崩御した英国女王エリザベス2世陛下への弔意を表明した各国君主・王室当主(2022年9月)

 2022年9月8日に崩御した英国女王エリザベス2世陛下(Elizabeth II : Her Majesty The Queen)への弔意を各国君主・王室当主らが表明しています。

※弔電などが送られていても、報道、ウェブサイトやソーシャルメディアなどでの内容の公表はない場合もあります。

 

皇室/

 (宮内庁 公式サイト)英国エリザベス二世女王陛下の崩御に際しての天皇皇后両陛下のお気持ちとしての御服喪

ANNnewsCH(ANN NEWS):
天皇陛下「心からの敬意と感謝」 エリザベス女王に哀悼のお気持ち(2022年9月9日) – YouTube

ANNnewsCH(ANN NEWS):
【速報】両陛下と上皇ご夫妻 エリザベス女王死去で3日間服喪(2022年9月10日) – YouTube

 

スペイン王室/
 スペイン王フェリペ6世陛下による、スピーチ中の弔意表明:
Casa de S.M. el ReyさんはTwitterを使っています: 「▶️Vídeo de las palabras de pésame de S.M. el Rey por el fallecimiento de S.M. la Reina Isabel II: https://t.co/wn0VRdX3Mh」 / Twitter

Casa de S.M. el ReyさんはTwitterを使っています: 「Telegrama de condolencias de https://t.co/nDfJKo27YU. los Reyes a S.M. el Rey Carlos por el fallecimiento de S.M. la Reina Isabel II: "Your Majesty, dearest Charles,」 / Twitter

 

オランダ王室/
 オランダ王ウィレム=アレクサンダー陛下、王妃マクシマ陛下、前オランダ女王ベアトリクス陛下(オランダ王女ベアトリクス殿下)らからの弔意:
 (英語:オランダ王室 公式サイト)Response by King Willem-Alexander, Queen Máxima and Princess Beatrix to the passing of Queen Elizabeth II | News item | Royal House of the Netherlands

Koninklijk Huis – “Met diep respect en grote affectie… | Facebook

 

デンマーク王室/
 デンマーク女王マルグレーテ2世陛下よりの弔意:
 (英語:デンマーク王室 公式サイト)HM The Queen sends condolences to HM King Charles III

 

ノルウェー王室/
 ノルウェー王ハーラル5世陛下よりの弔意:
 (英語:ノルウェー王室 公式サイト)Queen Elizabeth II – The Royal House of Norway

 

スウェーデン王室/
 スウェーデン王カール16世グスタフ陛下からの弔意:
 (英語:スウェーデン王室 )Statement by His Majesty The King of Sweden following the death of Her Majesty The Queen of the United Kingdom of Great Britain and Northern Ireland | Kungahuset

 

ベルギー王室/
 ベルギー王フィリップ陛下および王妃マティルド陛下からの弔意:
Belgian Royal PalaceさんはTwitterを使っています: 「Message by King Philippe and Queen Mathilde on the passing of Queen Elizabeth II: https://t.co/NTuOzedyc5」 / Twitter

 

ルクセンブルク大公室/
 ルクセンブルク大公アンリ殿下からの弔意:
Cour Grand-DucaleさんはTwitterを使っています: 「LL.AA.RR. sont profondément émus et attristés par la nouvelle du décès de S.M. la Reine Elisabeth II, une monarque profondément attachée à l’amitié entre nos deux pays. S.A.R. le Grand-Duc adressera un message de condoléances au nom du peuple 🇱🇺 à la Famille royale britannique. https://t.co/sS2pM5HlWj」 / Twitter

 

モナコ公室/
 モナコ公アルベール2世殿下からの弔意:

Pal… – Palais Princier de Monaco – Prince's Palace of Monaco | Facebook

 

リヒテンシュタイン公室:
 リヒテンシュタイン公世子アロイス殿下と公世子妃ゾフィー殿下(バイエルン王女):
 (ドイツ語)Offizielles Liechtenstein kondoliert der königlichen Familie – Liechtenstein – Liechtensteiner Volksblatt, die Tageszeitung für Liechtenstein

 

ローマ教皇聖座(バチカン)/
 ローマ教皇フランシスコ聖下からの弔意:

 (英語:ローマ教皇聖座 公式サイト)Telegram of the Holy Father on the death of Her Majesty Queen Elizabeth II, 08.09.2022

 エリザベス英女王逝去:教皇、心からのお悔やみと祈り – バチカン・ニュース
 (英語)Pope Francis mourns death of Britain’s Queen Elizabeth II – Vatican News

Vatican NewsさんはTwitterを使っています: 「Pope Francis sends his condolences to King Charles III and the people of the United Kingdom for the death of Queen Elizabeth II, and praises her “life of unstinting service to the good of the Nation and the Commonwealth”. https://t.co/hwx6btpWnp」 / Twitter

 

マルタ騎士団(主権実体)/
※マルタ騎士団は英国とは外交関係を樹立していませんが、エリザベス2世陛下を国家元首とする英連邦王国の中に外交関係が樹立されている国があります。
Order of MaltaさんはTwitterを使っています: 「The Sovereign Order of Malta expresses its deepest condolences on the passing of Her Majesty Queen Elizabeth II. The thoughts and prayers of the Order are with King Charles III, the Royal Family, the entire United Kingdom, and the British Commonwealth. https://t.co/GOs2e3EPoJ」 / Twitter

