訃報(2020年1月?):ナイジェリア伝統的君主/イリ王ジョシュア・アガグバ陛下【アマソヴォ1世】が崩御、統治2年ちょっとで 115歳 (! たぶん間違いですが)と報道(?~2020)世界最高齢君主は94歳だったのでは……

 ナイジェリア連邦共和国デルタ州の伝統的君主/イリ王ジョシュア・アガグバ陛下(His Royal Majesty Joshua Aghagbaアマソヴォ1世Amathovo I, Odio-Ologbo of Irri Kingdom)が崩御した模様。
 統治2年ちょっとですが 115歳 と報道されています(なお信頼できる世界高齢ランキングには名前がありませんでした)。

 なお子息のジョセフ・アガグバ王子(Prince Joseph Aghagba)らの声明によると、キリスト教のアングリカンの信徒らしいです(王子の年齢も気になりますが……)。

 

 (英語)115-year-old Delta monarch dies after two-year reign – WuzupNigeria General
 (英語)Delta kingdom loses 115 years old monarch, after 2yrs reign – Vanguard News

 

 それにしても、世界最高齢君主は94歳だったのでは。
関連:
 ナイジェリア伝統的君主/ンネウィ王ケネス・オニエネケ・オリズ3世、“現在の世界最高齢君主【94歳】”に関する記事(2020年1月)

 21年も今回の方が上回ります。
 いや、本当に115歳ということはないでしょうが……。

 

ナイジェリア/クワラ州で、王を称したサンデー・アヤントラ首長という人物に有罪判決(2020年1月)

 2020年1月22日、ナイジェリア連邦共和国クワラ州の高等裁判所は、イウォイエ王陛下(His Royal Majesty, Obaoye of Iwoye)を称したサンデー・アヤントラ首長(Chief Sunday Ayantola)という人物に有罪判決を出したようです。

 

 (英語)Kwara chief sentenced for parading self as king – Punch Newspapers
 (英語)Kwara 'monarch' goes to prison – The Nation Newspaper

 

※量刑が「sentenced to one year non-custodial imprisonment.」となっていて、なんだかいまいちわかりませんが……。保護観察みたいなものでしょうか。

 ナイジェリア連邦共和国クワラ州のオケ=エロ地方行政区の中にアイエドゥン王国(Ayedun kingdom)というものがあり、そこの王がオルセグン・ロティミ陛下(His Royal Majesty Dr Olusegun Rotimi, Obajisun of Ayedun)というらしいですが、その王が、有罪になった人物を、

installed him as his second-in-command.

 補佐役というのか副王というのか、ともかく自分の次席となる高い地位に就けたところ、思い上がったのかどうかはわかりませんが、次席に就いた人物が自分は王だと主張し始めたということのようです。
 それでコミュニティが混乱したそうですが、記事を読んでいる当方も「なぜそんなことで混乱するのか」と混乱しております。

Evidence before me is that Ayedun kingdom is made up three wards which are Ikotun, Iwoye, and Odo-Ila, and Iwoye is just a ward or quarter in Ayedun under the Obajisun.

 裁判官によると、アイエドゥン王国は、イコトゥン、イウォイエ、オド=イラの三区画で構成されており、イウォイエはアイエドゥンの中の区画のひとつにすぎない(のでイウォイエには王様はいない)ということです。
 それは……そうなのかもしれませんが、そういう問題なのかということと、あと王国に三区画しかないんですかという感想がわきます。もっとも、ナイジェリアではよくあることなんだろうなあという気もします。

 

寂しすぎる戴冠式(2020年1月):ナイジェリア伝統的君主(等級不明)/ウグベネ=オコドゥのサンプソン・ムクプオラ・チマクワ【エゼ=ウクウ2世】首長が戴冠。寂しすぎる戴冠式の写真に衝撃を受けてください

 ナイジェリア連邦共和国アナンブラ州の伝統的君主/ウグベネ=オコドゥのサンプソン・ムクプオラ・チマクワ首長(Chief Sampson Mkpuora Chimakwaエゼ=ウクウ2世Ezu-Ukwu II)が戴冠したという記事が出ています(イボ人)。
 等級は不明で、敬称に関しては陛下も殿下もついていないので、第一級伝統的統治者(1st class traditional ruler)ではないのかもしれません。

 普通はもっと人がいたり、踊っていたりすると思うのですが……。
 寂しすぎる戴冠式の写真に衝撃を受けてください。

 

 (英語)Anambra community selects, crowns new monarch

 

Vanguard NewspapersさんはTwitterを使っています: 「Anambra community selects, crowns new monarch https://t.co/ud9lnTxuqI #vanguardnews https://t.co/93DcyK6bKw」 / Twitter

 

Vanguard News – By Nwabueze Okonkwo It appeared like a… | Facebook

By Nwabueze Okonkwo It appeared like a dream come true for the people of Ugbene-Okodu community in Awka North Local…

