022年):オルレアン派フランス王位継承者/パリ伯ジャン(4世)殿下が、降誕祭(クリスマス)のメッセージを投稿(2022年12月)

 オルレアン派フランス王室当主のパリ伯ジャン殿下(Jean : Monseigneur The Count of Paris : オルレアン派フランス王位継承者ジャン4世 : Titular King Jean IV of France)が、降誕祭(クリスマス)におけるメッセージを掲載しています。

 

 (フランス語:パリ伯 公式ウェブサイト)Vœux de Noël 2022 – Le Comte de Paris

Prince Jean – Comte de ParisさんはTwitterを使っています: 「🌲 Monseigneur le Comte de Paris et la Famille de France vous souhaitent un très joyeux Noël. 🌟 L'intégral des voeux de Noël 👇 https://t.co/Sp3jMdRx6O https://t.co/oEU9pwjrDe」 / Twitter

🌟 𝐋𝐞 𝐂𝐨𝐦𝐭𝐞 𝐝𝐞 𝐏𝐚𝐫𝐢𝐬 𝐯𝐨𝐮𝐬… – Prince Jean, Comte de Paris | Facebook

誕生(2022年12月7日):ルイ・ナポレオン皇子殿下が誕生。ナポレオン公ジャン=クリストフ皇子殿下夫妻の第一子・長男

 いくつかのサイトが、2022年12月7日に、ルイ・シャルル・リプラン・ヴィクトル・ジェローム・マリー・ナポレオン皇子殿下(His Imperial Highness Prince Louis Charles Riprand Victor Jérôme Marie Napoleon)の誕生したことを伝えています。
 ナポレオン公ジャン=クリストフ皇子殿下(Jean-Christophe : His Imperial Highness The Prince Napoléon)とオリンピア妃殿下(Her Imperial Highness Princess Olympia Napoléon : アルコ=ツィネベルク伯爵女 : Countess Olympia of Arco-Zinneberg : オリンピア・グレフィン・フォン・ウント・ツー・アルコ=ツィネベルクOlympia Gräfin von und zu Arco-Zinneberg)の第一子・長男です。

※新しい情報を見つけたら追加します。

 

 (フランス語)La princesse Napoléon a donné naissance à un héritier impérial
 (フランス語)L'Empire à un Aiglon

 (英語)Eurohistory: The French Imperial Family Welcomes Birth of a Prince!

神聖ローマ皇帝カール5世(スペイン王カルロス1世)からフランス大使に送られた暗号の手紙が解読される(2022年11月)

 神聖ローマ皇帝カール5世(スペイン王カルロス1世)から、フランス王国を駐箚していた大使ジャン・ド・サン=モーリスJean de Saint-Mauris)に送られた暗号の手紙が解読されたと報道されています。

 手紙は、1547年(1543年のクレピーの和約の4年後)に書かれたもので、フランスによるカール5世に対する暗殺計画があるというフランスでの噂に関連する話題があった模様。

 

 (英語)Spain's King Charles V's secret code cracked after five centuries | Euronews

euronews:
Spain's King Charles V's secret code cracked after five centuries – YouTube

動画(フランス語):カストロ系統(旧)両シチリア王室継嗣のマリア・カロリーナ王女殿下と妹のマリア・キアラ王女殿下の特集映像(2022年11月)

 ベルギーの公共放送局 RTBF.be の映像配信サイト Auvio に、カストロ系(旧)両シチリア王室継嗣の、
 カラブリア女公爵/パレルモ女公爵/ブルボン=両シチリア王女マリア・カロリーナ殿下(Her Royal Highness Princess Maria Carolina of Bourbon-Two Sicilies, Duchess of Calabria and Duchess of Palermo)と、
 妹のノート女公爵/カプリ女公爵/ブルボン=両シチリア王女マリア・キアラ殿下(Her Royal Highness Princess Maria Chiara of Bourbon-Two Sicilies, Duchess of Noto and Duchess of Capri)
 に関する特集映像が公開されているようです。
 モナコ公国在住ということでモナコの映像がメイン。モナコ公アルベール2世殿下が前半に一ヶ所だけ映るほか、故グレース公妃の墓所が映ったりもしています。

 

王室公式チャンネルへの転載/
Real Casa di Borbone delle Due Sicilie(両シチリア王室カストロ系統 公式チャンネル):
Reportage de “Gotha” sur les Princesses Maria Carolina et Maria Chiara de Bourbon des Deux Siciles – YouTube

イタリア語字幕付き:
Reportage di “Gotha" sulle Principesse Maria Chiara e Maria Carolina di Borbone delle Due Sicilie – YouTube

 

 もともとの映像はこちらから視聴可能、だと思うのですが、当方の環境では表示されませんでした。埋め込みした映像は再生されました。
 (フランス語)Maria Chiara et Maria Carolina, princesses engagées – Extrait de Gotha du 18.11.22 – Auvio