 

サウジアラビア王室/
 二聖モスクの守護者国王サルマンからの弔意:
 (英語)Custodian of the Two Holy Mosques Condoles King of Britain on the Death of Queen Elizabeth II The official Saudi Press Agency
SPAENGさんはTwitterを使っています: 「Custodian of the Two Holy Mosques Condoles King of Britain on the Death of Queen Elizabeth II https://t.co/7tlCa319Y6 #SPAGOV https://t.co/EZBnMA3lgH」 / Twitter

 サウジアラビア皇太子ムハンマド・ビン・サルマン殿下からの弔意:
 (英語)HRH Crown Prince Condoles King of Britain on the Death of Queen Elizabeth II The official Saudi Press Agency
SPAENGさんはTwitterを使っています: 「HRH Crown Prince Condoles King of Britain on the Death of Queen Elizabeth II https://t.co/X2x4oKNOBy #SPAGOV https://t.co/wo50eBEn7l」 / Twitter

 

ヨルダン王室/
 (英語:ヨルダン王アブドッラー2世陛下 公式サイト)Royal Hashemite Court mourns passing of UK Queen Elizabeth II, announces seven days of mourning | King Abdullah II Official Website
 七日間の服喪を発表。

 ヨルダン王妃ラーニア陛下からの弔意:
Rania Al AbdullahさんはTwitterを使っています: 「With a heavy heart we bid farewell to an icon of selfless dedication and unwavering commitment, a queen who embodied the traits of a faithful and devoted sovereign. The reign of Her Majesty Queen Elizabeth II will forever be remembered. May her soul rest in eternal peace.」 / Twitter

 

オマーン王室/
 オマーン・スルタンハイサム陛下からの弔意:
 (英語)Oman News Agency | HM The Sultan Condoles King Charles III of UK
 (英語)Oman News Agency | Royal Orders to Fly Flags at Half-mast on Demise of Queen Elizabeth II
 半旗掲揚を指示。

 

クウェート公室/

 クウェート首長ナッワーフ殿下からの弔意:
 (英語)KUNA : Kuwait's Amir offers condolences to King Charles after Queen Elizabeth death – diwan – 08/09/2022
Kuwait News Agency – English FeedさんはTwitterを使っています: 「Kuwait's Amir offers condolences to King Charles after Queen Elizabeth death https://t.co/qjPw01ahjT #KUNA #KUWAIT」 / Twitter

 クウェート副首長・皇太子ミシュアル殿下からの弔意:
 (英語)KUNA : Deputy Amir, Crown Prince condoles with King Charles over Queen Elizabeth demise – diwan – 08/09/2022
Kuwait News Agency – English FeedさんはTwitterを使っています: 「Deputy Amir, Crown Prince condoles with King Charles over Queen Elizabeth demise https://t.co/bTwdTxdlU0 #KUNA #KUWAIT」 / Twitter

クウェート首相アハマド・ナッワーフ殿下からの弔意:
 (英語)KUNA : Kuwait Prime Minister mourns Queen Elizabeth II – diwan – 08/09/2022
Kuwait News Agency – English FeedさんはTwitterを使っています: 「Kuwait Prime Minister mourns Queen Elizabeth II https://t.co/ReWQp1pLg3 #KUNA #KUWAIT」 / Twitter

 (英語)KUNA : Cabinet decides to put flags at half-mast starting Friday in honor of Elizabeth II demise – Government – 08/09/2022
Kuwait News Agency – English FeedさんはTwitterを使っています: 「Cabinet decides to put flags at half-mast starting Friday in honor of Elizabeth II demise https://t.co/dpOhR38rHF #KUNA #KUWAIT」 / Twitter

 

カタール公室/
 カタール首長タミーム殿下からの弔意:

 (英語:カタール首長府 公式サイト)HH The Amir Mourns Queen Elizabeth II

 

アラブ首長国連邦(UAE)/

 UAE大統領/アブダビ首長ムハンマド・ビン・ザーイド殿下からの弔意:
 (英語)WAM EnglishさんはTwitterを使っています: 「#MohamedBinZayed: I extend my sincere condolences to the family of Queen Elizabeth II and the people of the UK. She was a close friend of the UAE, a beloved & respected leader whose long reign was characterised by dignity, compassion & tireless commitment to serving her country. https://t.co/c9mzSIRWrE」 / Twitter

 UAE副統領・首相/ドバイ首長ムハンマド・ビン・ラーシド殿下からの弔意:
WAM EnglishさんはTwitterを使っています: 「Mohammed bin Rashid: We join the world in mourning the passing of Her Majesty #QueenElizabeth, a global icon who represented the finest qualities of her nation and people. Her incredible lifetime of service and duty to the United Kingdom is unparalleled in our modern world. https://t.co/xK90Dcx8dJ」 / Twitter