Vanguard Newsさんの投稿 2020年1月14日火曜日

 

訃報(2020年1月8日):ナイジェリア伝統的君主/ンディケリオンウ王ヴィンセント・チュクウェメカ・イケ陛下【イケリオンウ9世】が崩御(1931~2020)ナイジェリアの小説家第一世代で教科書にも採用されている模様。大統領、元副大統領、州知事らが弔意

 2020年1月8日、ナイジェリア連邦共和国アナンブラ州の伝統的君主/ンディケリオンウ王ヴィンセント・チュクウェメカ・イケ陛下(His Royal Majesty Professor Vincent Chukwuemeka Ike, Eze Ndikelionwu : イケリオンウ9世Ikelionwu IX)が崩御した模様です。
 1931年4月28日生まれの88歳。

 チュクウェメカ・イケはナイジェリア第一世代の小説家で、教科書にも著作が採用されているとのことです。

 

 (英語)Breaking News: Chukwuemeka Ike is dead – The Sun Nigeria
 (英語)OBITUARY: Chukwuemeka Ike, the intellectual in royal garb who ‘chose 20 novels over £20m’  | TheCable
 (英語)Nigeria: Tribute to HM Professor Vincent Chukwuemeka Ike – allAfrica.com
 (英語)Chukwuemeka Ike: Sunset in 2020 » Editorial » Tribune Online
 (英語)Tributes to author who became king – The Nation Newspaper
 (英語)55 years after, Prof Ike’s publications, works still transform the society
 (英語)Chukwuemeka Ike (1931 – 2020) – The Nation Newspaper
 (英語)UNN Mourns Chukwuemeka Ike – The Sun Nigeria
 (英語)Rest In Peace Chukwuemeka Ike
 (英語)Vincent Chukwuemeka Ike (1931-2020) – Daily Trust
 (英語)Chukwuemeka Ike (1931-2020) – The Sun Nigeria

The Sun Nigeria – Literary world mourns as renown author,… | Facebook

Literary world mourns as renown author, Chukwuemeka Ike dies at 88https://www.sunnewsonline.com/literary-world-mourns-as-renown-author-chukwuemeka-ike-dies-at-88/

The Sun Nigeriaさんの投稿 2020年1月10日金曜日

 

ナイジェリア連邦共和国大統領ムハンマド・ブハリ閣下(His Excellency Muhammadu Buhari GCFR)が弔意を表明:
 (英語)Buhari condoles with family of renowned author, Chukwuemeka Ike – Pulse Nigeria

アティク・アブバカル元副大統領、アナンブラ州知事ウィリー・オビアノ首長(Chief Willie Obiano)が弔意を表明:
 (英語)Atiku, Obiano Mourn Renowned Novelist, Chukwuemeka Ike – THISDAYLIVE

 

アティク・アブバカル元副大統領のツイッターアカウント:
Atiku AbubakarさんはTwitterを使っています: 「I mourn one of Nigeria’s prolific novelist & traditional ruler of Ndikelionwu in Anambra State, HRH (Prof) Chukwuemeka Ike, (the Ikelionwu IX). He will be remembered for his classics: Toads for Supper & Sunset at Dawn, among others. May he rest in peace. https://t.co/cOvUVj8zaU」 / Twitter

 

ナイジェリア伝統的君主/ンネウィ王ケネス・オニエネケ・オリズ3世、“現在の世界最高齢君主【94歳】”に関する記事(2020年1月)

 ナイジェリア連邦共和国アナンブラ州の伝統的君主の一人、ンネウィ王・オトロ王ケネス・オニエネケ・オリズ3世(Igwe Kenneth Onyeneke Orizu III, Obi of Otolo and Igwe of Nnewi kingdom)に関する記事が出ています。

 

 (英語)Behold, world’s oldest monarch! – The Sun Nigeria

 

 イボ人の君主で、オトロの王および歴史のあるンネウィ王国全体の王のようです(オトロの王がンネウィ王国全体の王になる模様)。
 そして年齢ですが、

The monarch said: “I am now 56 years on the throne and 94 years old. That makes me the oldest monarch in Africa and the entire world. People say the Queen of England is the oldest but she is 93 while I am 94. That makes me the oldest monarch in the world.”

(途中から)「人々はイングランドの女王(英国女王エリザベス2世陛下のこと)が最高齢だというが、彼女は93歳で、私は94歳だ。よって私が世界最高齢君主だ」

 ……ということです。
 この広い世界(ことにアフリカ)で、本当に最高齢かどうかは不明です。

 

関連:
 訃報(2020年1月?):ナイジェリア伝統的君主/イリ王ジョシュア・アガグバ陛下【アマソヴォ1世】が崩御、統治2年ちょっとで 115歳 (! たぶん間違いですが)と報道(?~2020)世界最高齢君主は94歳だったのでは……