 (英語)Emirates News Agency – UAE leaders extend condolences over death of Queen Elizabeth II
WAM EnglishさんはTwitterを使っています: 「#UAEleaders extend condolences over death of #QueenElizabethII #WamNews https://t.co/aMx4WBdwq6 https://t.co/hmZeKRMKrH」 / Twitter

 (英語)Emirates News Agency – UAE announces three days of mourning on death of Queen Elizabeth II
WAM EnglishさんはTwitterを使っています: 「#UAE announces three days of mourning on death of #QueenElizabethII #WamNews https://t.co/uQwWCVHKVX https://t.co/8Ul4RvYbAM」 / Twitter

 

モロッコ王室/

 モロッコ王モハメッド6世陛下からの弔意:
 (英語)
Death of Queen Elizabeth II: For King Mohammed VI, Morocco Loses “Great & Special Friend” – The North Africa Post

 

ブータン王室/
 ブータン王ジグミ・ケサル・ナムゲル・ワンチュク陛下(Jigme Khesar Namgyal Wangchuck : His Majesty The King of Bhutan)
 ブータン王妃ジェツン・ペマ陛下(Queen Jetsun Pema : Her Majesty The Queen of Bhutan)
 ブータン皇太子ジグミ・ナムゲル・ワンチュク殿下(His Royal Highness Crown Prince Jigme Namgyel Wangchuck of Bhutan, Druk Gyalsey of Bhutan)

In an… – His Majesty King Jigme Khesar Namgyel Wangchuck | Facebook

9th… – His Majesty King Jigme Khesar Namgyel Wangchuck | Facebook

 

サモア独立国国家元首(O le Ao o le Mālō)および同国四大元首の一人トゥイマレアリイファノ・ヴァアレトア・スアラウヴィ2世殿下(His Highness Tuimaleali’ifano Va’aletoa Sualauvi II, O le Ao o le Mālō : トゥイマレアリッイファノ・ヴァッアレトア・スアラウヴィ2世)からの弔意:
 (英語:サモア政府 公式ウェブサイト)Message of Condolence recorded in the Condolence Book Lancaster House, St James by His Highness Tuimalealiifano Va’aleto’a Sualauvi II, Head of State of the Independent State of Samoa to Her Majesty, the Late Queen Elizabeth II, (Sunday, 18 September 2022) – Government of Samoa

 

(旧)フランス王室正統派/
 アンジュー公ルイ殿下(フランス王位継承者ルイ20世)からの弔意:

 (フランス語:正統派 公式サイト)La Grande Bretagne et le Commonwealth viennent de perdre leur souveraine

Louis de Bourbon, Duc d’AnjouさんはTwitterを使っています: 「La Grande Bretagne et le Commonwealth viennent de perdre leur souveraine. Au cours de son long règne, Sa Majesté la Reine Élisabeth II sut gagner le cœur de ses sujets et incarner les vertus britanniques.」 / Twitter

Louis de Bourbon, Duc d’AnjouさんはTwitterを使っています: 「Chef de la maison de Bourbon, je m'associe à l'hommage unanime rendu à la reine et adresse mes plus sincères condoléances à Sa Majesté le Roi Charles III ainsi qu'aux princes et princesses de la famille royale britannique que j'assure de mes prières. .」 / Twitter

La Grande Bretagne et le… – Louis de Bourbon, Duc d’Anjou | Facebook

 

(旧)フランス王室オルレアン派/
 パリ伯ジャン4世殿下からの弔意:
 (フランス語:パリ伯 公式サイト)Disparition de Sa Majesté la Reine Elizabeth II – Le Comte de Paris

Monseigneur le Comte de… – Prince Jean, Comte de Paris | Facebook

Prince Jean – Comte de ParisさんはTwitterを使っています: 「Monseigneur le Comte de Paris et Madame la Comtesse de Paris rendent hommage Sa Majesté la Reine Elizabeth II. Nous transmettons nos condoléances aux membres de la Famille Royale britannique, en particulier à Sa Majesté le Roi Charles III. 📸 Royal Collection Trust https://t.co/9fBw5SCHo5」 / Twitter

 

(旧)イタリア王室直系/
 当主/サヴォイア公・ナポリ公ヴィットーリオ・エマヌエーレ殿下からの弔意:
Emanuele Filiberto di Savoia | Facebook

 継嗣/ヴェネツィア公・ピエモンテ公エマヌエーレ・フィリベルト殿下のコメント:
Emanuele FilibertoさんはTwitterを使っています: 「On behalf of myself and the Royal House of Savoy, I express my deepest sorrow and sadness over the death of HM Queen Elizabeth II. My thoughts and prayers are with her family and all of her peoples. #QueenElisabeth #UnitedKingdom」 / Twitter

 (イタリア語)Regina Elisabetta, Emanuele Filiberto: "Oggi perdiamo la nonna e la mamma di tutta l'Europa" – Adnkronos.com
https://www.adnkronos.com/re… – Emanuele Filiberto di Savoia | Facebook

 

(旧)両シチリア王室カストロ系統/
 (英語:両シチリア王室カストロ系統 公式サイト)Message of condolence for Her Majesty the Queen Elizabeth II’s passing away – Real Casa di Borbone delle Due Sicilie

 

(旧)ルーマニア王室/
 ルーマニア王位守護者マルガレータ陛下とルーマニア王子配者ラドゥ殿下らからの弔意:

 (ルーマニア語:ルーマニア王室 公式サイト)Majestatea Sa Regina Elisabeta a II-a a trecut la cele veșnice – Casa Majestății Sale

 

(旧)ブルガリア王室/
 旧ブルガリア王シメオン2世陛下からの弔意:

 (英語:シメオン2世 公式サイト)His Majesty King Simeon II sent a letter of condolence to His Majesty King Charles III on the death of his mother Queen Elizabeth II « H.M. King Simeon II

 

現在セルビア王室を称する(旧)ユーゴスラビア王室/
 アレクサンダル2世皇太子殿下からの弔意:
 (英語:セルビア王室 公式サイト)CROWN PRINCE ALEXANDER’S CONDOLENCES FOR QUEEN ELIZABETH II DEATH – The Royal Family of Serbia

 フィリップ王世子殿下からの弔意:
Филип КарађорђевићさんはTwitterを使っています: 「The Queen passed away. She was a symbol of stability and wisdom in the turbulent decades of her reign, marking the 20th and 21st centuries as the longest reigning monarch, but also the most famous monarch on the planet. I will remember her kindness and incredibly cheerful spirit. https://t.co/EFzxUZDXcz」 / Twitter

 

(旧)アルバニア王室/
 アルバニア皇太子レカ2世殿下の弔意表明:
Princ Leka – Madhëria e Saj, Mbretëresha Elizabeth II,… | Facebook

Princ LekaさんはTwitterを使っています: 「Madhëria e Saj, Mbretëresha Elizabeth II, prehet sot në paqe pas më shumë se 70 vitesh në shërbim ekskluziv të shtetit, të popullit britanik dhe të 14 kombeve të Commonwealth anembanë rruzullit që e njihnin për sovranen e tyre….」 / Twitter

 

(旧)ジョージア王室【グルジア王室】グルジンスキー系統/

საქარ… – The Royal House of Georgia საქართველოს სამეფო სახლი | Facebook

 

(旧)ジョージア王室【グルジア王室】ムフラニ系統/
 ジョージア皇太子ダヴィト殿下からの弔意:

 (英語:ジョージア王室ムフラニ系統公式サイト)NEWS

საქ… – საქართველოს სამეფო სახლი – The Royal House of Georgia | Facebook

 

(旧)ブラジル帝室/
 ブラジル帝室当主ベルトランド殿下からの弔意:

Dom Bertrand de Orleans e BragançaさんはTwitterを使っています: 「Faleceu hoje, aos 96 anos de idade, a Rainha Elizabeth II do Reino Unido. Enviei uma mensagem de condolências a seu filho e sucessor, o Rei Charles III do Reino Unido. A Família Imperial Brasileira e a Família Real Britânica são aparentadas e sempre mantiveram boas relações. https://t.co/DyLBvMMnJG」 / Twitter

 

(旧)ロシア帝室/

 ロシア帝室当主/ロシア女大公マリヤ殿下からの弔意:
 (英語:ロシア帝室 公式サイト)Russian Imperial House – 2022-09-09 Head of the Imperial House of Russia expressed her condolences to H.M. King Charles III

HIH Grand Duke George of Russia ЕИВ Великий Князь Георгий Мих | Facebook

 ゲオルギー大公殿下夫妻からの弔意:
My wife Victoria and I are deeply saddened by the passing of Her Majesty Queen Elizabeth II. She was a towering figure whose selfless sense of duty was deeply inspiring not only to the citizens of the United Kingdom and the Commonwealth but to the entire world. Her Majesty was a force of steadiness and calm in her realms during good times and bad, and it was really she who built the Commonwealth into what it has become. King Charles and the entire Royal Family are very much in our thoughts and prayers at this time of great sadness and transition. George Grand Duke of Russia… – HIH Grand Duke George of Russia ЕИВ Великий Князь Георгий Мих | Facebook

 

(旧)イラン帝室/
 イラン皇太子レザー・パフラヴィー殿下からの弔意:

Reza PahlaviさんはTwitterを使っています: 「My family and I join the British people and the international community in mourning the death of Her Late Majesty, Queen Elizabeth II. https://t.co/DDPQ4vhnjI」 / Twitter

 

ウガンダ伝統的君主・トロ王/

His Majesty King Oyo of Tooro KingdomさんはTwitterを使っています: 「My sympathy, & that of all the People of Tooro, is with the British Royal Family, the People of Great Britain & the Commonwealth upon the loss of an icon, Her Majesty the Queen. Her dedicated leadership of over 70 years is historical & won't be forgotten. May She Rest in Peace. https://t.co/Oy6eewb2ne」 / Twitter

 

(旧)リビア王室/
 リビア皇太子ムハンマド・エル・サヌーシー王子殿下からの弔意:
 (英語:ムハンマド・エル・サヌーシー王子 公式サイト)Statement of Prince Mohammed El Senussi on the passing of Queen Elizabeth II – Prince Mohammed El Senussi

 

関連:
 インタビュー動画(ドイツ語):ハプスブルク家当主オーストリア大公カール殿下が、英国女王エリザベス2世陛下の崩御に際して語る(2022年9月)

キリスト教/セルビア正教会のモンテネグロ府主教ヨアニキイェ座下の着座式典に、現在セルビア王室を称するユーゴスラビア王室のフィリップ王子殿下夫妻と(なぜか)ムフラニ系ジョージア王室【グルジア王室】当主/ジョージア皇太子ダヴィト殿下夫妻が参列(2021年9月)ダヴィト殿下は副首相と会談も

 2021年9月5日、モンテネグロでは、今年選出された、キリスト教/東方正教会/セルビア正教会のモンテネグロ・沿海府主教ヨアニキイェ座下(His Eminence Metropolitan Joanikije of Montenegro and the Littoral)の着座式とそれに伴い式典がおこなわれました。

関連(キリスト教 高位聖職者のニュース):
 着座式(2021年9月5日):キリスト教/セルビア正教会/モンテネグロ府主教ヨアニキイェ座下の着座式がおこなわれる
※ヨアニキイェの名を持つモンテネグロ府主教が二人目のため、ヨアニキイェ2世Joanikije II)としている表記があります。今のところ、教会公式サイトなどでは見かけていません。

 着座式そのものではなく、その後の大規模な式典に、
 現在セルビア王室を称する(旧)ユーゴスラヴィア王室のユーゴスラビア王子【セルビア王子】フィリップ殿下(His Royal Highness Prince Philip of Yugoslavia / Serbia : フィリプ・カラジョルジェヴィッチFilip Karađorđević)とユーゴスラビア王子妃【セルビア王子妃】ダニカ殿下(Her Royal Highness Princess Danica of Yugoslavia / Serbia : ダニカ・カラジョルジェヴィッチDanica Karađorđević
 ムフラニ系ジョージア王室【グルジア王室】当主/ジョージア皇太子ダヴィト殿下(ムフラニ公 : His Royal Highness The Crown Prince Davit of Georgia, Royal Prince of Kartli (Batonishvili), Prince of Mukhrani and Mukhran Batoni : ダヴィト・バグラチオニ=ムフラネリ公子 : Prince Davit Bagrationi-Mukhraneliダヴィト・バグラチオン=ムフランスキー公子 : Prince Davit Bagration-Moukhransky)と、ジョージア皇太子妃イリナ殿下(Her Royal Highness Crown Princess Irina of Georgia)
 が参列した模様です。

 着座式前の時期には、反セルビアの集団による抗議活動なども起き、非常に剣呑な雰囲気となっていました。
 王室とは関係ありませんが、着座式前にヘリコプターでツェティニェ修道院前に到着して兵士に護衛されながら修道院に向かうポルフィリイェ総主教とヨアニキイェ府主教の映像/
Novosti:
Patrijarh Porfirije i mitropolit Joanikije stigli na Cetinje – YouTube

 式典は着座式がおこなわれた修道院ではなく、ポドゴリツァのハリストス復活大聖堂でおこなわれました。
 フィリップ王子殿下のソーシャルメディアのアカウントには今回の参列の話は直接はなく(すでに8月に訪問はしていますが)、動画から取り込んだと思われる画像を掲載した第三者のツイートがリツイートされたのみです。モンテネグロの反セルビア派を刺激することを避けたのかとも思われますが、よくわかりません。

(おそらくですが)一番右奥のマスクの男女がジョージア皇太子ダヴィト殿下夫妻。
そしてその手前の二人がフィリップ王子殿下夫妻です。
なお、左の手前の白髪の人物はモンテネグロ首相クリヴォカピッチ閣下/
мさんはTwitterを使っています 「Краљевић Филип са супругом Даницом на дочеку патријарха у Подгорици https://t.co/wb8uf4aXJp」 / Twitter

 

 一方、提訴を受けて本国ジョージアには近寄れない状況と見られているジョージア皇太子ダヴィト殿下は自身の公式サイトに記事をたくさん掲載

 (英語:ムフラニ系ジョージア王室 公式サイト)NEWS | INVESTITURE OF METROPOLITAN JOANIKIJE IN PODGORICA MONTENEGRO

 着座式前より前の日のようですが、以前に議論を呼んだ、ジョージア鷲騎士団のうちの、グランド・クロス(大十字)をヨアニキイェ府主教に授与したようです。
関連:
 ジョージア王女【グルジア王女】アナ殿下が父でグルジンスキー系当主のヌグザル殿下と共に、元夫で対立するムフラニ系当主のダヴィト殿下を「王室の代表者を勝手に名乗るのをやめよ」と提訴(2019年3月)ダヴィト殿下がエリザベス2世陛下に授与した勲章(鳩山(元)総理も授与されているとの噂あり)が一定金額寄付すれば誰でも入手できる説や、ダヴィト殿下側が弁護士がヌグザル殿下を「ジョージア正教会【グルジア正教会】によるDNA検査の結果バグラチオン王朝の一員でないとわかった」(検査機関は否定)とするなど泥沼総決算の予感
※なお、ダヴィト殿下はいろいろとばらまく人なので、いろいろな人がなにかを貰っています。西村経済再生担当大臣もなにか貰っていたはずです。

 

 (英語:ムフラニ系ジョージア王室 公式サイト)NEWS | SOLEMN WELCOME OF THE SERBIAN PATRIARCH PORFIRIJE IN PODGORICA

 こちらは式典の記事です。
 補足に、

1. His Eminence Metropolitan Joanikije gave an interview for the main State TV channel of Serbia, (RTS1), especially emphasizing the presence of HRH Crown Prince Davit: https://youtu.be/ykx8lG5r7QE

 セルビアのテレビ局によるインタビューで、ヨアニキイェ府主教がダヴィト殿下の臨席を強調していた、と書いています。
 30分以上のセルビア語のインタビュー映像を見て(聴いて)判断する能力がありませんので、チェックしていませんが、そのことについて一言ふれたのは確かなんだろうと思います。

RTS Oko – Zvanični kanal:
Joanikije o ustoličenju na Cetinju, patrijarhu Porfiriju, Amfilohiju, Milu Đukanoviću, Kosovu – YouTube

 

 (英語:ムフラニ系ジョージア王室 公式サイト)NEWS | VISIT TO THE PARLIAMENT OF MONTENEGRO

 そしてこれも着座式より前の日のようですがモンテネグロ議会を訪問との記事。

 

 (英語:ムフラニ系ジョージア王室 公式サイト)NEWS | MEETING WITH THE DEPUTY PRIME MINISTER OF MONTENEGRO

 さらにはモンテネグロ副首相ドリタン・アバゾヴィッチ閣下(Dritan Abazović)と会談しています。
 失礼ながら捏造を疑いましたが……。

 

 ダヴィト殿下の今回の参列の理由は不明です。
 自分から勝手にやってきて副首相と会えるとも思えないので、セルビア正教会かモンテネグロ現政権から要請があったのでしょう。
 ともあれ、外国でまだ要人と会見できる人物だという情報を発信することは立場の(再)強化につながるはずです。

 なお、ジョージア正教会(グルジア正教会)は今回の着座式及びその後の礼拝・式典に主教以上の聖職者を派遣していません。
 (状況を細かく書くと長くなりますが)ジョージア正教会は今回の式典に主教以上の聖職者を送りたくはなかったはずなので、ダヴィト殿下の行動を迷惑に思うか、あるいは教会の聖職者を送らない代わりに参列してもらったのか、単純に何も知らないのか、なかなか難しいところです。
 追記:ダヴィト殿下に同行しているように見える聖職者がセルビア正教会の人物なのかジョージア正教会の人物なのかわかりませんが、前者ならばセルビア正教会が今回の訪問に強くかかわっており、後者であればジョージア正教会側がダヴィト殿下の訪問を了承・協力していたことになるでしょう。

 最後に一つ気になるのは、イリナ妃殿下の表記が

Her Royal Highness Princess Irina

 と、 Crown Princess ではない表記になっていることです。
 特に意味はない省略(か雑な書き方)にも思えますが、不思議ではあります。

殉教者・カヘティ王妃聖ケテヴァンの不朽体(聖遺物)がインドからジョージア【グルジア】に(2021年7月)大統領・両外相らが大聖堂の式典に参列するも、バグラチオン王朝からの参列者なし(たぶん)

 2021年7月9日、キリスト教/東方正教会/ジョージア正教会【グルジア正教会】の殉教者・カヘティ王妃聖ケテヴァン(Saint Queen Ketevan of Kakheti)の不朽体(聖遺物)がインドからジョージア【グルジア】にもたらされました。

 

 (英語:インド外務省 公式サイト)External Affairs Minister at the ceremony to mark the return of the holy relics of St. Queen Ketevan in Georgia

Ministry of External Affairs, India(インド外務省 公式チャンネル):
EAM at the ceremony of Handing over of holy relics of Queen St.Ketevan – YouTube

 

ジョージア大統領コメント/
Salome Zourabichvili(サロメ・ズラビシヴィリ公式チャンネル):
პრეზიდენტის კომენტარი ქეთევან დედოფლის წმინდა ნაწილების საქართველოში გადმოსვენებასთან დაკავშირებით – YouTube

 

 (ジョージア語【グルジア語】:ジョージア正教会【グルジア正教会】総主教庁 公式サイト)საქართველოს საპატრიარქო | დიდმოწამე ქეთევან დედოფლის წმინდა ნაწილი საქართველოს მართლმადიდებელ ეკლესიას გადმოეცა

 (英語)Georgian Church receives relics of St. Ketevan from Indian gov’t / OrthoChristian.Com

 

 聖ケテヴァンは、現在のジョージアの東部に成立していたカヘティ王国の王妃(&王太后)であり、サファヴィー朝のアッバース1世にイスラム教への改宗を要求されたため拷問を受け殉教したとされています。
 その遺骨などはカトリックの聖職者によってインドにもたらされます。
 インドでは、自国に現在あるものについては、インドの文化的遺産として扱うため、他国に渡す理由がありません。したがって今回の“返還”はインド首相ナレンドラ・モディ閣下の英断となるわけです。
 今回、インド側が特殊な決断をした上に外務大臣スブラマニヤム・ジャイシャンカル閣下がジョージアを初訪問までしたその目的についての考察はやや錯綜しており、ロシアへの牽制を読み取るものや、あるいはコーカサスへの足掛かりをえて婉曲的に中国への牽制をしている、あるいはイスラムvs非イスラムの対立を構築する作戦という見方もあります。しかし、いずれにせよちと説得力が足りないように思います。はっきりいってよくわかりませんが、当サイトの考察対象ではないのでここまでにしておきます。
 ジョージア側では、副首相・外務大臣ダヴィト・ザルカリアニ閣下が対応をおこないました。

 重要なのは、7月10日には、ジョージアの首都トビリシの至聖三者大聖堂で記念式典がおこなわれたことであり、ジョージア正教会から首座代行であるセナキ・チホロツク府主教シオ座下(His Eminence Metropolitan Shio of Senaki and Chkhorotsqu)が臨席しています。
 事前には総主教イリア2世聖下の臨席という話も出ましたが、高齢と体調の問題で動くのも難しいのかもしれません。
 また、記念式典には、ジョージア大統領【グルジア大統領】サロメ・ズラビシヴィリ閣下(ズラビシュヴィリ大統領)も臨席しています。

 そしてようやくここからが当サイトの本題となります。
 ジョージア王室、あるいはバグラチオン王朝の当主は二系統にわかれて対立を続けています。
 男系では年長系統ながら、長らく君主の位から離れていたムフラニ系統。
 そして、ジョージアの最後の統一的な王の系統であるグルジンスキー系統。
 動画やその他記事を見る限りでは、両系統ともこの重要な式典に臨席していません。
 ムフラニ系ジョージア王室当主/ジョージア皇太子ダヴィト殿下(ムフラニ公 : His Royal Highness The Crown Prince Davit of Georgia, Royal Prince of Kartli (Batonishvili), Prince of Mukhrani and Mukhran Batoni : ダヴィト・バグラチオニ=ムフラネリ公子 : Prince Davit Bagrationi-Mukhraneliダヴィト・バグラチオン=ムフランスキー公子 : Prince Davit Bagration-Moukhransky)は、グルジンスキー系統の元妻からの暴行・DVでの提訴を受けジョージアを離れています。臨席しようがありません。
 一方、グルジンスキー系統のジョージア皇太子ヌグザル殿下(His Royal Highness Crown Prince Nugzar of Georgia : ヌグザル・バグラチオン=グルジンスキー公子 : Prince Nugzar Bagration-Gruzinskyヌグザル・バグラチオニ=グルジンスキー公子 : Prince Nugzar Bagrationi-GruzinskiBatonishviliTsarevich)もまた臨席していません。

 聖ケテヴァンは、ムフラニ系の男系女子であり、またヌグザル殿下の直接の先祖になります。
 そして、バグラチオン王朝関連の出来事で、今回より大きなことは当分ない、下手したらもうないということです。
 このような状況で臨席が実現しなかったのは、もはや政府も教会も両系統共に王室当主として扱う気が薄れているのではないかという気がします。
 王政復古どころか当主として扱われないという、なんとも情けない有様になってしまいましたが……。そもそも先祖の遺骨の返還に呼ばれないという時点で、もうどうにもならないでしょう。
 最大の王政復古支持者である総主教イリア2世聖下は高齢で、後継と目されるシオ府主教は、コンスタンティノープルがロシア正教会の管轄権下にあるウクライナに対して起こした勝手な行動に起因するシスマ2018が遠因で、コンスタンティノープルを支持する聖職者らとの教会内闘争に入りつつあり、教会は王政復古を支持するどころではありません(これは東方正教会全域がそうで、もはやルーマニアやブルガリア、セルビアですら王政復古は不可能です。なにかすると、コンスタンティノープルが介入してきて荒れる可能性があるのでは、王政復古による社会の安定など戯言にしかなりません)。
 ジョージア政府にしても、今までメインで支持してきたムフラニ系のダヴィト殿下がこんなことになってしまった以上、やる意味も見いだせないでしょう。そもそも彼らが本気でダヴィト殿下とヌグザル殿下の関係をマネージしなかったことが一因ではありますが……。

 ダヴィト殿下の一子で、ヌグザル殿下の女系孫にもあたるギオルギ殿下の将来に期待する人々もいますが、統一の王室当主として認められる可能性はあるかもしれませんが、それは確実ではありませんし、まして王政復古はもうないと断言していいでしょう。

 

関連:
 ジョージア王女【グルジア王女】アナ殿下が父でグルジンスキー系当主のヌグザル殿下と共に、元夫で対立するムフラニ系当主のダヴィト殿下を「王室の代表者を勝手に名乗るのをやめよ」と提訴(2019年3月)ダヴィト殿下がエリザベス2世陛下に授与した勲章(鳩山(元)総理も授与されているとの噂あり)が一定金額寄付すれば誰でも入手できる説や、ダヴィト殿下側が弁護士がヌグザル殿下を「ジョージア正教会【グルジア正教会】によるDNA検査の結果バグラチオン王朝の一員でないとわかった」(検査機関は否定)とするなど泥沼総決算の予感
 ジョージア王室【グルジア王室】グルジンスキー系当主ヌグザル殿下をはじめとする人々(ムフラニ系含む)が、対立するムフラニ系当主のダヴィト殿下とその弁護士を非難する公式声明を新聞に掲載した模様(2019年4月)

 

結婚(2020年?月):ムフラニ系ジョージア王室【グルジア王室】当主/ジョージア皇太子ダヴィト殿下が、イリナ・ベガシビリ嬢と再婚していた模様

 2020年の年末に本人の Facebook アカウントに投稿された写真のキャプションによりますと、ムフラニ系ジョージア王室【グルジア王室】当主/ジョージア皇太子ダヴィト殿下(ムフラニ公 : His Royal Highness The Crown Prince Davit of Georgia, Royal Prince of Kartli (Batonishvili), Prince of Mukhrani and Mukhran Batoni : ダヴィト・バグラチオニ=ムフラネリ公子 : Prince Davit Bagrationi-Mukhraneliダヴィト・バグラチオン=ムフランスキー公子 : Prince Davit Bagration-Moukhransky)と、ジョージア皇太子妃イリナIrina Crown Princess of Georgia)という人物の二人が写っているようです。

 

Facebook

Crown Prince Davit of Georgia and Irira Crown Princess of Georgia, wish you a happy new year 2021

 

 これはつまり、ダヴィト殿下が再婚していたということでしょうが、結婚に関するいかなる情報も2020年中に発表・報道されていませんでした。

 Eurohistory Jounal はこの結婚相手の人物をイリナ・ベガシビリIrina Begashvili)としています。

 

 (英語)Eurohistory: Remarriage for Prince David Bagration-Mukhransky

 

 ダヴィト殿下は、対立するグルジンスキー系のジョージア王女アナ殿下(Her Royal Highness Princes Anna of Georgia : アナ・バグラチオニ=グルジンスキー公女 : Princess Anna Bagrationi-Gruzinsky)と結婚し、一子・ジョージア王子ギオルギ殿下(His Royal Highness Prince Giorgi of Georgia : ギオルギ・バグラチオン・バグラチオニ・ムフラン・バトニシュヴィリ王子 : Prince Giorgi Bagration Bagrationi Mukhran Batonishviliギオルギ・バグラチオニ=ムフラネリ公子 : Prince Giorgi Bagrationi-Mukhraneliギオルギ・バグラチオン=ムフランスキー公子 : Prince Giorgi Bagration-Moukhransky)を儲けましたが、その後離婚し、対立は深まり、2019年には提訴を受け(さらに別の提訴を受けているという情報もあります)ジョージアを出国しているとの話も出ています。

 

追記:
 あくまで憶測ですが、もし新たな結婚相手との間に男子が生まれた場合、ダヴィト殿下はその次男を後継者に指名するのではないかという観測があります。

 

関連:
 ジョージア王女【グルジア王女】アナ殿下が父でグルジンスキー系当主のヌグザル殿下と共に、元夫で対立するムフラニ系当主のダヴィト殿下を「王室の代表者を勝手に名乗るのをやめよ」と提訴(2019年3月)ダヴィト殿下がエリザベス2世陛下に授与した勲章(鳩山(元)総理も授与されているとの噂あり)が一定金額寄付すれば誰でも入手できる説や、ダヴィト殿下側が弁護士がヌグザル殿下を「ジョージア正教会【グルジア正教会】によるDNA検査の結果バグラチオン王朝の一員でないとわかった」(検査機関は否定)とするなど泥沼総決算の予感

グルジンスキー系ジョージア王室【グルジア王室】当主/ジョージア皇太子ヌグザル殿下が、キリスト教/ジョージア総主教【グルジア総主教】イリア2世聖下を叙勲(2020年8月)

※この記事はキリスト教 高位聖職者のニュースと重複します。

 

 2020年8月2日、グルジンスキー系ジョージア王室【グルジア王室】当主/ジョージア皇太子ヌグザル殿下(His Royal Highness Crown Prince Nugzar of Georgia : ヌグザル・バグラチオン=グルジンスキー公子 : Prince Nugzar Bagration-Gruzinskyヌグザル・バグラチオニ=グルジンスキー公子 : Prince Nugzar Bagrationi-GruzinskiBatonishviliTsarevich)は、キリスト教/東方正教会/ジョージア正教会【グルジア正教会】の首座/全ジョージアのカトリコス=総主教イリア2世聖下(His Holiness Catholicos-Patriarch Ilia II of All Georgia)を、王立エレクレ2世騎士団に叙勲しました。

※この騎士団の詳細がわからないので、騎士に叙任したといっていいのかわかりませんが……。

 

The Royal House of Georgia საქართველოს სამეფო სახლი – ერეკლე მეორის სამეფო ორდენი | Facebook

On August 2nd, in the Cathedral of Sameba in the capital of Georgia, the Head of the Royal House of Georgia, HRH Crown Prince Nugzar Bagrationi-Gruzinski bestowed upon HH the Patriarch of all Georgia Ilia II the Royal Order of King Erekle II.